大塚のToshinoriな日々

1年のJB休止を経て、2018年JB河口湖Aゼッケン84。
そんな私の日常やバス釣りについて綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

粘れず、関東Cブロックチャンピオンシップ(2017.10.15)

2018年05月03日 23時14分37秒 | チャプター

いい加減に更新しないと…

ということで、今更2017年10月15日(日)のNBC関東Cブロックチャンピオンシップのお話。

 

中部信越ブロックチャンピオンシップをノーフィッシュで終え、「次のCブロックこそ!」と思い、なんと前週プラクティスも敢行した大塚。

その時にはなんか釣れちゃったデカいやつ↓

ただこの魚も釣れちゃった感満載、再現性は…ねぇ?みたいな…

これ以外は、ほとんど手応えなしで前週プラクティス終了。

そして前日プラクティスも行いまして、「こんな感じかな~」みたいなものをつかんで試合当日。

 

ピンボケやん!

スタートして向かった先は、奥河口湖方面。西湖放水路から長浜を行ったり来たりしてました。

流したい場所に先行者がいたりして少々ストレスありましたが、なんとか魚は絞り出しまして「リミット取れたらなぁ~」と思いましたが…

結局2尾635gの22位で終了。

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_result.php?t_id=2590

もう少しできたかな~という思いもありましたが、今思えば、気が散ってたなぁと…。

という残念な2017年最終戦でした。

 

次回はやっと今年2018年の話、JB河口湖A第1戦のお話をします!

が、次回っていつ?

こうご期待…できないかもなぁ~。
 

コメント

無念、そのあと憂さ晴らし…NBC中部信越ブロックチャンピオンシップ(2017.10.1)

2018年03月13日 23時18分52秒 | チャプター(野尻湖)

もはや「お」会長の更新ペースよりも遅くなってしまった…

今更ながら、10月1日(日)のNBC中部信越ブロックチャンピオンシップ(野尻湖)のお話。

 

9月23日(土)のJBⅡ河口湖第3戦を終え、そのまま野尻湖へ行って24日(日)はプラクティス。

なかなか釣りづらくなっている状況で…

800gのまあまあサイズを釣ったり、キーパー25cm位を2尾釣ったり、1kgのやつ?にラインブレイクされたり…

と厳しい状況でまあまあの釣果?

が、懸念事項はありあり…。

・釣れたの14時~15時、試合当日の帰着時間は13時~13時20分(スタート順によりけり)。

・釣れた場所、ほぼ1か所。

翌週がどうなるかの不安を抱え、帰宅。

 

そして前日、9月30日(土)。前日プラクティス。

前週に1か所しか使えそうな場所がなかったので、野尻湖を広範囲に見て回りました…。

が、正直…見失いました…。

唯一釣れた場所は竜宮で20cmくらいのノンキーパー、竜宮でノンキーパーがその気になればどんだけでも釣れるのは前週からわかっていたこと…。

「ヤバい…これじゃあ明日…デコる!」と心配しかありませんでした。

プラクティス終わってからは風呂入るためだけに信越大橋超えて新潟県に行ったり、車の中で釣具整理したりして、18時半ごろに野尻湖畔に近い「一茶茶屋」で愛知チャプター組で飲み食い…。その後、車中泊…。

 

10月1日

朝のミーティングの後、スタート…

主に砂間が崎から琵琶ヶ崎、水道局をライトリグ(ダウンショット)で狙っていきました。時々ボイルも起きていたのでそれを目掛けでジョーダンも投げました…。

が、結局…デコリマシタ…。

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_result.php?t_id=2600

大塚はデコリマシタが、愛知チャプター組から青木さんが4位に入賞!

