鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

ターミナル・ケアのコミュニケーション・ツール

2009年04月24日 19時07分59秒 | 個人的主張など
タイトルに書いた形で検索をしたが、私の望む紹介記事あるいは論文はネット上では探せなかった。どこかにいくらでも書かれているのだろうけれど、検索方法が悪いだけなのだろう。

そのように検索したのは、身内に不幸があったから・・・。『シマッタ!遅かったか・・・』という思いをしたのだ。制癌剤の副作用で難聴になり、看取る家族が意志疎通に苦労していると聞いていた。そんな折、ミクシー仲間が補聴器の購入レポートをタイムリーに書いたのを見て、連絡しようとしていた矢先に訃報が来たのだ。補聴器は性能が良くて割安なもので片方15万円位ということだった。

通夜で、果たせなかったから詮ない事ながら補聴器のことを言ってみた。義姉が、耳に口をあてて話すのが大変だから補聴器を買いたいと医師に言ったところ、耳に合うのでないと駄目だから・・・ということでうやむやになってしまっていたらしい。

しょせん医師は医師であって、身内の必死さや死に瀕している人間の希求なんてわからないものなんだろうと思ってしまう。たとえ1日だけしか使えずに死んだとしても、金銭に換えられぬ『よかった』という思いが残る方がどんなにか良いだろう。

実を言えば、故人とは訳ありで10年以上会うことができなかった。何とか対話を持ちたいと願ってはいたが、会うときはどちらかの葬式でしかないだろうという諦めの気持ちも半ばだった。もちろん自分の方が先に死ぬという事は、先ず無いだろうとは思っていた。

死の間際の数日は、多くの面会者にも会いたくないと言っていたらしい。食べても吐いてしまい、痛みもあって、しんどいのだからさもありなん。補聴器があったとて、何ほどのものかとも思われるが最後は何故か丸々三日程も眠り続けて死んだという。薬が効き過ぎたんじゃないかしら・・・とのことだったから、匙加減の間違いかと誰もが疑う呆気ない死だったようだ。

死はたいてい残念無念なものだけれど、遺族席の一人一人がそれぞれ微妙に違った感慨の残念無念を感じていた筈だ。誰も表立って嫌味を言うこともなく、あてこすりも皮肉も言わなかったけれど、私だって遺族席に並んで座りながら残念無念だったんである。合掌して瞑目しても視野が暗くなっただけだったけれど。

コメント (5)

『たかじんのそこまで言って委員会』よ、さようなら

2009年04月16日 13時26分36秒 | 個人的主張など
読売テレビの日曜日PM1:30~3:00、やしきたかじんと辛坊治朗司会のニュース・バラエティ番組がある。常連メンバーとゲストが様々なニュースを解説批評するものだ。

理性的であったり、情緒的であったり、政治的であったり、でも必ずと言っていいほどの独断的決め付け意見が多くて面白くもあった。反面教師としてとらえるならいい例という人間性、言い方、論理展開なども多くあった。

4月12日の分を見てガッカリした。もうこの番組は見ないと決めた。北朝鮮問題の話題の時に、常連メンバーの意見が田嶋陽子1人対メンバー多数という形になった。多様な意見が多様な形で出るのではなく、はっきりと二極化してしまった。

その時、田嶋陽子が「みんなツルンで戦争したいんでしょう?」と鋭く批判した。そのみんなとは誰か。それぞれに私が受ける印象を書いておきたい。

三宅久之;元政治記者という立場や年令や外見や話術などを最大限に生かしたビジネスマン。巧妙に時代を生きる策略家。確固たる思想はあるかどうか見えない。おそらく無い。

金美齢;感情的喧嘩屋。論理の矛盾を突かれると知らん顔して黙るが、次に自分ががなりたてる機会を虎視眈々と待つ。戦争をけしかける挑発者であり見物人。

勝谷誠彦;敵を見定めて攻撃することに生きがいを見出している人。編集されて『ピー』音で救われている。正確かどうか疑わしい情報を元に口汚く個人攻撃や特定マスコミ批判をする。流言蜚語の源になるタイプ。

宮崎哲弥;揚げ足を取られない慎重な言い回しをして、冷静で論理的に見える。ところが、なぜか激することがあり、そういう時は、大抵論理に破綻を来たしている。展開に無理があるから、自分に腹が立っているのを転化して激しい口調で押し切ろうとするように見える。何故この人の冷静な物言いから、そんな結論になるのかいつも不思議に思う。

