ともちゃんの湯巡りと日帰り撮影隊の記録

公休日に出かけた先の温泉や風景をアップしてます。

シフト

2007-05-31 19:57:00 | 日記
来月のシフトからお休みが火曜日と金曜日に戻ることに。

私が土曜日の午前中にどのくらい頑張れるかが問題*(びっくり1)*

社員3人と私で起動しなければいけないのに社員2人と私で回らなければいけなくなった。

チーフはもう少し様子を見たかったのではないかと思っている。でも社員のAさん(女の人です)はまだ子供が小さくて土曜日のお休みが欲しかったし私は金曜日が*(温泉)*巡りには最適でチーフにそれぞれ元に戻して欲しいと打診していた。

「チーフに、土曜日に私がどのくらい頑張れるかな~*(はてな)*って言われました*(びっくり2)*」

とAさんに伝えたら

「私もそう云われたわ、でも今までやってきたし別に問題はないでしょ*(笑顔)*」

って言ってくれた。要は土曜の忙しい午前中にどれだけ仕事をこなせるかが問題。

仕事の内容が変わるわけでもないし今まで通りに頑張るしかない、それでまたお休みが土曜日になれば私が頑張っていない証拠*(青ざめ)*

今の仕事の面白さが判ってきて仕事をしていても愉しいし与えられたチャンスだと思って6月10日からのシフト、頑張ろう*(ニヤ)*






コメント

おっぱいが

2007-05-30 19:13:00 | 日記
疲れた体を湯に沈め汗を流してさっぱりした。さあ着替えようとしたらしたら目線の先に鏡がある。

裸の上半身が映っている、おっぱいはまだ形が残っている。少し安堵*(ニヤ)*

いつまで形が残っているのやら。
コメント

忙しいお休み

2007-05-29 16:38:00 | 日記
目が覚めると外が明るい*(笑顔)*

「今日はゆっくり寝てていいよ*(笑顔)*」

と主人の声がした*(うるうる)*
昨日、頑張ったからな~、でも今日はしなければいけないことがいっぱい*(びっくり2)*

「今日はね、やんなきゃいけないことがあるのよ*(びっくり2)*」

と一人前の主婦の顔をして起き出した*(ニヤ)*

書類を書いて届けなければいけないし買い物にも行かなければ*(ダッシュ)*

娘が家に来て庭の満開のつつじを見ながら一言

「おかあさん、草の山が凄いわね*(ジロ)*」

去年の大雪の時、庭の木が倒れた。春になりやっと切り倒したのはいいけれど庭の一角に山済みしていてそのままにしていた。

人目につかない庭とは言え格好悪いよな~
なんて娘の一言に奮起、8割片付けてしまった。

まだ馬力が残っていたなんて自分でも*(驚き)*ツツガムシが心配なので早々とお風呂に入りやっとPCを立ち上げた。

昨日、買ってきたセキュリティーソフトを入れた。今まではノートンだったんだけどセキュリティーの影響でOEの調子が悪くなったときがあったので変えてみることに。

更新の必要がないので更新料もかからない。まずは使ってみるかな*(笑顔)*


我が家のつつじと我が家の田んぼにいた「たにし」です、「旅の宿」覗いて見てください。


コメント

穴植え

2007-05-28 20:08:00 | 日記
田んぼに行くのが億劫でしょうがない、膝が呻いているし*(ジロ)*

でも私がやらなければ誰がやるの*(はてな)*


仕事が終わってからひとっ走り田んぼまで*(ダッシュ)*

適当に穴植え終了*(ニヤ)**(ニヤ)**(ニヤ)*これで明日のお休みはゆっくりできる*(ウインク)*

お風呂にも入ったしもう限界、瞼が仲良くなってきたら即、寝ます。
コメント

行き当たりばったりの旅 Ⅷ

2007-05-27 19:40:00 | 日記
あまり暗くならないうちに家に到着。

5月12~13日 一泊二日 ガソリン代はカードで入れたのでかからず、食事、入浴代、お土産代含めて1万6000円の旅でした。


今度は仕事を終わってから家を出発、山形米沢の秘湯に行きたいと思っている。


     終
コメント

行き当たりばったりの旅 Ⅶ

2007-05-26 20:16:00 | 日記
えちごせきかわ温泉郷で時間をとってしまったので瀬波温泉には寄らないつもりでしたが主人が日本海沿岸をひたすら運転している。

