Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTURE=NORDEN 250のその後ー2

2021年05月13日 | Husqvarna 情報

YOです!

Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTUREの続編です^_^ と言っても、大幅なカスタムをした訳では無いので、素の良さを
分かって頂きたい!そんな気持ちで見て頂けたらと思います。

YOはオフロードの経験が長いので、簡単に言うけど、実際にSVARTPILENで走ったら全然違うんじゃないか?と思われるかな?
と思いながら書いていますが、確かに未経験の方ですと、オフロードをメインにSVARTPILENをお買い求め頂くのはどうかな?
と思いますが、ツーリングの先にダートが有って、その先に素晴らしい景色や、今日の宿泊地でまっすく進めば20分のところを
舗装路で迂回すると1時間半掛かる!なんて事がツーリング先にあったりするんですよ(笑)
そんな時に、SVARTPILEN様は頼もしく見えるはず!^_^

先日参加したDOAラリーでは、本格派オフロードモデルでも手強いルートが多々あったにも関わらず、SVARTPILEN-ADVは
多少ペースは落ちますが、心配していた最低地上高が低い事で、マフラーやエンジンのケース、そしてサスペンション廻りなどへの
攻撃が心配されましたが、思っていた程気を遣う事もなく、若干ペースを落として道を選んで走れば、オフロード車としては
足付き性も抜群に良いのと、コンパクトなボディーでコントロールがしやすいのにはビックリでした。

実際にRALLY後半のフラットなダートでは、一緒に並走してくれたSEROW250を駆るTAKEちゃんと、熱いバトルをしたほどポテンシャル
が高いのにもビックリしました!

そして何といっても、舗装路になった時はターマックが得意なモデルですので、気持ちの良い走りが出来ます!コーナーリングも
クルクル曲がって、オフロード車には無い楽しみ方がそこにはあります!なんか異色のマシンですよね!SP250-ADVENTUREって^_^

サスペンションですが、フロントサスペンションは、オイルやスプリングレートはもちろんノーマルのまま。唯一やった事は
フォークの突き出し量を、標準の16mmから8mmまで突き落とした感じで、若干フロント上がりのセッティングへした事です。
これは、クイックなハンドリングを少しでもマイルドにしたかった事と、地上高を少しでも高くしたかった事。これ意外と効いた
感じで、オフロード仕様はこの感じが良い感じ^_^。

 

そしてリヤサスペンションは、標準はオーナーズマニュアルでは2クリックとなっているので、最弱から2番目が標準。それだと
少しのギャップでもお腹が擦ってしまいそうなので、最弱から5番目にセットしました。YOの体重が69kgなので参考にして下さい。
お腹を擦ったのは、ルート中の丸太越えの2回と、その他はギャップで1回の計3回でした。上出来でしょ!?^_^

 

そして何といっても、今回履いたSVARTPILEN 401の標準タイヤ、ピレリースコーピオンラリーSTRが最高のオフロード性能と、
ターマック性能を両立したタイヤでして、殆んどの場面で安心してグリップを感じながら走る事が出来ました。本当にお勧めです。

YOが使用したSP250-ADVENTUREに履いたホイールは、VITPILEN 401の標準ホイールに、スコーピオンラリーを装着したスペシャル
ですが、SP250のキャストホイールにタイヤだけ交換する事でも大丈夫です。ただスタイルやスポークのしなり等、ADVENTUREとしての
キャラクターでは欲しいところですよね。チューブタイヤもパンク時に修理可能なので魅力です。

後は、振り分けバックのエンデュリスタンテールバックの使い易さでした。今回の止め方は片側2点とシート後方の計5か所で固定
しましたので、安心して重めの荷物も積載出来て、荷崩れなども心配全くありませんでした!積載が決ってしまうスバルト/ビットの
シート形状で頼もしいバックに出会えて、使い勝手のフィールドが広がりますね!お勧めですよ!^_^

 

 

 

サブベルトを使用して、バック下部のドリンクベルトと合体!これで大丈夫^_^

 

と言う事で、無謀なチャレンジかと思った、Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTUREで、YOYOとして、そしてYO個人的にも
新しい遊び方の提案や、オフロード車だけじゃないんだよ!泥遊び!^_^的な、使い方がオートバイの自然体なのかも知れませんね!