表彰台の方の話を聞いてから思ったのですが、大塚のやってしまったミスは「動き過ぎ」でしたね。

前日広く巡って手応えがなかったわけだし、秋の野尻湖経験も決して多いわけでもないわけだから、

大塚の比較的自信のある場所や釣り方に絞り込んだほうがチャンスをつかめたのかな…と。

悔しさがこみ上げてきました…。

帰りの車の中で…泣きはしませんでしたが、何度も「チクショー!!!」と叫んでました。

「来年こそ釣ってやる!虫じゃなくても釣ってやるー!」

と気づいたら、前日野尻湖に来る途中に立ち寄った万〇書店長野店に来て……

… …

… …

デルタの「デルタ コアDC-S67XUL-LTD」を買っていた…

ほぼ未使用…

うん万円…

 

くれいじー

コメント

2人で絞り出したリミットメイク、JBⅡプロアマ河口湖第3戦(2017.9.23)

2018年02月14日 19時53分02秒 | JBトーナメント

ようやく今更ですが、9月23日(土)のJBⅡプロアマ河口湖第3戦(最終戦)のお話。

第2戦を終え年間暫定5位、ただ未だにバスプロ選手権の出場権を獲得できていなかったことや表彰台に上がっていないので「最終戦こそ!」と意気込んではいました。

台風後の河口湖。思った以上に水は増えていない模様、前日プラクティスも釣れなくはないけど、釣れるわけでもない…非常に難しい状況でした。

「台風で状況が良くなればいいな~」という期待は裏切られました…。

その中で幾つかポイントを絞って前日プラは終了。

迎えた試合当日、まずはKBH周辺へ。

作戦はいつも通り、「大塚はひたすら数を狙う・水野さんは数よりもサイズを狙う」という作戦。

 

が、釣れるのは大塚にブルーギル…

水野さんも試しに数釣りのパターンをやってみるも、釣れない…

というなかなか厳しい状況が続きました。

場所移動、が、先行者がいたり鯉釣りの竿が既にどか~んと入っていたり…とヤバい状況…。

 

やむなくKBHに戻る…10時ごろようやく大塚にキーパー(25cm)あるバスが釣れました、そのあとも何度かアタリはある…がフッキングには至らない。

水野さん「大塚くん、僕も数釣りする。キーパー集めよう!」と、ポークのカラーやダウンショットのシンカー重量・リーダーの長さは違えど、同じような釣りをすることに。

そうしたところ、僕にも水野さんにもバスは釣れるように。

釣るたびにキーパースケールに魚をあて、「キーパーある、キーパーない…、キーパーない…」を繰り返す。

そして繰り返すこと〇回(←覚えてない…)、12時過ぎに大塚が釣った魚でリミットメイクに成功しました。

大塚「揃った~!ケド、重さは…」

水野「何とか揃ったけど、これではバスプロ選手権の出場権も年間トップ5もないねぇ…」

そのまま帰着へ…

5尾なのに、1186gというある意味スゴイ重量でした…。

水野さん「やっぱり選手権の権利も、年間もないねぇ…」

大塚「選手権は無理そうですね…無念です…」

 

とまあまあ凹んで表彰式へ。

第3戦の表彰が終わって、年間の表彰へ…

「第5位、勝俣…」

はなしのぶメンバー一同(勝俣クン本人含む)「えっ!」

お世辞にもその日は良い結果とは言えない勝俣クン・松バヤシさんペアが5位で表彰台に呼ばれる。

大塚「水野さん、これ自分たちもお立ちですよ」

某スタッフ初さん「水野さん、お立ちですよ」

水野さん「ホントに?」

 

第4位でも呼ばれない

そして「第3位 ゼッケン35番 水野…」

ということで表彰台に呼ばれました。

(↑勝俣クン、どこ見てるの?)

