Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

以前にも増して充実したオプション設定が可能!NEW KTM 390 DUKEが面白い!開梱作業をご覧下さい!

2021年05月16日 | KTM 情報

YOです!

2021年 人気のKTM 390 DUKEが更に進化しました!厳しい排気ガス規制をものともせず、正常進化しました。

基本のエンジン形式やフレームのレイアウトなどの変更はなく、ハスクバーナで2020MYより使用している、
クイックシフト機能対応型エンジンを搭載。オプション設定になりますが、ソフトをインストールする事で
使用可能になります。

更に、エキゾースト関係の取り回し変更で、よりクリーンな排気ガスとデザイン的にも、今までのサイド出し
エキゾーストパイプに比べて、ロード指向になった感じですね。

エクステリアも流行のマッド色を上手く使用して、ダークのイメージのシルバー外装がホワイトカラーに代わり、
新色として加わりました。

未だ走りも健在!シングルエンジンの怒涛の加速をお楽しみ下さい!

人気の開梱動画です!マシンが組み上がっていくのが面白いですよね!(^_-)-☆

 

 

YOYOではKTM/Husqvarnaの両ブランドを扱ってる、全国的にも珍しく、数少ないディーラーです。
YO自身も、KTM390CUPレースに参戦していた経験を持ち、プライダース走行会では毎回KTM 250DUKEで社長レースを
戦っています!走りはもちろん、スタイルも独特で飽きの来ないモデルですので、ハスクバーナと共に宜しくお願いします^_^。

先ずはお問合せお待ちしています!info@rlyoyo.co.jp 又は 03-5392-3411まで宜しくお願い致します。

コメント

近頃、KTM 1290 SUPER DUKE-R のお問い合わせが増えてきました。THE BEAST!

2021年05月07日 | KTM 情報

YOです!

今日は昨日と変わりどんよりの空で、午後から雨が降り始めた東京。5月位はパリッと晴れる日が続いて欲しいですよね!
梅雨が来る前の、オートバイ日和の日がが沢山出来る事を祈ります!^_^

さて、ハスクバーナが多く情報公開されているYOYOですが、YOYOは変なディーラーで、KTMよりハスクバーナの方が
取扱い年数が長い為に、KTMの看板が大きく掲げているにも関わらず、お客様とはハスクバーナでの繋がりが多いのです。
ハスクバーナの看板は、KTMに比べたら5分の1位の面積なんですけどね。(^^ゞ

ところがここ最近、BEASTのお問い合わせが多くなっています。何故なんだろう?

KTM 1290 SUPER DUKE -Rと言えば、泣く子も黙る?ネイキットで180psを誇るBEAST(獣・ケダモノ)と言われる程の
スーパーネイキッドモデル!右手の理性がこのマシンの性格を大きく左右させる程。

でも、それが魅力でもあるのですが、実は以前にもBlogで書きましたが、ゆっくりストレスなくクルージングする事も
出来る不思議なモデルなんです!

 

普通はパイパワー車にありがちな、急かされる様な、お尻を叩かれる感じのライディングフィールが、ゆっくり走るのが
苦手な機種が多いのですが、BEASTは違うんですね。Vツインの心地良い鼓動が、一定速でのクルージングを楽しいものに
しているんです。アクセルの応答性も上手くセッティングされていて、獣もKTMの愛情タップリな調教で、とても良い子に
育っている感じなんです^_^

そこが人気の理由かなぁ~?!^_^ 

速いだけがSUPER DUKE-Rの魅力だけじゃなく、しっかりメーカー思想的にADVENTUREスタイルが根底にある!それがKTMなんですね!

そろそろ試乗車をご用意する日が来たかなぁ・・・。ドヒャ(゚Д゚;)

明日からの週末!お問合せお待ちしています!info@rlyoyo.co.jp 又は 03-5392-3411 までお問合せお待ちしています!

コメント

こんなマシーンが欲しくないですか⁉ KTM 250 DUKE-R !4気筒にも負けないぞ!

2021年03月19日 | KTM 情報

YOです!

