Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

K's-STYLE SHOP のラインナップは一味違った仲間達

2016年06月30日 | K's-STYLE

YOです!

現在はKawasaki車を中心として、日本で発売されていない魅力あるオートバイを輸入販売するケイズスタイルショップ。
そして、国内外の新車をイージーオーダーオリジナルカラーリングを施し、ペイントも純正塗料を使用する事で、質の高い
仕上がりでオリジナルバイクを販売。YOYOも1年半前からK's-STYLEショップとしてサービスしています。

今日は、そのK's-STYLEショップとして一押しなKawasaki車をご紹介します!

 

 

今話題の2サイクル150cc Kawasaki Ninja 150 RR ! インドネシア仕様

¥512,500(税別)

懐かしいカストロールの香りが・・・

 

 

そして、

そのネイキッドモデル Kawasaki Ninja 150 SS インドネシア仕様

¥498,055(税別)

これぞオートバイ!センスタ付きです!

 

 

 

YOYO的にもスモールダートマシン Kawasaki KSR110 DIRT  タイ仕様  

¥319,000(税別)

ちびっこギャングです!

 

 

 

こちらは国内でも人気の Kawasaki Z125 PRO  タイ/インドネシア仕様

¥320,000(税別)

 

 

 

そして、泣く子も黙る!Kawasaki Ninja H2 2016version EU仕様

¥2,600,000(税別) 為替等により変更がございます。

スリッパークラッチ装着とメタリックカラー

 

 

今週末は店頭にて全車展示。来週以降150RRは試乗車としての準備も計画していますので

お楽しみに!

 

コメント (2)

木下電機 Vee Rubber 迫力の ビックオフタイヤ VRM-401

2016年06月29日 | ショップ スタッフ

YOです!

梅雨って感じですよね。ジッとしていても汗が出てきてジメジメとした時期ですが、
皆さん如何お過ごしでしょうか?

今日は何と!木下電機の木下君が、富山からVee Rubberのビックオフロード用のタイヤが入荷したとの事で、
わざわさYOYOまで納品に着てもらいました。!(^^)!

前にもご紹介しましたが、木下君とはもう長い付き合いで、YOYOでビックオフロードで暴れていた方(笑)
そんな彼と今日久しぶりに再会しました。

相変わらずワイルドで、富山からトレーラーを引っ張って登場!待ちに待ったVeeRubberのビックオフ用
チューブレスタイヤVRM-401F/VRM-401を納品してもらいました。

 

サイズは

VRM-401F F用 - 90/90-21TL 54Q 9,200円
VRM-401 - - 150/80-18TL 70Q

15,000円

となっていて、金額も税込の値段となっています!

 

ビックオフロードなので、重量とパワーで耐摩耗性も気になる事ですが、VeeRubberはコストパフォーマンスを
含め、コントロール性と走破性を両立したトータルで勝負!とても楽しみなタイヤが入荷しました!

因みに、我がYOYO ADVENTURE-Rに装着したメッツラーカルー3は
フロントタイヤ:18.144円 リアタイヤ:45.360円 定価ですが、フロントは2本/リアは3本買えてしましますね(^^ゞ。

在庫していますので、宜しくお願い致します。(^^)

 

コメント

火曜日は お休みです。

2016年06月28日 | ショップ スタッフ




雨ですね。
窓あけて寝てたから雨音がすごかった。


昨日はいいお天気でした。



*****

一年生の国語の教科書。
なかなか面白い。



*****

電車通勤してる娘からライン。
「ゆかりの目の前に刀持った郷ひろみいる」

(そりゃ、ブッソウだわね。)

「前向くと目合ってしょうがない。」

画像が送らてきた。


今朝の埼京線。


hiroko

*****


トリックアート池袋西武
emiri





コメント

KTM 390 CUP に挑戦!カスタムクラス奮闘記 Vol.21 筑波ツーリストトロフィー

2016年06月27日 | KTM 390 CUP

YOです!

6/18筑波ツーリストトロフィー KTM CUP/390CUP 第4戦の奮闘記を作りました。
速報でもお伝えした通り、結果は総合6位カスタムクラス4位と無事完走する事が出来ました!

あと一歩で3位入賞!ってところでしたが、第1戦の筑波大会での転倒からの復帰戦として、
転倒の後遺症を跳ね除ける事と、今度こそは完走してチーム員と応援して頂いた皆さんに
楽しい時間の共有をすることが第1の目標でしたので、自分的にも完全燃焼のレースでした!

