私の日帰り散策

写真でつづる山歩き、ドライブなどの日誌です。
最近は ギャラリー巡りをしています。

きょうは 書写の里・美術工芸館へ

2018-01-18 15:21:22 | 日記
 1月18日(木)   天気:晴れ+暖かい    室温:17.8℃

 きょうは 書写の里・美術工芸館へ 新春特別展示 ”アートになった猫たち展 ー近現代
アートから 浮世絵までー ” を見に行きましたが 写真禁止でした。 チラシやポスターなど
撮れるものだけ 撮りましたが・・。



 猫は 古くから 人の暮らしに寄り添ってきた動物です。 本展では 近現代絵画や パロ
ディ作品、現代陶芸をはじめ 江戸時代の浮世絵までを 猫を開いた画家として 知られて
いる竹久夢二や 藤田嗣治、江戸時代の猫ブームで 大人気を博した歌川国芳や その門
下など 浮世絵から 現代絵画、玩具など いろいろな猫作品を 一堂に会して紹介します。

 昔から 人の暮らしに寄り添ってきた猫。 6世紀頃に 経典の鼠除けとして 船に乗って
猫が日本にやってきたといわれています。 以来 芸術家の格好の画題となってきました。


 愛らしい少女が 愛猫を抱える絵は 吉祥画題となっています。 中国語で 70~90歳
の高齢を意味する 「耄ほう」 「耋てつ」 の発音と 「猫」 「蝶」 の音が通じるからです。
着物の菊柄も 長寿を祈る画題ですので 重ねておめでたいづ柄となっています。  実際
の作品では 刷りに エンボスが施されており 華やかな色彩と相まって 美しい木版の浮
世絵です。

 歌川国芳の弟子である 歌川芳藤の寄せ猫は 小さな19匹の子猫が集まって 大きな
三毛猫をあらわした ユーモラスな作品。 眼は 鈴、ヒゲは 扇子の骨で 作者のいたずら
心が 存分に 発揮されています。



 。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とんど2018

2018-01-14 12:55:02 | 日記
 1月14日(日)   天気:曇り   室温:14.4℃

 きょうは とんどの日です。 あさは 晴れていましたが お昼に見に行くと 雲が
厚くなっていました。 風は 穏やかなので 火をつけると 上まで うまく燃えるかも・・。
 お昼に行くと ほぼ 出来上がっていました。 今年のとんどは 高さが かなり高い
ようです。 5時ころに 点火の予定です。


 五穀豊穣、無病息災を祈り 17:10 点火。 四方から火をつけると 炎は
まっすぐ 上に上がりますが 最上部のササ葉が 燃える前に 折れてしまいました。



 。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イッピン 福岡・高取焼

2018-01-08 22:26:39 | 日記
 1月10日(月)  天気:雨    室温:13.2℃

 2017年10月24日(火) NHK BSプレミアム イッピンで ”香り高く! 優美に! ~福岡・
高取焼~” が 放送されました。  くつろぎに花を添える器。 香りを引き立たせる 緩やかな
カーブ、ワイングラスのようなフォルムで 薄造り。 蒸気が まっすぐ立ち 香りを楽しめる形で
手になじむ。


番組案内には
 ボディーが丸く、飲み口がキュッと 締まったワイングラスのような形状が 飲み物の香りを引き
 立たてると、年に 5000個を売り上げる 人気のカップがある。  江戸時代から 茶陶で名を
 はせた、福岡の高取焼。  いま 受け継がれた 茶の湯の美意識を昇華させ、さまざまな器が
 誕生 している。  幾重もの色が流れ落ちたような優美な風合いの器や、「透かし彫り」 とい
 う技法を 用いた雅な菓子器。  知られざる高取焼の魅力に 中山エミリが迫る。

 2代目 鬼丸碧山さんの窯を訪れます。 ここでは 年に5000個も売れる人気のカップ
を作っています。 江戸時代には 茶の器として 名をはせた焼き物の産地で 福岡県内で
6軒の窯元があります。 茶の湯の美意識を継承し 軽妙な薄造りで 大胆な模様が 優美に
見せている。 素朴な温かみのある色合い。 色は4種あり 手になじむ風合い。

 心地よい口当たりのため 薄く仕上げてある。 土は細かく コシがあるので 薄く作っても
壊れないため 薄作りに適している。 成形は けろくろで 足で速さを調節。 側面をやさしく
押さえ 美しいくびれを作る。 土を意のまま操る。 表面は ヘラで 滑らかに。

 口元のくびれが 飲み物の香りに影響を与える。 周りから新しい空気が入り 香りが まっすぐ
立ち上がる。 使う人の感性を揺さぶる逸品。

 高取焼400年の歴史は 茶の湯が生んだものです。 千利休が始めた茶の湯のもてなし。
小堀遠州が これを受け継ぎ 高取焼を ひいきにした。 特徴は 焼くと 釉薬が流れる
”なだれ”。

 13代 高取八山は 7つの釉薬を使い 焼くと 異なる色に変化する技法を開発。
釉薬を口のところにつけて すぐ流れないよう 回しながらつけ 口のところに釉薬の
層を残す。 焼くと 釉薬が溶けて 流れる。

 リサーチャーの中山エミリが 茶室で お茶をいただきますが きょうは 暑かったので
すがすがしい感じの”なだれ”の器を選んで いただきました。


 次に 15代 亀井味楽さんの釜を訪れます。 亀井さんは 雅に輝く七宝模様の器を
作っています。 凛としていながら どこか軽やかな透かし彫りの器で 海外からも
注目されています。

