放送まにあ 試験電波発射中!!

ラ・テ受信雑記他・私の得意ジャンルでの情報を発信します。このサイトは個人的な趣味により制作されています。

確認できるのは明日まで

2021年08月05日 19時19分54秒 | その他
7月28日の夜にNACK5は雷雨による影響で、
送信所トラブルによりラジオの電波が停止した。
ラジオの電波は停止したが、
ラジコのほうでは放送が続いた。
このため、ラジコのタイムフリー機能を
活用すると、28日夜の~29日未明の番組を聞くことができる。
ラジコのタイムフリーは1週間のため
確認できるのは明日までとなる。

実は昨日私もタイムフリーでいくつかの番組を聞いてみた。
なぜなら、FM電波停止中に何かアナウンスがあったかどうか
確かめるためだ。
古坂大魔王さんの番組のエンディングのほうで
送信所トラブルについて触れていました。

ツイッターでの情報を基に24時からの
「松井咲子の気になる子さん」をチェックしたら、
オープニングトークの後に
送信所に関するアナウンスが入っていました。

翌日29日5時からの「NACK5時ラジ」の冒頭でも
電波が停止した件について触れていました。
おそらくこの時はラジオ電波が復旧していたので、
電波放送も含めた公式的なアナウンスとなると思います。

もしかしたら電波復旧後の25時~29時の間の
「ラジオのアナ」でも何らかのアナウンスがあったかもしれませんが、
さすがに全部聞く時間がありませんので、確認しておりません。
(未確認)


話は変わって、8月1日の「安住紳一郎の日曜天国」から
こちらはオープニングトークで
オリンピックの中継の裏側について話されているので
こちらも関東エリア内の方なら無料でタイムフリーで
確認できます。民放のオリンピック放送割り当てについて、
話されていたのだけど、どうやって決めているのでしょう?
公平を期すためにクジとかじゃないかと想像するんだけど、
もしそうだとしたら籤運が悪いということになりますでしょうか?
安住さんの番組は時折、放送の裏側話をしてくれるのが良いです。
内輪の話のはずなんだけど、民放テレビなどにある内輪話のと違って
嫌な感じを抱かずに聴けるんだよな。





2021年8月5日資料追加
NACK5トラブルの件、資料音声の追加。
「ラジオのアナ」の冒頭でトラブルについて触れていますが、
この時点で電波が戻っていたかどうかは不明。








TOKYO854 くるめラ 実走受信調査

2021年08月02日 18時59分36秒 | テレビ・ラジオ受信関係
本日8月2日の午前中に当方の自家用車で
TOKYO854くるめラの受信調査を行いました。

使用受信機は自動車のカーラジオ
ケンウッドU340と自動車のロッドアンテナ、
音量は20程度で放送が聞こえるかどうかの調査。
カーラジオなので、室内で受信する場合、今回の受信結果範囲
より狭い地域となることが考えられます。

今回の調査は、当方は埼玉県民ということもあり、
主に東久留米の北側になる東所沢を中心に
国道463号周辺の調査となっています。
ご了承ください。

まず先に資料地図をあげておきます。

同心円で内側5km、外側10kmの円を描かせています。

今回の受信調査を行うことにしたのは、送信について
北側にアンテナがついていることが大きかった。
もちろん、送信出力の事もありましたが。

さて、前置きが長くなりましたので、さっそく報告編へ。


川越市中心部から県道川越所沢線(県道6号)で南へ向かう。
85.4MHzで変化が起きはじめたのは川越市下赤坂の東洋インキ前。
ここは周りに比べると高台になっているからか?
その後、新開交差点から県道126号に入る。
受信できるか期待したものの、下富~中富ではほぼ受信できませんでした。

