湖南オヤジのlast stand

50代オヤジのささやかなチャレンジ記録です。

2015年 3月二足移動実績

2015-03-31 23:59:00 | ランニング

寒さと雨で身の危険を感じた篠山Mを何とかサブ4で生還。座骨神経痛の回復は遅いが走れるまでには回復。

合計 140.4km

内、ラン 113.8km

レース 1日 篠山ABCマラソン 3時間55分21秒

ポイント練習

 無し 17日間走らず

バイク  無し

トレラン 練習

  28日 20.1km 石山寺ー音羽山ピストン

ウォーク(山スキー、登山、ハイキング) 
   15日 九頭竜 1328m 山スキー 9.1km

   21日 野伏ヶ岳1674mー薙刀山1647m 山スキー 17.5km

 

4月のダイトレはなんとか出走出来そう・・・・

 


今後の大会予定

4/12 大阪府チャレンジ登山大会 トレランの部 36km

5/15 鯖街道ウルトラマラソン77km

5/30 比叡山 International Trail Run 50km

7/19 おんたけウルトラトレイル100km

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国と個の秘密の狭間で・・・ イミテーション・ゲーム

2015-03-29 23:59:00 | 映画
29日。前日の久々のお山走りで情けないことに筋肉痛。トホホ。

そこで雨なので映画鑑賞。

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

第二次世界大戦中、解読不可能と言われていたドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読したことで知られる 天才アラン・チューリングの物語。

計算機科学の父、数学者、論理学者、戦時中の暗号解読者、偏見の犠牲者・・・

「アメリカン・スナイパー」に続いて引き続き実話のストーリー。

暗号解読までの展開は思わず引き込まれたが、その後のストーリーが本作品の需要なテーマとなり、娯楽作品というには重い内容・・考えさせられた。

ベネディクト・カンバーバッチの別の演技の一面が見れて良かったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大いなる野望 石山寺ー音羽山ー比叡ー比良 8

2015-03-28 23:59:59 | ランニング

三月も末、桜も咲きだし、スキーも潔く例年通りさっさとしまってしまい、トレランシーズンに勝手に入る。

4月第2日曜、12日に大阪府チャレンジ登山大会トレランの部に性懲りもなく参戦するので、まだ坐骨神経痛全快していないが、痛み止めが長く効くようになってきたので練習再開。

で、本大いなる野望も中断していたので再開。練習方々、大平山への取り付きに設定している大平一丁目のメイン道路どんつきの林道入り口以外にも手前の市民運動広場に向かう林道、大平公園から入っていく林道、そして岩間山から東海自然歩道経由で入っていくルートがある。

トレランでいくなら走れる方が良い。

ということで、3月28日。再びルート探索がてら、石山寺-音羽山ピストンで練習することにする。

 

11:10 京阪石山寺駅駐輪場をスタート。

大平1丁目に続くメイン道路を刑務所官舎の道を市民運動広場に向かって進む。ゲートを過ぎて

右の舗装路を進むと、少年野球の声がする・・

 

グランドの手前で関所。立入禁止。手前の尾根に取り付く踏み跡がありそこから右に登る。

下図①

登りながら左手に越えると・・・

 

立派な林道に乗る。

 

③右に進む・・・

しばらく行くと

④整備された真っ直ぐな林道に出くわす・・

振り返ると、大平公園から続く林道らしき立派な道・・・

突き当たりを右に進んで・・・

巻いていき・・・

⑤地図上の破線らしきところに出くわすが・・・荒れてそうなので

作業道を左手を詰めてみる・・・

ここで作業道はおしまい。

⑥藪は確実だが・・・かすかに踏み跡が有り・・・尾根に取り付く。

だんだん薮が濃くなり・・・

 

 

藪の先が見えてきて・・・

 

いつものルートに乗っかる。

振り返ると・・・降りちゃダメよ・・・サイン。

進んで

いつもの東海自然歩道分岐看板。左に行くと岩間山経由・・・

う~~ん。またもや失敗。藪キツ過ぎますね・・・

以下、練習。

良い天気・・・

 

 

 

音羽山手前・・・

遠く蓬莱山にはまだ雪・・・

 

山科、京都・・・愛宕山。

比叡山・・・今日は遅いので行かない・・・

大平山にもどる。登り返しで階段練習。ダイトレ対策。

 

下山。反射板からのルートは今度探索。

左手を赤テープにそって下っていく・・・

 

 

 

 

突然、鹿が三頭飛び出し、びっくり!

急斜面をずり落ち・・

 

流れ沿いに降りて

 

杉林を横切ると・・

あれ、こんな舗装路あったけ???

振り返って右を見ると、新砂防ダム・・・

下って、ちょっと右手を探索して・・・

ゲート。

しっかり土嚢が積んであって出づらいので道路の境界を林側にそって降りて、金網みの切れ目から道路に復帰。

戻ってゲートチェック。大平会の管理地。入りづらいな~~。

本日20.15km

 

16:00に駐車場に戻って、腹が減ったので少し戻って、和菓子 藤村 で軽食。

 

おこわと白味噌におつゆ。もろみきゅうり。

口直しに たばしる (羽二重と丹波大納言)

 

ここのおかみさん。ロードバイク乗り。アスリート応援されている、ということで、「頑張ってね!」と桜餅を頂く。

ありがとう!!

