鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

こんな時は甘えてもいいのに

2011年03月29日 15時16分15秒 | 随筆或いはエッセイ
前回「甘えよう日本!」でいいのではないかと書いた。こんなスローガンは大きな声では言えないし、大っぴらにもできない。福島原発関連では、東電にパイプを長くするよう頼まれたコンクリートポンプ車が中国から提供されたそうだ。原発大国のフランスにも現状打開のために援助要請をしたとか。なりふりかまわず助けを求める事態なのだろう。「こんな時は甘えよう!」というようなスローガンを述べる立場にないので、表題は、・・いいのに・・とした。前回の「『OTAGAISAMA』を世界共通語に!」はそれ以上に唐突だったかも知れない。

被災者へのインタビューで、この地を離れたくないと言う人もいれば、もうここには怖くて居られないと言う人もいる。土地に愛着を持つ人は、今回の津波を防ぐ程の堤防が計画されなくてもそこを離れずに、すこしずつ生活を築いていくのだろう。避難所での取材放映を観ていると、共同体のようなものが発生し自然に何らかの役割を自分のものとして活動する人が現れていて感動する。まとめ役さんが避難所を町と捉えているという所もあった。

大丈夫ですか?と聞かれれば、たいていの人が大丈夫ですと応えてしまっているけれど、本当は大丈夫である筈がないのに、なかには驚異的な立ち直りを見せる人も居るのかも知れない。保険会社が地震保険を積極的に支払うと表明している。何といっても保険各社はものすごい数の支払うべき保険を知らん顔していて指導を受けたのが、ついこの間だ。ここでしっかりその辺りの体質改善がなされたことを示すのは当たり前だ。

保険が支払われて家が建ち始めるのもそう先ではないかも知れない。高床式にしたり、輪中のようなものを造ったりするのだろうか。あの圧倒的な津波のパワーを考えたら、一戸建て単位などで対処できるものではない。もうあんな地震と津波はないと考えて楽観的にいくことはできるだろうか。場所場所によって、津波の被害は違う様子だった筈だから、何をどこに建造するにしても今回の多くの映像や画像は、それを踏まえざるを得ない貴重なデータだ。私はこんなことを書いて何になるのだろう。ただ自分の頭を整理するためだけに書いている。

コメント (2)

『OTAGAISAMA』を世界共通語に!

2011年03月28日 14時39分28秒 | 個人的主張など
『MOTTAINAI』を世界共通の言葉として広めようという運動がある。今回の東北関東大震災を機に『OTAGAISAMA』を同様に広めたら良いのではないかと思う。『お互い様』は負担を軽くしたり卑屈になることを防ぐ言葉で、過去から未来までの長い付き合いと助け合いを約束する言葉なのだ。

東北にある車の部品やIC関連部品の工場がかなりダメージを受けて、日本国内だけではなく相当数の国で部品不足から製造ラインが止まっているという。グローバル化の良し悪しはともかくとして、日本でこんな大地震大津波が起きると、世界が困り大混乱するということのようだ。

いま世界中の一番の関心事は福島第一原発がどうなるかだろう。津波被害地の不明者捜索や遺体収容や瓦礫の撤去片付けなどを、大々的に世界中へ助けを求めたら良いのに何故それをしないのだろう。世界中の軍人軍隊軍備の半分なり3分の1なりを持ってきて、復興のための前段階だけをやってもらったら良かろうに・・・。

頑張ろう日本!ではなく、『甘えよう日本!』でいったら良いのにと思う。こんな時こそお互い様なのだから。軍隊は災害復興支援に最大限活躍してもらうのが一番良い。災害に乗じて、または災害支援の留守の隙を狙って事を起こす国はないだろう。名分も立たず言い訳もできず、世界を敵に回して孤立することはできない筈だ。

日本経済もどうなるかわからないと言う人がいる。流言蜚語は誠にもっていかがわしいものだ。関東大震災をウィキペディアで調べてみると身の毛がよだつ思いがする。しかし現代の混乱は次元も規模も違うものになるのだろう。日本の混乱は世界の混乱であり、日本を震源地にしての経済恐慌を起こさないためにも、世界中の英知、軍隊、種々のパワーが東北の被災地支援をすべきなのではないか・・・と思うのは妄想でしかないのだろうか・・・飛躍し過ぎだろうか!?

コメント (4)

優先順位のことなど

2011年03月25日 16時47分38秒 | 随筆或いはエッセイ
実際に起きた事とは直ぐに理解できにくい映像や画像を見続けていると、遠く離れた地にいながら途方にくれてしまう。先に書いたが行動の基準がずれてしまったからだろう。日常行動の優先順位を決められずにぼーっとしていることがよくある。結局何もせずに今のところは、耳をそばだて目を見開き情報収集だけに専念しようと考えているのだが、何故か新聞を精読できず、テレビもチャンネルを変えてばかりいる。何々障害と特定できるような症状なのかも知れない。

被災地では色んな物資も届くようになったらしいが、必要なものは時々刻々変化しているようだ。被災者達に必要なのは衣食住すべてだろうけれど、それとは別に平行して大事なのは情報のようだ。何がどう起こってしまったのかさえ解らずに孤立している人もいるらしい。

