能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

このセカ・・・この世界の片隅に クラウドファンディングから生まれた草の根アニメ映画が大ブレーク!

2017年05月03日 | 映画
この世界の片隅に」を観たのは、渋谷の路地裏にある映画館。


地味な、地味な、この映画・・・。
華々しいキャンペーンやプロモーションもありませんでした。


それが、ジワジワ広がり始め、なんとキネマ旬報で1位を獲得。
興行成績では勝てなかったものの「君の名は。」を抜き去りのトップ。
本当に、驚きでした。

 
舞台となった広島と呉では、聖地巡礼ブームが。

昭和20年、広島・呉。
わたしは、ここで生きている。


広島では、この映画タイトルを略して、「このセカ」と呼んでいるようです(笑)。
セカオワみたいで、いい感じです。

この映画は、クラウドファンディングから生まれた草の根アニメ映画。
この映画の最後では、3,374名の寄付者の名前が流れていきます。
3,912万円を集めたと言われています。
映画界に新たな潮流が生まれるかもしれない「このセカ」の大ヒットでした。


この淡々と流れていく「このセカ」のストーリー・・・。

永遠なものは、この世の中にはない・・・。
家族や友だち、周りの人々との中で、生かされている・・・。
そんなことを、主役すずさんは伝えてくれます。


片渕須直監督と原作者こうの史代さんの最強のタッグ。
女優ののんさん、コトリンゴさんの音楽・・・。
見事なプロデュースでした。

地元の人に迷惑をかけないよう、こっそり聖地巡礼に行って来たいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う 詩的で素敵なタイトル 2月18日にリリースされるアメリカ映画

2017年01月29日 | 映画
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う・・・

詩的で素敵なタイトル・・・
2月18日にリリースされるアメリカ映画のタイトルです。
(「思う」ではなく、「想う」というのが、いいですね)


青山通りの路地裏にある青山ブックセンターの店頭でのプロモーション・・・。
この本屋さん、人通りも少なく、ちょっと目立たない場所にあるのですが・・・笑。

原題は、「Demolition」。
英語で、破壊とか粉砕という意味です。

それが、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」・・・ほんと、ロマンチックな意訳です。
冬季五輪の記録映画が、「白い恋人たち」というタイトルになったぐらいのインパクトです(笑)。

広告代理店に勤務していた若き日・・・米国から一本の映画が入ってきました。
ウーマン・イン・レッド
ワーナーブラザーズ映画会社は、基本、ドンパチもの・・・アクション映画。
そこに、色恋モノの映画が入ってきました。
狂喜乱舞!

さらには、そのテーマソングが、スティーヴィー・ワンダーが歌った名曲「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」。

「ウーマン・イン・レッドというタイトルでは、絶対売れません!!!」
強く強く訴えたものの、しょせん、ペーペー。
平社員の声は、届きませんでした・・・嗚呼。

テレビスポットもなく、「ウーマン・イン・レッド」という謎のタイトルにお客さんは誰も関心を示さず・・・涙。

これは、イカン!
小職としては、全国区の花屋のチェーンに飛び込み、封切りの初日には、赤いパラの花を女性限定でプレゼントという企画まで取り付けました・・・。

有楽町のマリオン、新宿のミラノ座、渋谷のパンテオン・・・。
(上司からは、勝手に動くなと大目玉・・・説教部屋・・・涙・・・でも、ワーナーブラザーズ映画会社の宣伝部長からは大絶賛!)

が、・・・興行成績は、ボロボロでした。

それだけ、映画のタイトルというのは重要です。
せめて、「心の愛」だったら、二倍のお客さんが入っていたはずです・・・。
情に訴えかける切り口のタイトルが大切なんです。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

内容は、イマイチのような気もしますが、あえて、このタイトルをつけた・・・そこは買いたいと思います。
この映画のストーリーは、愛する妻が亡くなり、とにかく何でも破壊し始めるちょっと過激な旦那のストーリー・・・結構ラジカルです。


上映日:2017年02月18日
製作国:アメリカ 2015年製作 / 上映時間:101分
監督・・・ジャン=マルク・ヴァレ
脚本・・・ブライン・シップ
キャスト・・・ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツクリス・・・

あらすじ
妻が死んで気がついた。
彼女のことは、よく知らない。
僕はあまりにも君に無関心だった。
自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。
すべてをぶち壊してゼロにする。
“破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは?
喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

ロードショーを見に行こうと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ ローグワン 12月16日からのロードショー!キャッチコピーは「希望は死なない」

2016年12月17日 | 映画
 
スターウォーズ フォースの覚醒・・・全国公開までカウントダウン フォースとともにあらんことを!
二子玉川の蔦屋家電・・・一階にも二階にもスターウォーズの特別展示があります。うれしい企画です。18日の夜・・・スターウォーズの新作「フォースの覚醒」が公開されます。......
 