石山寺周辺のソメイヨシノ桜は週明けか・・・

大平山取り付き確定作業・・・続く。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ザラメの薙刀山で本シーズンの山スキー終了!(野伏ヶ岳-薙刀山)

2015-03-21 23:59:59 | 山スキー

さて、彼岸入り。私の山スキーシーズンを終えなければならない。 今週前半の雨でうまくいけばザラメでスカッと終えられるかも・・と思い、思案したが何せ坐骨神経痛は回復途上。なまった体に喝を入れる必要もあり、縦走で体力もつけたい・・・

そこで、石徹白の薙刀山にトライしてみることにして、金曜の晩、さっさと寝る。

過去数度、野伏ヶ岳から薙刀山に登り返してみようと思っていたが・・カチカチにクラストしているかグサグサの悪雪で難儀が目に見えていて、ず~~と断念。

和田山から直接登るには地形の勉強が不十分。

でも、今回はひょっとしたら・・・

 

21日、8時30分に白山中居神社に着くと駐車エリア満杯。相変わらず人気の山々です。

9時前に 橋を渡る・・きれいに雪が溶けている・・

雪切れをちょっと心配したが

大丈夫、たっぷりあります。ザラメです。

 スットップ雪では無く、シールも滑ります。

ショートカットもしていくが・・・勾配のきついところは、表層ごと滑ってずりおちる・・全然遅いので結局林道をメインに進み・・・

 いつもの和田山牧場。ど~~んと野伏ヶ岳。中央ルンぜは真っ白、斜面は割れてない。う~~ん、迷うな・・

 沼経由でダイレクト尾根に取り付く斜面はズルズル滑りそうな気がして・・遠回りだけど、左手の丘を超えて、ダイレクト尾根の端っこから登ることにする

 

 このあたり、ネイチャースキーにも良さそう・・・

 

ダイレクト尾根に取り付いてゆっくり登っていく。先週よりはるかに呼吸が楽・・

 

 

 

 中央ルンゼ。若干の割れ。しかし、先行者のシュプール跡を見ると、デブリがでていない。程よいザラメ模様・・う~~迷うな~~

 だが、今日の目的はあちら・・・

 頂上手前・・さすがに息が切れる・・・大汗も

 13時。野伏ヶ岳1674m。

 

 この時期、いつもはズタズタに割れ始めている南側斜面もたっぷりの雪。

良いコンデションの 中央ルンぜは滅多にないので、滑ってしまいたい誘惑が増大する前に昼食抜きで、北に転進。薙刀山を目指す。

 すぐに登り返すのでシール滑降。ザラメのおかげでよく滑るがターンの時には引っかかる・・・ブレーキがかかった瞬間、右ハムが痙る・・アイタタ・・

大汗と水分不足。しばらく摩って痙攣が収まるのをまつ。そうこうして収まったので滑降再開。

 振り返ると・・・野伏ヶ岳、綺麗です。

 雪庇を越えて・・・

 シールは意外に効いて進める・・

 遠く経ヶ岳・・・

 薙刀山からの斜面。けっこう斜度はあるので滑りは期待できそう・・・

長い シュカブラだが今日は滑れる・・・

 14時45分 薙刀山1647m。私の初登頂!

 特にドーンとよも太郎山、願教寺山・・・

 野伏ヶ岳を振り返る・・・

 さぁ、ドロップ!

 快適です!!!

 最低鞍部に抜けて

 自分のシュプールを確認し・・・

 推高谷に続く渓筋を野伏ヶ岳方面にトラバースしながら降下・・

 

 

 

15時30分。やっと食事。山にロールケーキアラモードを持っていくとさすがに崩れていた~~

 

 牧場に続く湿地帯の緩斜面もザラメでたっぷりの雪。難儀せずに牧場跡に・・・

西日に輝く野伏ヶ岳と 

 薙刀山・・・

 

 何かの雪中キャンプ大会・・・・

 今度は薙刀山からあの斜面に続くルートを開発してみよう・・・

林道は雪っもたっぷり。ザラメ滑走・・・ 

 さすがに春の様相・・・

17時、下山。

 本日17.5km。ふー。

 

帰りは、満天の湯で汗を流して帰宅。

 

 今シーズン最後の山スキーをプチ縦走、ザラメ滑降の両方を堪能できて締めくくれたのは幸いでした。薙刀山、推高谷周辺、研究を続けよう・・・

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リハビリには素敵過ぎた・・・福井 木無山

2015-03-15 23:15:42 | 山スキー

 

2週間も安静にしていたので座骨神経痛は痛み止が効いている間は小走りができるようになっていたが、とにかく回復に時間がかかる厄介な神経痛。やはり、過去の経験から荒療治で神経に血を通わせる必要あり、と判断。