 

とりあえず第3戦の成績はコチラ↓

http://www.jbnbc.jp/_JB2017/view_result.php?t_id=10620

 

年間成績はコチラ↓

http://www.jbnbc.jp/_JB2017/view_summary.php?t_id=10630&summary=y

 

年間とはいえ、表彰台はうれしかったです。が、正直なところ「バスプロ選手権の出場権が獲れなかった」「1試合も表彰台に上がれなかった(賞金なし)」ということが引っかかってはいました…。

まあそうは言っても、非常に釣りにくかった2017年の河口湖で毎試合ウエインすることができたことは最低限できたし、何より水野さんと同船するのは勉強になるし、また楽しかったです。

2018年も水野さんとJBⅡ河口湖出場します。今年こそは各試合のいずれか(もしくは全戦)・年間でも表彰台っていうのをやってみたいな…。

頑張ります!

コメント

あと1尾…、ヒューマン富士河口湖校チャプター第4戦(2017.9.16)

2018年02月13日 22時20分27秒 | チャプター(H富士河口湖校)

今更9月16日(土)のヒューマン富士河口湖校チャプター第4戦のお話。

「(9月)15・16日は愛知チャプターの前日プラと試合で頑張って年間トップ5、最低年間シングル行くぞ!」という気持ちでいましたが、ちょうど台風が接近…

「天気予報を見ると…東海地方への最接近は試合当日だな…延期か?」

ということで様子をうががってみるとやはり延期の発表あり、そして最終戦は翌週へ。

 

「翌週って土曜日がJBⅡプロアマ最終戦じゃん…河口湖から帰って入鹿池って無茶だな…」

というのも、入鹿池というのはレンタルボート(手漕ぎボート)でエレキ限定…荷物の準備・当日の船の準備もなかなかハード…

しかも入鹿池、私の実家から車で10分でありながら釣り込んでいるわけでもない・熟知しているわけでもないのでプラクティス無しというのは…

また中部信越ブロックチャンピオンシップ(野尻湖)が翌週なので、そのプラクティスというのをその時すでに考えていた。野尻湖だとエンジン船レンタルだからあまり準備も大変ではない…

ということで、愛知チャプター最終戦はキャンセル(不参加)にするということにしました。

「さて、15・16日は暇になったぞ…台風だけど…。

15日だったらまだ台風の影響も雨が降るだけで大丈夫だろう…。

前週プラクティスも兼ねて、河口湖行くか!」ということで、急きょ参加することにしました。

河口湖は約1カ月ぶり、翌週の感覚を少しでもつかめたら…と「あれもこれも…」と持っていかずに気楽に準備して14日(金)の夜に自宅を出て、

夜中に河口湖到着、車で少し仮眠…で朝を迎えました。

天候は…雨。ちょっと萎える気持ち…。

「本番は来週のJBⅡだから!河口湖の感覚をつかむだけでいいから、ヒューマンチャプターは3尾リミットだから!」と気楽な気持ちでスタート。

 

「感覚を取り戻す」という意味で大塚の定番スポット河口湖の北面(ハワイ・KBH・戸沢…)を巡る…。

主にライトリグ(定番のダウンショット)とたまにスピナーベイトを巻いてみる…。

が、なかなか釣れず…

「なんで釣れないんだよ!この中にいないのかよっ!」とKBH前のちょっとしたウィードスポットに、ダウンショットをやや投げやりに放り投げたら…

900g位の良いサイズが釣れちゃった…。

「ん?ウィードの中にいるのかな?」とひたすら撃つ…が釣れず。

ハワイに移動、キャストを繰り返すが釣れず…

と思ったら、リールにトラブル、ラインがグチャグチャ…「ったく!何なんだよ~~!ん?きてる?あっ、食ってる」

リールは巻けないので、手でラインを手繰り寄せて無事ランディング、キーパー25cmギリギリをキャッチ。

「あと1尾、あと1尾」

 

釣れませんでした。

2尾1205g、8位でした。

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_result.php?t_id=1080

あと1尾釣れてれば、もしかしたら5位にはいけた?かも。

まあ「タラれば」言えばキリがありませんけど、なかなか1尾が遠い1日でした。

 

