ともちゃんの湯巡りと日帰り撮影隊の記録

公休日に出かけた先の温泉や風景をアップしてます。

カメラマンのモラル

2019-08-25 08:21:07 | 写真
西馬音内盆踊りの会場での出来事。大人の踊りの輪が出来上がりつつある時、一人のカメラマンが踊りの輪の中で撮影していました(竿灯祭りでは竿灯の近くで撮影することは許可の腕章を付けた人しか撮影できません)案内放送でも輪の中に入って撮影することは出来ないとアナウンスされています。もしかしてこの男の人は撮影許可を得て撮影しているのかとも思いましたが判断が尽きません。決めごとを守り輪の外ではカメラを持ったたくさんの人が撮影しています。

輪の中で撮影している彼を誰も止めようとはしません、それが不思議でした。禁止されているのならそれが行われているのなら当然、辞めさせるべきなのに納得がいかない、輪を掛けるように祭り関係者の半纏を着た若い男の人2人と白いジャンバーを着た男の人がある特定の編み笠を被った踊り子の撮影を始めた。いかにもアイドルの撮影会のように「俺、写しちゃった~」「良いの撮れた~」ってな感じでニヤニヤしながら輪の中で撮影会、公的立場を利用した私的撮影会に見えた、これもはなはだ納得しがたかった。

祭り最後のフィナーレ、町長のあいさつの中で日本3大盆踊りの文化遺産登録を目指すと言う知らせにそうなれば尚更カメラマンのモラルの徹底、私的撮影会などもってのほかだと久しぶりに頭に血が上った。

西馬音内盆踊り











コメント (2)

羽後町「みはらし荘」

2019-08-24 19:40:06 | 写真
長谷山邸から次に向かったのが「みはらし荘」羽後町の高台にあり羽後町全域を見渡せると。バスは山の斜面をくねくね登り「みはらし荘」に到着。なるほど眺めが素晴らしい。みはらし荘は営業中でちょこっと玄関に入らせて貰ったら入浴料の案内の紙が貼ってあった。

ここは温泉ではねべ。それにしてもみはらしが良すぎ 建物の外から食堂らしきテーブルが並んで居るのが見える、夜の絶景も期待できる。他のお客さんが何やら男の人から名刺を貰っている。どうも此処の管理人らしいので温泉かどうか聞いてみた。

「お風呂は温泉ですか?」

「いえ、温泉ではないんですけどこの絶景、お風呂からも見渡せるんです、運が良ければ雲海も見れます。」

お風呂場、お見せしますよとツアーに参加のお客さん4人と案内して貰ったらお風呂場からの眺めも良い事。宿泊料は
1泊2食付きで9000円かからない、基本、泊りの第一条件は温泉があることだが安いし泊りに行っても良いかなって思った。夜景を見ながらの食事にお風呂から雲海が見れたら最高だし。みはらし荘、此処も元は個人の所有だったそうなどんな人が住んでたのかしらね。

みはらし荘の高台から。



西馬音内盆踊り いよいよ始まり~









コメント (6)

羽後町総合交流促進施設旧長谷山邸

2019-08-23 18:42:15 | 写真
鈴木家の次に訪れたのが羽後町総合交流促進施設旧長谷山邸、これまた珍しい木造3階建。昭和54年ごろまで長谷山家が住んでいたのだが建物の管理維持が大変で町に相談して今の形にしてもらったそうな。建物を残すって結構がかかるのね。

羽後町総合交流促進施設旧長谷山邸









3階和室のガス灯 ガス灯が灯っていればいい雰囲気だと思うんですけど何しろ先立つものがね。。。。



コメント (6)

鈴木家には天井が無い。

2019-08-22 18:10:29 | 写真
天井が無いので家の中が広々している。360度家の中が見渡せる。羽後町は積雪が多い山間部にある、ふと思った、この家には障子とか襖とかは無いのかしら 

当主に聞いてみた。

「冬は障子とか襖とかはめるんですか

「いえ、このままです、寒くてたまらないですよ。」

天井がないから引き戸を付けても意味がない。夏なのに子供部屋にはストーブが置かれていた。それでもこの家を守るために此処で暮らしている、日本でもこのような家に暮らしているのは珍しいとか 

鈴木家





番傘



多分、魚を捕るものかと。



わらじ

コメント (4)

東北鈴木家発祥の鈴木家。

2019-08-21 19:02:19 | 写真
個人で訪れると有料で一人500円、街歩きに参加して無料、無料に引かれて参加したようなもの

当主の46代目の案内付き。昔の藁葺き屋根の大きな建物、扉は開けっ放しで夏場は最高、太い柱にはハンモックが2つ、下げれらていた。こんなところでハンモックで揺られたら最高だね。部屋の脇には布団が積まれていた。去年から民泊を始めたそうな。鈴木家は文化財に指定されているので素泊まりのみだが食料の持ち込みはOK(大きな囲炉裏があるのでそこを使うのOK)お酒の持ち込みもOK、料金はちょっと高めの15000円、外国の人が多いそうだが46代目当主曰く

「英語が出来なくてね、言葉が通じない

東北鈴木家発祥の鈴木家



田んぼで使ってたよな~



入り口の土間にあった大きなツボ



↑だと大きさが判らないが湯船にもなりそうな大きさ



物騒なものが。。。。錆びていて使えないんだろうけど。



囲炉裏の吊下げるの、なんて言うのかしら?



5つ玉のそろばんとひずめ。

コメント (6)