私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

白鷺教育会文化展

2015-07-31 14:25:36 | ギャラリー散策
 7月31日(金)  天気;晴れ+モヤ?  室温:34.8℃

 きょうは 姫路へ行きました。 10:45の網干始発の電車で 行きましたが 夏休みだからか
網干駅では 多くの人が 並んで 待っています。    イーグレひめじでは “田尻 孝 作品展”
と ”白鷺教育文化展” を見ましたが 特別展示室で ”CGART” をしていたのでしょうか?
気が付きませんでした。  中井三成堂画廊では 先週と同じ ”大版画展” だったので ヤマト
ヤシキへは 寄らずに 山陽百貨店へ。  美術画廊で ”黒木国昭展” をしていると 思ったの
に・・・・。 27日(月)まで でした・・・・。 ざんねん!!
 12:30の電車に乗ろうと 駅に戻ると ”人身事故で 運転を見合わせています・・” と 放送し
ています。   良かった・・。 事故は 姫新線でした。 山陽本線は 時間通り。

 第1展示室では “田尻 孝 作品展” が行われています。 これまでに手掛けた 陶芸、彫刻、
水墨画などを 各10点展示。 しかし 一人の人が ジャンルの違う 陶芸、水墨画、木彫などを
するとは・・。 しかも 陶芸では 姫路市長賞も。 能面や 木彫の仏像もあります。




 第3・4展示室では ”第8回 白鷺教育会 文化展” をしています。   受付でもらった出品者
名簿には 高原智子、氏平源吾、福岡久蔵さんらのお名前があります。 展示は 洋画、日本画、
能面、彫塑、水墨画、工芸、文芸・創作冊子、書道、写真、生花などがあり 全国教育美術展の
特選作品も 展示してあります。 白鷺教育会は 姫路近辺の学校の先生およびOBで構成?







 1階のカフェ・ゆうゆうゆうで 休憩して 山陽百貨店へ行きますが 美術画廊で ”黒木国昭
ガラス工芸展” をしていません・・。 27日で終わった・・。 今は ”谷川 泰宏 小品展” をして
いました。 急いで 駅に戻り 12:30の電車で帰りました。 きょうも暑い一日でしたが 熱中症
で 倒れることはありませんでした・・。 家で ブログを書いていると 温度計は 36.3℃・・。

 。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加西市美術家協会展

2015-07-30 13:50:45 | ギャラリー散策
 7月30日(木)  天気:曇りのち晴れ   室温;33.7℃

 きょうは 加西市北条町のアスティアかさい 3Fの交流プラザで 行われている ”加西市
美術家 協会展” を見に行きました。 先日 歓創居で 案内状をもらっていました。 会場の
受付には 青田賢蔵さんがおられ 写真OKで ブログに 書いてもいいと 了解を得ました。
青田さんは 当然 杉江子さんの展覧会は ご存じです。 熊野神社の奉納・絵馬のことは・・・。 
陶芸の山本喜容子さんもおられ 節子さんのことなど いろいろ お話しすることができました。

 9:45 出発。 姫路バイパスを東へ行き 9:13 花田ICから 播但道へ。 10:24 福
崎北ランプを 降りて 県道23号線を 7km 東へ走ると 北条町駅の前が アスティアかさい
です。 10:37 駐車。 1時間かかりませんでした。 ここまで 44.1kmでした。

ごあんない
 私たち 協会員は 美術活動を通じて 会員相互の検収と地域文化の向上に 貢献することを 目的
とし 常に 精力的に 創作活動を続けています。 本年は 会員47名の作品を 一堂に展示します。
 お気軽に ご来場いただきますよう お案内申し上げます。    協会会長 高見 雅博









 。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

押し花と編み物展

2015-07-29 15:05:35 | ギャラリー散策
 7月29日(水)  天気:晴れ  室温:33.3℃

 きょうは 朝日谷のカフェ・エルミタージュへ 佐藤さんの ”押し花と編物展” を見に行き
ました。  今回 展示の押し花は 額に入って ガラスのようなものが 掛けてあり 反射で
写真は 撮ることができません・・。 編物も少なく 面白いものがありません・・・。  来週も
同じ展示らしいので 来週は お休みにしようか・・。 店の女性も いつもと違い あれっ?

 少し遅れて 会長さんが来られたので 先週のイーグレひめじでの”杉江子 日本画展”
のことを 話しておきました。 そうそう 駅前公民館での ”用途地域変更の説明会” の話
も・・・。
 きょうも 檀特山の上の黒い雲がかかって また にわか雨? と思いましたが きょうは シ
ャワーは ありませんでした・・・。 雷は鳴っていた?









 。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美の壺 涼やかに輝く 錫の器

2015-07-27 14:17:12 | 日記
 7月27日(月)  天気:曇り+風   室温:30.5℃

 7月10日(金) NHK BSプレミアムで 鑑賞マニュアル ”美の壺 涼やかに輝く 錫(すず)の
器” が放送されました。 今回は 密かに 人気を呼んでいる 錫の器で 光輝く形、肌の味わい、
見た目涼しげ・・・。 夏にふさわしい涼やかな器の魅力に迫る。 暑い夏に スズの器で 冷え
たビールを飲んだら 最高っ・・・!!  そして 漆技も紹介されます。

 錫器(ずずき)は 1300年ほど前に 中国から伝わったと言われ 正倉院宝物にも 薬壺などが
収められています。 錫の器は かつて 金・銀に並ぶ 貴重品であり 江戸初期には 京都の 「錫
師」 が 一部特権階級のためだけに 製造していました。
 江戸中期になると 「錫屋」 が 大阪・心斎橋筋に 店を構えるようになり 庶民の生活にも 浸透
していきます。  職人の手技による 気高い輝きは 様々な表情を見せてくれます。

