能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

受験生、がんばれ!広島・中央通り商店街「とおりゃんせ」今日からセンター試験 菅原道真公も応援!

2019年01月19日 | まち歩き
今日からセンター試験。
受験生の皆さんの健闘を祈念します。がんばってくださいね。

全国的に天気も、まずまず。
それにしても、1年で一番寒いこの時期に受験するんでしょうね。
受験生とその家族は、本当に大変です。
 

広島・中央通り商店街では、毎年恒例の「とおりゃんせ」キャンペーンが始まりました。

商店街のアーケードに全国の「学問の神さま」のフラッグが吊り下げられています。
 

福岡の太宰府天満宮から、札幌の札幌八幡宮まで10の神社が、受験生を励ましています。
学問の神様・菅原道真公が、アーケードから受験生の合格を応援しています。

合格したら、家族で中央通り商店街で、食べて飲んで楽しんでくださいね、ということなのだと思います。
 

「とおりゃんせ」というネーミングも、なかなか良いと思います。
ただ、ちょっと残念なのが、このキャンペーンが商店の売上に繋がっていないこと。
受験生の体調を整えるための消化のいい食材の販売や、シャープペンシルの替え芯や予備の消しゴムなどの文具関係、温かいインナーやアウターなど各商店がワゴンセールするなどの工夫も必要だと思います。
 

これから2か月強、受験シーズン。
受験生の皆さん、最後まで夢に向かって頑張ってくださいね!
健闘を祈ります。


広島二葉山の山頂に建つ銀色の塔 世界平和を祈念する仏舎利塔 七本の川と海、緑と山に囲まれた広島の街

2019年01月18日 | まち歩き
JR広島駅の北口を出ると眼前に見えるのが二葉山。
その山頂に銀色の塔が建てられています。
広島の街から広く見ることが出来ます。
 

仏舎利塔(ぶっしゃりとう)。
仏舎利塔は、世界の恒久の平和を念願し、原爆の犠牲者の冥福を祈って建立された塔。平和の聖人釈迦尊の御真骨が奉祀されています。
インドのネール元首相や、スリランカ、モンゴル仏教徒より贈られた仏舎利が奉安されており、広く県市民の平和の願いをこめた祈念石が数万個収納されているとのこと。
 
 

仏舎利塔からは、広島の街、瀬戸内海、そして宮島までを見渡すことが出来ます。
カープの本拠地マツダスタジアムが・・・。
 

宮島には神々しい光が・・・。
ちょっと神秘的な光景でした。
 

七本の川と海、緑と山に囲まれた広島の街・・・とっても住みやすい平和都市です。


広島の鬼門を守護する二葉山 新年の七福神巡りに行って来ました 広島東照宮の奥の院で広島の街を眺望!

2019年01月13日 | まち歩き
広島市の中心部にある広島城・・・今年、築城400年を迎えるそうです。
 
広島城を守るため、鬼門に位置する二葉山に鎮座する七福神。
京の街を守護するための鬼門封じ・・・比叡山延暦寺のような位置づけです。
ちなみに、裏鬼門は神の島・宮島の厳島神社が守護しています。


参拝に行って来ました。

まずは、饒津神社(にぎつじんじゃ)からスタート。
木製の鳥居が特徴的です。

 

京橋川沿いにある芸州鎮護、文武両道の神をお祀りする神社です。
茅の輪くぐりで、厄災を祈念。
 

そして、お隣の明星院。
毛利輝元公由縁のお寺です。
 

そして、そのお隣が鶴羽根神社。
鎌倉時代に建立された由緒ある神社です。
 

そして広島東照宮
長い石段が、本殿まで続いています。
 

徳川家康公を祀った神社。
日光東照宮の広島版です。
 
 

そして、金光稲荷神社。
広島東照宮の境内社で、山頂の奥の院まで500段の階段を登っていきます。
 
 
途中、商売繁盛、出世成就、諸願成就などの小さなお稲荷さんが祀られています。
朱塗り鳥居120基があり、ミニ伏見稲荷のようです。
 
一歩ずつ踏みしめて、山頂の奥の院へ。
広島の街、さらには瀬戸内海、宮島までを見渡すことが出来ます。
 

奥の院の神様に昨年無事過ごせたことを御礼。
 

今年、いのしし年は「災」のない平和な年でありますように・・・。

ただ、ちょっと心配なのが、この二葉山にトンネルを掘っているということ。
神様の山に穴を掘る・・・広島高速という自動車専用道路を造るとのことですが、ちょっとの時間を短縮するために、そこまでやらなくても・・・という感じがします。
工事関係者や行政の方々に祟りがありませんように・・・。
 

新年号となる2019年・・・平和な世の中になりますように・・・。


世界遺産航路 宮島と平和公園・原爆ドームを結ぶ旅客船 元安川を下り、瀬戸内海に出て、宮島へ行ける船旅

2019年01月09日 | まち歩き
世界遺産航路・・・なかなか素敵なネーミングです。


 
広島にある二つの世界遺産・・・宮島と原爆ドームを中心とする平和公園。
この2つの世界遺産を結んでいる海上交通が世界遺産航路です。





元安川を下り、瀬戸内海に出て、そして宮島へ。
広島の美味しいところを一度に堪能することが出来ます。


広島にお越しの際には、ぜひ世界遺産航路を楽しんでください。

広島・平和大橋もリニューアル中 イサム・ノグチの美学が蘇ります 広島平和公園に架かるピースブリッジ

2019年01月07日 | まち歩き
広島平和公園に架かるピースブリッジ・・・「平和大橋」。
イサム・ノグチ設計により1952年に架けられた橋です。

平和公園の原爆資料館の本館をリニューアル中。
今年春のオープン予定です。
噴水もリニューアルされています。


その平和大橋のリニューアルが進んでいます。
幅6メートル弱のこの橋、片道2車線がちょっと難しい狭い橋。
5月ゴールデンウィークの広島フラワーフェスティバルなどのイベントがあると人の通行が困難になるような状況でした。
 