夜まで無事に帰れば言い訳で瀬波温泉にも寄ることに*(ダッシュ)*

いろいろ宿が立ち並んでいる、狭い道を通りながら露天風呂ありの看板が出ているところにお邪魔することにした。

お風呂だけだと思ったら店の玄関脇で職人さんが蕎麦を打っている。主人は蕎麦が好きだし店構えもいいし此処で昼食といけるかな~と思ったら食事処が2階にある。

エレベーターがあれば行けるのだが状況を見て主人が*(バツ)*を出した。

「あかあさん、お風呂に入っておいで」

海が見える露天風呂と書かれていたのだが店の玄関からは海が見えない。玄関を入ると急勾配の階段が続いている。1階から4~5階までの高さまで階段が続いている。

登りきるのが大変、その最上階に露天風呂があった。

先客が数人、露天風呂には誰もいなかったので数枚だけ写せました。なぎの日本海を眺めながらお風呂満喫してきました。

今回の旅の最後のお風呂でした。
「旅の宿」に画像、載せました。


コメント

青森ロイヤルホテル

2007-05-25 21:23:00 | 日記
月に一回の通院の日、病院が終わったのが12時過ぎ、病院に行くと半日はかかる*(ジロ)*

主人が珍しく

「温泉は何処でもいいよ*(びっくり2)*」

と言ってくれたけど夜までには帰ってこなければいけないし、クーポン付きの青森ロイヤルホテルに行くことにした。

青森平川市大鰐温泉郷の一番高いところにあるホテル、本を開くと木造りの変わった露天風呂が写っているので行って見たいと思っていたホテルだ*(笑顔)*

大鰐温泉郷には前に一度行ったことがあるので道に迷うことなく到着、津軽平野と岩木山が見える。

フロントでお風呂の場所を聞いて一階の浴場へ*(ダッシュ)*先客なし*(ニヤ)*

無色透明の優しいお湯、顔にあたる風の冷たさと調和のとれるお湯の暖かさに大満足のお風呂でした。

露天風呂は2箇所ありました、私の感ですけどお湯が違っていたような気がしたのですが。。。。

ホテルも綺麗で従業員の態度もしっかりしていましたしお湯も良かったですしお勧めの宿です。

「旅の宿」に画像、載せました。



コメント

行き当たりばったりの旅 Ⅵ

2007-05-24 19:12:00 | 日記
お風呂を2箇所回ったので時間も9時を過ぎていた。次の温泉は「えちごせきかわ温泉郷」。

地図とにらめっこしながら走っていたらどうも通り越したらしく国道7号線に出てしまった。

畑で農作業をしていたおばあさんに道を聞いたらよほど先に来てしまったらしい、急いでUターン、道がよくわからない。

道路標識を確認しながら「えちごせきかわ」に着いたら温泉が点在している。

高瀬温泉郷、鷹の巣温泉郷、湯沢温泉郷、雲良(きら)温泉郷、桂の関温泉。

鷹の巣温泉郷のお風呂は3箇所、内2箇所は外来入浴を受け付けていないらしいので「御宿玄太郎」のお風呂に決めた。

露天風呂はなし、お湯もごく普通のお湯で無色透明、もう一度入りたいとは思わないお湯でした。

誰も居なかったのでデジカメの出番だったのですが何故かピントがずれてぼやけた画像でしたので今回も画像はパスします。

すいませ~ん*(笑顔)*


    
コメント

行き当たりばったりの旅 Ⅵ

2007-05-23 19:50:00 | 日記
無事に「阿賀の里」に到着、時間は午後8時、朝7時45分だったかな高速に乗ったのは。

何もしないで助手席に座っていただけなのに疲れたのだろうか体を横にしたい。
巨人ファンの主人はいきなりラジオのスイッチを入れている。

助手席のシートを倒しえびさん状態になると直ぐに眠りに入っていた*(星)*
目が覚めて時間を確認すると午後10時半、少ししか寝ていないのに思いっきり寝た感じがする。

目が覚めると思いきやまた直ぐに眠ってしまった。次に目が覚めたのが午前2時過ぎ、外はまだ真っ暗(当たり前*(びっくり2)*)なんか儲けた感じ*(音符)*まだ眠れる*(チョキ)*