高度情報化社会と言われる今でさえ、電池も含む電気と車の燃料がないと情報から遮断された状態が起きるということのようだ。避難所ではラジオが一番情報収集に利用されているという。被災地域にミニFM局が開設され、避難生活に必要な情報を24時間発信し続けているという紹介もあった。

福島第一原発でも基準の変更が否応なしに成されている。基準値を大幅に引き上げたりしている。以前の日常基準の何倍もの数値が今現在の日常のわけだが、人体に影響がないといいつつ、出荷停止などの指示が出されている。何か工夫はないものなのだろうか? 数ヶ月で放射能はまったく正常数値になるということであれば、チーズにしたらいいではないか!? ホウレンソウも他の野菜も青汁か粉末にして三ヶ月程待ったらいいではないか!?などと思ってしまう。捨てたり、鋤きこんだりする映像を見ると、もったいなくて堪らない。

ふと手回し充電式ラジオ付き電灯を持っていたのを思い出して非常持ち出しバックから出してやってみた。30秒回してラジオが15分聞けた。1分なら30分聞けるということか。電灯は30秒必死で回して30秒しか点燈しない。LED電球ではないからだろう。安物を買ってしまった。それでも無駄になるに越したことはない。

コメント (4)

風評被害のこと

2011年03月21日 23時07分11秒 | 個人的主張など
福島原発関連で、牛乳とホウレンソウの放射能が基準値を超えたと騒いでいる。官房長官が一年間普通に飲み続けてもCTスキャン一回分くらいと言っているのに、県は出荷自粛を生産者に要請しているそうだ。国が情報公開を正直に続けているのに、県は不信感を持っていてそうした事を行っているということなのだろうか。全く変な話だ。

福島県は生産者に補償を約束しているのだろうか? 今こそ首相はカイワレダイコンを頬張った時のように、かの地の牛乳を飲みホウレンソウのおひたしを食べて見せたらよいだろうに・・・。マスコミの報道の仕方がマズイのだろうと、この件でも思う。

今回の大地震を『天罰』と評した東京都知事が、福島原発での放水ミッションをこなして帰った消防庁隊員の報告会で声を詰まらせ涙をぬぐったそうだ。そういうパフォーマンスが風評被害を起こすのだということがわからないのだろうか? これとても、マスコミの取り上げ方が問題だ。涙ばかりを記事にして庶民感情を揺さぶり不安を煽ることによりニュースを売っている・・そんな面が強すぎる。これはあまり一般的でない過剰な疑心だろうか。

コメント (2)

基準(スケール)変更のこと

2011年03月15日 10時12分51秒 | 随筆或いはエッセイ
今回の大地震大津波の被害情報をひたすら視ている。こちら京都でも少し揺れたらしいのだが、車を運転していて全く気付かないでしまった。テレビ新聞インターネットで状況を知るにつれ自分のなかで物事の基準(スケール)が否応なしに変更されていくようだ。

首を知らず知らず小刻みに振ったり、ゆっくり振ったりしている自分に気づく。頭が混乱しているので首を振りつつ受け入れていくしかないのかも知れない。地震と津波が頭から離れなくて、何をしていてもふとしたはずみにそれらのシーンを重ねてしまうから、あらゆる感覚が今までと違ったものになっている。

直接であれ間接であれ、経験に基づいて基準というものは造られるわけだから、今回の地震津波は世界的レベルで基準変更をもたらすだろう。福島原発では世界が注目するなか、人類が未経験の新しい事態が進行中だ。

太平洋戦争で敗戦直前の3月10日は空前の大被害をこうむった東京大空襲だった。そして66年と1日後の3月11日東北関東大震災もまた多くの人々に価値観の大変換を強いる。今まさに誰もが規、則、法(のり)を超えてしまう経験をしているところなのだろう。

コメント (3)

福島原発の炉心溶融=メルト・ダウンのこと

2011年03月13日 10時40分08秒 | 個人的主張など
後付けの結果論で述べるのは気がひけるのだが、思わず口に出てしまう文句がある。『どんな地震でも大丈夫ということじゃなかったのか! ほら見たことか、やっぱり放射能が漏れてるじゃないか!』 これから被爆被害が広がるのかも知れない。〈黒い雨〉の事態も有りそうではないか。

状況経過を解りやすく説明する能力のある広報担当者が居ないようだ。簡単な言葉でも謝罪の言葉が入るべきだ。、混乱は理解できるが少しの謝意も感じられないのは何故だろう。想定以上の地震だったなどというのは言い訳として通用するのだろうか!? 原発の放射能汚染事故は、どんな天災に伴うものであっても人災だ。

現在進行中の事故なのだ。何よりも必要なのは、状況把握とその逐一公開だろう。
誠意と正直さと透明性だ。


コメント (4)

大地震と大津波

2011年03月11日 18時23分56秒 | インポート
仙台に居る

ブログ仲間の  カメおやじさん

旧友の  小川さん

親戚の  鴻巣さん

        ご無事ですか?

コメント (2)