やるべきことは全てやった!(笑) の結果で、チーム員の協力と、レース関係者様の参戦し易い
レース運営と、そして各協力各社様の支援があってこそのゴールだったと思います。
皆様、本当にありがとうございました!

今回、タイム的にもベストを更新する事が出来て、これもレース前にフロントフォークのリセッティング
をKTM KOBE 山鹿社長に協力を頂き、親切丁寧にセッティングノウハウを教えて頂きました。
セットの結果、筑波最終コーナーは間違いなく侵入から脱出までアンダーステアーが少なくなり、
旋回がクイックになり、アクセルオンのタイミングも速くなりました。課題もあります。
それはコーナー侵入の安定感が崩れてしまった事。多分ですがフルボトムしてるんだと思います。
オイル油面の変更と、オイル粘度を少々変更して再チャレンジしたいと考えています。

そして、こちらもレースウィーク中の忙しい時間にも拘らず、YOYO RC390の為に全力でサブコンの
セッティングをご教授頂いた、ラピッドバイクサブコンピューター輸入元の皆様方!お陰様で、
ストレートスピードも確実に上がり、プラスアルファの回転の伸びが、全ての走りに余裕を与えて
くれました。これは本当にお勧めです!次回はオートシフターを装着して更にバージョンアップを
していきたいと思います。絶対にレーシングです!

また、革ツナギでお世話になってますプライドワンの和田社長!お気遣いありがとうございます!
私が前回転倒したことで、エアーバックが作動して胸、首周りはケガ等全く無く(エアーバックが
付いていなかったところが・・・(笑))、そのレース翌日に「YOさん!エアーバック送って!
しっかりと畳んでセットアップしておくから!」と・・・。ホントありがたい事です。
ユーザー1人1人を常に管理して、気にして頂いてるなんて、最高のレースパートナーだと
思いました!安心してレースに参加出来ますよね!革ツナギ新調しま~す!

そして、レースウィークまで頑張って製作してくれたファイバーワークスさん!ワガママなYOYOを
お許し下さい!(^^♪。 ありがとうございました。

と言う事で、その他も沢山の皆さんに支えられ今年のYOYO 390CUP奮闘記は終了です!
レースは終了ですが、試乗車として、サーキット走行会仕様とマシン開発は続きますので、今後も
宜しくお願い致します。

では、ダイジェストですが6/18筑波ツーリストトロフィー KTM CUP/390CUP 第4戦の模様を御覧下さい!

*****************************************

 

≪2016年6月18日≫

あさ~!レースの朝は早い!3時起きは当たり前なんですよ。でもテンションはアゲアゲです!(笑)

 

 

 

 前日は比較的早くマシンも仕上がり、余裕しゃくしゃくのTEAM YOYO! ところが・・・・( ゚Д゚)

 

YOYO号がヘッドライト装着車。日頃は街乗り仕様をサンデーレースで楽しむ。これをコンセプトに!
軽量化が多いレーサーの中で、ヘビーウェイトなRC390かも知れません。ただレース中のトラブルで
他の車両やエントラントに迷惑が掛からないのが基本です。来季からはいよいよ軽量化とレースマシン
としての仕上げをして参ります。

 

 

 いつもと変わらずサングラスをかけたF氏チーム監督を中心に、必勝態勢です!ホントか?(笑)

 

 

 参加者やお客様を盛り上げるサポート企業の出店も楽しみの一つですね!

 

 

 車好きも多いはず。これはフェアレディーZ NISMO仕様かな?

 

 

 これもジュークNISMOですね。映画カーズに出て来る様なマスクですよね(笑)速いのかな?

 

 

 KTMブースはいつも巨大ですよね!野口代表いつもありがとうございます!
KTMディーラーとして鼻が高いです~!

 

 

 ダ~~リン♫ と歌っている訳ではありませんよ。(^-^;

 

 車検です!マシンもそうですが、自分の用具もチェックします。意外とドキドキするんですよ。
何も悪いことしていないのに。。。?

