Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

KTM 790 ADVENTURE/ADVENTURE-Rのオプションの紹介。その1:シート編

2019年05月11日 | KTM 790 ADVENTURE

YOです!

今日は暖かったですね!YOは今年初めての半袖出勤!YOYOもクールビズですかね!?^_^。

さて、何かと話題のKTM 790 ADVENTUREですが、イマイチ全容が掴み難いと思います。
気にはしてるのだが、ADVENTUREとADVENTURE‐Rは何が違うのか?

それと、自分に合っているのはどちらのモデルなのか・・・・?と、調べてみてもまだまだデーターが
蓄積されていないので、ネットを探しても見つからない・・・・。そんな感じでは無いですか?

私も実は、商談をさせて頂いていると、説明に困る事が度々あって、その都度KTM.JAPANに聞く。
なんて感じですので、お客様からではもっと分かり難いのかも知れません。

そこで、先ずはオプションパーツの紹介をしたいと思います。
と、言ってもアイテム数が多いので、私が分かりに難いと思う部分を中心に、ご紹介出来ればと思います。

先ずは、KTM 790 ADVENTUREのシート編です。ADVENTURE-Rでは無くて、ADVENTUREです。

ご存知かと思いますが、790 ADVENTUREはシート高が低めに設定されています。
ADV-Rの880mmに対して、790ADVは850mmそしてシートのセット位置を変更する事で、830mmまで
下げる事が出来ます。

実際に跨ってみると、その差は歴然で、790ADVの足付き性の安心感は全く別物で、ADVENTUREシリーズが
初めての方でも安心してライディングする事が出来ます。

そして、KTM 790 ADVENTUREには4種類のオプションシートが設定されています。

 

  • LOW シート ¥24.460(税別)
    こちらは名の通り、ノーマルシートの830mmから、更に-10mm下げる事が出来て、ライディングの
    自由度も損なわないSpecialシートとなっています。シート自体は前後一体タイプになりますので、
    積載等の時に荷括りなど少し手間が掛かりそうですが、マイナス10mmは魅力です。

 

  • HIGH シート(ORANGEストライプ) ¥24.460(税別)
    ノーマルシートに対して+20mmアップのシートとなります。シートの表面をフラットに近づけることで、
    よりオフロードライディングに自由度を増やし、快適に楽しむ事が出来ます。ORANGEカラーも綺麗で
    スポーツ感が増しますね。ADV-Rのシートと思われますが、別物です。

 

  • HIGH シート(BLACK) ¥24.460(税別)
    上記のシートと同じで、ブラックカラーとなります。シートの表面には滑り難い素材を使って、ライディング時の
    安定した操作を約束します。こちらも一体型となります。

 

  • エルゴシート ¥36.747(税別)
    シート高はスタンダードと変わりません。しかし乗り心地を重点に置いたシート設計で、ノーマルよりは足付き性
    自体は悪くなると思われます。しかしロングツーリング等では、頼もしいシートで、3段階に調整出来るシートヒーター
    も備わっています。

 

  • エルゴピリオンシート ¥30.600(税込)
    上記エルゴシートのパッセンジャー用のシートです。対に使用する事をお勧めします。自分だけ暖かいなんて
    ペアーライドで喧嘩になりますよね^_^。
  • そんな事が無いように、こちらもシートヒーター内蔵です。^_^

と、この様に3種類と色違い1種類となります。

どうですか?こんな説明で分かりますか?自分自身も勉強になるので、引き続きオプションのご紹介を進めていきますね。
毎日だと飽きちゃうので、自分が迷った時にやっていきます。

そうそう、分かり難いのが、オートシフト、ラリーパック、オートクルーズのディバイス系3種類ですね。こちらも近々ご説明
しますね。^_^。

 

今日、昨日入荷した790ADVENTURE/ADVENTURE-Rの補機類を装着しましたので、3台体制の
790ADVを是非
見に来て下さい!冷たーいアイスコーヒーとお茶をご用意してお待ちしています!^_^

コメント

オレンジに続き、KTM 790 ADVENTURE WHITE そして遂に!790 ADVENTURE-R入荷!

2019年05月10日 | KTM 790 ADVENTURE

YOです!

今日は30℃になると天気予報で言ってたので、薄着で身構えていたんだけど、意外と過ごし易かったですね^_^。
湿度が低いからまだ過ごし易いのかも知れませんね。(笑)

さて、遂に790ADVENTUREのフルラインナップがYOYO店頭に並びます!

本日、KTM 790 ADVENTUREのホワイトカラーが入荷!GW前に入荷したオレンジカラーと共に
しっかりとカラーリングの品定めが可能ですよ^_^!
KTMと言うとオレンジが誰しもが思われるので、ホワイトボディーは意外と新鮮で良い感じです。
派手さは無いですが、飽きの来ないカラーリングなので、ウエアー等も合せやすいと思います。

そして!遂に登場!YOYO1号車の KTM 790 ADVENTURE-Rが入荷しました!この車両はご成約車両となりますので、
基本的にはオーナー様以外はノータッチとなりますが、寸止めで見る事が出来ますので、是非是非お越し頂ければと
思います!

そして、残念な事に、来週予定されている、全国KTM 790 ADVENTUREデビュー発表展示会ですが、YOYO的には
このホワイトカラーの790 ADVENTUREを、試乗車としてお乗り頂ける様に用意するつもりでしたが、18~19日には
間に合わないと言う事になりそうです。車検や検査に必要な書類等が、初輸入モデルで少々遅れている模様です。
残念ですが、今少しお待ち下さい。

この2台、今日の夕方遅くに入荷したので、まだしっかり組み上げていません。

スクリーンだったり
タンクプロテクター
アンダーガード
ハンドガード等がこの後に装着されますのでご安心下さい^_^。

 

KTM 790 ADVENTURE-R です。シートのオレンジラインと、フロントフォークカラーがSILVER。
そしてタイヤがADVENTUREとしてヤル気になる、オフ志向のタイヤが装着されます。良いですね!

 

シートはADVENTUREの2分割ではなく、いっつい型の物になります。オレンジラインが眩しいですね!

 

フロントフォークカラーが、EXC系と同じSILVER色になります。それだけでも只者じゃないと分かります。

 

KTM 790 ADVENTURE のホワイトカラーです。落ち着いた感じがとても良いですね!
お勧めのオプションはオートシフターだと思います。ダートじゃないところで真価を発揮します。

 

2分割式のシートで、シート高の調整が2段階で選べます!

 

逆にフロントフォークがブラックなだけに、悪っぽい印象が出ますね!(笑)

 

そうそう、790ADVENTURE豆知識

 

ハンドルのポジションが6通り選択できます。分かりますか?
トップブリッジのハンドルポストを固定するボルト穴が3か所開いていますね。
そして、ハンドルポストは偏芯されて作られているので、前後方向を逆さに付ける事で
6通りのハンドルポジションが選択できます!凄い配慮ですよね!

 

そして昨日、790ADVENTURE カタログが到着しました。
お待たせ致しました!^_^ 

ADVENTURE HARDER とは、思う存分ADVENTUREしよう!との意味だそうです。

 

ADVENTURE-Rで好きなページかこれです!こんなところ走れるの?。。。。行けるかも(笑)

 

ADVENTUREはこのページが好きですね。ロングツーリングを気の合った仲間とキャンプもしくはビジネスホテルを
利用して遠方までひとっ飛び!ですね。ADVENTUREトラベラーがキャッチコピー!

 

 ぜひ、明日明後日の週末に、KTM 790 ADVENTURE/ADVENTURE-Rを見に来て下さい!
お待ちしています!^_^YO

 

コメント

早く KTM 790 ADVENTURE でロングツーリングに出掛けたいですね!

2019年04月28日 | KTM 790 ADVENTURE

YOです!

