Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

”人と同じじゃあ許せない!”シリーズ Husqvarna 701 SUPER MOTO編

2019年06月09日 | Husqvarna

YOです!

今日は冷たい雨でしたね・・・。各地でのイベントや、ツーリング等々、お出掛けになられた皆さま。お疲れ様でした。
そして東京のYOYOへも、冷たい雨の中ご来店頂き誠にありがとうございました。
梅雨入りしたばかりの関東ですが、早く明けてほしいものですね。^_^

さて本日は、少し前に製作したちょこっとカスタムで、大きくインパクトのある701SMをご紹介します。
この701SMのオーナー様は、基本的にロードオンリーの使い方をするお方なので、納車の後来店時に、
「YOさん!フロントフェンダーって外しちゃったらどうかな?」と、長年オフロードやモタードを取り扱ってきて、
なかなかそう聞かれた事が少ないというか、初めてかと思います^_^。

 

 

その回答は、そりゃ~やめた方が良いですよ!と返事を言ったと、言うまでも無いのですが、「そうかなぁ・・・
カッコイイと思うんだけどなぁ・・・」とイメージされている海外系の写真を見せてもらってみると、意外と悪くない?(笑)
と感じてしまったものだから、店内に展示している車両達のフロント廻りを眺めていると、ふと目にとまったんです。
アイツが・・・・^_^

 

そうあれです!^_^。オーナー様のオンリーカスタムの為にも、その車両はご想像にお任せ致しますが、
付けてみたらアラ大変!とっても良いんじゃないですか!
それに、SUPER MOTOにローフェンダーを付ける発想が無かったので、とても新鮮で、街中での注目度もググッと
上がる事間違い無し!

早速新品をオーダー頂いて、先日この様にバチッと仕上げちゃいました!

実はオーナー様は、まだまだ新鮮な案をお持ちで、既に新しいカスタムを考案、そしてオーダーを頂きました^_^。
湧き上がるアイデア!そして遊び心が取っても感じられるオーナー様は、お仕事が人に夢と感動を与えるお仕事の
オーナー様。。。納得です!

"人と同じじゃあ許せない!” 称号認定です!^_^  次のカスタム楽しみにしています!

 

コメント

人気のVITPILEN 401 に 選べるキャンペーンでオプションを付けてみた!

2019年06月08日 | Husqvarna

YOです!

先ずは、残念ながら明日のYOYOワイワイロードツーリングin三島は、現地降水確率が高く中止と
なりました。6/16に順延となりましたので、再度参加表明宜しくお願い致します。^_^。

さて、今日はハスクバーナディーラー ライダースランドヨーヨーが、現在絶好調のVITPILEN/SVARTPILEN
401.701で展開しているキャンペーンを利用して、人気抜群のVITPILEN 401に¥50.000分の純正アクセサリー
をチョイス装着してみました。

スタイル抜群のVITPILEN 401 ! コンセプトバイクそのままにデビューを果たし、衝撃的なデビューから
1年が経ちましたが、未だ人気は衰えずお問合せを多く頂いています!^_^
そして、ラッキーな事に、今月末まで実施している「今だけ!選べるキャンペーン!低金利0.9% または
純正アクセサリー・ウエアープレゼント!」と言う企画で、今回は¥50.000分の純正アクセサリーと、人気
オプションをご紹介し、実際に装着してみました。

先ずは

  • ETC これは必須アイテムですよね!ミツバサンコーワの別体型 BE-51をチョイス!アンテナも
    小型でシンプルVITPILENにはお勧めです!さらに只今助成金¥10.000が適応中です!

 

  • そしてUSBですが、これはスマホの電源がメインになります。YOYOでは、1口のUSBステーションⅡ
    を選択して、アクセサリー電源からハンドルへ導きますが、VITPILEN 401はスマホのクランプ場所も
    スペース的に厳しいので、USBはワイヤーハーネスにクランプする等、スペースの確保をしてます。

 

そして今回のキャンぺーでは、やっぱり

  • タンクバックがお勧めですね!VITPILENは特にデザイン上も含めて、あまりリヤには積載するイメージ
    が無いので、タンクバックはお勧めだと思います。

 

 

 

  • そして今回の車両には、エンジンのクランクケース左右に装着する、ケースプロテクションを選びました。
    これは転倒の時はもちろん、コーナーリング時にケースが地面と擦れて傷付かない様にするアイテムです。

 

 

この3点がこのキャンペーンでプレゼントになる金額のイメージです。もちろんその他のアクセサリーや、
ウエアー等もチョイスは出来ますので、是非お見積の際にご相談させて下さい。

6月末までのスペシャルな企画ですので、是非是非ご検討中の方はお急ぎ下さい!^_^

明日は東京は曇りと聞いています!YOもSATOもお店におりますので、ご来店お待ちしています!
冷た~いアイスコーヒーをご用意してお待ちしています^_^

 

コメント

優しい怪物君が入荷しましたよ!^_^ USED Husqvarna FE501 2019 !