いよいよ明日はプライダースライディングフェスタin袖ヶ浦フォレストレースウェイが開催されます!
2021年度のプライダース最初のサーキットラン!

コロナ禍の緊急事態宣言中という事も有り、プライダース会員で既に交流のあるお客様が中心となり
ソーシャルディスタンスを守りながらの開催となります。

恒例の社長レースも開催され、7台出走の3周レースが意外と本気でガチ勝負!意外と緊張するんですよね^_^。
そして前回からエントリーして来た、KAWASAKIのZX-25Rの4気筒とも一緒に走るので、KTMには何とも
パワー的にも不利なレースではありますが、KTMディーラーとしての意地もあります!今度こそは1位優勝を狙い、
KTMのオーナーさんはもちろん!応援してくれている皆さんに応えたいと思っています^_^。

その為にも今日も、ちょこっとチューニングをしました。(実際はスタッフ佐藤がしてくれました^_^)

先ずは、KTMのDUKE系にはバッチリテキメンのイリジウムプラグを投入!これでコーナーの立ち上がりは
トルクでグイグイ加速する事を期待!

 

そしてドライブチェーンを純正の少々フリクションが重めで、伸びチジミが不規則だった為に、思い切って
EK製のオレンジチェーンに交換しました!これが相当良さそうでチョッと押しただけも、軽さが感じることが
出来たので、高速の伸びを期待したいところ^_^

 

でも一番は楽しむ事ですよね!転ばず安全に、月曜日にはしっかり仕事に行く事が大事だと思いますので、
参加の皆さんも無理はしないように!楽しみましょうね!

 

さあ!出陣しますね!昨年の3レースは全て2位でGOAL!今年は優勝しかないですよね!社長レース結果をお楽しみに!

 

このKTM 250 DUKE-RはYOYOの試乗車でもあります。程良くチューニングされ、とても気持ち良く乗れますので、
是非乗りに来て下さい。単気筒のDUKEだってポテンシャルは高いのです!^_^

明日明後日は通常営業しています!但し整備作業受付は予約制になりますので、宜しくお願い致します。

 

コメント

KTM 250 ADVENTUREにアルミハンドガードクローズドタイプを付けたい!Vol.1

2021年03月14日 | KTM 情報

YOです!

今日は昨日と変わって穏やかな1日でしたね!風が少し強かったですが、雨上がりの澄んだ空気が気持ち良かった!
そして、午前中より多くのご来店ありがとうございました!本当に嬉しい限りです^_^

さて、今話題のKTM 250 ADVENTUREを、YOYOなりのカスタムで進めていきたいと考えています。(^^ゞ

その第1弾として、アルミのバーが入ったクローズ型のアルミハンドガードが付けたい!という事で、
標準装着の樹脂製のハンドガード?カバー(笑)では、寒さや雨に濡れないは防げても、レバー類や自分の手を
転倒から守るパーセントが低過ぎて、林道を楽しみたい!という方へは、アルミのハンドガードをお勧めしたい!
そんな気持ちでスタートします!

 

今日はその初日で、部品合せと言う事で、先ずはアルミハンドガードはKTMのコンペマシンでもある、ENDUROモデルの
EXC系に装着する純正品を付けたいのですが、ここで問題発生!

交換するハンドガードはオフロード用のテーパーバー様なので、クランプの掴みが太いのです!そもそもADVENTUREの
ハンドルは特殊な太さで、KTMのスモールDUKEと同じ太さなんです。要は少し細いので、オフロード用を装着するには、
ゴムのスペーサーを挟む事になります。

しかしその方法だと、本当に転倒した際にハンドガードが回ってしまい、あまりしっかりと固定する事が出来ません。
そこで、ハンドルを交換する事にしました!


YOが持っているのは、EXCシリーズと同じ形状のオレンジバーで、EXC系のオプションパーツとなります。センター部の
太さは28.6mmとなっているので、ハンドルのクランプも交換する必要があるのですが、クランプの高さも種類があるので、
ノーマルの高さを図り、ハンドルの形状と検討しながら高さを決めたいと思います。

 

次回は借り組みをしたいと思いますので、ADVENTUREにご興味がある方や、Ownerの方は必見です!^_^

 

このオレンジバーと、オレンジのハンドカバーが付くとカッコいんだけどなぁ~!