桂ざこば;庶民代表として自他共に認めているフシがある。お笑い界人や大阪人を一人で貶めている面があることに気付かないおっちょこちょい。もしかしたら危うさにより使われている。

番組の終りの方で、金が自分のウチで開いた花見のパーティの事を言い、三宅が「金さんのとこからは新宿御苑が見下ろせてとてもいいロケーション・・」と言った。宮崎と勝谷がそのパーティで会ったと言い、ざこばは招待されたけど用があって行けなかったと詫びる手まねをしていた。

そこで田嶋がすかさず、「ほらみんなツルンでるんでしょう・・・私なんか声も掛けてもらってない・・・」と言ったのだ。田嶋は普段は都合の悪い突っ込まれ方をすると、拗ねるように黙ったりがなりたてたりで、品の悪い男共の挑発に乗って、見苦しいこともあったが、今回は孤軍奮闘凛々しかった。今までに感じなかった好感を田嶋に感じたのだが、それと共に『この番組は終ったな・・』と私は思ったのだ。

バラエティ番組とは言いながら、ギリギリの本音を言おうという姿勢をレギュラーに徹底しているかと思いきや、私的な交流などをしていたのだ。これでは思想もくそもない。お互いに補完しあうだけで、侃々諤々の議論は望めない。これで何故この番組が面白くなくなってきたか理由が解った。司会のやり方いかんでどうにでもなるのかも知れないが、今までのままなら駄目だろう。

田嶋の印象も書かないと片手落ちなので書いておこう。(尚初めての安里繁信と村田晃についてはなじみがないので割愛)

田嶋陽子;剛毅な女という印象。男に向かうのに、男の論理と方法で戦っている。山口もえと金と三者三様の女性像。しかし理性的に論理を展開させる能力がありながら発揮できていないように見える。ジュンジュンと説く話法を身につけたら良いのにと思う。もう見ないと思うけれど奮闘を期待するものである。(敬称略 失礼 不悪)


コメント (4)

山道で蝮に遇った

2009年04月12日 18時04分12秒 | 随筆或いはエッセイ
宮津・久美浜出張の帰りに豊岡にあるコウノトリの郷公園に立ち寄った。団体客がガイド職員に説明してもらっているのを少し立ち聞きした。それからコウノトリが沢山いる餌場を横目に山に続く小道を進んでみた。

少し沢を上ってからは、急な坂の山道になった。周回コースの説明では1キロ半足らずだった筈だけれど、誰も歩いていない。頭上には二羽のコウノトリが羽ばたかずに旋回していた。白黒のコントラストがくっきりとして、翼の先はワシのように分れて指先のように見える。鶴のグライディングそのものだ。

説明では、松に鶴は本当はコウノトリなのだとか。丹頂鶴は10kgほどあり、コウノトリはおよそその半分らしい。ツルは重いので助走しないと飛び立てない飛行機型で、コウノトリはその場でふわりと飛び立てるヘリコプター型だと言っていた。

さて、コブシの純白やミツバツツジの赤紫を見ながら急斜面の杭造り段々を上っていたら、蛇に遭遇したのである。普通だったら、にょろにょろと大慌てで蛇が逃げるところだが、さすがにマムシ、とびかかろうとするのだ。

マムシに対して私は何も含むところがない。田舎育ちなので、大人がマムシを焼酎漬けにするんだと首根っこを木の又に挿んでいるのを見たこともあるし、皮を剥いで火箸にS字に刺したのも見たことがある。

しかしマムシ酒を飲んだこともなければ、マムシドリンクを買ったこともないし、マムシを食ったこともない。ことさら捕まえようという気もないけれど、行く手にいて首をシュッシュッと突き出されたんでは前に進めない。

写真を撮ってから、落ちていた枯枝の細いのでピシッと叩いてみた。何と一発でおとなしく伸びてしまった。尻尾はガラガラヘビのようにずっと震わせていたから、脳しんとう程度だろう。コウノトリの説明ではフナやドジョウやカエルやバッタやヘビ、それも時にはマムシも食うと言っていた。これも大事な食材だ。枝の先を引っかけて沢に投げ落とす。やがて正気を取り戻し、コウノトリの餌になってくれたらいい。とまぁ、何となく画像も出して見たいと思ったので軽い日記風に書いてみた。

