湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

芦倉山 2017 南西尾根ー南斜面

2017-03-26 23:59:59 | 山スキー

3月も4週目。毎年のことですが、奥さん、「スタッドレスタイヤいつ履き替えるの?」・・・・ 

で、場所に悩む。

野伏ヶ岳か?人多そう・・

荒島岳?登頂する気力が涌いてこない。(今年も見送り)

野谷荘司山?3月、雪の状態で外れたら悲しい・・・

とぐたぐた考えていたら、ちゃたろうさんお勧めの石徹白の芦倉山に登ったことがないことを思い出す。

能郷白山でヘトヘトになった翌日に大津市内の山用品屋さん「あるむ」に壊れたTSLのスノーシューを修理に出しに行ったとき店主から野伏ヶ岳はまだ新雪に出くわすようだ、と情報を得ていたので雪の量は問題ないはず。

南斜面はロングな滑走もできそう、滑り納めによいかも・・ ただ、林道の登りは今シーズンあまりに多く、少々嫌気がさしていたので、ネット記録から南西尾根から登っていくことする。

天気は終日晴れ。1000m弱ちょっとのハイクアップ。8時過ぎにスタートしてのんびり登っても17時頃には下山できる算段し、3月25日7時半に白山中居神社。下のトイレ周辺の 駐車場は満車。

ガッツリと食べて

8:25 スタート 

なんて良い天気。 

 朝なのでまだ気温は0℃。

朝日添川の林道分岐の橋を渡って 

 左に。ここで板を履く。

 

保川に沿って登っていく 

霜が・・・ 

雪がつながっていないところは可能な限り斜面を巻いて迂回 

 

が、さすがに板を外して進んで 

 また装着。

この辺の雪は朝はかちかち 

 

右から迂回・・・ 

右の牧川との合流の端を渡って真っすぐ保川沿いに登っていく 

 

ここで芦倉山が見えてくる・・左の稜線を登って右側の南斜面を滑って降りる計画。 

 

 

ブナと杉の並木を進んでいく

避難?廃車はまだ雪の中・・ 

気温が低いのでまだ花粉は飛んでない。助かる。汗; 

 

砂防ダムを右に進んで

9:47 900m 林道下の杉林をシュートカットする。

クラストしてるのでシールの利きが悪くクトー装着。 

ザクザクとジグを切って

 9:57 950m 林道に乗り 右に進んで

南西尾根を登っていく 

ザクザクと進む 

この尾根、保川側はブナ林。左の斜面は杉の植林。

杉林を 

突っ切て 

10:24 1040m 林道  真っすぐ進む。右から取りつこうとするが

崩れまくって話にならない・・・板を脱いでツボ足で登ってみるが膝上まで埋まる。

断念して左側の緩い斜度の斜面から遠回りに取りつくと

乗れた!!

下をみると・・あれ!赤テープ。この尾根、登山道がないので意識してなかった。

ちょっと登ると野伏ケ岳ダイレクト尾根が見えてくる。

 10:44 1100m

野伏ケ岳。お~~雪がたっぷり。中央ルンゼは割れてない。推高谷も雪たっぷり!!

 薙刀山も雪たっぷり。ちょっと後悔・・

 初志貫徹!!

 10:57 1150m ここからブナの楽園

 なんと立派な!!

 

11:10 1200m

なんと素晴らしい!野伏ケ岳から薙刀山に続くライン

 薙刀山 日岸山

 

11:21 P1221  山頂が見えてきた・・・

11:43 1260m  で山頂全貌。

南斜面、なかなかの斜度です! 

 12:03 1310m

 12:10 1339m

12:20 1330m 登り返し  雪庇が・・・

雪庇が結構大きい・・稜線に沿って進むのは危ない・・ 

あ、熊棚!! 

12:25 1350m 

ぜーぜー 

ザラメ。斜度が上がるとシールの利きが悪い・・・ 

 12:35 1400m

遠く、先週脱出劇となった能郷白山

12:45 P1464 

 

ちょっと下って 

対岸の初河(はっこ)山の急な斜面

ぜーぜー 

12:53 1500m 

雪庇を避けてブナ林の際に沿って進む 

雪庇崩れそう・・・ 

気を付けなければ・・・ 

 13:05 1550m 雪庇裏の西斜面 さすがにシールが効かず、板を脱いで

キックステップで登っていく 

ところがうっすら積もった粉パウダーの下はカチカチにクラスト。ブーツのつま先コバは1センチくらいしか雪面をかまない!

グリップ失ったら・・あれ~と初河谷の急斜面を滑り落ちてしまうので冷や汗かきながら 

這い上がる・・・ 

 

 13:25 1600m もう少し・・

板を装着し・・・ 

 ラストのハイクアップ!

丸山から銚子ケ峰、三ノ峰、別山とつながってる・・

 

雪庇を避け 

裏から回るが・・またまた急斜面・・

板を脱いでわずかしか蹴りこめないキックステップで 

這い上がって 

もう少し・・ぜーぜー  つま先登りなんて想定外!!

 14:01 1710m

 あとわずか!

登頂! こんなに時間かかるとは想定外~~ クラスト急斜面に難儀した!

14:10 芦倉山 1716m

 御岳方向

白山方向・・・ 

槍、穂高、乗鞍がうっすらと・・ 

 別山

 願教寺山、銚子ケ峰、一ノ峰、ニノ峰、三ノ峰

御岳方向・・ 

願教寺山、銚子ケ峰

 初河山、よも太郎山、願教寺山

今回はちゃんと食事を摂って おやつも頂いて

 そろそろ、ドロップ・・・

雪庇を避けて北側からまわりこむ・・・ 

15:10 南斜面にドロップ開始

 モナカに成り始めの表面。ちと重い・・

 あれ、目の前に丸山・・・北に降りてる・・・斜面は面白そうだが・・・帰れなくなる。

東に回り込んで・・・日が当たっていて少し柔らかい・・・

表面少し硬いがヒョイヒョイと 押し出して・・・

1600m  疎林帯で新雪が締まった状態・・表面けっこう固い

 1550m 滑りは今一つだか心地よいツリーラン

1550m 

 

1530m ここで南斜面と合流してくるが思案。日陰でクラスト。

このまま疎林帯を降りても雪質は変わらない。

南のお日さんを浴びてる斜面の方が雪は柔らかいはず・・

どう見てもパリパリ。 

 よし南斜面に逃げよう・・・

バリバリとターンするので大腿四頭筋が張ってくる! 

 1400m 日向を目指す

案の定、重ザラメに変化・・ 斜度があるのでターンは切れる

 1350m お~~

重いザラメが緩みだす・・・

だいぶ柔らかくなってきた・・ 

 

1300m  斜度が緩み緊張感から解放される。ほっ。

 

 

 1300m

 

 1250m そろそろルート取りを慎重にする。

地形図を見るとこの杉植林を真っすぐ降りていくと林道と合流。 

 

保川源流の沢を下る手もあるが・・・もう少し下って判断 

 あ、割れてきてる

杉林を進むことにする。 

1200m 

雪ではっきりしない林道終端が見えてくる 

 

 下を見ると・・あ、これは無理。さすがに3月下旬。もう落ちます。

 

 

熊の爪痕? 

16:04 1190m 保川上流 

ここから 

 林道滑走!

斜度があるのでスピード出ます。 

Uターン箇所も勢いで 

ショートカットで対岸に乗れる

ヒョイ! 

野伏が岳がまた見えだす 

滑れる林道!! 

快調に飛ばす 

お~~ 

 

まだまだ滑れる!  

 たまにショートターンで遊ぶ

砂防ダム前も 

ミニスキー場 

渓流にそって 

まだ滑れる! 

さすがに雪崩が林道を塞いでいる 

 幸いエッジが効くので慎重に進める

西日を受けてキラリと光るダイレクト尾根 

さすがに春の気配 

 

ここから斜度が緩むが 

 クラストしてるので

 スケーティングできる

疲れるので 

ヒールフリーにして 

クロスカントリースキーの真似・・ 

日が傾いてきた 

 

林道が切れだす・・ 

脱ぎたくないので斜面から 

迂回 

 

が・・・ 

さすがに板を外す頻度が多くなる 

16:48 910m 林道合流手前 

 

 

回り込むと 

 朝、取りつきに失敗した箇所

あそこから取りついたんだ・・・

左にショートカット!  

ゆるくなった林道をクロスカントリーして 

牧川との合流地点の端を渡って 

 

保川に沿って進む

さすがに暖気で雪はグサグサ 

 

 

朝日添川(わさびぞ) との合流地点の橋を渡って

雪が無い林道をてくてく歩いて 

17:20 終了 

 17km、累積標高1434m

尾根をスキーで登って、斜面を滑って降りるというオーソドックスなルートでしたが、登りのブナの林の静寂さと、頂上から見る石徹白の山々の絶景が素晴らしいルートでした。頑張って2月下旬位に保川林道から

南斜面にパウダー狙いで登ってみたくなりました・・・

(今回は赤兎、能郷白山と林道ウンザリが続き最初から林道から登っていく発想はまったく湧きませんでしたが・・汗)

 

 

私の2017年の山スキーシーズンは終了。

この3月、毎週30km走をしてるような疲労感で疲れました・・・

久々に満天の湯でほっこり。

来月からトレラン、ハイキングシーズンです。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

能郷白山 能郷谷 山スキー 2017年 早出早着できず(大反省)

2017-03-20 11:20:08 | 山スキー

(注意:以下は登山の参考にしてはいけない素人の失敗事例です.。(-.-))

さて、先週の赤兎山の敗退に懲りずに体力づくりと滑りの両立を・・となかなか踏み出せずにいた登山口まで遠い冬の能郷白山に出撃することにする。

 

天気予報だと3連休の中日は好天。

日曜の赤兎の林道移動が相当体力を奪ったようで今一つ元気がでない週だったので土曜は休養、月曜はの能郷白山の翌日ということで全面休養という計画。

赤兎山の反省でスタート時間が遅いとか、プチラッセルが延々と続いたこともあって遅かったと思っていたが翌日以降の体のだるさを考えて、はたと気がつく。

大汗をかきすぎて体のミネラル分をかなり失い、脱水症でばてていたのでは?

二週間前の姫路城マラソンの疲れが残っていたのもある。

 

そこで、標高があがり、汗冷えするまではウィンドストッパーのジャケットで登高していくことにする。

計画は5時半出発、18:00には駐車場に戻り。

滑走は地形図睨めっこして、前山から能郷谷上流の堰堤始まりまでドロップして林道でトラバースして登山口に降りてくるルートをとる。

昼食時間は摂らずにエナジージェル5パックとエナジバーを数本。

菓子パンを非常食に持参。

・・・・

3月19日。

3時には自宅を出る予定が・・出発は5時か~~とむにゃむにゃ。え、!