お楽しみに~!

コメント

KTM 250 ADVENTURE 試乗車の一番乗りはYOから!^_^ 準備OKですよ!

2021年03月07日 | KTM 情報

YOです!

「ハ、ハクション!!」と、花粉と戦っているYOです!^_^ 皆さんは如何ですか?
商談の時に本当に困ります。。。。マスクの下はもう大変な事になってますよ(^^ゞ。歳を重ねる毎に、少しは
和らいでくるかと思えば、全然変わらないところか、逆に重く辛くなっている気がします。。。早く過ぎて欲しいです!

さて、お待たせ致しました!YOYOで今まで試乗車として使用していた、KTM 390 ADVENTUREに代わり、
今話題のKTM 250 ADVENTUREが、YOYOの試乗車に仲間入りしました!

 

390ADVは、1年の試乗期間を終えて、次のOWNER様へと引き継がれる事になりました!お疲れ様でした。^_^

そして早速ですが、本日お客様のご来店の間を見て、初試乗して来ました!ヤッタネ!

第一印象は、使い易いじゃん!でした。

確かに、390ADVに比べたら、POWERもトルクもひと回り下回る動力性能だったりしますが、その差を感じたのは
初めにクラッチミートした時の一瞬だけで、後は大柄なボディーを軽々と引っ張っていく250ADVENTUREは頼もしく、
390ADVの後継試乗車としては抜群の使い易さが感じられました。

 

また慣らし運転なので、回転を引っ張ってはいませんが、4000回転前後のPOWERもトルクも十分で、一定で
クルージングする際の非力感は全く感じませんでした。そしてサスペンションですが。まだ走りたてなので馴染みは
まだ出ていませんが、変な渋さも無く良くストロークする動きの良さは流石WPサスペンション!剛性もガッチリですので
安心して大きなギャップにも挑んで行けそうです(^^ゞ

ミッションのギヤ比等、二次減速比も含めてスコスコと小気味良く入るギアも素晴らしく、390ADV譲りと言うか、それ
以上のシフト感で、YOが一番気に入ったところです。

この250ADVENTUREは、これから少しカスタムを施し、皆さまにもっと興味を持って頂ける様にモディファイしていきます。
ストリートだけの使用も良いですが、林道ロングツーリング等を体験してみたら如何でしょうか?知らない町のキャンプ場を
目指してゆるキャンが出来たら最高だと思います!250ccだから他の排気量のADVENTUREには出来ない小技で、逆に先頭を
走り、道を開拓していく事ができるのも、250ADVENTUREサイズの魅力です!

 

ご是非ご試乗予約お待ちしています!  ※ KTM マスク ¥1.081(税込)

※ご試乗は試乗予約を頂いています。03-5392-3411 又は  info@rlyoyo.co.jp  までお声掛け下さい。

コメント

恒例の間違い探し!2021MY KTM250ADVENTUREと 2020MY KTM390ADVENTURE どこが違う?

2021年02月28日 | KTM 情報

YOです!

今日も多くの問い合わせを頂き、本当にありがとうございます!コロナ禍でなかなかご来店出来ない方も、
お電話、メールなどでお問い合せ下さい! 出来る限りの情報をお届けいたします。
でも、やっぱりお会いしたい、お顔を見ながらご商談したいのが本音です。YOという人間がどんな奴なのか⁉^_^
そんなやり取りをしながらご購入頂けたら嬉しいですね。。。早くコロナから抜け出したいですね。頑張りましょう!