そうそう、オートバイって馬の分身ですもんね!鉄馬って感じで書きますから・・・。(^^ゞ

 

コメント

Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTURE=NORDEN 250のその後。

2021年05月09日 | Husqvarna 情報

YOです!

4月の18日に開催された、Door of Adventure 2021 春 マザー牧場に出場。そして無転倒完走を果した、YOYOのDEMO SVARTPILEN250。
出場後の反響も多くあり、多くの方が店頭まで見に来てくれたり、お問合せを多々頂きました。本当にありがとうございます^_^

その中で一番好評だったのは、ハンドルアップとエンデュリスタンテールバックを装着の事でした。

ハンドルアップはオフロード走行をするには少々低いのが気になっていたので、思い切って市販の20mmスペーサーを入れて、ノーマルの
取付けボルトより20mm長いボルトを装着した簡単な仕様でしたが、200kmの舗装と林道が入り混じるラリーコースを難無くクリアー。

そして、エンデュリスタンテールバックの一番大きなサイズを、片側3点留めで計6か所を固定して、中にはパンク道具など工具を中心に
意外とヘビーな荷物を入れて、バック自体の損傷も無く、またバック自体がリヤタイヤに巻き込まれる事もなく、また、ボディーへの
擦れ傷など最小限で済む事が出来ました。

擦れ傷などは、予め保護フィルム等で傷付き防止を施せば問題なく、エンデュリスタンテールバックを使用する際はお勧め致します。

そして、最終仕様はステップを衝撃から折れたりしない様に、KTM 250/390 ADVENTUREのステップに交換しました。
これはオフロードブーツを履いた時は、ステップとシフトペダルの幅が狭くなり、少々シフトアップが辛く、RALLY中は足がつってしまい、
苦労しました(^^ゞ オプションでも用意されているので、形状や高さ幅などをチェックして入れ替えるかを検討したいと思います。

 

また、ラジエターのコアが丸出しだったので、タイラレーシングさんのラジエターコアガードを装着。本来はルーバータイプが良いのですが、
互換性があるものが見つからず、タイラレーシングさんのを使用させて頂きました。結果は全く問題なく、コアーも無事無傷で生還!(^-^;
必須アイテムですね!

 

それと、スタックに備えて、脱出用のスタックベルトを装着。こちらはDRC製の装着が楽なスタックベルトをチョイス!大会時は使用する
事は無かったですが、お守り的なイメージで装着をお勧めします。^_^

 

 

次回はサスのセッティングと、エンデュリスタンテールバックの取り付け方をご案内しますね!

今日はこの辺りで・・・。お疲れ様でした~!

 

 

コメント

お休みありがとうございました!早速ですが、本日入荷USED Husqvarna FX350 2018MY ディーラー車のご紹介です。

2021年05月06日 | Husqvarna 情報

YOです!

GWのお休みを頂き、ありがとうございました!^_^

今日は東京はめちゃくちゃ暑かったですね!太陽の下ではさすがにお客様もライディングジャケットを脱がれて、
フーフー言ってました(笑)
梅雨が来る前に、今時のカラっとした時期こそオートバイで走りたいですね!^_^

さて早速ですが、中古オフロードバイクのご紹介です!
楊遊会のメンバーさんから、チョッと珍しいクロスカントリーオフロードモデル、Husqvarna FX350 がそれです!
何が珍しいかと言いますと、2018MYとしてのHusqvarnaの日本導入ラインナップには含まれてなく、元々アメリカの
デザートレースや、森や砂漠などをメインに使用する、モトクロスモデルとエンデューロモデルの中間的な仕様なんです。

 

 

 

エンジンやフレーム、外観等はモトクロスモデルの良い部分を使用し、足回りは21/18インチのエンデューロモデルと
同じインチへ。そしてサスペンションはモトクロスモデルベースではありますが、セッティングはソフトに設定して
長丁場を走り切れるセッティングになっています。

 

 

最大の特徴は、エンジンはモトクロスモデル譲りのハイレスポンスで力強い仕様で、グイグイと加速するタイプで、
フロントサスペンションはモトクロスモデルと同じエアーサスペンションを装備しています。

エンジンを掛けると、右手アクセルに直結!のクイックレスポンスが只者では無い事が直ぐに分かります^_^。
YOは残念ながらライディングするチャンスが無かったので、走行フォールはOwnerの言葉をお借りすると、とにかく
強烈で、ピックアップが鋭い利点と欠点がハッキリしていて、ある程度オフロードバイク経験がある方にお勧めとの事。

 

 

日野カン等のヒルクライム的な走りでは、登れないところは無い!と言い切れるほど、マシンは余裕の顔を見せるそうで、
後はライダー次第と言う、なんともレベルの高いお話で・・・。(^^ゞ でも、チョッと難しいモデルで、周りと同じ事が
出来た時の、いやそれ以上のパフォーマンスを見せ付ける事が出来た時は、最高に達成感ある喜びがありますよね!(^○^)

OWNER様は、残念ながら事情で手放されるとの事で、もう1台のTE300iをメインにこれからは専念して、このFX350を売却
する事となりました。

 

トラクションコントロール&マップスイッチ

 

 

Husqvarna FX350 2018MY 
レース出場歴無し
日野カンと成田のFREE走行のみ使用
程度は良いです(OWNER様は4輪のメカニックさん)
走行自体は1年8カ月程使用で、後はTEを共有していたのであまり走っていません。
走行時間33時間
6速トランスミッション、セルモーター始動、トラクションコントロール、エンジン2マップ
オプションパーツもガード類や電動ファン等充実した仕様となります。
ガソリンも沢山入ってます!(^^ゞ
車両価格は66.0万円(税込)(現状渡しになります。ナンバー登録は出来ません)
新車価格は税込み123万円(8%)

 

2018年モデルですので、現行モデルとの互換性も沢山あります!しかも戦闘力はまだまだあります!ご検討宜しくお願い致します!

コメント

峠に敵無し!スーパーモタード!USED Husqvarna FE450 SM 2019MY入荷しました!

2021年04月30日 | Husqvarna 情報

YOです!

箱根の山は俺に任せろ!タイトターン、そしてブラインドコーナーが続く箱根のワインディングで、俺の前は常にクリアー!
峠に敵無しの伝説のHusqvarnaが入荷しました!

Husqvarna FE450 SM 2019MY が最古のコンディションで戻って来ました!

抜群のフォルムです!

 

もちろん転倒無し車両で、YOYO新車出荷車の2オーナー車です。

仕様は

  • TGRレーシングモタードホイール+ブルーニップル
  • WPサスペンション前後ショート加工50mm
  • MOTOMASTER製320mmフロントブレーキローター
  • MOTOMASTER製フロントブレーキキャリパー
  • MOTOMASTER製フロントマスターシリンダー
  • MOTOMASTER製フロントブレーキホース
  • アクラボビッチチタンサイレンサー
  • 二次減速比調整
  • YOYOフェンダーレス加工
  • DRIVEN製CARBONプロテックテーパーハンドル
  • FS450用フロントフェンダー
  • ETCミツバサンコーワ
  • その他純正アクセサリーパーツ

TGRホイール&BLUEニップル!

MOTOMASTER製マスターシリンダー

 

アクラボビッチ製チタンサイレンサー

カーボンヒートシールド

 

 

 

 

 

 

 

YOYOフェンダーレス加工

 

 

 

 

MOTOMASTER製320mmウェーブディスクローター

MOTOMASTER製4Pキャリパー

 

 

 

ETC付です!

DRIVEN製CARBONプロテックハンドル

トラクションコントロール&2モードエンジンマップ

 

走行:2.065km
車検:令和4年12月付
車両価格:152万円(税込)(登録・整備・保険等は別途となります)
オフロードホイール以外のノーマルサイレンサーを含めたノーマル部品等はあります。

FE450はその強烈なトルクと、高回転まで一気にふけ上がるパワフルなエンジンと、軽量なFEボディーのお陰で異次元の加速が味わえます!
さらにモタード仕様は本格派で、コーナーリングは最高に楽しい!ストレートの強烈な加速力と、軽快なコーナーリングは、一度味わうともう病み付きです!
もともと輸入台数の少ないFE450をベースにしたSM仕様なので、希少車でもあり、乗り手をワクワクさせるスペシャルなハスクバーナです!
YOYOではFE450ベースでジムカーナに参戦して来ました!大瀧選手によるジムカーナA級の激戦クラスに参戦してきたノウハウをフィードバック
させて頂きますので、楽しんでお乗り頂けると思います!^_^

 

 

程度も抜群!装着パーツもしっかりとした仕様ですので、ワンディングはもう貴方がチャンピオン!^_^

ご興味がございましたら、info@rlyoyo.co.jp 又は 03-5392-3411 YOまでお問い合せ下さい!

お待ちしています!

 

 

コメント

SPECIALなHusqvarna ! Husqvarna TE300i Rockstar Edition の開梱作業です!限定発売されて、日本にも少量ですが入荷しました!迫力ありますね!

2021年04月23日 | Husqvarna 情報

YOです!

お馴染みの開梱作業動画になります!今回は特別なハスクバーナとして、2021年モデルの限定販売車、
Husqvarna TE300i Rockstar Editionです。

お陰様で既に完売となっていますが、この特別な1台を目に焼き付けて頂き、引き続き継続2022年モデルとして
再販を期待したいと思います!

外装は専用のワークスカラーリングとなり、オリジナルと違うところはシート、トリプルツリー、リヤスプロケット等
多くの部品が変更となっています。

それではお楽しみ下さい^_^

 

如何でしたでしょうか?SPECIALさ満載ですよね!YOもTE150iのRockstar Editionを作ろうと計画中で、
既に外装は入荷済みです!早速この週末作ろうかなぁ・・・。^_^

という事で、週末ですね!既にYOYOでは、2022年モデルのオフロードモデルのご予約開始しています!
ご来店、お問合せお待ちしています!

 

コメント

Husqvarna VITPILEN 401 フェンダーレスキット!? とは言わないか(^^ゞ

2021年04月22日 | Husqvarna 情報

YOです!

先週から続いていたイベント関係で、少しグロッキー気味だったYOですが、2連休を頂いて自粛?^_^をしてマッタリ過ごし、
だいぶ回復する事が出来ました^_^。
ここ最近の悪いところは、1ヶ月に必ずオフロードバイクには乗って、汗を流すのですが、日常のトレーニングを怠っているので、
基礎代謝が出来ていないんですよね。エネルギー不足というか、分かっちゃいるけどいきなり大汗掻く運動をするので、疲れが
残る感じですね。やっぱり常日頃の軽いトレーニングって大切ですね。(^^ゞ頑張ろっと。

さて今日ご紹介するのは、最近SVARTPILENの人気を激しく追従している、VITPILEN401なんですが、丸目1灯のセパハンのスタイリング
ってチョッと少ない分、新鮮に見えませんか?カフェレーサーの様に前傾姿勢で、都会のスクランブルを颯爽と駆け抜ける様は、
カッコ良過ぎますよね。^_^

更に今回は、VITPILEN 401 の良くお似合いの、フェンダーレスキット?とは言わないですよね。フェンダーアップキットとでも
言うのでしょうか?通常はリヤタイヤの直ぐ上に、泥除けを兼ねたライセンスホルダーが収まり、そのFENDERを外して通常の
オートバイと同じところ?へとアップしたオプションになります。

 

カフェスタイルのVITPILEN 401ですと、デザイン的にもこちらの方が自然体なのかも知れませんね?もちろんSVARTPILEN 250/401
でも装着可能ですので、ご興味がある方は是非チャレンジして下さい。

 

LICENCE PLATE HOLDER SUPPORT ¥33.660(税込)となります。取付けは難易度★★★★★と、少し難しいと思いますので、
ご自身でのお取付けは、長い時間を要する感じなので、丸々1日時間が空く日を選ばれると良いかと思います。

もちろんYOYOでのお取付けもご相談下さい^_^。

 

コメント

初出場!Door of Adventure 2021 春 マザー牧場・ Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTURE 無転倒完走!

2021年04月19日 | Husqvarna 情報

YOです!

3日ぶりのBlog更新となります~!ごめんなさい!(^^ゞ

先週末に出場したDoor of Adventure 2021 春 マザー牧場で、沢山皆さんへ楽しいRALLYをお伝えするつもりでしたが、マシン作りや、
土曜日の悪天候、そして当日の林道セクションが前半戦に集中していたという事もあって、何だかタイミングが合わずズルズルと。。。

知らず知らずに今日になってしまいました^_^。

そして!遂に日本中で初めて?? Husqvarna SVARTPILEN 250 で、名高いDoor of Adventure マザー牧場を完走しました!拍手~!^_^
ハスクバーナのディーラーとして、カジバ時代から取り扱ってきたYOYOが、何と!SVARTPILEN 250を軽めにADV仕様にモディファイした
車両を持込み、220kmの1日を走破して来ました!