当初、翌日の日曜日もプラクティスをするつもりでしたが台風が接近・大雨が予想されたことと、すでに土曜日の雨で気持ちが萎えていることからその日で帰ることにしました。

ということで、次回のお話はJBⅡプロアマ河口湖第3戦のお話。

コメント

2週連続…デコる…、愛知チャプター第4戦(2017.8.27)

2018年02月08日 22時09分54秒 | チャプター(入鹿池)

書き上げていない2017年の試合があと〇試合…2月中に書き上げます。

 

ということで、8月27日の愛知チャプター第4戦のお話。

手前、大塚ですよ。不審極まりない…。

ちなみに前日プラクティスも行いましたが、正直全然わかんない…釣れる気しない…というヤバい状況。

 

でも何とか探そう!と頑張りましたよ。

結果は…

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_result.php?t_id=1230

 

ノーフィッシュ、デコリマシタ…

 

ノーフィッシュというのは非常にガッカリするもので、気持ちも悶悶としてしまいます(しかも8月の愛知のうだるような暑さもイライラする…)

ということで、その憂さ晴らしも兼ねて愛知チャプター藤垣会長に「オレ、やります」と名乗り出ました。↓

インタビューア。

「根掘り葉掘り聞いてやる!」と意気込んでやってみましたが、私が聞く前にお立ちの人たち…話してくれる。

聞こうと思っていたことを読まれていたのか?あまり追及できずやや不完全燃焼でした…が、いい経験させていただきました。

 

ということで、愛知チャプターは第4戦終わって暫定11位、残り1戦で年間シングル確保!というのを考えていました。

が、9月16日(日)に予定されていた最終戦が台風接近により9月24日に延期に。

9月23日(土)にJBⅡ河口湖第3戦が、翌日はNBC中部信越ブロックチャンピオンシップの前週プラクティス(野尻湖)の予定を立てていたので、参加は取りやめることにしました。

ということで、大塚の2017年の愛知チャプターは終了。

最終戦の結果を反映して、最終的な年間成績は↓

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_summary.php?t_id=1250&summary=y

13位でした。

当初出場するつもりがなかった愛知チャプターですが、第2戦でHMKLジョーダン65を使ってリミットメイクして3位入賞、12年ぶりの2回目の入鹿池での表彰台も獲得できましたし、また愛知チャプターの他の選手とも楽しく過ごさせていただきましたし、難しいフィールドですが楽しめたと思います。

ちなみに2018年のJB・NBCトーナメントブックに「2019年JB入鹿池スタート!」と衝撃の発表がありましたが…

大塚は…検討中…。

コメント

2018年のご報告

2018年02月07日 22時45分07秒 | 何気ない日常

またまた全然更新してませんでした…

いやぁ、いろいろありまして…気が回りませんでした。

今年こそ、こまめに更新します…と言いつつ、もう2月やないか!
とりあえず今日は2018年の大塚のバス釣り関係の予定などの報告を。

 

2017年はJBは1年お休みして、NBC会員として、仕事の都合や自分の気分等でチャプターに出てました…。

 

ということで、12月23日(祝)に河口湖のJB・NBC本部に行ってきまして…

(ちなみに前日東京で仕事で出張してそのまま1泊、東京から河口湖へはバス移動)

JB河口湖Aにエントリーしてきました。

先日届いた2018年のJBNBCトーナメントブックとゼッケン

 

ゼッケン84番です。

 

ちなみに昨年同様、JBⅡ河口湖にも西湖の水野さんのノンボーダーとして出場いたします。

 

 

そしてそしてさらに報告。

昨年まで河口湖には「山梨」「奥河口湖」「ヒューマン富士河口湖校」の3つのNBCチャプターがありましたが、

「山梨」と「奥河口湖」の2つが合併しまして、「河口湖」チャプターとなりました。

その新たなチャプターの副会長を私が務めさせていただくことになりました。

チャプター役員は初めての経験になりますが、精一杯務めさせていただきます!

