和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

染める、そめる、ソメル

2013-01-29 09:44:31 | 手仕事 和裁

半襟にどんな色をもってくるかで、印象はだいぶ変わりますよね。

ここにあまり強い色、特に真っ白を持ってくると、気分的に落ち着きません。

色半襟はコーディ未熟者としては難しいので、一番使うのはベージュです。

真っ白の少し金糸の入った長襦袢用の生地を、どんどん染めています。

P1040084

紅茶で染めて、わずかにベージュがかったきれいな色になりました。生地のなかの金糸が控えめな光を添えてくれます。

紅茶はアールグレイ、もちろん頂いたあとです

次は、帯揚げを染めてみました。使うのは柿渋です。

P1040085_2

古い桐箪笥の色が剥げかかった個所に使おうと買ったのですが。

この帯揚げ、色の明度が高すぎて、しっくりこないのです。

P1040080

P1040091_4

安っぽかった黄色が少し落ち着いた色になりました。もう少し濃いめで染めてもいいかも

まったく縮まなかったので、今度もう一回やってみよう。

最後はおおもの?、帯です。

これも、唐草模様が気に入ったものの、真っ白でやはりしっくりきませんでした。

で、そのまま柿渋で染めてみると~~、

P1040089

うーん、ビミョウです。

柿渋がアンティークぽくしてくれるとかと思いましたが、

撮影の「汚し」作業、泥のなかに落ちたあとみたい~。

新品の帯だったのにダメにしたかな

もう一回、もっと濃く染めてみようか思案中

いつの日かの成功は

失敗あってこそ

よろしければ

応援を

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村




P1040085


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 百均ヘアグッズでふたつのヘア | トップ | バレンタイン帯でゲキ×シネ「... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ふむふむ?と (ねね)
2013-01-29 10:29:09
ふむふむ?と
読み進めているうちに…

え~~!?
大胆!!
しかも、新しい帯ですか[E:eye]
そんなビックリなところも…・
紫苑さんの、魅力の内[E:shine][E:heart04]
…と…言うことで(笑)
私もアンティーク着物の色に魅了されて、染めのこ... (ホミリー)
2013-01-29 12:59:55
私もアンティーク着物の色に魅了されて、染めのことが気になっていました。なんて綺麗な色なんだろうって。アンティーク着物を見ていると、自然と同様に癒されます。
古い半衿を使ってますが、それでもまだ白くて違和感あるなと思ってました。足袋はさらに真っ白で浮いています。
染めまでされるなんて!紫苑さんのお着物への情熱、素敵です♪
私も、アールグレイが一番好きです。
ねねさん (紫苑)
2013-01-29 20:57:27
ねねさん
新品とはいえ、木綿の安い帯ですから。本当なら捨ててもいい帯で試してから実行するものですよね。調子に乗るとすぐに失敗するんです[E:sweat02]
ホミリーさん (紫苑)
2013-01-29 20:58:27
ホミリーさん
またまたいいことを聞いちゃいました。足袋ね、なるほど。次は足袋に挑戦してみます[E:note]

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

手仕事 和裁」カテゴリの最新記事