 

マシンはというと、これ本当にロードモデル?と思える程の走破性で、タイヤをピレリーのスコーピオンラリーに履き替えた事も有り、
とても直進性も良くて楽しく走る事が出来ました!

 

 

 

マイナスな部分と言えば、ステップをオプションでもご案内している、スチール製のオフロードステップに変更した事で、ステップが
幅広になり、シフトの操作性がとても悪くなってしまった事、もちろんリヤブレーキも同じ事で、踏み加減が分かり難くなってしまった
事が唯一のマイナスな部分でした。

 

ただそれを上回る林道走破性で、当日の午前中は、前日に強烈に降り続いた雨により、かなりヘビーウエットな状態で、大きな水溜りや
マディーな個所が多かったのですが、17インチのネガな部分はそれほど強烈なものでは無く、予想が出来るハンドリングでした。

YOも林道の経験はかなりある方ですので、良し悪しは分かります^_^。でも本当に乗り易いんですよ。
タイヤの空気圧は前後共に1.5kg/㎤で調整し、オンオフ共にグリップ力にはほぼ問題ないですし、アスファルト上の苔などにも対応は
素晴らしく、怖さが全くありませんでした。

 

ラリーの状況などは、追ってBlogで紹介します、そしてYouTubeもご用意出来ると思いますので、今しばらくお待ち下さい!

ハスクバーナSVARTPILEN のOWNER様!ロードだけではSVARTPILENの楽しさは50%!是非ダートの扉を開いてみて下さい!
オートバイライフが200%向上しますので、Husqvarnaを買った満足度もめちゃくちゃ上がると思いますよ!

 

あ~でも疲れました!慣れないオートバイで林道を含めた220kmは、久しぶりにホームランでした。。。(^^ゞ

 

オーガナイザー山原氏を中心とした、DOAスタッフの皆様!本当に準備から始まり、当日無事に終了出来た事を感謝致します!
本当に楽しい2日間をありがとうございました!次回も宜しくお願い致します。^_^

コメント

完成間近!Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTURE!それってもしかして?! NORDEN 250!

2021年04月15日 | Husqvarna 情報

YOです!

まだやってるの!?って、思われるかも知れませんが、やり出すと悩むんですよカスタムって(^-^;。分かりますよね?^_^

遂に9割完成の、Door of Adventureに初挑戦!ハスクバーナYOYOがこんなのあったら良いな~!と思いながら、
Touring仕様のSVARTPILEN 250から始まり、何だったら、今度のDOAマザー牧場出ちゃう?って感じで始まった
ハスクバーナSVARTPILEN 250 ADVENTURE計画。。。

計画?って言っても、突貫と言うほうが良いくらい4月に入ってからのカスタムスタートでしたが、ほぼ9割完成しました。

 

★スクリーンのゼッケンは2019年のマザー牧場。もう何回出場したかなぁ・・・^_^。

 

★SP250はノーマルのホイールはキャストそれをスポークに交換し、タイヤもピレリースコーピオンに!

 

★RALLY車っぽいですよね!

 

★積載もバッチリですよ。

 

★戦場と言えるコクピットが一番の肝!やる気はここから始まります!

 

詳細はDOAが終わってから、じっくりご紹介しますね!このままの姿でGOALできると良いのですが・・・(^_^;)
きっと色々な罠があるに違いない!そうですよね!?オーガナイザー山原さん!^_^

 

週末は少しお天気が心配ですが、楽しく元気良く参加して来ます!

《お知らせ》

4/18(日)はDOA 参加&プライダースライディングフェスタin富士スピードウェイ開催の為、お店はお休みとなります。

コメント

現在制作中!Husqvarna FE250 RALLY-SPECIAL!通称 HQV FE250-RS 完成間近!

2021年04月11日 | Husqvarna 情報

YOです!