こちら「河口湖チャプターHP」です!↓

https://sites.google.com/view/kawacyapu/

トーナメントブックは29ページでゴザイマス。

 

ということで、来月にはチャプター第1戦(運営)、4月1日(日)にはJB河口湖A第1戦…といよいよ釣りシーズンが始まります。

ガンバリマス!

 

コメント

何もなかった…長野・野尻湖チャプター第4戦(2017.8.20)

2017年11月04日 20時43分31秒 | チャプター(野尻湖)

8月20日(日)の長野野尻湖チャプター第4戦のお話。

前日のJBⅡ河口湖の会場の河口湖から長野県野尻湖に移動してきてぶっつけで挑んだ無茶な大塚…。

 

「なんとか虫パターンで出ないかなぁ~、3本でいいから…」と期待していたものの、前日にJBⅡの会場で話した瀧本さんからは

「虫パターンは…ちょっと…終わってるんじゃ…ないかな…」

えっ?やっぱり?

同じく会場で会った喜代浜くんにも

「虫は…、キャロですよ…」

やっぱり?

と野尻湖ホームの2名から「虫は厳しいんじゃないの?」なご意見。

朝、ほとり荘の晃大くんにも

「虫…でないことはないですけど…」なご意見。

やっぱり?

 

ということで、虫は1タックルだけにして虫パターンにこだわらずに釣りをすることに。

7時過ぎ、スタート。

1投目は虫、わざと高々とキャストして着水音強めに…。スモール浮いてこない…、次キャスト、浮いてこない…、

ヤッパリダメみたい…

はい、迷走開始!

ライトリグを投げたり、ジョーダン投げたり…たまに釣れるよ、15~20cmのヤングなスモールマウスバスが…。

で、そのままノーフィッシュで終了。

詳細はコチラ↓

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_result.php?t_id=920

ディープやらなきゃ、虫パターンだけではだめだ…といろいろ限界を感じた1戦でした。

コメント

朝だけ?JBⅡプロアマ河口湖第2戦(2017.8.19)

2017年10月22日 19時12分21秒 | JBトーナメント

8月19日(土)のJBⅡプロアマ河口湖第2戦の話。

 

前日プラクティスはいつも通り水野さんと同船してのプラクティス。

「なかなか釣れないよ~。でも一応めぼしいところはあるから…」と何か所か巡り、魚には触ることができました。

 

で、当日。

「釣りビジョン」カップなので、うまくいけば釣りビジョンの番組に映りますよ~、優勝すれば名前も呼ばれますよ~

まあ正直そんなの関係なくスタート。

 

朝一に入った場所で開始30分で大塚が730gのナイスバス、その20分後には水野さんにキーパーカツカツサイズ。

という感じで、非常に良いリズムで2本釣ることができました。

大塚「調子いいですね、今日釣れるんじゃないですか?」

水野「そうだね、揃えたいよね~」

 

ただ、この後が非常に苦しかった…。ひたすら釣れない時間が続き、釣れても25cmに及ばないノンキーパーだったりブルーギルだったり…。

移動しても先行者が…

で、結局2本で帰着を迎えてしまいました…。

大塚「今日はなんだったんですかね~」

水野「苦しかった…、2本パンパンと釣れて揃うかと思ったのにね…」

ということで、ウエイン↓

2尾で1078gでした…

順位は…10位。今年は非常にタフな河口湖、以外と上位でした。

http://www.jbnbc.jp/_JB2017/view_result.php?t_id=10610

 

そして、この日の大塚はまたしてもこの試合が終わった後は野尻湖へ移動するというクレイジーなスケジュール。

試合後は片付けたら、すぐ甲府へ向かい中央道で長野へ向かったのでした。

コメント

3度目の正直でウエイン、長野・野尻湖チャプター第3戦(2017.7.30)

2017年10月21日 23時16分30秒 | チャプター(野尻湖)

