世捨猫のマンドク生活

~ Cat's my Life ~ 未だ見ぬ何かをもとめて・・・

インデックス

静岡県 アウトドア 史跡・観光 心霊・怪奇   西日本 近畿・四国  地球の歩き方 静岡・富士特派員
山梨県 アウトドア史跡・観光 心霊・怪奇  ゲームプレイ 今期のアニメ(tvk組) マンドク生活CH

奇石博物館 川根・オクシズ 御殿場観光12選 愛鷹山 山中城跡 淡島 猿島 友ヶ島 大久野島
須津渓谷 赤淵川 天子の七滝 河津七滝 城ヶ崎海岸 忍野八海 富士八海 伊豆三津シーパラダイス
沼津港深海水族館 KawaZoo 下田海中水族館 サンシャイン水族館 すみだ水族館 しながわ水族館 さかな公園
日本平動物園 伊豆アニマルキングダム 行船公園 井の頭恩賜公園 野毛山公園 夢見ヶ崎動物公園 大宮公園小動物園

モイ!ツイキャスカレンダー当選!

2020-11-27 23:38:06 | 懸賞・ロト・ポイント
TwitCasting(ツイキャス)で行われていた期間限定イベント
ハピハロ!!2021カレンダープレゼントキャンペーン

このイベントにて、抽選で3万名に当たるという
キャスくんオリジナル 卓上カレンダーをゲット!

docomoが毎年配布しているディズニーカレンダー
2015年から壁掛けタイプのみとなってしまったので
今となっては卓上カレンダーを貰えるのはありがたい。

そして、2年前のイベントで朗読されたお話が本になったので
馬具いろいろミニタオルと共に、プレゼント用を含め2冊購入。

4つのお話が入ったオリジナル短編作品『星の声』は
BOOTHのみやまり牧場♡産地直送にて、好評発売中!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンドク生活開設5000日

2020-11-24 13:50:00 | 記念
gooブログに世捨猫のマンドク生活を開設してから、本日で5000日を迎えた。
5000日というと年数にして、13年半以上。なんやかんやで続いているものだ。

以前10周年を迎えた際に、2016年までの振り返りを行ったので
今回は、続く2017年からの4年間を、あらためてまとめてみよう。


2017年 仮面ライダーOOO
この年は、1月下旬にAmazonプライムの30日間無料体験に登録した事から始まる。
その30日で、プライムビデオを利用して未視聴だった特撮作品を60作品以上視聴
中でも特に仮面ライダーオーズにハマったのだが、なんとタイミング良く同年に
映司&アンクのコンビが復活CSMオーズドライバーまで発売されるという奇跡。
また文化放送関係のイベントで昨年の倍の6度、東京へと遠征。そのついでに
自身初となる劇場での観劇井の頭自然文化園リスの小径にも初めて訪れた。
他にも新たに、千頭温泉龍宮窟広野海岸公園井川湖夢の吊橋
井川大仏さらに女体の森と、見返せば、そこそこ色々な場所を訪れていた。
あとは自宅にクーラーも買ったり、PCの操作をトラックボールに切り替えたり
数字選択式宝くじにBINGO5が登場したのも、この年だった。

2018年 筐体ゲーム
ルパパトの放送開始に伴って登場した、スーパー戦隊データカードダス
そして、雑誌の付録からスタートした、ブットバソウル無課金チャレンジ
この年は、この2つの筐体ゲームを主軸として活動している。
特にブットバソウルでは、筐体を求めて北は甲府、西は浜松まで遠征。
また東京方面へはサタデーライブへ5回参加した他、観劇コンサート
アニラブオールスターと、計8度赴いて、こちらでも筐体めぐりを行う。
そしてこの年は、河津町に新しくカエル専門施設KawaZooが誕生。
浜松遠征の途中で訪れた夜泣き石や、4年ぶりの沼津港深海水族館再来。
御浜岬にある戸田造船郷土資料博物館/駿河湾深海生物館へも初めて行く。
ウミウシ展をきっかけに、しながわ水族館へ初めて訪れたのも、この年で
これらが、現在おこなっている水族館・動物園めぐりへと繋がっている。
なお水族館で活躍しているデジカメLUMIX LX9は、この年の年末に購入。

2019年 出費
昨年からの流れで伊豆・三津シーパラダイスと、サンシャイン水族館の年パスを作成。
dポイントクラブのスペシャルクーポンも利用するようになり、すみだ水族館へも行く。
しな水の春の特別展井の頭自然文化園春のリスまつりでは、スタンプラリーに参加。
動物園関係では、新たに行船公園にある自然動物園に行った他、2016年から通っていた
野毛山動物園についても、ようやくブログに投稿開始。(なお2020年まで投稿は続く)
東京遠征は、姫イド隊の活動休止ライブラムネコンサート朗読劇変身ベルト展
そしてサタデーライブが4回に、アニラブオールスターと、昨年同様に計8回赴いた。
8年間使ってきたケータイが壊れ、ついに自分もスマホデビューしたのも、この年だ。
また翌年の車検を前に新車へ乗り換えたり、調子の悪くなったPCの中身を一新したり。
LX9の苦手なシーンを補うためCyber-shot RX100M7まで導入するなど、出費が続いた。
さらにこの年より、地球の歩き方静岡・富士特派員ブログも投稿スタート。
白隠の里めぐりや井川湖渡船富士と港の見える公園の新展望台も見に行った。