 

 

 こちらはマシンチェックです。オイル漏れやレギュレーション違反が無いかを注意深くチェックします。
もちろん問題なくクリアーしました。

 

 さてと!いよいよ予選開始です。前回黄色旗でペナルティーを科せられたので、慎重に慎重にを
肝に銘じて、更に転倒しない転倒しないを念じてスタートしました。

 

 

なんで?か自分だけ並んでいる列が違う・・・。と焦ります。気がチッコイわたし。('ω')ノ

 

 

 落ち着いて!とチーム監督。レース慣れしている監督で本当に助かるんです。

 

 

 よ~し!いっちょかましたる~!と 行きましたが・・・。

 

 

 予選終了!結果は1分11秒で伸びず。。。自分の前は9秒台。。。ヤバい~!

 

 

 何故か?今回の予選は9.500rpmでレブリミットが当ってしまい、パワーもイマイチ出ていない。
エンジン不調で思うように走れず。どうした?RC390 (ムチ打ち過ぎか?(^-^;

 

 

 ヤバ~い!回らないと焦る私。原因究明に冷却系統と点火系統、を中心に点検開始。

 

 

 何だろう?とチェックして見るも、特に悪いところは見つからず。点火、冷却も特に大きなトラブルなし。

 

 

 同クラスの佐々木選手にもアドバイスをもらうが、原因分からず・・・(;・∀・)

 

 

 ラスト5分!汗。。。ここで決断!9.500RPMで行けるところまで行こうと!奇跡を信じて!おまじない

 

 

 よ~~し!笑顔で行こうじゃありませんか!応援のH氏も到着!気合が入りますね。ありがとう!

 

 

 本気モードか?顔が険しくなりましたね・・・。ダメダメ本気は。でも楽しく全開!を言い聞かせて。

 

 

 と!笑顔を強引に引き出しから出して予選8番グリッドに向かいます。

 

 

 よ~し!リラックスリラックス。チーム員の和やかな会話で安らぎます。

 

 

 先ずはスタートから2週ぐらいは様子を見て、ペースを掴んでからペースアップと言う作戦で。安全に。

 

 

 選手紹介は何故か?盛り上がりますTEAM YOYOの癖ですね。。。そこが良い。(笑)

 

 

 サービスショット!(みっちゃん作)「みっちゃん!サーキットレディー撮った!?」みっちゃん「もちろん!」と即答。ハヤっ!

 

 いよいよ決勝スタート!チョッと失敗。8番手位で1コーナーへ。

 

 

 後方よ~し!ってやるんですね。。。知らなかった。

 

 

 伏せが足りないよ!YOさん!と予選の時に言われ、懸命に伏せるがこれが限界。。。固い身体です(笑)

 

 

 あれ!3位じゃない?と期待して。

 

 

 表彰台準備でワクワクとしてたチーム員ですが・・・。

 

 

 お疲れ様!はいパドックへ戻って下さいと・・・。(笑) 4位か!OKOK!

 

 

 3位かと思いましたよ!とチーム監督。

 

 

 ゴメンね!これでいっぱいだ~!でも完走できたよ。ありがとね!
完走がこんなに嬉しいものだとは思いませんでした。ホントに。

 

 

 みんな~~!ありがとう!4位だけど許してね!と。

 

 うぁ~!9秒台入らんね~と悔しがる私。あ!エンジンですが、何事もなく11000RPM以上回りました!
何だったんだろう?きっとキーをONにしてセルフチェック中にセルスタートした事による、ECUの誤作動
だと考えられますが、未だ原因は分かりませんです。でも、今は快調そのものです!ま!良いっか!

 

 お疲れっす!暑い中応援ありがとうです!
また次回宜しくお願い致します。

 

 

 同時開催の250CCフロンティアⅡ出場のYOYOのお客様 井上選手と大熊選手。
ゼッケン25番井上選手は見事優勝!おめでとうございます!

 

 

 

 嬉しそ~!ヒューヒュー!おめでとうございます!

 

 

 筑波No.1Tシャツが眩しい!シャンパン美味いっしょ!

 

 

 KTM ジムカーナサポートライダー大瀧選手もFamilyで応援しにきてくれました!

 

 

 

 

 

 大熊選手!お疲れっす!また次回頑張りましょう!練習行きましょうね!

 

 

皆さん!ありがとうございました!

これからもヨロシクね!(^_-)-☆って感じで。

 

 

 

 

 

 

コメント

KTM 1190 ADVENTURE-Rで林道に挑戦!Vol.6 ステージ1仕様完成!

2016年06月26日 | KTM 1190 ADVENTURE-R

YOです!

我がYOYO ADVENTURE-Rがステージ1仕様として完成しました。

ほぼ、KTM純正のパワーパーツを使用して完成したRS-1です。(Rindo Special)
仕様はこのカテゴリーで確認して頂くとして、最終タイヤの装着でググッと
魅力的なADVENTUREになりました。

 

 

タイヤはMETZELER製のKAROO 3で、
フロントが90/90-21のチューブレス、リアが150/70-18のチューブレスを今回は
チョイスしました。

 

 

 

YOが参戦しているKTM 390 CUP でもMETZELER M7RRを使用していて、コントロール性の
良さからMETZELERのこのタイヤをチョイスしました。
タイヤチョイスには色々な情報がありますが、やっぱり自分で履いて試して信じ込んでが
1番だと思います。タイヤって1度信じるととことんそのタイヤじゃないと駄目ってなるんですよね。
今までもそうでした。さてKAROO 3はどうでしょうか?

さあ!これからチョッと夜走りに行って来ますね!(笑)

コメント

KTM 1190 ADVENTURE-Rで林道に挑戦!Vol.5

2016年06月25日 | KTM 1190 ADVENTURE-R

YOです!

あ~~早く乗りたい。何処かへ行きたい!そんな気持ちがふつふつと湧き出てくる。
ADVENTUREには不思議な洗脳の力が有るみたいですね(笑)。

店頭に展示をしていても、気になって気になって仕方がありません。(^-^;
この気持ちってもしかして・・・・?(^^)
なんて事は無いとしても、今日も少しづつ林道に挑戦仕様に近づけるパーツを装着しました。

その部品はアルミハンドガードでパワーパーツの中からチョイスしました。

ADVENTUREは標準でも樹脂製のハンドガードが装着されていますが、本格的に林道を
楽しむにはチョッと役不足なんです。フロントブレーキマスターシリンダーやクラッチ
レバーなどを守るのはもちろんの事、転倒時にグリップで支えている手を守る為にも
絶対にこのアルミハンドガードはお勧めのアイテムです。

 

 

 

ノーマルのハンドガードを外し、こんな風に先ずはアルミのバーを取り付けます。
とっても簡単に装着できます。

 

グリップエンドはこの様に穴が開いていますので、取り付けもスムーズです。

 

ブレーキ側がチョッとくせ者。人差し指で指している部分がチョッとアルミバーに接近して接触しそうです。

 

ADVENTURE用でオーダーすると、この様なカラーが付属されますので、ブレーキマスターの
接近している部分を避けるのですが、イマイチ厚さが足りません。

 

この様に、青いアルミの厚さのスペーサーを増す事で、余裕が生まれて安心して組み付ける事が出来ます。

 

ご覧の様な隙間が生まれます。

 

装着完了!増し締めして角度を合わせます。

 

こんな感じに装着完了しました。なかなか精悍ですね!

 

 

 

標準がブラックカラーの為に、チョッとイメージチェンジを考えてホワイトカラーに変更しましたが、
良い感じですよね?更にオフ志向の強いスタイリングとカラーの流れになりました。
この時点で、グリップをオフロード用に変更も考えたのですが、高速走行の多いADVENTUREの
キャラクターを考えて、標準のグリップラバーのままにしました。標準のグリップはゴム質も
柔らかく、太さも少し太い為に疲れ難く、振動面でも優れています。

 

そろそろロングツーリングに行きたくなりました。

私的に行きたいのは四国。四国の四万十川廻りの林道を含めたルートをゆっくり楽しんで、
高知の同級生と久しぶりに、愛媛のマルカワレーシングさん、KTMディーラーなどへ寄り道
してみたいなぁと。(笑)

さあ!タイヤをカルーに交換していよいよ準備は整いますよ!先ずは茨城、千葉辺りにGO!

 

コメント

Buell ライトニング XB12Ss サンファイヤーイエロー 入荷!

2016年06月24日 | Buell

YOです!