さて、2021年より本格稼働した、期待のマシンKTM250ADVENTUREですが、390ADVENTUREと機能的になにが違うのか?
外観のカラーリングなどは分かるのですが、もう少しディテールを検証してみました。

250ADVです。流れるカラーリングでシャープな印象になりました。

 

250ADVです。手軽にADVENTURE!が似合いますね。

 

250ADVです。タイヤはMRF製 MOTOGRIP METEOR-MF2 100/90-19 インドのタイヤです。
サイズは390ADVENTUREと同じです。

390ADVです。こちらはコンチネンタル製のTKC70というタイやが装着され、オン/オフ問わず
グリップも良く、コントロールし易いタイヤです。

 

250ADVです。ヘッドライトメインはH4ハロゲン仕様で、白い部分はLEDを採用しています。

390ADVです。全てLEDを採用しています。

 

250ADVです。スロットルはアクセルワイヤーでインジェクションのスロットルボディーを
コントロールしています。

390ADVです。ワイヤーはありません。アクセルバイワイヤーで、スロットル開度を電気信号に変えて
スロットルをコントロールしています。

 

250ADVです。フロントサスペンションのダンパー調整機構は装着されていません。
逆に悩まなくて良いかも^_^

390ADVです。伸び圧共にダンパー調整機能が付いています。路面状況により素早くリセッティング
出来るのが強みです!

 

250ADVです。基本性能を持った液晶メーターで、カラーではありませんが、視認性も良く少し大型になりました。

390ADVです。ご存じ多機能多情報を提供してくれるTFTカラー液晶メーターです。Bluetooth機能も
装備され、情報収取に最適です!

 

250ADVです。シンプルなコンビネーションスイッチですが、使い易さを意識した設計です。

390ADVです。TFTメーターの情報などをコントロールする多機能型スイッチです!

 

250ADVです。スマートなイメージが良い感じですね。2021MY

 

2020MY 390ADVです。ボリューム感のあるカラーリングで、迫力がありますね!

 

250ADVです。オートシフターのセンサーが無いので、残念ながら装着不可です。

390ADVです。オートシフターのセンサーは装着済みなので、後はオプションで装着出来ます。

 

250ADVです。リヤサスペンションの調整機能はスプリングプリロードになります。

390ADVです。伸び側のダンパー調整が備わり、スプリングプリロードと共に調整範囲が広いです。

 

250ADVです。ブレーキレバーです。

390ADVです。フロントブレーキレバーに手の大きさに合せられる調整機能が付きます。

 

250ADVです。クラッチレバーです。

390ADVです。こちらも調整機能付きクラッチレバーです。

 

250ADVです。トップブリッジがツルっとした表面に対して。390ADVはリブが付きます。
写真撮り忘れました(^^ゞ

 

250ADVです。シンプルなトップブリッジです。

390ADVです。トップブリッジにKTMのブランドマークが付いていますね。(^^ゞ

 

という事で、今のところ外観上で確認できる変更点ですが、その他にもトラクションコントロールは250には付いていません。

 

250ADVです。意外と挑戦的なフォルムなので、走り重視を希望される方は、モディファイしてみるのも良いと思います。

 

以上、本日の間違い探し的なご紹介でした。

YOYOでは、上記KTM250ADVENTUREを試乗車にご用意する予定です。また色々なご提案が出来たらと思いますし、
車検が要らない250ccというメリットを活かして、どちらかというとオフ寄りなマシンに仕上げて行けたらと思います。

個人的には、林道スペシャルとして色々な遠出が出来る仕様と、ゆるキャンを楽しめる仕様に考えていますので、
是非皆様の経験と知恵をお借りして仕上げて行けたらと思います。

ご興味がございましたら。info@rlyoyo.co.jp 又は03-5392-3411迄お問合せ下さい!宜しくお願い致します。

 

コメント

MIDDLE ADVENTURE 増殖中!KTM 250 ADVENTURE NEW ORANGE GRAPHIC!

2021年02月26日 | KTM 情報

YOです!

来ちゃいましたよ!KTMと言えばORANGE!オレンジと言えばKTM!(笑) それ程にORANGEカラーは
KTMに似合いますよね。そう!そのORANGEカラーの新発売KTM 250 ADVENTUREが本日入荷しました!

 

2020モデルの390ADVENTUREに採用されていた、マッドオレンジではなく、タンクは通常のマッドブラックで、
左右のスポイラーとテールカウル等が、艶有のオレンジカラーになりました!