結局、家を5時に出発。

 

薄墨の里に入っていき、「落ちたら死ぬ」看板で有名なR157の温水峠のほうに登らずに

分岐を左に。

能郷の猿楽堂の横の

 

バス停に登山届。あるとは思わなかった。家に出してあるのでパス。 

 

進んで、

どこまで車で進めるか不明なので

土木工事会社の駐車場に停車。

 

既に3名のベテランさんが山スキーの準備して出発。

がっつり食べて

 

8:10出発。

スタート遅れたのでリスケ。日没は18:00。

登頂 15:00

登山口戻り 17:00

林道を滑って19:00には車に戻り。18:30にはヘッドライトがいるな・・

 

待っててください。能郷白山。

まだ、前山しか見えませんが・・・遠い~~。

 うん?轍が・・まだ進めるのか・・

 サファリならいけるか・・・

杉林を突っ切ると 

根尾川に沿ってずっと進んでく・・ ふみ跡がしっかりしているので、シール歩行はやめて

ザックに板を結わえて歩いていく。

 

 このあたりから斜面からの流れで雪がつながらない箇所がちょこちょこ出てくる。

・・・帰りはスキーを脱いだり履いたり。一気に戻れないのか・・・

8:57 ゲートを過ぎると 

大きな堰堤群が始まる 

 

流れに目を落とすと・・・ 

春の活動が・・・

雪が切れたり

繋がったり・・お、テント泊。昨日休みだしな・・これなら4時出発も可能だな・・

 ベテランさんたちに追いついた。私も相当遅い時間の行動だが・・どこまで行くのかしら?

9:57根尾川を渡って

左岸を進む

 林道を進んで巻いていくと突然スキーヤが降りてくる。どこから??

地図を見ると川の上流の右俣から続く堰堤の林道から降りてきたみたい・・

そうこうして、堰堤を渡って

 渡渉ポイント

 ポイントの下に渡り易そうなところがあったので渡ってみると

 あ、沢からの流れで分断・・・渡れるから渡渉ポイントになるんだよな~~

渡渉ポイントに戻るとちゃんとトラロープも張ってある。

水量は多くないのでバックル絞めてサクサクずぶずぶ渡る。

 ベテランさんたち、地図観て思案中。ここで戻るそうです。スキーハイキングだったのかしら。

10:59 ハイクアップ開始。駐車場から2時間50分。ちょっとのんびりしすぎ。

急登のグサグサ雪。板をザックに結わえたままキックステップで登っていく。 

 800m地点で傾斜が緩んだのでここからシール登高。

ザラメ。 

 ところが雪がグサグサでグリップ悪く

800m地点でシール登高やめる。 

歩く!! 

 11:50 P928

尾根に乗ったので

シール歩行再開。 

げ、まだ4.3kmもある!! 

 今日の滑走エリアを下見しながら登っていく。まだよくわからない・・

 

少し見えてきた。滑走はできそうに見えるが・・この尾根に戻ってくる林道が見えない。 

 ぐさぐさザクザク登っていく。

途中のブナ林になんとイグルー・・・溶けかけてますが・・これもありだな・・テント担がなくていいし。

だいぶ前山の吊り尾根の全貌が見えてきた。

やは右に見える雪庇下の斜面は急なので不可。そもそも雪庇崩れが怖い。

予定通り雪庇発達手前の左斜面からドロップして堰堤上部の沢筋の左俣に下って左斜面を分断する林道に進むことにする。

ただ・・・左俣最後の合流点上部の狭隘箇所が気になる・・

 

よっこらしょと上がると林道との合流点。滑走後こにに戻ってくる予定。林道が雪崩でどれだけ埋まっているか気になるが・・・ 

再び登っていく。 

 急です。

登山道横の谷の斜面も面白そう・・ 

ぜーぜー 。

 1160mあたりからうねうね進むことになる・・

やっぱり右俣は無理。左俣も真ん中へんから急勾配。下部の狭隘部分が気になる・・ 

 うねうね前山を目指す・・

途中、バラバラバラ・・と重低音の音が響いてきた・・

何だろう?ヘリは飛んでない?

 

13:10。この辺りからどんどん下山するパーティーやソロの方々とすれ違う。

どう見ても登山部の雰囲気がある方にスキーを結わえているので「どこまで?」と聞かれ、「とりあえず頂上目指します!」と答えると

「泊まるんですか?頂上はとんでもない強風ですよ・・」

「(普通はそう思うよな・・)いや、タッチしたらさっさと滑って降ります。

「え、速いですね!」

「雪はどうでしたか?」

「アイスバーンではないですかクラストしてます。ぎりぎり滑れるかな・・お気をつけて!」

「ありがとうございます」

・・・こんな時間にこの山の登っているということは雪洞でも掘るんだな・・と思うのが普通なんですね。

汗;

道具一式はあるがシュラフを持ってきてないので下山しかない。

振り返る。お~~~。 

今度は雪洞。これもありだな・・・ 

 もう少し・・

え、まだ2.7kmもあるの~~ 

もう少し・・・ 

 白谷の稜線・・神々しいですね。

 ここも風が強くなってきた。時たま突風が吹いてザックの板を煽る

 左端の斜面からドロップすることに決定!問題は雪質。

決めたドロップポイントの更に左側は積雪が薄そう・・滑ったら雪割れ誘発しそうでパス。 

ぜーぜー、もう少し 

 14:20 1510m 前山登頂

さぁ、どうする。頂上の祠はまだ点にしか見えない。今から滑走して下山すると日が落ちたころに駐車場に戻れる。

今から頂上目指すと・・16:00過ぎ。

速攻で下山してここに戻るのが17:30頃。 

そうすると登山口に18:30頃。

日没後に登山口の急登あたりで、ヘッドランプで林間滑走・・

林道の様子はわかっているので沢に落ちるなどの危険個所は無い・・・

どうする!

帰路のシュミレーションは頭の中にある。ヘッドランプで戻れる。

先週は滑らない林道がどれだけ時間を浪費するか計算できなかったので撤退を決め込んだが

ここで撤退したらこれから負け癖がつきそう・・

よし、進む!

