ともちゃんの湯巡りと日帰り撮影隊の記録

公休日に出かけた先の温泉や風景をアップしてます。

頑張って。

2005-06-30 20:26:00 | 日記
いつものようにお昼休みに買い物をしていたときです。

すれ違った人が私の肩をトントンとたたきました。

「あっ、久しぶりに見る問屋さんだ」と思い「お久しぶりです」と声をかけて二歩三歩「あれ~っ*(はてな)*」と立ち止まってしまいました。

「だれ*(はてな)*」

野球帽を後ろ前にかぶった、小柄な男の人が笑いながら私を見ています。

どこかであったことのある人です。でも、問屋さんに似ているけど問屋さんじゃない。

頭の中はフル回転、確かに親しみのある笑顔、3年前にくも膜下で倒れた主人の同級生です。でも、太って顔も変わっていてすぐには判りませんでした。

家の車のことは何から何まで全部お任せしていた人です。
後遺症で言葉が不自由になったということは主人から聞いていました。

主人も二回ほどお見舞いに伺いましたが、退院してからは気にはかかっていましたが御逢いすることはありませんでした。

風のたよりに娘さんたちと出歩くまでに回復したことは聞いていましたが、まさかお店で御逢いするとは思ってもみませんでした。

主人が何回か電話を入れましたが通じづ、言葉が不自由なので出たくなかったのではないかと気にかけていました。


確かに言葉は鮮明ではありませんでした。でも決して聞き取れない言葉ではありませんでした。

ほんとに家の車のことや息子の事故の時も親身になってくれた人です。


こんな状態なので会社も辞めたとのこと、
それでも家の車のことを気使ってくれてました。

お話している間も笑顔を絶やさずに一生懸命、話しかけてくれました。
あまりの突然の出会いでお隣に立っている方が奥さまかどうかを確かめる余裕もなく「今度、遊びにきてくださいね」とお別れしてしまいました。


主人に話すると一言「逢いたかったな~、家に閉じこもってたら駄目だよ」

そういう彼方も7年間も閉じこもってたじゃないですか。

でも、その時間があったから今があるんだよね。頑張ったものね。

鉄男さんだって同じ、これからよね。

二人とも、頑張って*(びっくり2)*



コメント

送別会

2005-06-29 20:38:00 | 日記
社員が一人、退職します。同じ課です。

わが社では社員とパートの格差が歴然としています。仕事が出来ても出来なくても社員は待遇がいいのです。

昔と言うか、古い考え方なんですね、会社自体が。

いくら仕事が出来ない社員でも、幹部は何にも言えないし、明らかに仕事が出来ない人を社員にするし、的を得ていないと言うか....


私達みたいにもう、歳で他には働き口がないものは賃金に関係なく、止められない、痛いところをついてるのね~
なんにも言えないと思って。


今回やめる人も大いに問題ありの人。会社としては辞表を即刻,受理。

その人の仕事振りを知る人はみんな「当たり前でしょ、受理されて」


今年の初めにチーフが辞めたとき、送別会をしました。11人中、参加者6人、人数は少なかったけど良い送別会でした。

送別会の日、偶然にも会社の飲み会も行われました。私達はもちろん送別会へ。

でも、今回辞める社員は大手を振って会社の飲み会に。
誰もが呆れました。
「参加する場所が違うでしょ」


今回、送別会をどうするか*(はてな)*
たとえ送別会をしたとしても私は参加しない旨を伝えました。

他の人の送別会にでない人が自分の送別会開催を願うなどもってのほかだと。

頭数は多いけど全然足並みが揃わないの。

参加できる人、出来ない人がいるのはわかるけど送別会は特別だと思うのです。

一緒に働いたのならば特別な事情がない限り、参加するのが普通でしょう。
ま、世の中いろんな人がいて成り立っているのだからしょうがないんだけど、どうしてもそういう人許せないんだよね。