 お菓子用の器を作ります。 成形は 手ひねり。 丸い形に成形後 スポンジを押し
当てて 四角い形にします。 手づくりの温かみを 大事にしています。
 透かし彫りは まずコンパスで ケガいて あたりをつけ 手製の先のとがったナイフ
状の工具で 彫ります。 ためらいのないよう 差し込んで 一気に彫る。

 途中で 失敗すると アウト。 彫りは 15分ほどで 完成。 釉薬をかけて 焼くと
完成です。 伝統に新しい風を 吹きこむ逸品です。 400年前の美意識は 今も生き
続けています。


 亀井さんは お茶道具は 型に はまってしまっている。 作家のオリジナリティーで そこから
高取焼の良さを 分かってもらう作品を作っていきたい・・。 

 。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

破磐神社へ 初詣 2018

2018-01-02 12:39:12 | 日記
 1月 2日(火)   天気:晴れ   室温:14.3℃

 みなさん あけまして おめでとうございます。 今年も よろしく お願いいたします。

 きょうは 太市の破磐神社へ 初詣に行きました。 いい天気で 気持ちよくお参りできました。
ここの宮司さんと お話したことがありますが 破磐神社は この辺りでは 有名なパワースポット
だそうです。 神社の境内は 広く 明るく さわやかに 後ろの森は こんもりと を モットーにさ
れています。  手水鉢の水が 枯れていると 神様は 寝ているので お参りしても ご利益がな
いので ここでは 湧き水、井戸水、水道水の三種を使って 枯れないようにしている など い
ろいろと教えていただきました。 宮司さんは 利き酒師で 拝殿の前に 呑みやすい お神酒が
置いてあります。  呑みすぎない程度に ありがたく いただきました。


 破磐神社のご祭神は 息長帯日売命(神功皇后)、帯中津日子命(仲哀天皇)、品陀和気命
(応神天皇)、須佐之男命(明治40年合祀)

     破磐神社の由緒
 往古の昔 息長帯日売命(神功皇后)が 三韓を討征し ご凱旋されたとき 忍熊王の難が あ
ったので 御船を妻鹿の湊に寄せられ 朝敵退治を祈られ ・・・・ その麻を弦として 三本の矢
を試射された。 第一の矢は 虚矢し 第二の矢は 辻井に 第三の矢は 太市郷西脇山中の大
磐石にあたって 磐を三つに破った。 神功皇后 これを 吉兆として この地に 矢の根を祭られた。
後に 仲哀天皇、応神天皇の二柱を 崇め奉り 破磐三神と称し 奉った。
   神のさち 吹風弓の かふら矢と いかで磐をも 通ささらめや  と詠まれている。  

 神社は 山の傾斜を利用して 本殿、幣殿、拝殿が 一体形に配置されていますが このような
建築様式を 流れ権現造りというそうです。 屋根の構造も複雑で 唐破風と入母屋破風は 分かり
ますが・・。 屋根は 銅板葺きですが 長持ちするように 普通 2、3mmの厚さの銅板を使うところ
5mmの銅板を使ったそうで 厚いので 曲線に曲げるのが 難しかったそうです。 

 天満社(旧本殿)の御社は 破磐神社が誕生の地・宮ヶ谷より遷座されたとき 造営された。 徳川
初期の神社建築を 今に伝えるもので 天保八年 本殿改築に伴い ここに移され 現在は 学問の
神様として 多くの人々に崇拝されている 菅原道真公が祀られています。

 三光堂は 神仏混淆の世 破磐神社が 三所大権現と称されていた時代 神前に 安置されて
いた仏体が 明治戊辰の神仏分離令によって 取り除かれ この御堂に安置され 祀られている。

 帰りに 1.7km南西にある 大磐石に寄ってきました。 大磐石の大きさは 高さ6.5m、
前幅5.5m、奥行7.5mです。


 。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。。  。。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうは 姫路へ行きましたが・・

2017-12-29 14:36:03 | 日記
 12月29日(金)  天気:曇り のち 晴れ?   室温;14.5℃

 きょうは 姫路へ行きましたが さっぱりでした。 お天気は 良くないし 電車は 満員だし 29、
30日は どこも お休みだし・・。  好古園と姫路城の門松を見て 護国神社へ絵馬を見に行くと
姫工の生徒が描いた絵馬は ここではなく 広峯神社だったし 総社へ絵馬を見に行くと 新聞に
載っていた 不動さんの絵馬は 元旦からの展示で まだ 展示されていません・・・。
 イーグレひめじへ行くと お休みで 文化情報姫路1月号は 入手できず、カフェ・ゆうゆうゆうで
休憩しようにも カフェも 本日の営業は 終了しました? お休みです。
 山陽百貨店の美術画廊を覗いて 駅へ戻りましたが 遅れていた電車が 出たところ・・。 次の
電車は 約30分待ち。 久しぶりに ホームで 駅そばを 食べて 時間をつぶしました。 時間通りに
来た 12:31の電車で帰りました。 きょうは 門松を見ただけです。 こんなことで いいお正月が
迎えられるのでしょうか。 電車から見える京見山の東尾根は いまだに 山火事の跡が 痛々しい。





 。。。。。 ・・ 。。。。。。 ・・ 。。。。。。 ・・ 。。。。。。 ・・ 。。。。。。 ・・ 。。。。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加