(楽観はしていないが手順を踏めば下山できる)

ウィンドストッパーのジャケットだけでハイクアップし大汗をかかなかったのでばててはいない。

(補給はここまでエナジージェル2パック。エナジーバー二本。あと、ジェル3パック、バーも3本ある)

風が強くなっているのでシェルジャケット、ニット帽、バラクラバを首に巻き、シェルグローブを装着。

いったん下っていき・・・ 

登り返していく・・

風が強烈!でもぐいぐい進む。

風が強く雲がどんどん動く! 

ぜーぜー、クラストした斜面をキックステップで登っていく 

さすがに喘ぐ・・・ぜーぜー 

雲が去った。風がやむ。 

左が前山。稜線の真ん中前は滑って下れる。これで時間を稼ぐ算段。 

もう少し。 

シュカブラ。かちかち。 

 15:50 祠登頂。頑張ったので10分稼いだ!

ここまで12km、7時間40分。長~~。 

すぐに頂上目指す。かちかち。 

16:00 能郷白山1617m 登頂。

ほとんど使わなかったシールを外して 

 滑走モードに。

まず頂上から滑降開始! 

がウィンドクラストのシュカブラがカチカチで砕氷船のように砕いてターンしていくが

とても滑りとは言えない。ターンしないと吹っ飛んでいくほどのスピードになる。

脚腰のグリコーゲンは枯渇して踏ん張りが甘く斜面に負ける・・・ 

カリカリと大きなターンで下って 

急斜面が終わると少しエッジが効く滑りができるように・・ 

白谷につながる斜面。

 クラストしてるのでスピードが出て

すぐに次の滑降ポイント。

白谷続く斜面を雪庇の下に一気にトラバースぎみに滑べる。

ビューん。

大変おいしそうな斜面。一度滑って昇り返したい誘惑を振り切り

 板をザックに結わえて、稜線登り返し・・・

西日が・・・

 

どんどん傾いていく・・・ 

17:20 前山に戻る。 予定より10分速い。いいぞ!

日没が近い。 

準備して 

下見で決めておいた左俣にドロップ! 

 いくぞ!

40度近いウィンドクラスト。

大きなターンでスピードを殺して滑っていく。

 縦縞ができているがひっかかるほどではない・・

 さらさら自分のターンが削り取った雪面表面の氷片がサーと追っかけてくる・・・

 途中40度を超える部分がありカチカチで歯が立たず、ジャンプターンなどにリスキーなことはせずに

階段降り。安全第一(笑)

脱出して斜度が緩んだ斜面に出るとデブリが出だしている。

ガタガタ降りていくと、気になっていた狭隘部分。

両サイドが切り立っていて、上部の木立の際に雪庇になっていた雪がデブリ化してどんどん落ちて斜面を塞いでいる。

おまけに斜度がきつく、スキーでターンして下ることは困難。

板を外して手にもってツボ足で降りていき

やっと堰堤上部の合流部。ここで板を再装着。

ここもかちかち。大きなターンで下り、

吹っ飛ばないようにこらえて林道に乗る。 

何か所か雪崩で斜面化している箇所があったが、そこは滑らずに一歩一歩トラバース。

18:20そうこうして登山道と合流。左俣の狭隘部分の脱出と林道をすべて滑走できなかったことで余裕なし。

ここでヘッドランプ点灯。

予定では18:30登山口。10分では無理。

時間節約で下り登山道右側の疎林帯を滑っていくことにする・・

あれ!!雪崩跡。昼間聞いた音がこれだったのか・・

黒いブロックが多いので斜面に乗った部分が暖気で重くなりずり落ちた模様・・

これでこのルートは使えない。

林間をライトで照らしながらゆっくりターンして降りていく。

小さいころ、近所の野山で日没までスキーして慌てて家まで滑っていた記憶がよみがえる・・ 

地面近くの雪がゴロゴロブロック化して転がっている。 

ここからは踏み跡や朝あったスキーヤーが下山で使ったシュプールあとを追跡しながら慎重にくだり

最初の急登上部で板を外して、踵を雪面に踏み込みながら慎重に降りて

19:00 渡渉 ふ~~。予定より30分遅れ。

あとは林道を行けるヘッドライト点灯でところまで滑って進み道中の3分の1ほどは稼いだが

流れで雪がつながっていないところが頻繁にでてきたので、板を外してスキー靴歩行に切り替え。

これが踏み抜きに捕まらないよう足元照らしながら慎重にならざるを得ないので、雪が切れ舗装面が出だしてくるところまで全然ペースを上げられない。

そうこうして、あれれ、ヘッドライトの照度がどんどん落ちていき、消える。

電池交換はしていたが、使ってなかったが電池古かったかしら・・・

幸い、オリオン座も北斗七星も川の両サイドにくっきり輝いていて、雪や舗装路の水に流れを照らし進むべきルートは認識できる。

鹿が興味をもったのかピーピー鳴いて斜面の上を追ってくる。

口笛でこっちもヒューヒュー返すと、逃げて行った模様・・

ただし、駐車場に近くなる杉木立では枝が空を遮るので星の光が届かず真っ暗。

しかし、闇夜に目を凝らすと路面のかすかな光の反射が目に入ってくる。

ところどころガーミンのバックライトで照らして前方を確認。

そうこうして

21:10 到着。24km、なんと13時間!!登山口から2時間10分。闇夜の行動は

時間を取られます。

とりあえず、時間以外は登山計画通り進めることができた。

 

肝心の滑りはソフトスノー60%ハードスノー40%のLINK95ではカチカチの斜面には歯が立たず

気分の良い滑りではなかったが安全に降りることができたので良しとする。

 (登りで足のエネルギーが売り切れて踏ん張りがきかないのもあるが・・汗;)

林道歩きとハイクアップは汗のコントロールがうまくいき、ばてなかった・・ 

 

日の出前に出発し、滑りで冒険しなければ、のんびり進んで12時間弱では下山できそう。

いずれにしても、ヘッドライト点灯下山は喝!!