2019年06月07日 | Husqvarna

YOです!

今日は全国的に荒れ模様の天気ですね!お昼前から東京も激しい雨が降り続いています。
そんな中でも、濡れながらのご来店誠にありがとうございます!

今日は、これより7/15に開催の、プライダースファミリーフェスタin筑波サーキットコース2000で、
40回目の開催となる記念企画の打ち合わせで出掛けて参ります!^_^

そんな訳で、今日の情報はチラッとだけ・・・・^_^

なんと!今年モデルの Husqvarna FE501 2019モデルの中古車が入荷しました!
それも、ツーリング仕様に全てモディファイされたSpecial仕様!この夏のオフロードロングツーリングに
とても最適です!車検も長く、距離は900km台、ETC/USBそしてヒートグリップ等々、盛りだくさんの
オプション品が付いています!

ビックオフロードライトウエイト仕様が欲しい!と思っていた方には最高の相棒となりますよ!
もちろん!YOYOの管理ユーザーで、弊社がカスタムした車両です!ワンオーナー!是非週末に
見に来て下さい!宜しくお願い致します。詳しい内容は後日ブログで?でも電話した方が早いかも~!

03-5392-3411

 

ではでは、行って参りま~す!^_^

コメント

気軽にUターンが出来る。これ大事!Husqvarna 701 ED-Touring

2019年06月06日 | Husqvarna

YOです!

今日は蒸しましたね~!暑くても良いのですが、この湿度だけは駄目ですね。。。いよいよ夏い間近!
おっと!その前の梅雨がやって来ましたね!^_^

さて、今日はHusqvarnaの中でも、ひときわ大柄なサイズ感で、175cm~190cmの身長の方には
ジャストフィットなサイズの 701 ENDURO を、お化粧直しをしながら、納車準備を整えているところなんです。

ビックシングルで74hpを捻り出すエンジンは、オフロード車としては最速では無いかと思いますが、
とても乗り易く、右手でアクセルを忠実にコントロールする事が出来ます。もちろん、その忠実さをジャジャ馬に
変える事は容易いですが、それはオーナーしだいです^_^。

 

でも馬力って、あって損は無いと思います!しかしそれに見合うサスペンションやフレームが必要で、全体の
バランスが取れている事が非常に大事なんですが、やっぱり、いざという時にドカン!って進むパワーって
欲しいですよね。

そして701 ENDUROの良いところは、軽量だという事で、ADVENTUREに乗り慣れているYOが乗ると、
「なんて軽いオフ車なんだ!」と、すぐさまダートへ持って行きたくなります^_^ YOも以前KTM 690 ENDUROを
所有していた事があり、とってもパワフルで、林道の入り口までの高速移動で、とても楽ちんなツーリングをした事を
想い出しますね。

 

 

そして今回の701 ENDUROは、フルオプションと言えるほど、機能と見た目美しさを両立させた仕様変更をさせ、
街中では目立つ存在。林道やツーリングでは250cc並みのパ取扱いの良さとを両立させ、高速道路では思う存分
パフォーマンスを発揮!なんか理想的なオートバイですよね!^_^

ミスコースのリカバリー Uターンも楽々です!^_^

そして外装はワークスデカールシートの張り込みをさせて頂きました。デカールを貼り込みには、もう一セット外装を
用意した方が良いと思います。無地で何も書いていない外装は、比較的安価な料金設定になっているので、ノーマルの
高い外装は自宅で保管して、このワークスカラーを貼り込んでいきます。

そして今回の目玉は、フォグランプというか、ドライビングランプの装着ですね!これで夜道の林道も大丈夫!^_^

 

素晴らしくカッコ良い 2019年 Husqvarna 701 ENDURO Touring になりますよ!

完成まであともう少し!オーナー様今少しお待ち下さい!^_^

 

コメント

Husqvarna SVARTPILEN 701 を 斬る!

2019年06月02日 | Husqvarna

YOです!

今日は穏やかな日曜日となりましたね!その陽気に誘われてか、多くのご来店ありがとうございました!

