広島で芝居を楽しむためのブログ

広島での観劇レビューや日々思うこと徒然と。芝居で生の驚き、生の迫力、生の感動を多くの人に知ってもらいたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

広島の劇場

2005年06月30日 | 舞台について
さて、今週末舞台「ミザリー」に行くのですが、
会場がはつかいち文化ホールさくらぴあです。
広島の中心街から離れ大変生きにくいところにあります。
JRを使えば何とかなるのですが正直車で行きたい。
でもあの辺には駐車場もありません。
そして問題はんちようびの夜ってことですね。
正直夜はきついですね。
だって日曜日ですよ。
次の日学生なら間違いなく自主休校しているところです。
さて、広島って中心市街地には劇場は存在しません。
何故か市街地からちょっと外れにあります。
そしてどこも交通の便が悪い。
公共交通機関はなんとか近くまで行っているのですが
乗り継ぎが必要でアクセスは大変悪い。
すべてがいったん広島駅に出てから乗り換えって感じ。
同じことが広島市民球場及びサッカー場にも言えます。
文化都市広島、スポーツ王国広島っていうのは
たぶん昔の話で今では違いますし未来においても・・・。
でも街が狭いので端から端までタクシーをとばしても
そんなにかからないというのが唯一の救いか。
コメント

世界の中心で愛を叫ぶ?

2005年06月29日 | 日常あるいは平凡な日々
今日は八丁堀で仕事でした。
ちょうど良いこれを機会にデオデオ本店へ行く。
プレイガイドを物色。
あったぞ、せかちゅうチケット。
おぉ、1列目の席がが残っているではないか。
それではそいつを購入
無事せかちゅうのチケットをゲットした。
後は9月4日を待つだけ。
とりあえずカレンダーにチェックを入れておこう。
おもしろいのかなぁ。
楽しみだなぁ。
でも1列目って役者は近くで見ることができるので
グッドなのですが、
舞台全体が見えにくく思ったほど良くない。
これを知ったのはついこの間
初めて1列目に座ったとき。
一番良いのは5列目ぐらいからの中央席。
段差が始まり前の人の頭が気にならなくなるから。
追伸:
稲川淳二の恒例の舞台、
チケット売ってましたが
結構売れてました。
前の方の席があれば購入しようと
思ったのですが断念。
2階席でよいからA席をつくって欲しい。
コメント

舞台とオペラグラス

2005年06月28日 | 舞台について
実際に使ったことはありませんが
この前本当にオペラグラスが欲しいと思った。
別に期待してなかった「午後の遺言」。
S席を買うほどの情熱もありませんでしたので
2階席のA席だったのですが、
隣のおばちゃんというか
おばあちゃんがオペラグラスを持っていた。
そしてじ~っと食いいるように見ているではありませんか。
そんなに真剣に何を見ているんだ!
一体何がそこに見えるんだ!と叫びたくなる衝動にかられる。
たぶんそこには楽しい私の知らない世界が広がっているに違いない。
次回からは2階席の場合はオペラグラスはないにしても
双眼鏡ぐらい持っていこうと心に誓った。
コメント

ミザリー公演に向けて

2005年06月27日 | 舞台について
なんだか最近やたら
「ミザリー」のCMを目にする。
そんなに売れてないのか。
もう今週末に開演だというのに。
小日向と渡辺ではネームバリューが
ないというのだろうか。
それとも「さくらぴあ」が問題なのだろうか。
まぁ、日曜日の夜ってのもいけないのでしょう。
せめて昼間にやれ、昼間に。
どうやっていこうかなぁ。
車か電車か。
今週末だからそろそろ決めておかなければ。
コメント

怠惰な日曜日

2005年06月26日 | 日常あるいは平凡な日々
未だに書いてないレビュー。
黒蜥蜴及び午後の遺言。
そのうち必ず書きますのでもうしばらくお待ちください。
なんだか気分がのりません。
パソコンの前にすら座る気力がありません。
机の上も公演で配布されたチラシが散乱しています。
見てないので捨てることもできず。
そろそろ本気で夏休みの予定も考えなければ。
見てみたい劇団と日程があわず
それ以来ほったらかしの状態。
仕事が落ち着いてきたのでまぁ何とかなるでしょう。
コメント