いよいよゴールデンウィークに突入しましたね。如何お過ごしですか?計画的なひとも、未計画の人も、
長い連休のチョッとの時間をYOYOに下さいね!^_^。ご来店お待ちしています!

そして、色々な事が変わりつつあるこれからを、過去から教わってきた多くの出来事や、経験を上手く活かして、
新しい時代に一緒に飛び込んで行きましょう!良い時代にする為には遊び事を充実させるのが一番!
オートバイも新しいチャンネルを捻ってみませんか?

という事で、お待たせ致しました!YOYOの店頭にKTM 790 ADVENTUREが入荷しました。
先日、ディーラー向けの試乗会で、思う存分走って来ましたが、どちらかと言うと、
790ADVENTUREはロードコースでの試乗。
790ADVENTURE-Rはオフロードコースがメインで、一応公道もひと廻りで来た試乗会でした。

今回、YOYOに入荷したのは790ADVENTUREで、ご覧の様にとても楽にライディング出来そうなサイズ感で、
足付き性も良好です。私が現在、KTM 1050 ADVENTUREに乗っているので、基本的にはADVENTURE-Rの
オフロード性能はとても素晴らしいのは分かっているのですが、一般的には足付き性の良いオートバイの需要は
とても大切だと思っています。だから今回の790ADVはとても魅力的!

 

カラーリングや装備部品等で、Rとノーマルはイメージが少し異なりますが、両機種とも素晴らしい出来栄えで、
常にダートを走るツーリングを企画する人は、790ADV-Rが最高の相棒になると思いますが、やっぱり大半の
ルートは公道のロードでの使用が多くて、790ADVはとても頼もしい相方になると思います。

実はロードテストの時に、チョッとですが790ADV/ADV-R共に、脇道をそれて林道や河川の土手を走る事が
出来ました。(本当は行けないルールかな?)林道レベルだとどちらも正直全く問題なく、EXCと同じペース&
ペース以上の走る事が出来ます。790ADVENTUREの方が、サスペンションのストローク量も少ないので、
若干ゴツゴツ感はありましたが、フロント21インチ/リヤ18インチの構成は、林道ツーリングではとても武器に
なりますね。もちろん1050ADVよりは数段バージョンが上がっている様に感じちゃいました。^_^

 

そして、5月18日(土)・19日(日)は、KTM 790 ADVENTURE デビューフェアーを開催しますので、皆さんに
乗って頂ける様に、試乗車をご用意致します!ご希望でしたらオフロードルートも検討中ですので、是非とも、
お友達やご家族と共にお越し頂ければと思います。予定では790ADVENTUREのWHITEカラーの試乗車を
ご用意しようと思っています。

790ADVENTURE-Rのご試乗は残念ながらご用意出来ませんが、展示は致しますので、790ADVの試乗後に
見比べて頂けたらと思います。情報としては、790ADVENTURE-Rは、入荷台数が少なそうです。。。YOYOの
入荷分も限られてしまいそうですので、ご興味がある方は、なる早でご相談頂けたらと思います^_^。

明日から少し天気も回復するそうです!是非是非遊びにお越し下さい!お待ちしています。

コメント

KTM 790 ADVENTURE/ADVENTURE-Rに乗って来ました!

2019年04月18日 | KTM 790 ADVENTURE

YOです!

ここ1週間で、お伝えしたい事が沢山あるのですが、さすがに先週のDOAマザー牧場から、
楊遊会、そして本日KTM 790 ADVENTUREを中心とする、2019年モデルADVENTURE
シリーズのディーラー向け試乗会が、千葉県の特設会場で行われました。

 

やっぱり注目は790 ADVENTUREの2機種ですよね!