春の受信調査時と同様、中富交差点から所沢市東新井町方面へ
並木通り団地前の信号待ちで、雑音はあるが番組が聴けました。
東新井町~所沢陸橋までカーラジオで聴けなくはないのだが、
車が動くたびに電波は安定せず。実用にするにはぎりぎりか。
所沢陸橋~秋津町3丁目でも同様。
都道40号・志木街道に入り新座方面へ。
武蔵野線を渡っても電波状態は良くない。
やはり以前に比べて北への指向性のせいなのか?
秋津駅入口、野塩橋に来るとやっと安定してきた。
やはり清瀬市に入らないとダメか。
清瀬市は一応サービスエリアですからね。

以前は清瀬郵便局交差点から埼玉県道126号に戻ったが、今回は直進します。
中清戸、水天宮あたりが一番受信状態が良かった。
北側に清瀬市役所があるみたいだからこの辺りは当然聴けないとダメだよね。
清瀬・新座の境になるともう雑音が入り始める。
関越道を越え、あたご・菅沢に入ると聴こえなくなった。
こりゃ英インターで受信できないか?

野火止交差点で国道254号川越方面へ。
大和田交差点で少し受信できたようだがすぐ雑音に
英インターから国道463号を所沢方面へ。
一度所沢方面に戻ってみたのは受信状態が変わるかどうか確認のため
関越所沢インターや坂之下は物流トラックが多くて平日でも混んでいた。
行くものじゃないな。
所沢インター付近~亀ヶ谷あたりまで一応受信はできたがフェージングがある。

東所沢駅周辺のスーパーで水分補給と休憩。
東所沢周辺は問題なく受信できた。
県道179号所沢青梅線を英インター方向に。
ここでも関越道をまたぐまでは受信できた。
関越の東側の地域になると雑音が。

英インターから国道254号を川越方面へ。
聴こえないだろうと思っていたのだが、
跡見女子大前の坂をのぼるにつれ聞こえだした。
資料館入口交差点までよく聞こえていた。
そこから先は聞こえなくなったので、
藤久保交差点を「いも街道」方向へ。
三芳小までは聞こえなかったものが、関越を渡った西側に来ると聞こえだした。
下組交差点・いも街道をふじみ野方向へ。
ここでもふじみ野市と三芳町の境までの間で聞こえた。
聞こえるといっても安定して聞こえていた訳ではない。
所々聞こえる感じで、実用性がある聞こえ方は、
関越道・所沢IC近辺までと思ったほうが良い。
三角交差点では全然聞こえない。
三角交差点を狭山方面へ(県道163号)。
そして、酒井重工業前でかすかに受信できた。
赤坂交差点(川越市・狭山市の境)で
元の県道6号に帰ってきたことになる。

ということで、今回の受信結果をまとめると、
やはり実用的な受信地域は5㎞圏内ということになるか。

赤坂交差点は東久留米駅から直線距離で約11kmなので10km圏内なら受信に
挑戦してみるのも良いだろう。三芳町の地域では
アンテナによっては受信できるかもしれませんね。

最近の北朝鮮メディアから 2021年7月 その2

2021年08月01日 19時54分54秒 | 北朝鮮の放送 朝鮮中央テレビ・平壌放送 等
まずは、総秘書豚児の動向から。
ウリミンジョクキリ(わが民族同士)のサイトを参考にすると、
727(ニコ生空耳でいう「チリチリ」・朝鮮戦争休戦協定日)
の関連での登場が多いか。

まずは朝鮮戦争(北のメディアは祖国解放戦争と称す)の兵士のお墓参り。
さらに友誼塔の参拝(朝鮮戦争に参加した中国軍(義勇軍)をまつる)
去年に続いて「病の大会」・・・じゃなくて「老兵大会」。
そして、朝鮮人民軍の指揮官・政治活動家講習会の指導となっている。

では、そのほかの話題から。
7月中旬から朝鮮半島は高温の気象が続いているよう。
報道の時間で取り上げている。



そういえば、オ・ヒョナ記者が
取材していた番組もあった。

「工場愛」という番組。


連日天気予報では高温情報。
新人2年目さんはついにからし色の服も着るようになったな。
でも、放送員の服の色のパターンはほぼ決まっている感じですね。

放送員の動向


リ・クムチョル オリンピック対外声明


久々にリ・ホスクが取材している場面見た

 
リ・ソンもテレビ視聴演技か。


ナム・クムギョンは首マイクを装着しての出演。
このタイプのマイクって、教養館とかの講師さんがしている場面は
よく見かけるが、放送員が付けて番組に出演するのは珍しいと思う。