充実感だけはいっぱいで速攻で高速に乗り、養老SAで豚丼+きしめんでまともな食事をして

午前様で無事帰宅。

 

先週の赤兎敗退より疲労感少ないので、やはり人間はメンタル次第と実感。

あと一回いけるかしら・・・ 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まさかの敗退 赤兎山 深く反省・・

2017-03-12 23:59:59 | 山スキー

三月もあっという間に10日過ぎ。さすがに滋賀のお山は山スキーを堪能するにはちょっとしんどくなってきた。

そこで雪がたっぷりある隣の福井に転戦。今回は体力づくりも兼ね、林道からのアプローチが長い赤兎山1628m。

6時くらいに小原の林道を出発すれば16時くらいには下山できてるだろう・・と大雑把に計画。

が、しかし。見事に寝坊。

慌てて飛び出す。

勝山市を進み・・・お~~越前兜! 一瞬向き先変更しようかしら・・と思ったが、家に置いてきた行程と違うので

ぐっと飲み込んでやり過ごす。

小原の林道を進めるところまで進んで

 朝食。

ゲートには一台の軽トラ。登山の格好には見えない。ウエットスーツみたいな恰好。

聞くと沢屋さん。上流のダム湖から降りてくる計画だそう・・すごい。

沢屋さんは先行して出発。

私はもたもたと準備して8:50出発。大丈夫か??? 

 橋を渡って、奥の523mから巻きながら登っていく。

沢屋さんのかんじきのツボ足。なかなかしんどそう・・・

 この辺は表面がクラスト。

 朝なのでカチカチの部分もある。

以降、滝波川を延々と下に見ながら進んでいく・・・

 580mを巻いてから

なだらかな傾斜の林道が続いていくことになる。

590mの端 9:25

 斜面の雪崩は大したことなく、安心。

 

大船山がちらりと・・・ 

振り返ると越前兜の雄姿。 

沢やさんの苦労が・・・ 

10:08 670m付近の沼。凍ってます~~。 

 少しして沢屋さんが大汗かいて休憩中。ダムが近いはずとの会話から地図とGPSで現在地確認。

沢屋さんは夏はしょっちゅう来ているのでだいたいわかるそうです。

どこまで進むつもり?と聞くので兎まで・・と答えると、え、まだ相当ありますよ!

と驚かれる。

日陰はパウダー・・・ 

10:25 690m ダム湖を過ぎて 

 

 

 11:02 770mの砂防ダムの橋を通過

 

 

 

 日向はモナか・・・

 

11:27 720m  堰堤手前 奥の橋を廻って

11:46 830m P1202に続く尾根の始まり。 

地形図見ていてショートカットを考えたが、いったん湿原のうねうねした地形にだらだら進むことになりそうなので断念。

 

13:00 970m 小原峠から流れてくる滝波川の深い支流の左岸 もう昼過ぎですがまだ標高1000に到達してない。これはマズイ・・・汗;

 大長山に続く稜線。アルペンチックで見とれてしまう・・

赤兎山手前のピークがやっと見えてきた・・・ 

13:15 林道の最後の橋を渡り 

 巻いていく・・・

 このあたりはザラメ雪

 私一人のトレース。大汗で汗がしたたり落ちる。

 兎の足跡だらけ・・・

13:33 P1087に続く尾根下。 

このまま進むと向こうの林道をまた巻いて登っていく必要がある。もうウンザリ。 

でP1087にショートカット。 

 

 

 

 13:51 P1087

目の前に小原峠  ・・・遠い~~。

 いったん降りて湿地帯を突っ切て左の疎林を抜けて登山道を目指す。

 

 

 14:20 1120m 林道に合流。

・・・・もう時間切れ。15:00までに進んだところで今日は終了とする。 小原峠までいきたい~~。

 

 

 15:00 1230m 登頂断念。とほほ・・小原峠まであと180mのハイクアップ。

エナジ―ジェル2ケ、チョコバー1本しか摂っていないが時間がない。食事は下山後にして、そそくさ滑走準備をして

15:17 下山開始。

ブナ林は疎林でツリーランを楽しむ。雪はグタグタになる手前でなんとかターンを決められる 

 

しかし、登山道に戻ると勾配がなく・・自分のトレースを忠実にスケーティングしないと全然進まない・・

日没に間に合うか?!!

 P 1087には戻らず・・

自分のとレースが無い林道を漕ぐ・・・ぜーぜー 

1090mあたりから林道を外れ疎林を滑っていく。 

ちょっと重いシャーベット一歩手前の雪質。まぁ滑れます。

15:55 850m地点の林道に復帰。

 

 940mあたりから林道を外れ杉林をツリーラン。

 

 

16:20 最後の滑りを終えてあとはひたすら自分のトレースをポールで漕ぎながらノルディックスキー。

漕がないと進まない~~

 越前兜が見えてきた・・・

16:25 800m地点。まだダムが見えない・・ 

 

 そうこうして午前中出会った沢屋さんがダムに降りて行ったツボ足に遭遇。

17:05 ダム上部。頑張れ~~。 

沢屋さんのツボ足跡をがたがたと漕いで 

沼を通過し 

 自分のトレースに乗って漕いで

 やっと集落跡がみえてきた

 

 ふー。

 17:50 終了。

 往復20km 

 だらだら登ってだらだらと降りてきた・・・

 

敗因はただ一つ。出発遅すぎ!!