今日は久しぶりに営業しちゃいます!と言いますか、とても良いBuellなんで、
紹介しないと申し訳ない気がして(笑)。

Buellと言えばライトニング!と言われるほど、アメリカンルックスのスタイルが
魅力が堪らないXBシリーズの人気車!XB12Ss サンファイヤーイエローがYOYOに
入荷しました。

そしてこの車両はYOYOがBuellファンに提案したオリジナルコンプリート車の
ライトニングXB12Ss-GTとして新車より販売した車両です。縁あって再びYOYOからの
特選Buellとしてお勧めの1台です!

ベース年式は2006年式のフルパワー車!規制前の最もBuellらしいとも言われる中期型で、
YOYOのオリジナルパーツが豊富に装着されています。スリッパークラッチも付いています。
車検は2年取得、距離は15.000Km 大きな傷や転倒などはありません。ドコドコとアイドリング
する様は、他のメーカーには絶対真似できない個性の塊で、図太いトルクは他に類を見ない
カタパルト加速を生み出します。

 

 

 

 

 

 

空冷Vツイン、ダウンドラフトインジェクション、ハーレーのエンジンをハイチューニングした
絶対今では手に入れることのできない異端児バイクがBuellなんです。

1度オーナーになったら、絶対に忘れられない乗り味。その乗り味を思い出す度に手放した事を
チョッと後悔するほどまた乗りたくなる!そんなバイクです。

 

程度の良いBuellは少なくなって参りました!生産終了から6年。今が旬で買い時では?

ご興味がございましたら、03-5392-3411 ライダースランドヨーヨーまでご一報を!

コメント

YAMAHAオフロードコンペティション2017予約受付開始!!

2016年06月23日 | ショップ スタッフ

YAMAHA オフロード競技用モデル 「YZシリーズ」の2017MODELが発表となり予約受付開始となりました。

MXモデルのYZ 、EDモデルのYZ-X ともに 2016年12月12日の期間限定で予約受付中です!

※ ヨーヨーは「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」です。

 

コメント

KTM 1190 ADVENTURE-Rで林道に挑戦!Vol.4 プロテクター編

2016年06月22日 | KTM 1190 ADVENTURE-R

YOです!

ADVENTUREでツーリングに行こうと色々と準備中ですが、意外と忘れがちなのが
自分自身のプロテクト。

やっぱり楽しい遊びはケガをしない事が基本。そして月曜日はしっかり出社する!ですよね。

ブーツ、モトパンにニーシンガード、ここ最近はプロテクターショーツも履きますね。
そして上半身はヘルメットにゴーグル、ジャージにエルボーガード、そして今回紹介する
KTMパワーウェアーのチェストプロテクターです。

 

 

私の時代ではブレスガードと言っていたのですが(笑)、チェストプロテクターと最近は言います。
これも色々と種類が有るのですが、がっちり樹脂で覆われたアウター型タイプとインナーに
着込むタイプと大きく分けて2種類。ハードなMX等ではもちろんハードエンデューロでは
アウター装着のチェストが主流ですが、今回の様に林道へ行く装備としては少々オーバーな
感じがします。

そこで、インナーシャツのロングスリーブを着て(BONSAI MOTO VIRUS)

を着て、このKTM GLADIATORプロテクターを装着して、その上からジャージを着る。
もちろんエルボーガードも。

 

ショルダープロテクターは外す事が出来ます。

 

長袖のEDジャケットを着込むのは当たり前なんですが、そのEDジャケットも真夏の林道では
チョッときつい時がありますよね。そんな時は上記の様なスタイルが最も安全で、涼しくも
あります。

 

 

 

 

意外とインナーチェストプロテクターは探してみると良い物が見つからず、このKTM GLADIATOR
プロテクターは肩の部分も外す事が出来きたり、サイドチャックで着やすい構造で、更に肝心の
プロテクターもしっかりしていて、それでいて動き易い構造になっています。
ただし、ヘルメットを脱がないとプロテクターも頭の部分が脱げないのが残念ですが、でもこの機能
ではマイナスにはなりません。価格は¥13.824(税込)です。
もう一つ忘れていました。ネックブレスもハードに遊ぶ方は必要ですね。(^^♪

宜しかったらご注文お待ちしています!(^^♪

今日のKTM1190ADVENTURE-Rは残念ながら進捗は有りませんでしたが、K&H上山社長から嬉しい
連絡がありました。 「ツーリング何時にする~!?テント持って行こうよ!」(^-^;って。

コメント

火曜日はお休みです。

2016年06月21日 | ショップ スタッフ






hiroko
コメント