次に目が覚めたら外が明るい*(ジロ)*
洗面所で洗顔、前の日の残りのおにぎりを朝食にする。

朝早くからやっている温泉はないかな~と地図とにらめっこ*(ジロ)*

五頭温泉郷とけちごせきかわ温泉郷と瀬波温泉をピックアップ一番近い五頭温泉郷を目指す。

五頭温泉郷には出湯、杉村、今板の三湯がある。朝早いのに軽トラがたくさん止まっているところがある。おばさんたちが忙しそうに動いている。駐車場の車の中には人がいる、何があるのだろうか*(はてな)*暇なので仲間入りすることにした。と続々と車がやって来て20台も止まれない駐車場はほどなく満杯に。日曜の朝7時前の話、駐車場の脇には産地直産のお店がある。

どうもみなさん、そこを目当てに来ているようだ。車の人たちが続々と店の前に集まり始めたので私も行列に加わり7時の開店と同時に店に入ったら価格がほとんど100円のお店だった。野菜を手早く会計に持っていったついでに温泉を聞いてみた。


この先を右に曲がって行くと朝6時からやっている公衆浴場があるという。さっそく行って見る事にした。


五頭温泉出湯温泉の公衆浴場、朝7時過ぎなのに絶え間なくお客さんが来るのでデジカメどころではなかった。外観を写すのが精一杯、でも今回入った温泉の中で一番良かったのがここのお湯でした。

まだまだ時間があるので受付のおばあさんにまだ入れそうな温泉がないかどうか聞いてみたらこの道の突き当たりのお寺さんにお風呂があると言うので行ってみる。

すぐ其処が華法寺、境内に車を止めてお寺の本道の脇にある看板のない銭湯のような建物の前に行くとなんと券売機がある。でもお湯の名前が書かれていない*(びっくり2)*
何処を探しても「00の湯」とか「00温泉」とか見当たらない*(びっくり1)*

入浴料は150円、先客がお一人、昔ながらの番台がある。
公衆浴場のおばあさんが「いいお湯だよ~」と言っていたが私には今一のお湯でした。

でもお風呂に弘法大師様がいらっしゃったんですよ、「旅の宿」見てください。

弘法大師様に見られながらお風呂入ってきました。




コメント

行き当たりばったりの旅 Ⅴ

2007-05-22 12:43:00 | 日記
「みかぐら荘」を出たのは午後6時ごろ、このまま走れば新潟は目の前。

「みかぐら荘」にたどり着く前に一軒の温泉に寄ったのだが入らなかった。
49号線沿いのドライブインに湧いている温泉。料金は無料、ネットで見た限りではほとんどの方がそのドライブインで食事をしているので食事付入浴と言うことになるのだろう。

ドライブインのご主人が自分の親のために温泉を掘ったところ見事に温泉が湧き出たのだがすでにそのとき親は他界した後、近所のお年寄りの方々に無料で温泉を開放しているのだと言う。

ドライブインで食事をするときにお風呂に入りたい旨を伝えると鍵を渡してくれるのでドライブインの敷地内にある一見小屋と思われる浴場で入浴できるのだそうだ。

49号線でそのドライブインを見つけたのだが時間が午後4時前でお腹も空いていないしドライブインの入り口には階段が十数段、車椅子では入れない*(困る)*

ネットではお湯が絶賛されていたので入りたかったんだけど次の機会に回すことにした(でもいつ入れるかな*(ニヤ)*)

「みかぐら荘」から49号線に戻り新潟の道の駅「阿賀の里」を目指す。もう外は真っ暗、走りだしてすぐに御神楽温泉と七福温泉の看板がある。さっき見たのと同じ看板だ。と右側にマーケットが建っている、これもさっきと同じだ。宅急便の事務所の前には狐の夫婦が立っている。これもさっき見た。しばらくいくとトンネルに入った、これもさっきと同じ*(びっくり2)*トンネルの中が埃っぽいのも同じ*(青ざめ)*

なんてこうも同じ状況が繰り返されている*(青ざめ)*一瞬、主人と顔を見合わせた*(びっくり2)*

「私たち同じところを走っているの*(驚き)*」

でも49号線を戻ってはいないし戻っているとすると建物は逆にあるはず*(ジロ)*

トンネルを抜けるとオレンジの橋が見えた。やっぱり道は間違っていなかった。
そう言えば地図にも載っていた名所は「狐の嫁入り屋敷」

見事にいっぱい、くわされたかな。


「旅の宿」に阿賀の里、載せました。




コメント