 

 

先日入荷したブラックカラーとは異なり、オレンジカラーのモデルになると、皆さん戦闘モード?的な感じで
熱い走りを感じさせますよね。

 

YouTubeでもご紹介させて頂きましたが、車体のサイズ感は390ADVENTUREと同じで、先日のブラックより
大きく感じますね。

先ずは見に来て下さい!^_^

この子を試乗車にしよう!と思っていますので、是非登録後のインプレッションや情報を楽しみにしていて下さい!

ご来店お待ちしています!                                                      

コメント

ADVENTUREの遊び方が広がります!KTM 250 ADVENTURE 開梱作業を動画にしました^_^。

2021年02月25日 | KTM 情報

YOです!

何だか暖かくなったり、寒くなったりと、最近の天気は変わり易いですね。更に昨日は風が強かった事もあって、
花粉が飛びまくってますよね!嫌な季節が来てしまいました。。。花粉嫌いです。

さて、先日入荷したKTM 250 ADVENTUREの恒例の開梱作業を動画にしました。

2021年、本格的にリリースが始まるKTM 250 ADVENTUREです!兄貴分の390ADVとは違い、走りに徹したシンプルな
装備で、コストパフォーマンスに優れたモデルになっています。
基本コンポーネンツは同一に、価格差はなんと10万円!これは魅力的ですよね!KTMのADVENTUREスタイルはそのままに、
誰が見てもKTM!というブランド表現も出来ているので、とても目立ちますよね!

そして、14.5Lの大型タンク容量で航続距離は500km近いと思いますので、ツーリング時の給油回数も減り、
燃料の心配も無くなりますし、長距離や林道ツーリングの不安感も確実に減ります。
イコール疲労度が少ないバイクと言う事です^_^。

もちろんYOYOでは試乗車のご用意も致しますので、是非ADVENTUREエントリーモデルとしての250ADVENTUREを
タップリご賞味頂けたらと思います!

それではお楽しみ下さい。

 

 

BLACKカラーのADVENTUREがチョッと新鮮ですよね。

明日26日にはオレンジが入荷します!是非この週末はKTM YOYOへ足を運んで下さい!

お待ちしています!^_^

コメント

遂に本格稼働!KTM 250 ADVENTURE 2021MY アドベンチャーライフは250ccが最高!

2021年02月13日 | KTM 情報

待望の軽二輪ADVENTUREモデルが、KTM社からリリースされました!その名もKTM 250 ADVENTUREがそれです。
兄貴譲りの風格はそのままに、必要最小限の機能と、その卓越した性能をそのままに、何と!2021年モデルの
兄貴分KTM 390 ADVENTUREとの価格差を大幅に付けて、堂々とデビュー致しました!

KTM 250 ADVENTURE 2021
メーカー希望小売価格¥679.000(税込)

KTM 390 ADVENTURE 2021
メーカー希望小売価格¥779.000(税込)

実は、撮影日はカメラマンO氏の都合もあり、週末の土曜日の早朝撮る事になったのですが、車両の納品日は、
撮影日の前日だった為に、YO自身の250ADVに対する勉強もままならず、いつものぶっつけ本番!^_^ 
そして早朝集まるもエンジンが掛からない~!え~納車整備してない~!(笑)そんなドタバタスタートで、
土曜日と言う事も有りお客様の納車も控えていたので、カメラマン兼監督のO氏は、「はい!どんどんいきましょ!」と
カメラを回し始めます(^_^;) ひぇ~! 