≪番組内容≫
 涼やかさを運ぶ 「錫(すず)の器」 は 夏に ぴったり。 江戸時代 「庶民の宝物」 として 広まった
錫器に 職人は 多彩な意匠を施してきた。   ロクロでひく とくりの優美な曲線美。
金づちで たたいて作る 「錫肌」 の温かさなど 手技ならではの味わいが 魅力。
・明治の文人に愛された 「古錫」 の茶道具。   伊藤博文 秘蔵の茶つぼとは?
・漆を使った独特の絵付け 「いぶし」 は まるで 立体的な水墨画!
・錫に 夏の水辺を連想させる 料理の盛りつけも 必見です。

「水や酒をおいしくする」 と 酒器として 広く用いられ、その美しい輝き、涼やかな佇まい
から 茶器として 煎茶道を 嗜む文人たちにも 愛用された。
 江戸時代から続く鋳造、鍛金の技術から 生まれる美しい逸品などを 鑑賞。

一の壺は 優美な曲線の ”形”。
 器を作るには まず スズの地金を溶かした湯を 鋳型に流し 鋳物を作ります。
これを 3つ重ねて 焼き付けて接合。 これを 8種の刃物を使って ロクロでひき
表面を仕上げ 光沢のあるツヤを出します。 表情豊かな 優美な曲線が 輝きを
生みだし 凛とした光沢を放ちます。

 江戸時代の特利を使い続けると 味わいが 生まれます。 使えば 使うほど ツヤが増す。
文人に愛され 珍重されてきました。 表面は 補色を帯びて スズ独特の味わいが 生まれ
悠久の時の流れが 感じられます。


 二の壺は 職人手技で作りだされる ”肌”。
板状のスズを円筒形にして 繋ぎ目は 溶接。 表面を金づちで 叩いて 表面に表情を
作ります。 叩いた後には 肌に 人の手が産んだ温かみが・・。

 金づちの表面の形状によって 変わった表情の肌ができます。 石目、杉目・・・。

 料理の世界にも スズの器が使われます。 日本料理店で出されるアユの姿焼は 皿を
川に見立て まるで 川を泳ぐ アユのようです。 スズの器は 風景を宿す器でもある・・・。
草刈さん! 何か 迷っているのですか? えっ 今晩 どれで飲むか? あっ そう・・・。

 最後に スズに 漆で 絵付け。 これは いぶし という技法。 スズの器に 特殊な絵の具で
絵を描き 液の中へ 20分待つ。 これは くさらし といいます。 表面が ザラザラになり
深い陰影ができます。 塗料をはがし 漆を塗り込む・・。 漆をふき取り 磨きをかけると
深い陰影が生まれます。  スズと漆の新たな出会い。



 次回は 江戸前鮨?  これは パス。

 。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。。。  。。  。。  。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

網干駅前地区 用途地域変更

2015-07-25 20:49:26 | 日記
 7月25日(土)  天気:晴れ  室温:32.3℃

 広報7月号に載っていた ”中播都市計画 用途地域 (JR網干駅前地区) の変更に係る説明会”
(主催:都市計画課) が 午後7時から 駅前公民館で あったので 行ってきました。
 姫路都市局 まちづくり推進部 都市計画課の課長さんらが来られ 配布された 「別紙・説明会資料」
により 説明されました。 今回は 用途地域の変更の話で 駅前の工事に関する話では ありません
でした。
 中播都市計画区域は 姫路市、たつの市、太子町、福崎町の2市2町で 構成しており 姫路市は
合併前の姫路市 および 香寺町の全域が 中播都市計画区域に入っています。

今回 説明された内容は 4項目で
 1.用途地域とは
   用途地域とは 地域ごとに 建築物の用途(住居、店舗、工場など) や 建ぺい率、高さなどを規制し
   良好な市街地環境の保全と形成を図ることを目的に 定められるもので 姫路市では 住宅地、商業地、
   工業地などの 市街地の類型に応じて 第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、
   第一種住居地域、商業地域、工業地域 など 12種類の用途地域が 定められています。

 2.変更案
   詳細は 下図。 白抜きの6ヵ所が 変更になるようです。 例えば 1低専→1住居、2住居→商業

 3.変更案の説明
   別図。 例えば 第一種住居地域が 第二種住居地域になれば 大店舗が可能になったり
        カラオケボックス、パチンコ屋などの設置が 可能になります。

 4.スケジュール
   住民説明会H27年7月
     ⇓
   都市計画案の縦覧H27年12月頃・・・意見書の提出ができます。
     ⇓
   姫路市都市計画審議会H28年1月頃
     ⇓
   都市計画変更の告示H28年3月頃

 5.質疑応答
  ・変更する理由は;新しく幹線道路ができるので 今までと同様の価値が保てるように・・
  ・1住が 2住に変わると;利用価値は上がるが 大きな建物が建つ可能性もある。
  ・路線価が変わり 固定資産税が変わる;固定資産税が変わることもある。 税務課の担当なので・・。
  ・今 駅前の一等地に住んでいるのに 三等地に移動させられ 広さも140坪から100坪に減歩され
   納得できない という苦情もありました。 今回は 用途地域変更の説明なので・・・。  

※今回の用途地域の変更とは別に 8月頃に 案が決まれば 幹線道路の工事は 12月頃に始まる
 かもと言われました。

 。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。。。。  。。。  。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加