このため、平和大橋の上流側に、新たに歩行者専用の橋を造り、平和大橋も補強していくという工事が行われています。
 
 
半世紀前に完成した頃のコンクルートの質感が再現されています。
 
 

完成が楽しみですが、まわりの景観と合った美観を維持できるんでしょうか。
ちょっと楽しみ、ちょっと心配です。


イサム・ノグチ設計による平和大橋・・・。
丸い部分は、昇る太陽をシンボリックに表現したもの。
完成時のコンクリート打ちっぱなしの質感も、うまく再生されています。

新しくなる平和大橋・・・平和な時代が続くよう、その美しさに輝きが加わるように祈るばかりです。


新春!広島てくてく散歩 7本の川が流れるデルタの街・広島市 平和と水と緑と青空が美しい都市です

2019年01月05日 | まち歩き
7本の川が流れるデルタ(三角州)の街・広島。
 
新春!広島てくてく散歩。

広島城を出発。
お堀の水は、太田川から取り入れた川の水です。
 

中央公園に到着。


サンフレッチェ広島のサッカー場が計画されているようです。
でも、ここには造らないでほしいなあ。
もう箱物はいりません。



今月には、社会人の駅伝が開催されます。
「天皇杯 全国男子駅伝」
平和公園と宮島の往復で、県別対抗戦が行われます。


水と緑と青空が、気持ちいいです。
 

元安川。
 
 

平和公園に到着しました。


広島の山も雪化粧 全国的な大寒波 皆さま、お気をつけてくださいね

2018年12月29日 | まち歩き

全国的な大寒波。
あまり雪が降らない広島市。
一夜明けると、山々は雪化粧です。



朝日に輝いて綺麗です。
が、スリップや冷え込みなどありますので、皆さま、気をつけてくださいね。


広島プリンスホテルに来ています 母なる海、瀬戸内海が美しいです

2018年12月29日 | まち歩き

広島プリンスホテルに来ています。
母なる海、瀬戸内海の海辺にあるこのホテル、潮の香りがします。







今年も、あと三日。
今年の振り返りと、2019年の目標、計画を立てようと思います。





宮殿の歌会始のお題は、光。
明るく平和な希望に満ちた新年になればいいなあと思います。


廣島護国神社に今年の御礼参拝に行って来ました カープのリーグ4連覇と日本一、豪雨災害早期復興を祈願

2018年12月28日 | まち歩き
広島市内で一番大きな神社・・・廣島護国神社。

広島市の中心部、広島城の中にあります。

 
初詣の準備が始まりました。

今年も、あと四日となりました。
 

年末年始には、何十万人もの広島市民が初詣に訪れます。
 
今年は、7月の西日本豪雨災害で多くの人が亡くなり、家を失った方々がおられます。
本当に心からお悔やみ、お見舞い申し上げます。

護国神社の神さまに広島の安寧を祈願してきました。
1日でも早い復旧、復興を願うばかりです。
 

そして、カープのリーグ三連覇。
広島市民の気持ちを支えました。
 

でも、まだ、日本一という「忘れ物」はあります。
来年こそ、テッペンを取ってほしいカープです。
 

がんばれ!カープ
がんばろう!広島

歴史の見える丘 広島県呉市 戦艦大和を建造したドックや旧呉海軍鎮守府庁舎を望む丘で平和を感じる今

2018年12月24日 | まち歩き
広島県呉市の山の中腹にある「歴史の見える丘 」。




 
海軍都市、軍港都市から平和産業都市としての道を歩んだ、明治以降の呉市の歴史が一望できる場所として、1982(昭和57)年に完成しました。






造船所というのは、よくよく見ると面白いです。
プラモデルを組み立てるような工程が、目で見て分かります。


この丘からは、旧呉海軍鎮守府庁舎(現:海上自衛隊呉地方総監部庁舎)や戦艦大和を建造したドックの上屋を眺めることができます。


現在、ドックは埋め立てられ、上屋(骨組みは当時のまま)だけが残っています。

現在は、ジャパンマリンユナイテッド社で現役船渠として使われています。


こちらが、旧呉海軍鎮守府庁舎。

現在は、海上自衛隊呉地方総監部庁舎となっています。
威厳ある赤レンガが、「坂の上の雲」を目指した明治時代を感じさせます。


ドームが再建されたのは最近のことだそうです。



 
噫(ああ)戦艦大和塔

戦艦大和を建造した旧呉海軍工廠を望むこの地に、1969(昭和44)年の第30回大和進水日(8月8日)を記念して呉大和会により建てられました。
 
 

大和の艦橋をかたどった塔。
 
 
大和は、3000人以上の若者とともに、沖縄特攻に出撃。
片道分の燃料を積んで、米軍の制空権の中、護衛機も伴わず、沖縄に向けて出港。
沖縄の浜に乗り上げて、砲台として最後の決戦・・・という作戦だったようです。
が、大和は米軍の航空兵力により撃沈。
乗組員の多くが東シナ海に沈んでいきました・・・嗚呼。
 

世界最強、最大46センチ主砲徹甲弾(てっこうだん)も展示されています。


戦争と平和をオーバーラップさせる丘。
戦争は、二度と起こしてはなりません。
しかし、昨今の東アジア情勢、国内政治を見ると、かなりキナ臭いところも・・・。
もう若者たちを殺してはいけないと強く感じた、歴史の見える丘でした。