7月30日(日)の長野・野尻湖チャプター第3戦のお話。

前日、ヒューマン富士河口湖校チャプターが終わってからは甲府昭和ICから中央道を走り、諏訪湖SAで温泉に入り、みどり湖PAで夕飯を食べ、黒姫野尻湖PAで車中泊(22時就寝)、4時に起床で野尻湖ではいつもお世話になっている「ほとり荘」へ。

6時過ぎに会場へ、7時前にミーティング、7時過ぎにスタート。

 

で、大塚は琵琶が崎に入る。

野尻湖で一番知っている場所が琵琶が崎なので…。

さっそく虫パターンスタート、わざと高々とルアーをキャストし、ポチャン!と着水音をたてて…放置、ちょんちょん、くるくる(リール回す)、ちょんちょん、ピックアップ。キャスト…を繰り返す。

キャストした虫ルアーは…オリカネ虫、ギズモ、風神スパイダー、濱虫…いろいろ投げました。

1時間後、1尾目をキャッチ!900gほど?

「やった~~、やっとウエインできる~!しかも虫パターンだから魚も大きい~!」とうれしさと安堵…。

あと2尾…

 

それがなかなか遠かった…

見には来る、が、食わない…。見には来る、食いそう!が食わない…。

その繰り返しが続き、いつの間にか11時前…

「1尾だけで終わっちゃうのは…嫌だな…」とやや不穏な雰囲気…

 

琵琶が崎から水道局側へ流していく…ギズモをキャスト…

と、少し大きめのスモールマウスバスが浮上してきた…そして食った!

1分ほどファイトしてキャッチ成功、1kgはありそう!

「よっしゃー!あと1尾!」

最後まで虫投げまくりました…、が、タイムアップ。帰着…

 

2尾2124g、24位でした。

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_result.php?t_id=910

虫パターンで釣れればサイズは良いので、あと1尾キャッチしていればトップ10、サイズ次第でトップ5いけたかも…

 

あと1尾が悔やまれますが、それでも去年・おととしノーフィッシュだったことを踏まえればよかったのかもしれません。

来年こそリミットメイクしたいものです!

コメント

怖いもの見たさで出場、ヒューマン富士河口湖校チャプター第3戦(2017.7.29)

2017年10月18日 21時27分57秒 | チャプター(H富士河口湖校)

7月29日(土)のヒューマン富士河口湖校チャプター第3戦の話。

 

当初この試合には出場するつもりはありませんでした。

というのも、7月30日(日)の長野・野尻湖チャプターに出場するのでその前日には野尻湖にいるつもりでした。

ただ、借りるつもりだったボートが土曜日はすでに予約ありの状態でした。

他で借りるという手もありましたが、

「結局、やることは虫パターンだからなぁ。それに去年・一昨年は前日に釣ってチャプター当日は釣れてないんだよな…。」

「それだったら、いっそのこと当日だけにしてみるか」という結論に。前日は移動日にしてのんびりいくことにしました。

が、前々日に行われたJB河口湖B第3戦http://www.jbnbc.jp/_JB2017/view_result.php?t_id=10300

あまりに厳しい結果に怖いもの見たさで興味が湧いてしまいました。

で、29日(土)当日河口湖入りして参加。

7月19日に放流された場所、得意な場所、プラクティスをしていないことを踏まえ、ハワイ前に入る。

「放流バス釣れるだろう、うまくいけばネイティブも獲れるだろう」と思ってました。

が…釣れん!

やっと10時ごろ1尾放流が釣れました。

「このまま頑張れば、まだ釣れるだろう…」

釣れず…帰着。

1尾750gの11位

結果はコチラ↓

http://www.jbnbc.jp/_NBC2017/view_result.php?t_id=1070

 

考えが甘かったですね、プラクティスなしで且つ今年は河口湖にも数日程度しか浮いてない大塚に釣れるほど単純な河口湖ではありませんでした。

ということで、大いに痛い目にあって大塚は河口湖から野尻湖へ移動して翌日の「長野野尻湖チャプター第3戦」に出場したのでした。

 

 

 

コメント