その注目の的は、やはりKTM 790 ADVENTUREと、それに続く様に発売された Husqvarna SVARTPILEN 701!
マッドなカラーリングに身を包み、ヒップアップで睨みつけた様なスタイルは、黒ヒョウが獲物を狙うかの様。



今までラインナップされたVITPILEN / SVARTPILEN 達は、どちらかというと、オートバイとライダーが一体となった時に、
完成されたデザインとなりますが、SVARTPILEN 701はその存在感をオートバイのみで放つ、主張の強いマシンとなり、
ライダーとしてはその存在感に合わせていくタイプになった感があります。

そうなると、YOもSP701に乗る時には、どんなライディングギアを用意して、どんな場所で遊ぶかを色々と考えました。
先ずは
ツーリング。もちろん行けます!ポジションも手前にグイッと引いたハンドルのお陰で、とてもリラックスして乗る事ができ、
ステップ位置も極端に後ろでは無いので、ロングツーリングも大丈夫!積載能力はチョッと不安ですが、振り分けバックを
用意すれば大丈夫かと思います。

ワインディング。もちろん大丈夫なのですが、標準に装着されたタイヤが、セミブロックタイヤなので、真剣に走っては
いけません。オフロード車に馴れている方は大丈夫だと思いますが、一応ハイブリップタイヤでは無いと思います。
走りはとても良いと思います。

林道:意外と行けちゃうと思います!サスペンションのストロークは、オフ車並みでは無いですが、しっかりと走り抜ける
事が出来ると確信しています!

サーキット。やっぱりタイヤですね。走る時はロード専用タイヤに交換をお勧めします!その他は大丈夫ですが、ハンドルが
高いので、富士辺りは辛いかも知れませんが、タイヤだけでも変えれば意外と走っちゃいますね!

街乗り。注目度満点なのですが、黒づくめのボディな為に、ウエアもダーク系が多いと思いますので、安全性の為にも
派手な洋服をお勧めしますね。。。^_^

じゃあ!いったいどんなライディングウェアが良いですか?バトルスーツ的な物も悪くないですよね。
後は意外とハーレーダビッドソン等で着る様なウェアーも良いと思います!

 

そんな訳で、こんな時はお客さんに聞くのが一番!早速、来店中のKENちゃんに聞いてみる事しました。

 
KENちゃんは今年から社会人1年生1、SVARTPILEN 701を見て、意外と大きいんですね!でも軽~い!
この軽さはどの場面でも一番の味方。KENちゃんは大型二輪の免許を持ってないので、これを機に如何でしょう?^_^

KENちゃんは、デザイン系の学校に行っていた事もあって、早速カスタムの方向に話が進ます。全体的にパッとする
目立ち度が低い為に、何か見る人の目を釘付けにするアイテムが必要との事。若干21歳の感覚で、今で言う流行りの
スタイルとか、ファッションを考えてくれると、写メを沢山撮っていってくれました!^_^

 

 オートバイのアングルは、この後ろ右斜め45度が一番好きです!KENちゃんも良く分かってる!^_^

 

 歳の差 三廻り!いや~参ったな。 そうですよね。YOは孫が3人もいるんですから・・・。笑

 

新しい感覚で、SVARTPILEN 701 のコーディネートを宜しくお願いします!と、固い握手を交わしました^_^。

 

 

KENちゃんといると、何だか話が盛り上がるんですよね!なんか嬉しいなぁ~!オートバイや車の事を一生懸命話す。
私の若い時にそっくりです^_^KENちゃんもう最高! 


あ!あとは乃木坂48の話もね・・・・。(^^ゞ YOはそこは分からないな。。。

KENちゃん!宜しくお願い致します!楽しみに待ってます!(笑)

 

コメント

Husqvarna SVARTPILEN 701 遂に上陸!新たな神話が始まる!

2019年05月31日 | Husqvarna

YOです!

遂に上陸しました! 待っていたよ!黒い矢701!

そうです!遂にシリーズに加わった、SVARTPILEN 401の兄貴分!SVARTPILEN 701 が、
ライダースランドヨーヨーへ舞い降りて参りました!

 

★日本の空気とご対面~~ん!^_^

 

★大きなビニール袋に包まれて、今か今かと。。。

 

★はじめまして!SVARTPILEN 701君!マッドブラックが迫力満点!

 

★KTMのウェアーでご勘弁を!我慢できなくて跨いじゃいました!

 

予てから話題になっていた、SVARTPILEN 701は、1年遅れの発売となり、弟分のSP401とは
スタイリングも、表情も異なるモデルとして登場しました。

その真意は何なのか?

SP401は、どちらかというとシティーユーズをメインとした、スクランブラ―的なスタイリングと、今までに無い
スタイリング、どことなく無骨で、それでいてハイセンスなデザインが魅力的。
SP701は、シティーユースをメインとする事は変わらないのですが、ダートトラック的なスタイリングと、
よりレーシーさを強調したスタイリングで、黒い矢の悪っぽいイメージが湧き出ています!

