私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

温室植物園で 古典植物と山野草展

2017-06-17 14:19:11 | ギャラリー散策
 6月17日(土)   天気:晴れ   室温:27.6℃

 きょうは 手柄山の交流ステーションへ ”ウチョウラン展” を見に行ったついでに 温室植
物園へ行き ”古典植物と山野草展”(共催:播磨古典園芸同好会) を見てきました。
 この前 新聞に載ったからか 初日だからか お客さんが 多かった。 14日の新聞に載って
いた 「一期一会の美」 ユッカ・バリダの花が咲いた を見るということもありましたが この花
は もう見頃を過ぎていました。 なかなか咲かないので 「センチュリーリーフ」 とも 呼ばれる
そうですが この次は いつ咲くか分からない・・。 ユッカ・バリダは 北アメリカ南部や 中南米
の乾燥地に分布する リュウゼツラン科ユッカ属の植物です。
 ウマノツユクサに 産まれた卵が かえったのか ジャコウアゲハが 多く舞っていますが 止ま
らないので 写真を撮ることができません・・。  一つ気になったのは 外来種で 日本に はび
こっている セイタカアワダチソウが 展示してあること・・・。 これは 古典植物?


 伝統的な生きた芸術品 古典植物は 富貴蘭、オモト、カンノンチク、セッコクなど 江戸時代
の園芸家たちが 情熱を傾け より美しく 珍しいものを求めて 品種改良を重ね 受け継がれて
きた観葉植物です。
 その中でも 富貴蘭は 将軍から 大名、武士や 町人にいたるまで 競って この花を育てたと
いわれているぐらい 人気のある古典植物です。 今回の展示会は 花を観賞する草花や草木
のような派手さはありませんが 古典植物の叡智や技術、美意識の素晴らしさを 堪能すること
ができます。






    ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・



 。。。。  。。  。。。。。。  。。  。。。。。  。。  。。。。。。  。。  。。。。。。  。。。。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交流ステーションで ”ウチョ... | トップ | ギャラリー集で 唐津焼・梶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ギャラリー散策」カテゴリの最新記事