ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

眞子内親王 IN ペルー 2

2019-07-13 07:00:00 | 皇室報道

 眞子さまの安定の公務は続きます。ミヤネ屋でファッションチェックもやってましたね。

大統領を表敬訪問して、栄誉礼を受けました。

眞子さまが車からおりる時の所作が大変美しく、何度見ても完璧だなあと思います。

これは絶対に皇后には出来ないものでしょう。

この着物は2011年にも着ていらっしゃいました。

ファッションチェックによると

 眞子さまは「お姉さま」という立場なのでいつもきりりとした寒色系を選ばれる。

 萌黄色に菊・桜・紅葉などの柄。花束になってそれを水引で包んでブーケにしているのが斬新。

これぞ日本の伝統の結晶のような着物。

 帯に描かれているのは武田菱。武家の紋章を取り入れることで「いざ出陣」と自分を鼓舞するような感じ。その中に描かれている花菱が女性らしくて美しい。

 帯の締め方も素晴らしい。

外国でこんなに完璧な着物姿を見ると、本当にゴージャスで日本文化の誇りのようなものを感じます。

前日の淡い色の着物は柄も小さかったけど、今回は大きくてより豪華に見えます。

JICAのボランティアとの接見。この時はグリーンのワンピース。

テレビで見ても「葉っぱ?」と見えるんですけど、実は白いばらの柄が入っているワンピースです。

今年は薔薇が流行なんだそうですよ。

紀子様の花模様のワンピースとお揃いなんじゃないかと言われています。

「陶磁器のような透明感のある肌」なのでぴったりと。ファッションチェックの方、かなり興奮してました。

イヤリングは桜。

あのミヤネも「眞子さまの貫禄がすごい」言ってました。

国内で、一々キョドって落ち着きのない所作しかみせない皇后を見ているから余計に堂々として、安定感があるように見えるんですよね。それに着物が本当にお似合いで日本人として嬉しいです。

 


コメント (15)   この記事についてブログを書く
« 眞子内親王 IN ペルー 1 | トップ | 皇室ウイークリー »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆうこ)
2019-07-13 07:51:12
こんな素敵な着物の着こなしで、外国の人が見たら動くアニメかはたまた生きている日本人形の様で生涯忘れることが出来ないでしょうね。

現地のお婆ちゃんとのカラオケ談義はなかなか良かったですよ。私も笑わせて頂きました。わ
Unknown (百合)
2019-07-13 08:18:43
本当に素晴らしい内親王様ですね。日本の誇りです。
海外公務のお姿を拝見するつど「小室圭さんには不釣り合い、月とスッポン」って思ってしまいます。kkさんには大変失礼な言い方ですが。
メディアへの露出度 (しまき)
2019-07-13 15:53:44
皇嗣家の内親王になられたということもあるでしょう。
眞子様の海外ご公務が、メディアにクローズアップされることが各段に増えました。

堂々たる、見事なご公務ぶりです。
(内親王のご公務として、後に続く方のお手本になるんじゃないですか?例えば愛子様とかネ)

ただし
もし、眞子様が黒田氏、守谷氏レベルの方と、「婚約を前提としたお付き合い」しているという報道が公表されていたら、今、これだけのご立派な海外公務をされているのなら、「女性宮家法案」の声が、ものすごく大きくなっていたこともまた、間違いないと思います。きっと早く成立させましょう!だったのではないかと

しかしその声は不思議なほどに聞こえてきません。
つまりは「女性宮家法案成立」を押しとどめているのが、あのK氏なんだろうと私は思わざるを得なくて。
どっちに転んでも、やっぱりもやもやしている毎日です。
Unknown (べいびー)
2019-07-13 23:55:41
言葉も無いくらい素晴らしいお姿です!
降嫁されてしまうと、眞子様のこうした国際親善活動のお姿を拝見することもなくなってしまうのか、と思うと残念だなー、と、思わず女性宮家創設賛成に手を挙げそうになりますー。
でも、女性宮家創設には反対。
Unknown (もなか)
2019-07-14 22:33:32
良い人では困る