深く反省。

収穫はびっくりするほど顔が黒くなったこと。

大汗かいて、脱水ぎみ。大変疲れたので速攻で帰宅しました。

いつかリベンジします。早起きして・・・

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横山岳東峰から網谷右俣 右ハム肉離れ回復チェック??

2017-02-18 23:59:59 | 山スキー

姫路マラソンまで1週間となったが、シリアスな練習を再開して日も浅く、速いペースで走れないのは仕方がないが、30krm走していないので持久力がついているのか不安でしょうがない。

そんな中、職場からよく見える横山岳はまだ白く、私を誘惑する。

(1月28日、伊吹山からの横山岳(中央))

金曜に雨が降り、もう県内では新雪は期待できないが、日中はザラメが楽しめるかも、と右ハム肉離れの回復具合最終チェックを兼ね、土曜に出撃。昼過ぎまでは晴れる予報。

但し近場だと気が緩み、ランニングの練習再開で疲れている体が動かず寝坊。 道路に流れる雪解け水が朝の山間のマイナス気温で凍りつき、凍結路面を走っていることを実感しながらR303を金居原に向かう。

前回は6年前にショートスキーで北西尾根経由で登ったが、今回はかねてからの課題としていた東峰からの網谷右股へのドロップ。沢を脱出できるのかしら・・・

 

R303からの東尾根登山道に続く林道入口は雪に埋もれ駐車できなかったので戻って・・・ 

8:44 山の駅に駐車。 

身支度をして 

R303を600m弱歩いて

 

 9:08 登高開始。

よいしょ!!と乗り越えてスキーにシールを張って 

林道を進む。 

 

9:19 とりあえず、尾根に続く登山道方向に進んでみる。

沢に沿って進むみたい・・ 

右は林道。遠回りになるのでパス! 

9:30 沢の奥の登山道の取りつきは難儀しそうなので、作業小屋跡地のような段々を乗り越えて

左から斜面に取りつく。

尾根の端のほうに長くジグ切って斜面を進むが・・・雨のあとで雪がシャーベット状。スキーが雪面からずり落ちまくって難儀。 

9:55 東尾根右側に乗る。50mハイクアップするのに25分・・序盤からとほほ 

木陰で雪面はある程度締まっていて登りやすい。 

 

ぜーぜー 

標高470m地点 

 ブナの若木と杉の混合林の尾根をうねうねハイクアップ

 

標高540m 過ぎて

10:45林道から東尾根への登山道接続部分に到着。 

 

よっこらしょと 

標高600m 

 東峰が見えてきた

進んで 

12:07 標高770m 

このあたり、日当たりがよいので雪が柔らかく、斜度が大きいと、スキーがずり落ちて、難儀。 

新緑の時季に来たいですね・・ 

12:31 標高830m 

もうちょっと 

ぜーぜー

 

もう少しでジャンクション。 

12:55 標高910m 東々尾根とのジャンクションピーク

 西に進む

ここもよさそうだが・・・すぐに狭隘な沢になるので長くは滑れない。 

ぜーぜー 

本日の目的斜面ではないが観察・・ 

見た感じ・・ターンは切れそうな雪質。 

13:41 標高1080m 東峰岩峰 

 三国岳 三周ケ岳 烏帽子山??

鞍部に降りて 

登り返す 

余呉湖がキラっと光ってます 

 14:00 横山岳東峰 1130m

 とりあえず西峰を目指す

 

吊り尾根 

網谷川・・

 

右奥にきらりと余呉湖・・ 

雪庇が大きくなってきている

 

14:30 横山岳西峰1131.7m 

山頂標識は雪の中・・ 

 遅い昼食

 さっさと戻る。

来るときに迂回した雪庇の終端 

 巻いて

登りかえした。 

うねうねと 

戻っていく 

西の空が怪しくなってきた。 

 もう少し・・・

 

東峰に戻ってきた。

15:34 ドロップ開始・・あれれ、シャーベット雪なのに滑らない??なぜ??

あ、シールつけっぱなしだ~~

シールたたんで、GO!! 

 ザラメまでではないがシャーベット状でターンは十分できる

どこまで続いているだろう・・地図を見ながら現在地チェックしていく。 

見上げるとけっこうな斜度。

標高1000m地点 

スカッとターンができてしあわせ。LINK95、絶妙なしなりでシャーベットの雪から浮き上がってくれる。

 沢が深くなってきた・・・ここから地形図で現在地を確認しながら下っていく。(GARMIN忘れた・・)

標高900m地点  ターンを切ったら後ろからズルズルと表層が流れていく。

あ、私のターンが雪崩れさせたみたい。弱層気味になってきたのか・・・汗 

 案の定、デブリ

標高850m 

まだ柔らかいのでターンはできる。

標高800m  狭くなってきた。水の流れる音がしている。確認しながら滑る。

やっぱり・・・割れだしている。 

またまたデブリ。どこからだろう・・? 

標高750m  あ、なるほど。岩から剥がれ落ちてきたのか・・

デブリ、デブリ・・・右の斜面に斜滑降で逃げて 

 ターンはできた.

標高700m  どんどん狭くなる 雪はどこまでつながってるのか・・??