こちらはKTM 790 ADVENTURE‐R

 

こちらは KTM 790 ADVENTURE WHITEカラー

 

KTM本社のイメージビデオでは、かなり過激に450Rallyと共に走って見たり、常に砂を
高々と蹴り上げて走る姿から、こんな事が出来るのはプロ中のプロがライディングして
出来る事で、YOが愛用するKTM 1050 ADVENTUREで同じ事をするなど、無理ムリ!と。
でも、カッチョエ~です。^_^

今日は、午前中は790ADVの諸元などの講習を受けて、公道を中心としてフリーラン。
さすがに余り乗るチャンスが無い、兄貴分の1290SUPERADVENTUREは、とっても激速で、
本当に凄い!オートシフターをポンポン上げていくと、アッと言う間にいけない速度域へ。

 

WRGKのメンバーたち。。。営業のITO氏をイジメてる?(笑)

 

そして本命の790ADVは、運良く790 ADVENTURE‐Rに直ぐに乗る事が出来たので、
早速公道と、少しだけわき道のダートへ。
まず最初に感じたのは、半廻り小さく感じるボディーサイズからくる軽さと、実際に乾燥で
189kgと軽い車重のお陰で、ヒラヒラと動き易いんです。良い悪いは別としてこの軽さは
とても魅力的。1050ADVのしっとり感も好きですが、この位軽いとダートでは武器になりますね。

 

KTM 790 ADVENTURE‐R

 

スクリーンは2段階の調整が出来ます。

 

イボイボのタイヤはカルー3です。 やっぱり21インチはカッコイイ!

 

エンジンは790DUKEに比べて、中低速のトルクを太くしたとの事でやっぱり乗り易いですね。
そしてRには標準のRallyスロットルモード時や、オプションのオートシフター等が絶妙に
シンクロして、スムーズかつ力強い印象の790ADVENTURE。

そして、790 ADVENTUREの足付き性の良さも魅力のひとつ!標準では850mmのシート高も、
シートのと取付位置を変更するだけで830mmへ。そしてオプションのローシートと、
オプションのローダウンを組み付けることで、800mmまでシート高が落とせます!^_^
これはもうSEROW250のシート高の830mmを下回るシート高ですので、安心してライディング
出来ますよね!
そして、Rに比べるとサスストロークで40mm少ないので、若干ゴツゴツ感は感じられるものの、
気にならないレベルで、実際に大きなギャップ通過でも、直進性を損なわない良いWPなんです。

 

★オプションのクラッチカバープロテクター

 

★オプションのアクラボビッチサイレンサー

 

★今回は展示だけでサウンドは聞けませんでした。

 

右側のパニアです。マフラーがあるので容量的には小さいです。

 

左側のパニアボックス。こちらはヘルメットが入りそうなほど(入らないそうです)の容量を確保。

 

そして、昼食後の午後では、クローズドMXコースを利用して、790 ADVENTURE‐Rを中心とした
試乗が行われました。。。^_^。^_^。^_^。ハッキリ言って、YOの1050 ADVENTUREとは
まったく別物のKTMを感じました。
そして1090 ADVENTURE‐R、1290 SUPERADVENTURE‐Rを先に試乗しましたが、これも
サスペンションがしなやかに、そしてパワフルなエンジンで恐ろしい程の加速力!

そして、本命の790 ADVENTURE‐Rに乗換えた瞬間・・・。先ずは軽い。そしてディバイスの
設定次第では、このそこそこ大柄でもある790ADVを普通に走らせる事が可能なんです。。。
これはRALLYマップでのエンジン特性が絶妙なセッティングである事。1~9まで細かく刻まれる
トラクションコントロールは凄い武器になりますね。

 

★8と表示されているのがトラクションコントロールの数値。9が効く方で.1は無しのポジション。

 

そしてサスペンション。。。ご免なさい。今日はここまで。。。実はYOは昨晩ギックリ腰に
なってしまって、今日の試乗会はキャンセルする検討もしていました。。。少し身体を休ませ
たいので、サスペンションは後日Blogと、是非YO本人からお聞き下さい(^^ゞ 

では。。。今日は、おやすみなさい。^_^

コメント