スターウォーズ ローグワン・・・今日12月16日からのロードショーだそうです。

キャッチフレーズは、

「希望は死なない」

「もう一つのスターウォーズ」

まだ、フォースのパワーがない時代のスターウォーズを描いた作品とのこと・・・楽しみです。

なんとか時間を見つけて、年内に観たいものです。

May the Force be with you.

フォースとともに、あらんことを!


この記事をはてなブックマークに追加

ゴーストバスターズ、ゴジラが復活・・・32年ぶりの3G戦争が勃発です 夏休み映画は大作ぞろい!

2016年06月30日 | 映画

今年の夏休み映画の目玉は、「ゴーストバスターズ」と「シン・ゴジラ」。

そして、「インディペンデンス・デイ リサージェンス

各映画会社とも、プロモーションを開始しています。

 

実は、32年前の東京。

(カープは、32年前に11連勝・・・笑)

1984年。

3G戦争が勃発しました。

夏休み映画・・・。

「ゴーストバスターズ」

「ゴジラ」

「グーニーズ」

頭文字の「G」を取って、3G戦争と呼ばれました。

結果は、「ゴーストバスターズ」。

レイ・パーカーの阿波踊り風のテーマ曲、サウンドトラックが一世を風靡しました。

当時は、広告代理店に勤務していました。

テレビで15秒スポットを流しつつ、有楽町ピカ1、新宿のミラノ座、渋谷のパンテオンでキャンペーン。女子大生のアルバイトを使って、お揃いのTシャツを着用させ、缶バッジやフライヤーをまくというアナログでペタなキャンペーンが、洋画業界の主流でした。

今はなき新宿ミラノ座、渋谷パンテオン・・・いい劇場でしたね。

(ちなみに、映画館のことを業界では「小屋」と呼んでいました・・・笑)

そして、勝負は初日。

土曜日が多かったのですが、封切り日の観客動員で、おおむねの興行成績が予測できます。

小職の担当していたワーナー・ブラザーズの「グーニーズ」は、なかなか良い、夢のある写真(業界用語です)だったのですが、見事に三等賞に終わりました・・・爆。

シンディ・ローパー・・・苦戦!

今年の夏・・・32年の時を経て、2G+ID戦争が勃発です。

「ゴーストバスターズ(819日封切)」、

「シン・ゴジラ(729日封切)」、

そして「インディペンデンス・デイ リサージェンス(79日封切)」の対決・・・。

IDが先行、ゴジラが追い上げ、最後にゴーストバスターズが逆転する展開になると思います。

ゴーストバスターズのPRスタッフは、100億円の興行成績を上げると豪語されているとか・・・笑。

なかなか楽しみな夏休み映画です。

それにしても、最近のシネコン・・・。

IMAXや3Dなどで楽しいのですが、なんかオートメーションの機械に乗せられて、映画を見せられている感じ・・・。

もっとアナログで、ハイタッチの部分を残して欲しいなあ。

もっとも、ポップコーンは美味しくなりましたが・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

2月24日はスティーブ・ジョブズの誕生日 2月12日、映画「スティーブ・ジョブズ」がリリース!

2016年02月15日 | 映画
 
スティーブ・ジョブズの誕生日2月24日・・・スティーブの青春の光と影を綴った伝記を読みました
「スティーブ・ジョブズ 青春の光と影」脇英世著  東京電機大学出版局  2500円+税 2011年に出されたウォルター・アイザックソンの「スティーブ・ジョブズ...
 

今月、2月24日はスティーブ・ジョブズの誕生日。

2月12日、映画「スティーブ・ジョブズ」がリリース。

今年のアカデミー賞の最有力候補と言われています。

 

ジョブズが亡くなって、早5年・・・。

命日は、10月5日です。

アップル、ピクサー・・・「イノベーションとは、こういうこと」・・・ジョブズはカタチを示しました。

毎日、触っているiフォンやiパッド・・・。

そのたびに、ジョブズを思い出します。


次のジョブズは、出てくるのか???

ニッポンから出てほしいと思う今日この頃です。


この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ フォースの覚醒を観てきました・・・涙、涙の大河ドラマでした・・・

2015年12月20日 | 映画


今日、二子玉川の109TOHOシネマで「STAR WARS フォースの覚醒」を観てきました。

ネットで調べると、19時からの上映に空き席が・・・ラッキー!!!

109TOHOシネマまで、坂を下って徒歩10分。

ほんと、ラッキーです!!!

しかも、渋谷や新宿では2000円・・・でも、ニコタマは1800円です(笑)。

スターウォーズ フォースの覚醒」。

1978年の初作から観ているSW・・・これは、スターウォーズファンにとっては、たまらない一作だと思います。

SWは、ハリウッド版の大河ドラマのようにも思います。

あまり書くと、ネタばれになるので書くことが出来ませんが、

この映画は、ライトサイド(正義)とダークサイド・・・そして、父と子の物語でした。

周りには、小学生ぐらいの子供さん達が多かったのですが、私が泣く場面はスルー・・・。

(となりのおじさん、何で涙ぐんでいるの???という感じだったと思います・笑)

分からないんでしょうね。まだ、生まれてないので、当然です。


この映画には、1970年代の初代スターウォーズを観ている人には、たまらない映画だと思います。

あれから38年・・・年をとったものです。

ハン・ソロやレイヤ姫、ルークに再会することが出来ます・・・あの頃のままだ!