2020年 動画
そして今年・・・は、まだ1ヶ月ほど残っているけれど、一足先に振り返ってみよう。
今年はムッコロの影響もあり東京行きこそ減ったけれど、それ以外は例年通りな感じか。
むしろその影響で水族館の年パスの期限が延長されたので、より多く通えたくらいだ。
ちなみに東京に行ったのは、舞台イベント朗読劇の、計3回。5ヶ月に1度のペース。
サンシャイン水族館には、新たに海月空感が出来たほか、マンボウもまた展示された。
そしてスペシャルクーポンに下田海中水族館が加わり、こちらへは9年ぶりに訪れる。
また新江ノ島水族館へも、スペシャルクーポンを利用して初めて行く。(現時点で予定)
みとしーでは昨年に続いて誕生した、ゴマフアザラシの赤ちゃんも確認する事ができた。
さらに日本平動物園でも、マレーバクの赤ちゃんが誕生し、こちらへも9年ぶりに再来。
富士川楽座体験館どんぶらには、期間限定の夏休み水族館ハロウィン水族館が登場。
昨年行けなかった梅ヶ島もリベンジし、三段の滝、湯滝安倍の大滝赤水の滝を見る。
あと久しぶりに動画も扱うようになって、YouTubeにマンドク生活チャンネルを開設。
あとは自身初のフォトブックを作ったりと、創作においては例年以上に力を入れたかな。


こんな感じで、ここ4年間の振り返りは終了。4年といえど
こうして纏めようとすると、意外にボリュームがあって大変。

2015年頃から減少していたブログの更新頻度が、2018年くらいからまた
上がってきたのは、水族館や動物園へと通うようになった事が大きいか。
(2019年から加わった特派員ブログも含めると、かなり更新数が増えた)

そして2020年も残すところ1ヶ月。今年は、あとどこへ行けるのだろうか...
(とりあえず今月でチケットの期限が切れる新江ノ島水族館へは行かないと)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンシャイン水族館 本館1F FILE:3 生き物たちの不思議

2020-11-22 12:02:49 | テーマパーク
サンシャイン水族館 本館1階。第3のエリア、生き物たちの不思議→館内MAP←

こちらは前回の東京湾水槽から続いた廊下に並んでいる、大小8つの水槽群となり
それぞれの水槽には基本的に1種ずつ、生き物がピックアップされ展示されている。

ちなみに第4のエリア チョウチョウウオの舞は、このエリアから廊下の反対側に現れるが
こちらは後々訪れるサンシャインラグーンを別角度から覗き込む窓なので、割愛していく。
チョウチョウウオの舞・生き物たちの不思議 ウィーディーシードラゴン
そんな8つの水槽だが、何度か訪れている間に入れ替えられてしまった種もいるが
ウィーディーシードラゴンにおいては、いつも一番大きな水槽で展示されていた。

タイガーテールシーホースという、タツノオトシゴの仲間もいる。
タイガーテールシーホース イシヨウジ
こちらの水槽では、イシヨウジという種も混泳していた。

エスカを伸ばした、イロカエルアンコウ。食事の時間が近いのかな?
イロカエルアンコウ フサギンポ
フサギンポは最初2匹居るのかと思ったけれど...長い体を丸めていただけだった。

一方、ボロカサゴは色の異なる個体が2匹登場。
ボロカサゴ ボロカサゴ
その名前とは裏腹に、ここの個体は、けっこう鮮やかで美しい。

複雑な模様が面白いニシキテグリに、チョークバスレット
ニシキテグリ チョークバスレット
トールボッツデムワーゼル イエローヘッドジョーフィッシュ
黄色い頭は、トールボッツデムワーゼルと、イエローヘッドジョーフィッシュ

全身が黄色いのは、キイロサンゴハゼ。アメフラシの仲間のタツナミガイは地味。
キイロサンゴハゼ タツナミガイ
ハナヒゲウツボ モヨウタケウツボ
ハナヒゲウツボは、黒い幼体。むしろ青や黄色の成体の方は、まだ見たことがない。
そんなハナヒゲと、いつの頃からか混泳しているのが、真っ白いモヨウタケウツボ

以上が、生き物たちの不思議エリアの水槽にて展示されていた生き物だが
第3のエリアには、まだもう1つ別の水槽があるので、そちらは次回へ続く。

FILE:2へ戻る  FILE:4へ進む
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【梅ヶ島七滝】日本の滝百選 安倍の大滝【動画】

2020-11-20 15:00:00 | 動画・連続画像
梅ヶ島七滝の中で、最大の滝となる安倍の大滝

これを見るためには、温泉郷から少し下った場所に位置する
安倍大滝入口バス停より、約1.2kmの山道を歩く必要があります。

【梅ヶ島七滝】日本の滝百選が1つ安倍の大滝/Big falls of Abe


道中にある3つの吊り橋の中でも、特に2番目の
大滝2号橋は、段違いにスリリング!

三段の滝、湯滝の動画
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【梅ヶ島七滝】三段の滝、湯滝【動画】

2020-11-17 10:35:35 | 自然・動物の画像
梅ヶ島にある、梅ヶ島七滝。またの名を安倍七滝

その中でも、比較的にアクセスが簡単なのは
温泉郷付近にある三段の滝と、湯滝(温泉湯滝)。

【梅ヶ島七滝】安倍川起点に流れし三段の滝/Three layer Falls



【梅ヶ島七滝】湯之神社と温泉湯滝/Hot spring Falls


どちらの滝も、駐車場から歩いて10分圏内にあるので見やすくオススメです。

安倍の大滝の動画
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイプレイス