Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

YOYO KTM 1190 ADVENTURE-R RS-1 が嫁ぎます。。。

2017年06月30日 | KTM 1190 ADVENTURE-R

YOです!

私が一番最初にADVENTUREモデルとして愛用し、ADVENTUREの楽しみ方を教えてくれた、
KTM 1190 ADVENTURE-R 2015年モデル。

そのADVENTURE-Rをベースに、私の大好きな林道を駆け抜ける為に必要なパーツを装備し、
その1型として製作したRS(RINDO SPECIAL)-1。
そのRS-1を更に私好みに仕上げたYO-SPECIALが、嬉しい事に嫁ぎ先が決まりました!^_^。

新しいオーナーは、東京から800km離れた遠方のお客様。
失礼な言い方かも知れませんが、新オーナー様と、RS-1は絶対に赤い糸で結ばれていると、
メールのやり取りの中で確信していました!^_^。会話が無くても、文章で相手の表情が分かるんです。
こちらのお客様だったら、YOYO RS-1をきっと幸せにして頂けると、親心的な感覚でお買い求め
頂きました。

YOYOは本来、遠方のお客様への販売は、アフターの事も有り、極力しない方向です。それは今も
変わらないのですが、ADVENTUREと出会って、遠方とは自分で決めている事だと気づいたんですよね。
300km~500km~800km~と遠方とは?どの距離でしょうか?現に、毎年夏に行く糸魚川へは
ADVENTUREならひとっ飛び!! 800kmなんて近い近い!^_^。

これはADVENTUREが教えてくれた事なんです!

 

今回のオーナー様とは、相談の上、ツーリングボックスセットを装着しました。アルミボックスを
選ばなかったのは、軽さと、林道での使用時は意外と付けない。そしてYOYOの割引。。。^_^。

 

 

でも、どうです!取付も容易で、収納力も有って迫力満点ですよね!最大のメリットは軽さです!
私も、1050ADVENTUREにしての最大のメリットは軽さ!です。
ツーリングボックスセットは、樹脂製なので、大きな転倒では割れてしまう事があるかも知れませんが、
このバイクで転ばない人はいないのでは?(笑)

こちらが新しいオーナー様!後ろの牛さんは?ペットじゃないですよね^_^。

 

もう少しです!楽しみにお待ちくださいね! そして絶対にADVENTUREでツーリングに行きますので、
一緒に林道を案内して下さいませ!^_^!宜しくお願い致します。

Iさん!ありがとうございました!1190ADV-R RS-1 YO-SPを宜しくお願い致します!

 

追伸:実は私のADVに付いていた、ツラーテック製のGPSマウント黒はRS-1から奪ったもの。。。
しっかりお返ししました。そして、私はオレンジに。。。派手だなぁ~^_^。

 

コメント

時代は異なりますが、味がある2台です!XT250&HUSABERG

2017年06月29日 | ショップ スタッフ

YOです!

蒸し暑い!!じっとして居ても、ジワリとにじむ汗が嫌ですね~!
そんな時には、爽やかなカラーリングの2台を紹介しちゃいましょう!^_^。

涼しさを連想るカラーは、やっぱり青!サッと目の前を過ぎる色としては、一番涼しさを
感じませんか? ね?涼しくなりましたか?(笑)

 

チョッとビックリしましたか?良い雰囲気なバイクでしょ?そうこれはYAMAHA XT250で、
1980年代のYAMAHAの単気筒250ccオフロードバイクなんです。
原型はこちらで、

 

このXT250をベースに、オフロードのアフターパーツメーカーのACERBISのELBAヘッドライトカバーに、
リヤフェンダーは何て?名前だったかな?に交換して、タンクがメーカー不明のFRP製ビックタンク!
黒とスカイブルーに近い少し淡い青が、レトロな雰囲気を演出しますね。。。
当時、YAMAHAの海外EDモデルでよく使われていたカラーで、我々はITカラーとか言っていました。

 

たまらないですね!この曲線美!アルミタンクキャップが泣かせますよ!しかも右にオフセット・・・・駄目だ^_^。

 

社外のメーターですが、良い感じですよね!

 

錆も多めですが、耐熱ブラックでシュー~~~!でコーティング完了です!そんな感じ?(笑)
バリっとレストアも良いかと思います。(^^ゞ

 

このリヤフェンダーが泣かせますよ!当時KTMだって使っていたんですよ!

イイ感じでしょ~~。こんなモデルで、ふらりと行先を決めないツーリングに、出掛けてみたいですね!

 

そしてもう1台はこちら。

HUSABERG FE250 2013モデル 日本読みは「フサベル」母国スェーデンでは「フーザバーグ」と
読まれていました。YOYOは90年台の中期モデルから取り扱いもしていて、私自身FE400Eと言う、
当時ではセル付きモデルを乗っていた事があります。

ワチャ~!カッコえ~~!ブリーリムがとてもセクシー!

 

この2013年モデルはKTM参加になって初めてのモデル。2014年ではハスクバーナの一部となって、
吸収されましたが、現在もハスクバーナモーターサイクルの中で、生き続けているメーカーです。

 

引き締まったFACEはこの2013年/2014年モデルだけ!特にHUSABERGは希少なモデルです!

 

フーザバーグと主張するシュラウド!カラーリングがお洒落ですね。

 

メーター廻りはKTMを流用しているので、デジタルで多機能型です。

 

今では見慣れたスリムなタンクラインですね。綺麗です。

 

2013年のKTM EXC-Fと基本共通なエンジンで、ハスクバーナと違うのは直押しのリヤサスペンション!
KTM と Husqvarnaの混血ですね。今から見ると。。。

 

この2台の歳の差は、33年! 正常進化で全然違うジャンルのオートバイの様な気がしますが、
どちらもとても魅力的!時代時代のスタイルと技術は有りますが、その時代の最新鋭には間違いない
モデル同志なんです。

2機種とも生産終了車ですが、歴代のオーナーの手で大切に乗られて来たオフロード車です!

この2台は週末には中古車として店頭に並んでいる事でしょう!爽やかな空気を運んで、皆様のご来店を
お待ちしていますので、宜しくお願い致します!

コメント

HONDA モトラ 50 って、知ってますか?

2017年06月29日 | ショップ スタッフ


YOです!

昨日、ひょんなことから、HONDA モトラ 50 という、ちょいと変わったバイクが入荷しましたよ^_^。

1982~1987に発売された原付バイクで、今のところ、長期不動車だっために、エンジンも掛からず、
全体的にヤレ感もありますが、その全体のフォルムや、機能など、興味津々のバイクなんです。



エンジンは郵便屋さんや、そばの配達に使う、カブのエンジンを使用している様ですが、遠心クラッチ3速ロータリーミッションに、
副変速機が付いていて、事実上6速ミッションになっているのが特徴です。下の画像の赤いレバーが副変則機です。
低速側、高速側があって、低速側の1stでは23度の登坂力を発揮するそうです^_^。



更に、フロントを持ち上げるセンタースタンドは、どういう意味なのか?それともスペース的な問題なのか?
センタースタンドには、ロック機構もあって、左のクラッチレバーに変わって、解除レバーが付いています^_^。
不思議なバイクです。。。



また、スタイルが独特で、色もカーキー色もあってか軍用車の様で、どんな険しい道でも、へっちゃらで走破して行きそうな
イメージですよね!?
現に引き揚げる時に、トラックに載せていたら、見知らぬ人が「これなんですか?売り物ですか?欲しいなぁ?」と、注目度も満点!
軍用、複変速機…と?言う事は、アタック最強マシンは、HONDA モトラ 50って事か?
ウサギとカメの原理か?最後は担げば良いって事ね^_^。ちなみに燃費は100km/lと資料には書いてありました(笑)

さてと、エンジン掛けてみようかな…。^_^。

コメント

火曜日はお休みです。

2017年06月27日 | ショップ スタッフ


雨が降ったりやんだりの浮間です
やっと梅雨らしい天候になりましたね。





先週、このブログに書いたカモの子供は1羽になってしまいました。。

赤ちゃんガモは公園を散歩してる人たちの楽しみだったのでね。

そうしたら別のファミリーが誕生😄

ちょっとわかりづらいカモしれませんが
元気に5羽 誕生🐧


そしてこちらも










元気に巣立ちますように


今週末はもう7月です!
わぁー、早い〜!



hiroko
コメント

またチョッと・・・。気になるパーツはADVENTUREでトライ!

2017年06月26日 | KTM 1050 ADVENTURE

YOです!

KTMのADVENTURE乗りの皆さんはチョッと気になりません?ヘッドライトの光の色。
ADVENTUREの2017年モデル1290シリーズは既にLED化されましたが、2016年までの
ADVENTUREと、1090シリーズは未だにハロゲンバルブのヘッドライト。

それがダメだとは思わないのですが、実際にツーリングに行っても困る事は無いのです・・・が!

やっぱり気になるLED色のヘッドライト。

私の愛用している、1050ADVENTUREも同じで、ポジションのLEDはとても綺麗でお気に入り!
なのですが、ヘッドライトのLOW/HI共にハロゲン色で、少々黄ばんだ色なんですよね。

そこで、海外より通販で仕入れた上下LEDシステムキット。ADVENTUREの場合、単にLED化を
すると、玉切れの警告が点灯して、CPUが誤作動する可能性があります。

そこで、玉切れの情報をCPUに察知されない様に、仕掛けが同梱されたキットがこちらなんです。

 

テスト入荷なので、ADVENTURE用が2個と、1290SUPER DUKE-R用が1個(売約済)
それと小型でジャストフィットのKTM EXC/Husq FE.TE用を1個輸入してみました。

光量はご覧の通りなんですが、イマイチ光軸が悪いですかね。。。明るいんですが光軸が悪い為に
車検はNGかも知れません。でも光る色は真っ白で、とてもカッコイイです!

≪装着車はKTM 1290 SUPER DUKE-R 2016≫

 

バイクはスタイルが一番と思う方にはお勧めのアイテムです!(^_-)-☆

価格は、
ADVENTURE用・・・¥33.000(税抜)
1290SUPER DUKE R用・・・¥21.500(税抜)欠品中
EXC/Husq FE.TE用・・・¥20.500(税抜)

となります。

ご興味がありましたらお声掛け下さい!明るいですよ~~(カットはいまいちです^^;)

コメント

スモールDUKEを旅スタイルに!お気に入りの ヘプコ ロイスター!

2017年06月25日 | KTM 情報

YOです!

蒸し暑い日が続いた週末でしたね。。。今日の東京は梅雨100%な1日でした。
そんな中、多くのご来店誠にありがとうございました!

最近ADVENTURE好きなYOですが、今日紹介する車両もそんな1台。
夏を前にして、ロングツーリングを心地良く楽しめるオートバイ作りはとても楽しい。

今回のベース車はKTM 200 DUKE 。シリーズの中ではとても元気モデルで、乗っていても
小気味よいリズムでライディングを楽しめる事が出来る車両です。残念ながら日本導入は
終了して250DUKEへの移行がなされていますが、個人的にも好きなDUKEです。

その200DUKEを、今回もヘプコ&ベッカーのロイスターと言うシリーズのナイロン製の
BOXを装着致しました。以前にも取り付けたシリーズなんですが、ヤンチャな200DUKEに
合せて?^_^。黄色のストライプをご用命頂きました。

 

 

このBOXの良い所は、中に仕込まれた防水カバーが、突然の雨などの浸水を防ぐ事。
ご覧の様に、BOXをファスナーで開けると中に防水カバーが付いています。これは良い!

 

 

そして外側の小さな収納にもご覧の通り、防水処理がされていて、直ぐに取り出したいものを
雨の心配が無く収納できるのが良いですね。オートバイ乗りの一番の理想は、なるべく身体に
重い物を纏わず、ライディングに集中できる身軽さが良いんです。
その為にも、今回のヘプコ&ベッカーのロイスターは軽量なBOXとして、スモールモデル達に
ジャストな物だと思います。

大型車顔負けのBOXは施錠も付いていて、オートバイから離れてしまう時でも安心ですし、
スモールDUKE系のスタイリングにとても良く似合いますね。本当に便利です。

 

今は夏に向かっているので、必要性を感じないかも知れませんが、グリップヒーターも装備し、
どんな環境でも距離を稼ぐ事が出来る準備をしっかりとする事が、ADVENTUREツーリングには
必須条件ですね。

 

さて!この夏は冷えた飲み物と、チョッと甘めのお菓子を放り込んで、見知らぬ場所へぶらりと
行っちゃいますか!^_^。

価格は変動もあるのですが、ロイスター¥29.000(税抜)C-BOWキャリア¥19.800(税抜)
取付工賃¥15.000(税抜)となります。

 

Rider's Land YOYO

 

ライダースランドYOYO ホームページはこちら!

コメント (1)

ちょっとめずらしい中古車のご紹介!

2017年06月24日 | ショップ スタッフ

YOYOとしてはちょっとめずらしい中古車が入荷致しました!!

☆ 圧倒的な動力性能を誇るスズキの旗艦!=GSX1300R 隼=

☆ GSX-R750エンジン搭載のストリートファイター!=GSR750=

どちらも無転倒の綺麗なマシン。 当店にて直接下取りの安心なワンオーナー車です!!

綺麗な車両ですが更に磨きを掛けて店頭展示致します!

気になる方はお早目にお問合せ下さい!!

 

コメント

なぜか最近吸い寄せられるんです。。。YAMAHA SR

2017年06月23日 | YAMAHA 情報

YOです!

最近書店でYAMAHA SRのムック本を買って来ました。SRファンには誠に申し訳ございませんが、
YAMAHAのスポーツショップとして営業しているにも拘らず、SRの販売したことが殆んど無く、
店頭にも展示するチャンスが無かったYOYO。
場所柄、荒川が近いので、前は河川敷でオフロードバイクを走らせる場所も有ったことから、
YAMAHA車も、DTやWR、セローにTT-Rなど、トレールバイクを中心に取り扱っていました。

しかし、YOYO1989年のオープンから28年目の今年、SR400が生産終了のアナウンスが流れ、
ビックリしていたのですが、一旦終了した後に、後継モデルの予定ありという情報で、安心しました。

そんな事もあって、YAMAHA販売店として、遅咲きながら個人的にも興味が沸いてきたSRシリーズ!
今週の業界オークションで、こっそり自分用のSRを買ってしまいました。。。^_^。

オークション会場で、なぜか吸い寄せられてしまったこのSRは400の3型で、キャブレター仕様の、
フロントブレーキがディスクタイプ。2型のドラムブレーキも魅力的ですが、個人的な好みで
ディスクを選び、そしてこの車両にはY'sGEARの8本スポークのキャスト付き!

そして、仲良しの上山社長のK&H製のタックロールタンデムシートが付いていて、ハンドルも
XSスタイルでなかなかグッド!色も自分好みで、キャプトンマフラーがスタイルを引き締めますね。
JMCAのマフラーなので、歯切れは今一ですが、今の時代にはこれで十分!いい雰囲気ですね!

SR初心者なので、どんな感じにしていくかは、これからの楽しみなのですが、ライトはノーマルが
良いかな?とか、バックステップ入れてみたいなぁ~とか。チョッと楽しい気分なんですね。。。^_^。

飛ばさなくても楽しいバイク。そう!それは私が近年思っていたことで、愛用のKTM 1050 ADVENTUREも
そんな中の1台。そしてこのSR400-3がまた加わってしまいました^_^。
自分の好みでもありますが、現行FIのSR400が新車で手に入るまでは、私のSRを参考にFIモデルでの
モディファイもしていきますので、お楽しみに!

また、楽しいオートバイが増えちゃいました!(笑)
そう!SRは1978年に発売されて今年で39年目!来年発売されれば40周年!
40と言う数字、好きだなぁ~~!

 

Rider's Land YOYO

 

ライダースランドYOYO ホームページはこちら!

 

コメント

カラフルにコーディネート!KTM 250 EXC-F SIXDAYS SUPERMOTO

2017年06月22日 | KTM 情報

YOです!

暑い!蒸し暑い。。嫌な梅雨の高温多湿。少し動くと汗が流れるのは許せない!
え?運動不足?・・・・。そうとも言います^_^。

そんな梅雨空を弾け飛ばす様なカッコ良いSUPER MOTOが完成しました!のでご紹介です。

 

今回の車両は、2016年ベースのKTM 250EXC-F SIXDAYSです。既にオーナー車で、
大好きな日野カントリーオフロードランドへも走り抜けたお方です。名前はYOSHIPIさん。

YOSHIPIさんとは、オープン以来のお客様で、オープン当初のレーサーReplica時代には、
TZR250後方排気SPという、今じゃ滅多に見ないレアなTZRを所有していた程のマニアニックな
お方なんです。

そのYOSHIPIさんが選んだ初めてのオフロード車が、このKTM250EXC-Fなんですが、
この度、なかなかスケジュール的にオフロードへマシンを持って行けないとの事で、次なる提案として
チョコッとモタード仕様をお勧めさせて頂いたところ、この様な仕様となりました。

サスペンションは、何時でもオフロードのお誘いに対応して、ノーマルのままに。ホイールはテクニクス
オリジナルの、TRGホイールキット!

 

フロントディスクは、パワーパーツの270mmビックローター!キャリパーサポートも変更!

 

フロント3.50×17 リヤ5.00×17の比較的ワイドなリムをチョイス!本来ならばリヤは4.50でも
良いのですが、ここはカッコ重視で太めなホイールを選んで、後々には160のタイヤをぶち込む事を
前提に選んじゃいます。やっぱりカッコ良いのが重要です^_^。

現在のタイヤは、フロント110 リヤは140とチョッと細め。フロントは110がオフロード用のステムでは
限界なんですね。ワイドステムなら120が可能。その場合は本格的なSUPER MOTO仕様になりますので、
オフロードも17インチのままで走る感じです。

今回のハブの色は、KTM=オレンジをやめて、2016年モデルのスロバキアカラーに合わせた赤を選び、
オプションのニップルカラーも赤を選びました!結果は大正解!

 

 

そして極み付けは、チェーンをEKチェーンのメタルブルーを選んで、もう左側が賑やかなカラーリングで
嬉しくなってしまう程になりました!^_^。

 

今回のタイヤは、ピレリーのスーパーコルサなので、ダートは難しい?かと思いますが、タイヤを選べば、
この仕様でも充分に林道ツーリングへ行けます!安定感は無いですが・・・^_^。

既にトロトロのタイヤは・・・えへへ。解りますよね?サーキットで使用済みの物。
でも真ん中はたっぷり溝がありますので、取り敢えずはこの仕様で行きます。

オフロード仕様にする為には、前後のタイヤをホイールごと交換して、キャリパーサポートを取り替え、
チェーンをノーマルの物にするだけでOKです!

 

 

でもでも!KTMのコンペモデルと言えば、新車で100万円を超える車両です!眠らせていてはもっと
もったいない!使って使ってこそKTMの良さが分かってくると思いますので、この仕様で思いっきり楽しまれ、
林道から、オフロードワールドへと、色々と経験して頂ければと思います!

さ~て!次は
フロントにソリを付けて、リヤにはキャタピラ付けて、雪中を楽しめる仕様を作ってみますか!^_^!

コメント

火曜日はお休みです。

2017年06月20日 | ショップ スタッフ


朝からいいお天気です\(^o^)/



↑写真
カルガモの赤ちゃん、わかるかな?
(おとといの日曜日から池で遊びはじめたそうです。私は今日初めて見たの😄)


卵は🥚いくつも産んだけどカラスに食べられてしまい
やっとここまで大きくなりました🐧🐧🐧

今年は酉年だもんね。
カモ〜ん🦆!




hiroko

コメント