確かに後味は良くない。
でも、その人のこともう、辞める人なんだけど許せない。

こんな気持ちで飲んだってちっとも面白くもないし、楽しくもない。
いろいろ愚痴をいっても明日でお別れ。

明日は棚卸、ま、一緒にがんばりましょう、最後だもの。




コメント

やっと、出来た。

2005-06-28 10:14:00 | 日記
掲示板を作ったときから、MIDIやいろんな壁紙を貼り付けてみたいな~と思っていました。

掲示板を設置して一年、ようやく思うように出来るようになりました。PCの超初心者から一歩でも前進したのかなって、嬉しかったし、PCの面白みがますます増してきました。

これからも目標をもって時間がかかってもいい、やりたいことを一つずつ物にしていきたいと思います。

こらからもよろしくお願いしまーす。
コメント

八甲田温泉「遊仙」

2005-06-25 22:18:00 | 日記
珍しく、主人が

「今度の休みは奥入瀬に水を汲みにいこう」

と言います。それじゃ、私はロープウェーに乗ろうといつもより早々と出かけました。

ペットボトルをいっぱいトランクと後部座席に詰め込んで、弘前から八甲田を目指しました。途中、いつもは止まらない城が倉大橋の上でも止まってもらい、デジカメでぱちり。

地上から122メートルの高さ、足がすくんで前に行けず、橋の欄干からデジカメを持った手をだしてシャッターを押す始末、こんんなに高いところが駄目だったのかと自分でも呆れる始末。

でも、ほんと怖かった。秋の紅葉が有名な場所なので秋にまた、こわ~い思いをしに来ようかと思っています。

城が倉から少し先にいくとロープウェー乗り場があります。入り口に立て看板が....

「7月15日まで運休しております。・・・」

せっかく来たのに動いてな~い*(びっくり1)*


動いてないんだからしょうがない、次は温泉だ~と「遊仙」に向かいました。

八甲田の山の峰にはまだ、ちらほら雪が残っていました。露天風呂から山肌を見ることはできませんでしたがかけ流しの露天風呂でした。

ラムネ風呂とミルク風呂と露天と内風呂。
ラムネ風呂とミルク風呂はなぜ、そう呼ぶのかよく判らない*(はてな)*お風呂でした。

ロープウェーに乗る時間がういたので、十和田市の「りそうきょう」と言うところに行ってきました。

芍薬とルピナスが満開でした。

掲示板に画像、載せました。覗いてみてくださいね。*(音符)*
コメント

参ったね、この暑さ。

2005-06-22 20:05:00 | 日記
秋田の今日の最高気温が34度、昨日も真夏日。6月の真夏日連続は78年ぶりだそうな。。。


明日の予報は曇り→晴れ。
どうも雨は降らないらしい。梅雨は何処にいってしまったの*(はてな)*


田んぼも畑も困るのよね。用水路が整備されていても流れる水がないと、どうしようもないもの。

昨日は綺麗に輝いていたお月さんも今夜は雲の陰に隠れて出てこない。

少し雨、降らせてくれないかな~
コメント

告知

2005-06-20 22:07:00 | 日記
昨日の日曜日に秋田県車椅子連合会の春のレクレーションがおこなわれ、主人が参加しました。

去年、私が体調を崩して入院した時、隣の部屋に車椅子連合会に参加してらっしゃる方が入院されていました。

「どうなさったんですか?」と声を掛けると「胃を手術してね~」との返事。でも、見かけは全然、変わりありませんでした。

主人も話を聞いて「胃をとったそうだけど....」と腑に落ちない返事をしていました。


年が明けてまもなく、その方の訃報が飛び込んできました。
主人も私も絶句。どうして、あんなに元気そうだったのに.....


昨日、レクレーションから帰ってきた主人が教えてくれました。

胃を手術しようと開胸したところ、癌でどうにもならずに閉胸したのだそうです。本人は何も知らないまま亡くなったんだそうです。


私はもし、自分が癌になったら告知をしてほしいと常久思っています。でも、今回のことで主人はどう思っているのだろうと考えてしまいました。

思うように体を動かすことができないうえ、精神的な負担もあります。そのうえ、もし、癌になって告知をしたら主人はどうなるんだろうって。


車椅子で不自由な生活を余儀なくされているのに癌の告知なんかできないと思いました。

毎日、毎日、24時間、足の痛みを感じない日はないと言います。常に足の痛みと戦いっているのです。

体温の調整ができず、汗をかくことも出来ません。
体の半分が壊れている人に向かって告知なんか出来ない。


でも、本人が望んだら....