とにかく滑れる斜面がまだまだ続くのでどんどん降りてしまう・・・

 

 

標高590m これは怪しい。水が流れる音が聞こえてる・・・

やっぱり・・・

標高550m  左の斜面は無理。渡れるかしら・・・真ん中が渡れそうに見えたが罠かもしれないので

確実に行く。

 念を入れ奥の雪に埋もれた場所を渡ってみると

 ずぼっ! ふ、深いぞ! 柔らかい雪を崩さないようそろりそろり対岸にずりずり移動。

罠だと思った場所は・・・やっぱり罠でした。危ない、危ない。 

 再開。

 標高500m 茶色のデブリ・・・

なぜ?? 

下って振り返ると・・・草つき場でした。

 天かすに見えてしまう・・笑

がたがたとデブリを突っ切り右奥斜面に逃げる

 すると林道上部に出たみたい。

 標高510m またまた雪割れ。浅そうなので右から回って奥の繋がっている部分を一気に滑り、渡ってみる。

GO! 

 それ!!、と突っ込まずに

 渡れた!

標高500m 夜這橋上。

ここは勾配がきつい上に雪の付きが悪い。緊張しながら沢に落ちないよう階段降り。

 16:55 脱出。

標高差600mの冒険でした~~。

ここで林道登り返して朝の取りつきルートに戻るか?

 左の林道を滑って白谷に下山するか?

遅いので、とにかく日があるうちに杉野に下山することにする。寝坊したつけです。 

 振り返ると、よく降りてきたな・・という雪割れ具合。

と滑り下っていくが 

すぐに緩斜面になり漕がないと進まない。おまけに雪が多くスケーティングができない。

結局、ヒール解放して、ノルディックスキー・・・ 

ぜーぜー 

 

 

17:22 白谷登山口 小雨が降ってきた

急げ!!

 

 集落が見えてきた

17:49 杉野集落 約3kmのノルディックスキー。肩がパンパンです。

日没は17:40頃。いちおう下山です。汗;

 スキーを担いで

集落の中を抜け 

 17:55 杉野小学校 R303をしばらく歩いて

トンネル前を金居原の集落に入り

18:14 金居原八幡神社

18:34 帰還 杉野から3.6km。スキー靴ウォーク。

雨も降りだしたので、着替えもせず、さっさと帰宅。 

 

横山岳で本格的に滑走しようとすると、この網谷右俣がベストみたいだが、雪がたっぷりあったので標高差600m、距離2kmのロング滑走ができて大満足。前日雨だっだが、気温が下がらなかったのでシャーベット状態の雪で滑りも快調。

 

 振り返ると・・お、お~~。汗:

 

 これで、職場の窓から横山岳をみても煩悩に苛まれることも無くなった

右ハム肉離れ後、無謀と思いながらもリハビリで鷲ケ岳、伊吹山、金糞岳と山スキーしてきたが、右足のターンがまともにできなかった。今回の横山岳は本格滑走となったが、自然な荷重動作ができ違和感がなくなっていたので、全治はした模様。

林道に降りてから、スキー歩行3km、スキー靴歩行4kmと余分な行動も姫路マラソンへの脚づくりにもなった。

約9時間の行動で心身ともくたくた。風呂に入って夕食後爆睡したのはいうまでもありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金糞岳 北東尾根 2017 リハビリ山スキー

2017-02-04 23:59:59 | 山スキー

 さて、右足大腿二頭筋の肉離れは徐々に痛みが軽減しているが、姫路マラソンの3週間前の30km走など論外の状況。

リハビリが続いている。

山スキーがリハビリに効果があると勝手に思っているのは、実感として


林道スキー移動 :患部動的ストレッチ、足を振る筋肉の維持
斜面スキー登高 :ハム、大臀筋、膝周りの筋肉の維持、心肺機能維持

スキー滑降   :大腿四頭筋の維持

が感じられるから。

問題は痛めてる右足での滑走時のカービングの為の荷重動作。回復状況より動作が過大だと、また再発するリスク。

よって滑りはハードバーンは今は無理です・・・(ジムに籠って単調なメニューこなすよりかは精神衛生上良いかと)


そこで、絶好の好天だという予報の2月4日土曜日、頂上付近の緩斜面パウダー狙いで、林道登りと稜線登高が長い、滋賀と岐阜の県境にある金糞岳に北東尾根から出撃することにする。

(前回は6年前に姉川奥の高山から鳥越林道から登ったので新分野開拓です)

高速を木之本ICで降りてR303を走って坂内広瀬から浅又川の林道を舗装路面が見えなくなるところまで進んで駐車。 

前方にトラック。何やら大きなものを載せている。見るとスノーモビル。でも見ると猟師のような格好。

これは、以前、土倉下山時に出くわしたイノシシ狩りの人かしら・・

準備していたらオジサンが近づいてきて

「どこに行くのかね?」

「金糞に登ります」

「スキーでかね?」

「ハイ」

「わしはイノシシ撃ち。兄ちゃん、いい趣味だね。兄ちゃんもこの辺雪山でイノシシに出くわすだろ!」

「・・・、ええ、まぁ。6年前、高山からの林道で出くわしました」

「大雪にイノシシ埋まると興奮するからな、今、メスは発情期だし・・・」

「(しまった、イノシシリスク忘れてた・・・)」 

「気をつけて登ってきます」

「わしも相棒到着したら出撃。何せ一人じゃもう運べん。」

 8:45 スタート・・・遅くない???(汗) スノーモビルにはライフルが一丁。

浅又川にそって進みます。 

この辺は意外に雪が少ない。林道が斜面の雪崩で埋まるほど積もっていないか・・・

斜面の沢も雪は少ない。 

金糞岳が見えてきた・・・ 

 

右足の調子はツッパリ感はあるが、シール滑走には支障ない。 

 

鳥越峠に続く林道に行かずに金糞岳に方に続く林道を進む。 

崩れてます・・・ 

 堰堤をこえ

どんどん進む。軽く雪崩れてますが道は確保されているので、滑って降りれそう・・ 

 