リ・ヒョンジュはヘルメット姿(「新しい平壌速度創造で」)


リ・ウンミの児童向け教育番組。
ハサミとてこの原理の解説のようだった。

 
同じく児童向け番組・ナム・ウンジュの折り紙番組。
大小の折り紙2枚で象を作っていました。


朝鮮中央放送委員会 記者 キム・スチョン
新しい人かなと思っていたが
自分の記事の過去の記事を探したら
この人、「兵士の故郷消息」に出ている。

 
こちらの司会者は新しく見る人だと思う。
ソ・ソンヒ


番組から

 
体操番組の第2弾らしい。


高温が続いているので、健康管理番組も。


近年の社会常識・料理番組で
ほぼ準レギュラーのコックさん。
キム・オギムさん。

北朝鮮関連サイトより
わが民族同士

新しく見る放送員。

朝鮮の声 日本語サイトより

「オモニルルサランハムニダ」の日本語版字幕
題名訳は倒置法を使って「愛します、お母さん」

日本語放送のアナウンサーがムービーに久々登場

他に放送の日本語部部長・副部長も顔出ししてます。


727の解説。北では「勝利」したことになっている。

今日もマルチ編成やワンセグの話題

2021年07月31日 19時57分27秒 | 時事
今日もネットニュースでは
マルチ編成の話題が続いているので、
こちらもその話題。

まずは元記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/0057a1784ddc2b17f8eee98497df0be13f3a6f57

この記事で思い出したのがワンセグの編成。
ワンセグはNHKの場合、メインチャンネルのサイマルなので、
サブチャンネルを選択できない。
MXのワンセグ放送ではサブチャンネルの
ワンセグがサポートされている。
つまり6MHzの周波数帯で固定受信向けを2番組、
その固定受信向け2番組のサイマルを部分受信(ワンセグ)で2番組
つまり4番組分流している計算になる。
MXの運用方法がちょっと特殊なのである。

さて昨日、ブログ記事を書いた後
リアルタイムにNHKを視聴してマルチ編成になる前後の様子を観察。
受信機によっても異なるのだが、当方のテレビ受信機では
30秒前になると引き続き延長番組を見るか
ダイヤログが出てきて
 
(左NHK-E、右NHK-G 011-0とチャンネルが枝番になっているのは
東京のほか水戸や前橋が受信できる環境を構築しているため)

「見る」に合わせリモコンの決定を押すと特にボタンを押さなくても
サブチャンネルへ切り替わります。
ただダイヤログが出るのが30秒前という結構ぎりぎりのタイミングです。
録画予約も自動的に追跡できるようになるといいですね。

ツイッターにもあったけど、どうせ画質が悪くなるんだったら、
はじめからサブチャンネルを五輪専門にしてしまったほうが
録画ユーザーには喜ばれるだろう。

また、現在メインチャンネルがニュースになっているが、
メインチャンネルでスポーツ中継を続けて、
サブチャンネルでニュース・その他の番組という編成というのも
ありなんじゃないかな。
メインが五輪中継として番組が変わらなければ、
たぶん録画失敗は少なくなると思うんですよね。
これで「五輪録画」組が救われるなら・・・
ただ、「ニュースが見たいんだ」組にはサブチャンネルに合わせる
手間が増えてしまうので、結局はどちらのユーザーを犠牲にするかという話に
なってきます。

V-LOW防災利用WG第2回資料

2021年07月30日 19時49分52秒 | 総務省報道資料
引き続き、総務省の報道資料から。
まだ資料の中身を見ていないが、
どうやら市町村へのアンテートの結果と
システムの具体像などの資料です。

リンク張っておきます。
https://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/kenkyu/02ryutsu08_04000454.html