放送まにあ 試験電波発射中!!

ラ・テ受信雑記他・私の得意ジャンルでの情報を発信します。このサイトは個人的な趣味により制作されています。

富士見中継局への道のり 番外編

2020年09月19日 16時20分09秒 | 送信所めぐり速報
富士見中継局へ訪問が終わってから調査しました。

先日の記事で紹介した通り、
入笠湿原からすずらんの里駅のほうに山を下る
途中に中継局があるのです。
あの道をずーっと下って行ったらどのあたりに出るのだろうか?

グーグルマップでは富士見中継局への道は出ていませんが、
いつもNAVIの地図では拡大すると道が出ています。

※いつもNAVIサイトからハードコピーしました。

こちらが湿原~富士見中継局あたりまでの地図です。

では下るとどうなるのか。

こちらが、ふもと~富士見中継局までの地図。

ふもとの道路をグーグルマップで見ます。
※グーグルマップからハードコピーしました。

楕円で囲んだあたりに山への道があるはずです。

ストリートビューで調査。

ここが登山道入り口のようです。(ここには道しるべもあるようです)
すずらんの里駅からここまでは直線距離で1.2kmほどです。
沢入駐車場から80分程度かけるんだったら、
こちらから登っても同じぐらいの時間でいけるんではないか?
と思ったので、今回番外編の記事を書きました。

ただ、こちらから登る場合、山の中で数か所分岐があるようなので、
迷わないように注意が必要かもしれません。
(そこに道しるべでもあれば良いのですが)

最後にカシミール3Dで国土地理院地図キャプ

湿原側


すずらんの里・ふもと側
いつもNAVIよりわかりにくいかもしれません。

最近の朝鮮中央テレビ 被害回復戦闘

2020年09月19日 13時51分14秒 | 北朝鮮の放送 朝鮮中央テレビ・平壌放送 等
9月中旬の朝鮮中央テレビ。
最近は、大水(洪水)と被害の回復戦闘と題した
報道や編集物が流れている。

20時報道では、ニュース導入部で放送員が2名ほど起用されいる。
(日替わり)

 
 
 

さらに、現場には記者とみられる人を投入してレポートさせている。
また放送員も現場レポートしている。

放送員レポ

ムン・ジニョク(まさる)は救援の第2部隊

 
ウンパ郡からはリ・ヒョンジュ(にせかず)

救援部隊出発時の番組に

リ・イニ(ずんこ)。
最近は副大臣と呼ぶニコ生民も
※つまり「ずんこ」と呼ぶようになった元ネタがあの人なわけ。


なお、被害回復(復興)編集物で名前が出た記者

台風中継でニコ生視聴者に認知された(ギミー) シン・ミョンスン


チョン・ソンホ
 




リム・ウノク

台風報道の振り返りの番組では

朝鮮中央放送委員会 局長 リ・グァンヒョク

そしてリ・ウンミ(桃子)のオフショット


社会文化常識編集物で久々にお料理。

キム・ウンジョン(地味子)の司会。




なぜか料理人が調理せず、放送員にやらせる。
多少の手伝いはわかるけど、調理は料理人の仕事でしょう。


最後にソース?をぶっかけて、試食をせずに番組終了。
食べないところが、この放送局らしい。

最後にニコ生アーカイブで9月13日の各地ニュースを視聴してみた。


「各道特派記者が送ってきた消息」のタイトル


記者名、撮影者の名前は出ているみたいだけど、その本人が映ったりする回はあるのかな?
この回ではそういうのは無かったです。

最後に各地の名前不明の記者
 

 
第1部隊のレポの人はニコ生民から偽川野・にせ川などと呼ばれ始めている

LCV-FM富士見町中継局

2020年09月18日 19時01分48秒 | 送信所めぐり速報
テレビの富士見中継局訪問の帰りに
富士見町役場にあるCFMのLCV-FMの
アンテナを見に行きました。


町役場が見えてきたので、
スーパーの駐車場から見えた町役場全景。

しかし、ここからだと送信アンテナがよくわからない。
さらに車を進めると、
役場の隣にもスーパーがありました。
ちょっと駐車させてもらって、
手早く撮影を敢行。


駐車場から見る全景。
この角度でもアンテナを確認しずらい。

少し歩いてみました。


角度をずらすと、送信アンテナが確認できました。

さらに拡大撮影

3素子の八木アンテナ2方向。

グーグルマップの航空写真
https://www.google.co.jp/maps/@35.9145526,138.2403427,55m/data=!3m1!1e3?hl=ja

ここからアンテナ方角を考察すると、入笠山方面と蔦木宿方面(つまり山梨の方面)に
向けているようです。
受信実験をしなかったのですが、
LCV-FM、山梨県内でも小淵沢周辺ぐらいまでは受信できるだろうか?

長野県富士見町・沢入駐車場 受信実験

2020年09月18日 18時52分28秒 | テレビ・ラジオ受信関係
沢入駐車場で受信実験行いました。
スマホ SONY XPERIA・SO-01J テレビ機能

エリアを長野県・諏訪地方でスキャンさせてみました。

結果のハードコピー 4点









あらかじめプリセットされている岡谷・諏訪の物理chについては
受信できていないように思います。階層チャンネル(011・012などの番号)
が表示されていません。
14~18chあたりに長野の放送がスキャンされている。
これは富士見中継局の電波だろう。
そして21~27chあたりには甲府の電波がスキャンされている。
甲府坊ケ峯と韮崎穴山では違う物理chを使用しているので、
坊ケ峯親局がスキャンできたことになる。
沢入駐車場の標高が高いので、甲府の受信ができている可能性がある。
富士見町の市街地で甲府が受信できるかは未調査です。

富士見中継局への道のり2

2020年09月17日 21時12分57秒 | 送信所めぐり速報
富士見中継局への道のり後半戦。


山彦荘からスタート。
マイカー規制がかかっていなければ、この辺りまで車で来れるのか?
ちょっと不明ですが。
ちなみに冬季は冬山になりますので、
マイカーの乗り入れができない模様(マナスル山荘サイトによる)
したがって、車である程度中継局に近づくためには、
夏季の早朝か夕方しか無い。

「送信塔見て歩きweb」さんの書かれている

ここの分岐から中継局まで歩くと25~30分程度かかります。
沢入駐車場から合わせると80分程度見ておかなくてはいけません。

さて、本題に。


山彦荘の前は湿原になっています。

景色です。電波塔のあるほうに富士見パノラマリゾートのゴンドラ乗り場
があるようです。ちなみにゴンドラでここまで来ることもできますが、
有料となります。詳しくは富士見パノラマリゾートのサイトへ。

山彦荘の道を進んでいきます。

まだ道は比較的広いです。


早稲田の寮になっているようです。さらに進みます。

すぐ先には案内板も

ここに書かれている電波塔は、先ほどの湿原の景色の写真画像で
確認できる塔を指していて、富士見中継局ではありません。


進むとここで道が分岐します。


しるべです。すずらんの里・青柳9kmへ進みます。


分岐点からは下り坂になっていますが、この辺りはまだ緩いです。

さらに進むと

ボーイスカウト野営場
これ、グーグルマップでは拡大すると名称が出てきますが
道は表示されません。


さらに進むと、風の音山荘。この先から下り坂がきつくなります。


山荘付近では電線や電柱が見えているんですが、
カーブが連続しているところでは、電柱が見えなくなり、
この道でいいのか不安になってきますが、このまま下ります。


するとまた山小屋が見えます。

これが「お花茶屋」です。
さらに右に下っていくと、

中継局分岐の場所へ着きます。
左に入るとすぐに中継局が見えます。