本当に懐かしいです(涙・涙)。

May the Force be with you.

フォースとともに、あらんことを!


米国では記録的な興行収入・・・日本でもトップクラスの興行成績だと思います。

以前のスターウォーズシリーズを全て観て(復習して)「フォースの覚醒」を観ると、その楽しみは10倍になると思います。

(何も知識をもたず観たとしても、それはそれで楽しめる一作・・・よく工夫されています)

ぜひ、すべての人に、観ていただきたいスターウォーズの新作です。


この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ フォースの覚醒 本日18時30分日本封切 フォースとともに、あらんことを!

2015年12月18日 | 映画

STAR WARSの新作「フォースの覚醒」・・・今日夜に日本公開。

全国の映画館・・・すべて予約でいっぱいです。

TOHOシネマズ六本木も全9スクリーンすべてをSWがジャック。

全米でも、前売りだけで1億ドルを突破。

映画興行の記録を樹立するペースです。

日本でも、おそらく歴代トップ3には入ると思います。

R2-D2、C-3PO・・・そして、愛くるしいBB-8。

とても、楽しみです。

ジョージ・ルーカスさんが、土台を作ったスターウォーズ・・・。

まさか、ここまで続くとは思いませんでした。

ルーカスさんも、すでに71歳。

まだまだ現役です。

音楽は、ジョン・ウィリアムズさん。

なんと83歳です。

今回も、素敵な映画音楽を楽しませていただけると思います。

スターウォーズは、このあとエピソード8とエピソード9の2作で完結と言われています。

STAR WARSの初作の封切りは、まさに青春時代。

いろいろな事に悩んだり、将来を憂いた時期でした・・・。

そんな中、登場したスターウォーズ・・・。

騎士道、武士道を体現したこの映画は、心の支えとして機能しました。

その後も、エピソード1や2など、日々の仕事や生活にエネルギーを与えるカンフル剤として機能したように思います。

本当にありがたいです。感謝!

アメリカでも日本でも、スターウォーズを5回観た、10回観たというスターウォーズ・フリークが続出しましたっけ・・・。

ロングランのSTAR WARS・・・本当に、楽しみたいと思います。

 

May the Force be with you.

フォースとともに、あらんことを!


この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ フォースの覚醒、明日18日夜に封切・・・ちょっとした盛り上がりを見せています!

2015年12月17日 | 映画

JR秋葉原駅の構内・・・。

スターウォーズで盛り上がっています。

マスター・ヨーダ・・・。

全員集合。

そして、ガチャまであります。

STAR WARS・・・盛り上がっています。


この記事をはてなブックマークに追加

スターウォーズ フォースの覚醒・・・全国公開までカウントダウン フォースとともにあらんことを!

2015年12月17日 | 映画

二子玉川の蔦屋家電・・・一階にも二階にもスターウォーズの特別展示があります。

うれしい企画です。

18日の夜・・・スターウォーズの新作「フォースの覚醒」が公開されます。

ただ、仕事が立て込み、ハリソン・フォードやマーク・ハミルと再会できるのは、新しい年になりそうです(涙)。

May the Force be with you.

フォースとともに、あらんことを!



この記事をはてなブックマークに追加

HEROを観てきました・・・東急東横店の屋上にキムタクが!

2015年07月27日 | 映画

東宝シネマズ渋谷で、邦画「HERO」を観てきました。

キムタク、かっこいい!景子ちゃん、きれい!

単なるミーハーですね(笑)。

気付かなかったのですが、東急百貨店の屋上にキムタクさんのPOPが、にょろりと顔を出しています。

ちょっとびっくり。

昔、オンボロだった映画館も東宝シネマズ渋谷に建て替えられ、とても綺麗な劇場になっていました

ネットで予約し、入口の券売機でチケットを購入。

時代は、変わりました・・・。

日曜日ということもあり、カップルがほとんど。

 

木村拓哉さん、本当にカッコよかったです。

治外法権と戦い、外交官特権に切り込んでいく、検事の姿。

北川景子さんも、輝いていました。

共演した松たか子さん(今回は、事務官から検事に昇格)も、日本のおかあさん的にオーラが出始め、これまた素敵でした。

エンディングのシーンも、ちょっと意外・・・ご期待を。

 

実は、この「HERO」・・・原作本がありません。

テレビの脚本から始まり、映画化。

逆流して、小説化・・・英語でノベライズと言うやつです。

 

HERO・・・

エンターテイメントとしてもエキサイティングで、なかなか良い小屋、面白い写真でした。

(脚注) 邦画、洋画を問わず映画業界の人たちは映画館のことを「小屋」、映画のことを「写真」と言うそうです(笑)。

 

暑い日は、まだまだ続きますが、たまには「小屋」で涼むのも、いいなあと思った週末でした。


この記事をはてなブックマークに追加