コメント (4)

北朝鮮のロケット発射のこと

2009年04月04日 03時16分12秒 | 個人的主張など
北朝鮮のその筋が人工衛星を打ち上げると予告している日が4/4~4/8だそうだが、発射は今日らしい。あえて、その筋と書いてみた。その目的や受け取られ方が複雑のような単純のような具合だから。

ニュースではミサイルだミサイルだと言っている。その筋は『人工衛星を運搬するロケットを打ち上げる』と発表しているそうだ。飛翔体と自衛隊は言っている。本土に落ちてきたら迎撃するんだ撃ち落すんだと、何だか嬉しくて堪らないように見える。地対空誘導弾だ迎撃ミサイルだと、こちらの方が危なくてしょうがない・・気がする。

もうすでに行く先を間違えて、パトリオット運搬中の車輌をどこかに擦ったりしているけれど、パニックになった自衛隊員が何か失敗をしでかさないかと心配する人も多いのではないかと思ったりする。

前回のテポドンをミサイルだと言っているのは日本だけらしい。先端が爆弾であればミサイルで、人口衛星ならロケットだ。根は軍事なのだから区別するのがおかしいという意見もニュースで聞いた。

それにしても、ロケットが間違って落ちてきたとて何ほどのことがあるのだろう。毎日飛行機が何百何千と日本の空を飛んでいて、不幸にも稀に墜落事故があっても、人家や人に命中することはめったにない。

漁師が漁を取りやめたり、公の何かの行事を縮小したり延期したりすることもあるようだ。そしてそんなことをほじくりだして、又は煽って事を荒立てているのがマスコミだ。そんな風にしか見えない。

イランが少し前に人工衛星打ち上げに成功したのは、北朝鮮からの技術供与があってのことらしい。だから彼の筋は自信をもっての打ち上げなのだろうに、画像を分析しては、動きが活発になっているとか、ロケットの先が丸みを帯びてるから核弾頭ではなさそうだとかニュースで言っている。その画像は他所の国の上空を飛んで映している偵察衛星からのものなのだから何か変。

北朝鮮の今回のパフォーマンスは国内向けの意味よりも、交渉上手の切り札としてのものだと言われている。だったら日本の政府その他が騒げば騒ぐ程、思うツボだと思うのだが、日本で騒ぐ人たちもこれを好機と捉え、喜んで事を運んでいるように見える。

何故か、北朝鮮と日本双方のその筋の利害が一致しているようにさえ見えてくるのは思い過ごしなんだろうか。何かの密約があっての一致した利害ということはないだろうけれど、ポーズを取る視線の先と目的がそっくりのような気がするのだ。全部新聞とテレビからだけの憶測でしかないけれど、そんな風に思う。

コメント (7)

『BABY IN CAR』のこと

2009年04月02日 21時22分41秒 | 随筆或いはエッセイ
乗用車の後部窓ガラスに「BABY IN CAR」「赤ちゃんが乗っています」というステッカーが貼られているのを見ることがある。手のひら型の切り抜きががバイバイするように横に揺れる飾りが吸盤でくっついていたりする。

かなり前に、あるバラエティ番組で、結婚適齢期を越えていることを気にしている感じの女性タレントが、このことを憎らしそうに話して「だから何なのよ!」と一人ツッコミをしてみせた。「あんた嫌われるよ」とすかさずゲイのタレントがツッコんでいた。

赤ん坊が乗っているということを後続車に知らせるというのは、「私たちは大切に保護されるべき弱者です」ということなのだろうか。赤ん坊を想像させることで、父性なり母性なりを呼び起こし気持を和ませようという癒し効果を願っているのか。追突防止というか、防衛策なのだろう・・・な・・一応。

このステッカーを見ると前記のタレントの事をいつも思い出す。『私たちは誰からも祝福されるべきだ』という無邪気さにどうしようもなく腹立たしくなる人もけっこういるんだよな・・・と。

またまた、なんてこともないことを、しかもかなり前に少しメモしておいたものを、持ち出して書いてみた。昨日、ステッカーを貼った車を目撃したので・・。

コメント (4)