走るとまだ負担が大きいので雪山なら足腰に優しいだろうなぁ・・と思い、15日ピンポイントで朝から晴れている福井が岐阜かで悩む。

長距離シール登高は途中で痛みがひどくなったら引き返すのに難儀する。春に入ってきており、雪崩も怖い。慣れてる野伏ヶ岳・・・とも思ったが日曜はたぶん大挙してパーティーがたくさん登ってそう。ダイレクト尾根は絶対にへばりそうなので候補から外す。私の山スキーも今シーズンそろそろ終わりなのでスカッと滑ってもみたい。

そうこう探していると天気で距離が短く、コンディションがまだ悪くなければ滑りも楽しめそう・・・と3月15日、福井の木無山1328mに出撃。

 

 相変わらず寝坊して到着が9:30。長倉谷の林道は入り口は車を置くスペースがなく、スキー場駐車場を利用。1000円(平日はただ) そそくさ準備。登山届けを和泉スキー場の事務所に出し出発。9:45出発。

 本日の新兵器、カットしたパウダーバスケット。硬い斜面ならストック使いやすそう。。。

 待ってろよ! 木無山!

 林道へはスキー場外れの斜面からトラバースしよう・・・

 しかし、進むにつれ、木々の間の雪の積もり方で微妙なアップダウンが多く、早くから足に疲れがたまりそう・・・と、あまり良い考えでないのがわかり、断念。林道に降りる。

雪がなければ急斜面でした。 汗;  雪の状態はクラストで斜面も滑りづらい。パラレルでずるずる降りて・・・

 

林道に降りて、見上げると、確かに・・・はまりそう・・

 林道を進む・・・日帰りフル装備のザックがずっしり腰に重さを与える。少しシビレルが・・足はよく動く。よし、いくぞ!

山登りで痛めた腰痛は山登りで治すとも聞くし・・・あ、違った。ランニングで痛めました。

 2週間ぶりの運動で息がすぐに上がる・・・どうも本日は私だけのよう。幸い昨日のトレースが二本。ラッセル不要。お世話になります!

 良い天気。そろそろあちこち崩れ始めるのだろう・・・

 むむ???

 ぜーぜー

 林道行き止まり。雪はたっぷり。渡渉不要。

 ここから尾根にとりつく。雪が少ない1月は激ヤブで難儀するそうです。

 春の雰囲気が・・・

 ぜーぜー。すぐに息が上がる〜〜。

 北側・・・

 南側・・・

 来し方を振り返る・・・遠くに和泉スキー場

ぜーぜー、しんどい。少しずつしか登らないのに心拍数がすぐにMAX。2週間動かなかったので仕方がない。ぜーぜー。

 毘沙門岳

 心臓、バクバク。すぐに休んでしまう。

 もうすぐ頂上〜〜〜

 頑張れ! 幸いまだ痛み止めが効いているので足は動く〜〜。

 13:00 やった!登頂! 木無山1328m。 3時間もかかってしまった・・・ゼーゼー。荒島岳がお出迎え! お~~。

 経ヶ岳・・・

 石徹白の山々・・・

 

 曇ってきた・・・風も強いので、昼食は後回し。ドロップ。ところで毎年思うが、いったい、いつになったら荒島岳を滑るのかしら・・・今年も計画倒れ 汗;

 緩斜面を下り・・・

 東の谷を滑っていく・・・少し重いがいけます!

 さぁ、いくぞ!!

 湿って重いがターンは決まる!! いいぞ!

 

 そろそろデブリが追っかけてくるように・・・小規模の表層雪崩も作ってしまうので、滑りはおしまいにする。

 ここらで滑りは終わっておく。腰は持ってくれた・・

 

 斜度のある雪たっぷりな斜面は結構長く、大満足。14:00、さぁ、やっと昼食。

 

私ひとり。静かです・・

ここから谷筋をトラバースして下降。

やぶ、ヤブ、藪・・・

 さすがに重い雪で滑らない・・・

 幸い、雪はたっぷりで、沢に落ちる心配はない・・・そうこうして取り付きポイントに復帰。

 滑らない林道に苦労して・・・

 林道、入り口に出る。

本日9.1km なんとか痛み止めが持ってくれたが・・・下山と同時に切れた。あいたたた。

 

 

さて、距離的に楽勝と思ったが-・・大きな間違い。

2週間の安静のつけは大きく、すぐに息が上り難行苦行。神経痛よりしんどかった!(昔、小出監督がQちゃんも3日走らなければただの人!、と言ったそうだが・・普通のオジサンは2週間も走らないと心肺機能が急速に低下。)

私が走りはじめた理由、それは山スキーをし続けられる体力を維持することにあったこと改めて思い出した一日でした。景色と斜面は流石に福井。来て良かった!(^^)

帰る途中、昨年リニューアルされた九頭竜温泉「平成の湯」で「湯治」。痛み止めが長く作用したので回復モードに入ったか? 早く治ってくれ〜〜。

山スキーもあと一回か・・・

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加