放送まにあ 試験電波発射中!!

ラ・テ受信雑記他・私の得意ジャンルでの情報を発信します。このサイトは個人的な趣味により制作されています。

BCLとして受信したい局

2021年05月15日 19時17分00秒 | テレビ・ラジオ受信関係
BCLとして受信したい放送局。
それはBBC。

放送って言ったらNHKよりはBBCですよね?

もちろん滋賀県の県域独立局のBBCではなく、
英国・イギリスのBBCの事です。

昔は日本語の放送もやっていたみたいだが、
受信したことはなかった。

現在、日本語放送はやってなく、
英語放送を受信することになります。
東アジアに向けた英語放送があり、
朝7時から9時と夜19時から21時の放送があります。
受信には東アジア向けか南東アジア向けが良いと思う。
(南アジア向けもあるが受信難度が不明)

私、この前書いた通り、本当に英語ほぼわかりません
時報の後に一応「BBCワールドサービス」と聞き取れます。
イギリスの時報は5回秒音の後6回目の音が0秒のようですね。

以下、受信資料です。
受信したもの頭の数分長めに入れてあります。



ファミコン 迷宮組曲ボーナスステージの曲

2021年05月14日 19時23分26秒 | コンピュータ・ビデオゲーム・携帯端末
受信関連の話題がないので、
ゲーム音楽の話題で。

ファミコン世代でハドソンのファンなら
「迷宮組曲」というソフトをご存じかもしれない。
この時代の御多分にもれず、お姫様を助けるという
目的のアクションゲームである。
お城の中の部屋をクリアしてくのだが、
部屋の中には楽器の箱が隠しアイテムとしてあり、
これをとるとボーナスステージに入る。

このボーナスステージ、楽器を取り戻したという設定なので、
部屋で取るごとに楽器が増えていく、音楽のパートが増えて、
BGMが豪華になっていく要素があった。

その加わるパートについてNSFファイルから抜き出した
ファイルを作成してみた。




今日も補助金交付決定関連

2021年05月13日 19時29分37秒 | 総務省報道資料
今日も補助金交付決定関連

関東
UTY テレビ山梨 予備送信設備(可搬型)整備
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/2021/0513ho.html

中国
RSK 山陽放送 DTV中継局に予備送信設備の整備
山口放送 大平山親局 非常発電装置の燃料タンク整備
https://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2021/01sotsu08_01001203.html

九州
あまみFM(奄美のCFM局)の中継局の整備し難聴解消
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/210513.html

AFNアナウンスの捕獲

2021年05月13日 19時18分32秒 | テレビ・ラジオ受信関係
通常に受信できる放送でもなかなか聴かない局というものもある。
その一つがAFN。やっぱり外国語だから聞いててもわからない、
というのが聴かない理由になるだろう。
(私も英語は中学~高校と苦手でしたね)

さて、そんなアメリカの放送であるが
横田基地が演奏所、和光市から送信されている。
終日24時間放送で、OPやCLはない。
余談だが、こんな放送だから、十数年前、メンテで
和光の送信所が停まったときは貴重だったはずだ。
もし、この頃もっと北朝鮮の放送に興味があったなら、
朝鮮中央放送819の受信に挑戦していただろう。

現在AFNの放送は正時からABCからのニュースを放送。
(時報はない)
その前にAFNの放送である旨のアナウンスが流れる。
ここ2、3日、正時前後を予約録音して
3種類ぐらいのアナウンスバージョンを捕獲していますので、
資料としてあげておきます。




受信関連 雑記

2021年05月12日 19時38分23秒 | その他
昨日の雑記の続き。

私はどちらかというと面倒くさがりやなんで、筆不精なところがあり
最近では新局開局や送信局移転以外では受信報告出していない。

受信報告書を出すかどうするか?
受信報告書を出す目的の一つは受信者の受信状態を知ってもらう
ということがあると思う。しかし、最近では私も使用しているが
コンピュータシミュレーションである程度わかる。

私の考えの中には、自局のサービスエリアには、電波がちゃんと飛んでいるから
受信報告しても意味がないんじゃないか?というのがあります。
(新規開局時・移転時などは別です)
だから、できたらその放送局のサービスエリア外で受信した電波について
受信報告したいっていう気持ちがあります。

また、自宅で受信できた電波について報告するということにしています。
だから、最近では熊谷とか本庄・深谷は自宅受信できていないので
受信報告は出していない。

まあもちろん、旅行先で受信してそれでベリカードをもらう楽しみを
否定するものではありませんが、
先に書いた通り、そのサービスエリアで放送されている電波はその地で受信できて当然、
という考えが来ちゃうんですよね。

最近はICレコーダーも手に入る程度に小型化されているので、
現地で試験放送を録音したら結構それで満足してしまうことが多い。
(熊谷・本庄などは試験電波の現地録音しました)
録音物こそ現地受信した証そのものですから。

今回は私の受信報告書を書くことについてのこだわりみたいなこと
書かせていただいた。

BCLの皆さんいろいろ考えはあると思います。
先に書いた通り、移動受信のベリカード収集というものについては
否定はしませんので、そこのところ誤解しないでいただきたいです。