でも、そう思って前夜に用意していたカンペをカメラ横に貼り、ちょこちょこカンニングしてどうにかテイク1で取り切り、
お店のオープンに間に合いました~!^_^ただ、カメラの前な緊張しますね。途中で何を話しているのか?分からなくなる事がしばしば。。。

今回紹介のKTM 250 ADVENTUREは、個人的にも興味あるところで、トレールバイクファンとして、ダートもバリバリ走れる
ツーリングオフロードバイクが欲しかったので、チョッと悪戯してパフォーマンスを上げるのが楽しそうです!250ccの利点もありますしね。

皆さんだったらどうモディファイしますか?YOなりにプランを上げますと、

  • ハンドル交換(通常のテーパーバーに交換)
  • アルミハンドガード(クローズタイプ)取り付け
  • バーパット取付け
  • 前後19インチ17インチスポークホイールに交換
  • タイヤはBS AX41を前後に
  • シートをフラットの一体型のOFFシートに交換
  • アルミスキットプレート取付け
  • チェーンガイド取付け
  • 可倒式ミラーの取り付け
  • グリップラバーをRALLYタイプへ交換
  • ETC取付け
  • GPSマウントとスマートフォンホルダーを取付け
  • リヤスプロケットを交換(ローギヤード化)
  • クラッシュバー取付け
  • 残後サスペンションの見直し
  • 390ADVのLEDヘットライト交換

という感じでしょうか・・・・^_^ やり過ぎの面もありますが、気持ち的にはオフロード指向に60%~70%使用する事を
前提にカスタムしたいと思っています。好みの色はこの黒が良いかと思いますね^_^

YOYOでは、KTM390ADVENTUREの試乗車と入れ替えに、この250ADVENTUREを試乗車に予定していますので、是非ご注目下さい!

それでは YOYO発「KTM 250 ADVENTURE 2021 新車紹介動画」をご覧になって下さい。

如何でしたか?

250ccとは思えない風格あるスタイリングと、オーラを感じますよね!
ご興味がある方は是非お問合せ頂ければと思います!info@rlyoyo.co.jp 又は 03-5392-3411 までお待ちしています!

 

コメント

迫力満点!KTM 390 DUKE 近々納車となります!ありがとうございました!

2021年02月03日 | KTM 情報

 

YOです!

今日の午前中から夕方にかけて、東京はとても暖かな日でした。夜になって少し冷え込みましたが、冷え込みは1月とは違い、ほのかに春が
近付いて来ている感じがしました。コロナ禍ではありますが、季節は変わらず巡りますので肌で感じながら楽しみましょう。^_^

さて、YOYOとしてはKTM DUKEのカスタムは久しぶりの様に感じますが、YOがプライダース走行会で250DUKE、以前出場していたKTM390CUPの
レースでRC390と、意外とサーキット系はKTMを使用しているんでよね。

KTMはやっぱりサーキットが良く似合います!^_^

さて今回ご紹介するKTM 390 DUKE 2020は、エンジンとしてはHusqvarna と同系列ながら、SVARTPILEN/VITPILEN401に採用されているオートシフトの
装着はありません。しかしながら、エキパイが発表以来のサイド出しのスタイルの為にモタードスタイルがしっかりスタイリングされ、排気効率も
チョッと良い感じがします。(気のせいかなぁ・・・?)

この390DUKEには、フライスクリーンとアルミハンドガードが装着されているのですが、良く見て下さい。。。
ハンドガードのアルミバーの外側に、なんとバーエンドミラーが取り付けられています。

 

実はこの組み合わせは装着不可のパターンだったのですが、商談時にトントンとオーダーを頂いた感じで承ってしまったのです・・・^_^;(佐藤君が・・)
しかし、それは佐藤君の腕の見せ所!しっかりとこの通りジャストフィットでお取付けする事が出来ました^_^。
これはこれで、良くないですか? でも、転倒時にはまず初めにミラーが粉砕しますよね。。。でも!オートバイはスタイル優先ですからね!

また、スライスクリーンでコクピット内の空間を引き締めて、ETC、グリップヒーター、ブレーキマスターカバーなど良い感じで纏まりました!

 

いつ見ても、前かがみで挑戦的なフォルムですよね。フロントフォークやリヤサスペンションが太くガッチリした感じが、とても良い雰囲気が
感じられますよね。今回このマシンをお買い上げ頂いたOWNER様は、以前のバイクもKTM、そう、200DUKEに乗られていて、今回Versionアップで
390DUKEへとスイッチして頂きました!

この週末のお天気はどうなのかなぁ?お天気になる事を祈って!お待たせ致しました!

 

コメント