今日も良い天気でしたね。風がヒンヤリなのと、ヒノキの花粉が強烈で、結構辛かったですよ・・・。
スタッフ佐藤君はヒノキに弱いみたいで、午前中はかなり辛そうでした^_^

さてさて、突然!スクープ写真の様な、興味津々の写真じゃないですか?(^○^)

そう遂に解禁!Husqvarna FE250 2021モデルをベースに、RALLY仕様を現在制作中なんです!
本格的な仕様をイメージしていたのではなく、街乗りを意識した仕様を目指していたのですが、
製作途中からあまりのカッコ良さに、本格的な仕様に変更し、ロードブックホルダーはもちろんの事、
ラリーコンピューターもICOのTwinでセット!

ラリーカウルも質感もバッチリで、組み上げていくほどに、思わずニヤリとしてしまう程なんです。

このFEはオーダー車で、既にOwner様が首を長~くしてお待ちになっています!(^^ゞ
完成間近ですので、仕上がった時の姿、めちゃくちゃカッコエーと思いますので、お楽しみに~!^_^

 

コメント

ハスクバーナにもADVENTURE MODELが欲しい! SVARTPILEN 250 ADV なんて如何でしょう!?

2021年04月09日 | Husqvarna 情報

YOです!

今日は少し肌寒かったですね。半袖で過ごせる日もあれば、今日みたいに午前中は車もヒーターを入れたほど。
体調管理が難しい今日この頃ですね。コロナ禍でもあるので、体調を整える事を意識しましょうね。^_^

さて、前のBlogでもお伝えしましたが、来週の4/17~18日に開催される、Door of Adventure 2021・春 マザー牧場。
YOYOを通じて多くのライダーがエントリーして頂きました。ありがとうございます。

YOYOはKTM/Husqvarnaのマルチディーラーですが、ライダー達のエントリー車両もバライティーで、何だか
アニメのアパッチ野球軍(知ってます?)みたいで面白いんです。^_^。

過去のDOAではYOは、KTMで参加させて頂いていましたが、今回のRALLYではHusqvarnaでエントリーします!
しかも、RALLYと言えばオンロード/オフロードが待ち構えているのが当たり前ですが、今回はストリートモデルと
いってもおかしくない、人気のSVARTPILEN 250で完走を目指します!

実はYOYOは創業32年の中で、KTMはオープン初めから取り扱っていたのですが、途中休憩があり、結果Husqvarnaの
取扱い年数の方が長いディーラーなんです。ですので、既存のお客様もハスクのOWNERが多く、DOAでは異色の
存在なのかも知れません。^_^

しかし、HusqvarnaにはADVENTUREモデルが存在せず、近年発売予定のNORDEN901が待ち遠しいところですが、
現状無いのならと、SVARTPILEN 250をベースにADVENTUREタイプを作ってしまおう!と、コツコツ作業を
仕事の合間に進めています。

大きなカスタムは出来ませんが、リタイヤはしたくないので、ガード類とタイヤを含めた足回りをモディファイする
計画で進めています^_^

今回は、ハンドルの高さをスペーサーを噛ませて、標準よりも20mmアップする様にセットして見ました!

 

この仕様は空くまでもテスト作業ですので、お客様へのフィードが出来るかどうか?を、実戦で試してみたいので、
今回のDOAで色々なコースを走り検証できたらと思っています。

★ノーマルのハンドル位置だと少し低い感じがするので、思い切って20mmのアップスペーサーを投入!

 

★これは市販品のカラーで、ボルトもロングボルトにしました。

 

★ラバーマウントなので、あまり長いとグネグネ感が出そうなので、20mmをMAXにした仕様で進めて参ります。

 

★こんな感じです!SVARTPILEN250/401のハンドルの太さは、規定サイズのハンドルの太さではないので、転倒時の
強度を考えると、通常の28.6mmハンドルバーに交換したですが、コストも上がるので、良い方法を模索中です!^_^

 

実際に跨いでみると、意外にも楽チンなポジションで、オフロードの走破性も良さそうです!RALLYを完走した時に、
疲労が少ない事を祈って、今回の仕様で走って参ります!

また1週間あるので、ガード類は出来るだけ装着して、元々アーミースタイル的なSVARTPILENを更に魅力的なオフロード仕様に
変化させてみたいと思います!(^_-)-☆  お楽しみに!

コメント (2)