あ、割れている・・・ 

 

 ではなく、川を渡る道に雪が無いだけ

脱いで渡る。 

 

 うねうね進む

イノシシの足跡が続く。斜面むき出し部分で木の根を食べている跡が・・ 

イノシシに出くわしたらどうしよう・・・ 

 

このくらいの割れは 

跨いで渡る。 

 

真ん中に中継ぎ石があると 

そこをから渡る。 

 

いやだなー。どうも一昨日あたりか・・・ 

 

 いったいどこまで縄張りか・・・

 この辺で斜面に向かって足跡が消えた・・。ふー。

杉の植林に囲まれた林道が始まり 

 

後続は誰もいない。 

そうこうして 

10:10 標高620m。とりつきポイント。 

いくぞ!! 

・・・ 

すぐに急斜面。 

ぜーぜー 

 これはウサギ。

痩せ尾根。おまけに、薮! どうやってスキーで降りようか・・・ 

 

蕎麦粒山、湧谷山、丁子山 

だんだん尾根が細くなり薮が濃くなる。 

振り返るとこれは滑って降りられない~~ 

 左斜面は・・・薮 おまけにベタ雪。

右はパウダーに見えるが 

あっという間に沢。まだ右から回り込んで滑って痩せ尾根回避して降りるのが得策か・・・ 

なんか滑れそう・・・ 

尾根の斜度が弱まると疎林・・・遠くに頂上。 

 P1039を目指す。

 

左の斜面は雪で埋まればおいしそう 

 ブナの巨木が出てきて

 

 12:25 P1039を通過

 

結構雪庇が発達している。下山時に注意しよう・・・ 

12:53 P1087を通過 

雄大な美濃のお山たち

御岳、中央アルプス、南アルプス 

北アルプス、乗鞍岳、御岳 

 この辺りから締まっていた雪が

締まりつつあるパウダーに 

ウサギの遊び場・・・ 

 

良い天気・・・ 

 この斜面は滑れそう・・・左の斜面の向こうにスノーモビルの爆音と犬の吠える声が響いてライフル音。

仕留めたか・・・

ここいいぞ! 

ふふふ・・・ 

 

 13:32 P1211通過

白倉岳・・ 

さぁ、ラスト。幸い患部のこりが伸びてきて、違和感が薄らいでいる。 

 シュカブラができつつあるが氷化してないので滑りに問題ない。

この雪庇は注意。 

 

 

 13:58 P1277通過

伊吹山が顔を出してきた 

白倉岳の向こうに竹生島が・・・ 

もう少し。 

奥伊吹スキー場とブンゲン(射能山) 

 ぜーぜー

氷の花が奇麗・・・

エビの尻尾も形成中。 

 よっこらしょ。

14:18 金糞岳1317m 登頂。

 

今日は完全な貸し切りかと思ったが、鳥越峠方面から3人組パーティーが登ってきた。

聞くと今日はテン泊して、明日白倉経由で下山する予定だそう。明日は雨なので大変。

 

琵琶湖の北湖を一望。来てよかった!! 

暖かいのでここで昼食と

 

ティータイム。

新品のシールだったので濡れ止め塗っていなかったのが失敗。濡らしてしまって、雪団子。反省。 

15:00 下山 日没は17:24 間に合うか・・・ 

 15:06 P1211から下って

 

ここから短いがパウダー滑走。 










 15:33 P1087

 

緩斜面なのでロングターン。右足に負担がかからない・・・ 

疎林帯に入って

16:00






P1039を過ぎて 16:00いよいよやせ尾根の始まり 。ハイクアップしてたときに右の沢筋がパウダー気味でだったので

 降りてみたが・・・

クラストした上に薄く積もっていただけで、まったくのストップ雪。

おまけに薮が濃く見通し悪い。右は切れたった斜面。しかたがなく斜滑降ぎみにズルズルと降りていく。安全第一。 

ちょっと左の沢側が開けたが・・・すぐに沢に急降下ぎみなのでパス。 

ズルズル下り・・ 

ちょっと疎林になったのでちょっと降りてみる 

しかし、急斜面、クラストですぐに沢が迫るのでストップ。沢に降りないようトラバース気味に右に斜滑降・・・  

尾根の下をうねうねと降りて・・・ 

瘦せ尾根を逃げて降りていくが・・・

クラスト下雪は締まってなくずり落ちないよう必死。 

 一番避けたかった標高720mあたりにの下は劇薮、急斜面で結局、尾根に戻ってしまう・・とほほ。

スキーを外してツボ足も考えたが

右足をひねりたくないので根性でスキーでずり落ちていくことにする。 

ところがこんどはベタ雪。ずり落ちない。下りを階段降り。(笑) 

大汗かいてやっと取りつき地点の杉林。さいわいストップ雪でないので、適当にツリーランして 

17:05 林道復帰。 日没まであと20分。

 自分の登ってきたトレースを滑走し(雪割れはさすがにスキーを脱ぐが・・)

途中から、イノシシ狩りのオッちゃんのスノーモビルが圧雪していてジェットコースター状態。ひぇ~~・

17:30 突然ゲート ぶつかる~~と、 急減速して右の雪山に逃げる。ふー。

急げ!!

除雪終了地点で終了。17:37 13分遅刻。反省。オッちゃんのトラックはもういません。

15km 累積標高1450m。

けっこう足に来ましたが患部は悪化しなかったので幸い。 

体力づくりと、様々な雪質で新板テストできたので、まともな滑走はわずかでしたが満足で速攻帰宅。

リハビリは続きます。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加