いつか、真面目に向かい合ってお話してみようと思います。




コメント

夢の中に

2005-06-17 20:37:00 | 日記
つい先日、母の13回忌を終えました。

昨夜の夢の中に母がでてきました。13回忌を迎えるまで夢で逢えたのはこれで3回目です。*(3)*

2回目の発作で倒れたとき、「10日持てばいいほうでしょう」と医師に言われました。*(びっくり1)*

寝たきりの主人を姑に見てもらい、出来る限り病院に泊まりました。たとえ死に目にあえなくても悔いは残したくありませんでした。*(OK)*

その願いが通じたのか私が泊まっていた朝に静かに息を引き取りました。*(星)*

夢に出てこないかな~と念じても、この願いは通じず、今まで逢えたのは2回だけ。

でも、昨夜の夢の中には母がいました。
主人や義妹は死んだ人の夢を見ると良くないと言います。*(注意)*

確かに感じの悪い夢を見たりすることがありますが、今朝は久しぶりにすがすがしい目覚めでした。*(音符)*

母が逢いに来てくれた事で胸がいっぱいで主人にそのことを伝えながら涙が流れていました。*(涙)*

でもね、かあさん、私ね、法事の連絡を受けた時「もう、7年もたったんだな~」て思ってたの。お坊さんの読経が終わったあとに「えっ、13回忌だ」ってわかったの。こんな娘でもまた、夢に出てきてくれるかな~*(はてな)*



コメント

いつもと違う

2005-06-16 20:54:00 | 日記
明日はお休みなので、いつもなら元気がいいんだけど今日はちょっと疲れ気味。*(バツ)*

あくびが出てきてしょうがない。別に仕事が忙しかったわけではないんだけどね。
上のまぶたと下のまぶたが仲良くなりたがってて困っちゃう。*(眠い)*

今からドッキングしたらどうなるのよ。*(困る)*

ストーブもいらなくなって薄着になって過ごしやすくなってきたし、もう少し、自分の時間に浸ってようっと*(OK)*
コメント

プライバシーの侵害?

2005-06-14 19:52:00 | 日記
なんで入ってるサークルが表示されなきゃいけないのかな~?


別に幾つ入っていても構わないし、隠れて入ってるわけでもないんだけど、人それぞれの思いがあってのことでしょうに断り*(はてな)*もなしに表示とは感心しないな~。*(はてな)*そう思ったのは私だけなのかな~。*(はてな)*


みんな消しちゃって元と同じ、何のためのリニューアル*(びっくり1)*
コメント

やるっきゃないか

2005-06-13 21:17:00 | 日記
明日も田んぼに行きます。

稲もあっという間に伸びてきました。

今年も田んぼに行くのがおっくうで、どうしようかな*(はてな)*と思っていました。
考えても行けるのは私しかいないし、結局は行かなければいけない状況になるのは判ってるんだけど......行くのが嫌なのです。*(バツ)*


主人の姪夫婦が来た時のことです。あれやこれやと話が弾んでいました。と、突然「今年も秋になったら少しでいいですからお米を下さい」と姪の旦那様。

そう言えば去年の秋、ほんとに少しだけれどお米を分けてあげました。
なんでも旦那さんの親戚、2箇所からと家からと3軒からお米をもらったんだそうです。で、味比べをやった結果、我が家のお米が一番おいしかったんだそうです。

「買います」とは言わないで「下さい」というところがまた、可愛いのね~

だから、少し気合を入れて田んぼに行こうと思います。一人でも喜んで私のお米を食べてくれる人がいるんだから、やりがいがあるというもの。

明日のお天気もよさそう、まっ、私なりにそれなりに頑張ってみようと思ってます。


コメント