眞子様さすがですね。

夫は皇族にならない、公務をしない
子供も皇族にならない、公務をしない
女子皇族だけが身分と位を保持する
という事なら女系に繋がらず問題ありません。

血筋や家柄はかなり良いし、優秀、人柄も良い
と火の打ち所のない方が眞子様のお相手なら・・・。
「男系にこだわらず、皇族にしていいんじゃないか」
という意見が多数を占めるでしょう。
それでは困るのではないですか。
Unknown (百合)
2019-07-15 21:18:55
横から余計な事を申し上げて恐縮ですが、もなか様の御意見について、私は別の解釈を致してます。女性宮家についての賛否は人其々だと思いますが、もしも宮家が創設されたら旧皇族でない限り、夫を皇族として認められないのは当然ですね。しかし女性宮家に生まれた子どもは、皆皇族になります。男系男子でなければ天皇にはなれないと言う話であって、母親が宮家の頭首ですので、男子が生まれても天皇にはなれませんが、皇族にはなります。私の解釈が間違ってるのでしょうか?
もなか様は女性宮家ができた場合を想定してのコメントですよね?それとも内親王が一般人に降嫁した場合を想定してのコメントですか?
Unknown (百合)
2019-07-15 21:31:54
何だか難しいですね。女性宮家の夫になる人が皇族の血筋がなくとも、誰でも皇族になるのでしょうか?ややこしいです。
Unknown (百合)
2019-07-16 05:47:41
皇族減少で公務の担い手不足に対応する目的での女性宮家創設狙いですので、女性宮家の子どもが皇族の位につかなかったら理屈に合いません。但し天皇になる人は万世一系ですので、女性宮家の子孫からの男子はなれないと言う事ではないでしょうか?そして重ね重ね申し上げますが、旧皇族が夫ならば、その人を皇族復帰とし、一般人が夫ならば皇族の地位を与えてはならないと考えます。旧皇族を父に持った男の子ならば女性宮家からでも天皇になれます。
Unknown (もなか)
2019-07-16 12:27:15
百合様

>宮家が創設されたら旧皇族でない限り、夫を皇族として認められないのは当然ですね。しかし女性宮家に生まれた子どもは、皆皇族になります。男系男子でなければ天皇にはなれないと言う話であって、母親が宮家の頭首ですので、男子が生まれても天皇にはなれませんが、皇族にはなります。私の解釈が間違ってるのでしょうか?

>皇族減少で公務の担い手不足に対応する目的での女性宮家創設狙いですので、女性宮家の子どもが皇族の位につかなかったら理屈に合いません。


「天皇の血を引かない一般人の父」と「皇族の母」の子供は、天皇の女系となります。
その子供を皇族にした場合、「皇室初の女系皇族」。
これまで「女系皇族」は一人も居ない。
だから、「女系皇族も作らない」というのがお約束です。
意外とこの女系皇族問題は知られていませんね。

・女系皇族は皇室の伝統に反する
・女系皇族は女系天皇に繋がる
として、守旧派を中心に女性宮家に反対している訳ですが。
そういうことから、「一代限りの女性宮家創設案」が浮上したのであって、子供が継がない事が前提です。
いつのまにか「一代限りの」を抜いて語られるようになっている事も混乱の原因でしょうか。
Unknown (百合)
2019-07-16 18:26:02
もなか様、御説明ありがとうございます。
女系皇族は耳なれない言葉ですが、私はてっきり「女性天皇の子どもや女性宮家の当主の産んだ子どもを女系皇族」と言うのだと思っておりました。
過去の女性天皇には子どもが存在しなかったし、女性宮家もなかったので女系皇族もいなかったのだと思っていました。もなか様のお説ですと天皇の子どもが女子だった場合、その女子が産んだ子が皇族になったら「女系皇族」と呼ぶのですね。間違いないですね?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室報道」カテゴリの最新記事