そのSP701のイメージは、常にアクセルを一杯に捻り、暴れまくるマシンをエレガントにコントロールする。
そんな荒々しい中にも、気品と落ち着きが有るから不思議・・・。
カメラのファインダー越しに覗くスタイリングは、なぜか懐かしさの中に引き込まれていく様な、そんな魅力が有ります。
パッセンジャーシートのピンッと跳ね上がったスタイルや、後方に行くほどに絞り込まれたスタイルは、クラッシックな
一面も持ちます。

 

★今回、この角度からのSP701は良いアングルかも!YOのお気に入りの角度です。

 

★そしてゼッケンカウル風のフロントマスク。 この部分が今回のSVARTPILEN 701の肝部分^_^

 

★ピレリーのセミブロック的なタイヤがやる気を誘います!

 

★究極のローアングルな画像

 

★非対称のテールカウル&サイドカバーが魅力。スリムですよね!

 

★この感じ、良い感じですね。

 

★サイドスタンドが短い気がします。。。

 

皆さんはどんな風に乗りますか?YOは結構考えちゃってます(^^ゞ ヘルメットは何でしょうか?
オフロードですか?ロードですか?ジェットタイプですか? 靴は何でしょう?・・・など。

こりゃまた手強いモデルが登場したわい!そんなSVARTPILEN 701 上陸初日でした!^_^

明日から店頭で展示中です!パッと見た目は少し大柄。そして足付きは良い方ではありません(^^ゞ。そんなSP701
をひと目見て、跨いで、YOに知恵を頂ければと思います(笑)

 

この週末は、
Husqvarna  VITPILEN 401/701、SVARTPILEN 401/701のフルラインナップでお待ちしています!

コメント

Husqvarna でツーリングに行こう!SVARTPILEN 401 編

2019年05月02日 | Husqvarna

YOです!

今日は穏やかな1日でしたね!やっとチョッと動くと汗ばむ季節になってきました。
6月の梅雨の前に、週末はしっかりライディングしたいですよね!

そこで、Husqvarnaオーナー、そしてこれからオーナーになりたいと言う方へ、
デザイン性の強いHusqvarnaだって、しっかりアウトドア―したい!ツーリングに
行きた~い!と思うのは当たり前です^_^。 積載系にある程度制限があるスタイリングに、
我々オフロードバイクの経験で、ツーリングStyleにしてみました。

 

★全体がブラックアウトしていて、とてもシンプルですが、存在感がありますね。

 

どうですか?なかなかいい感じでしょ? Husqvarnaのスタイリングは、他車他メーカーに
比較すると、ある意味独創的な為に、通常のツーリングパッキングアイテムが似合わない気が
していたのですが、なんのなんの、フィッティングに多少コツと言うか、工夫が必要かも
知れませんが、ご覧の様にSVARTPILEN 401 に、オフロードバイクでご用達のエンデュリスタン製
のブリザードサドルバックを装着してみました。

以前にも装着してBlogにご紹介させているのですが、あの時は乗せただけで、しっかりと固定は
出来ていませんでしたが、今回は、リアの二人乗り時に必要なグラブレールを装着して、バックの
後ろ側の固定をしっかり取付ける事が出来ました。バックの説明書通りではないですが、しっかり
固定出来ています。^_^

 

★グラブレールにしっかりと巻き付けて、がっちりホールドしました。

 

★タンデムシートはこの上から、ジェルシートなどを利用することで快適性向上に!

 

エンデュリスタンサドルバックはビニールレザーの為に、収納も無理が利くので小柄な外見からは
想像も出来ない程の収納が可能です。そして、タンクバックはSVARTPILEN 401の顔でもある、
タンク上のキャリアを上手く使用した、純正アクセサリーパーツのタンクバックを使用しました。
これで、タンクバックの中には直ぐに必要で、出し入れが容易な小物やタオル、ツーリングマップル
等を収納して、宿に着いてから必要な物をサドルバックに収納させると良いですね。

 

★後発のオプション品で、SVARTPILEN 401のタンクキャリアを上手く利用したバックです。

 

意外と良いのがリアビューのバックが宙に浮いている様な?^_^。そんなエンデュリスタンの
フィッティングがカッコ良いと思いますよ!

リアシートの上は、テントやキャンプ道具などを括り付けて頂く為にフリースペースとしました。 エンデュリスタンテールバック等もご用意できますが、テールバックを付けると
跨ぐ時に足が触れてしますので、なるべくシンプルなスタイルで、荷括りをした方が良いと
思いました。

 

★ツーリングシーンのSVARTとオーナーのマッチングが見たいですよね!ライディングウェアーの
選び方も含めてお勉強したいですね。

 

さあ!5月の後半戦に向けて、1泊2日の関東脱出ツーリングを企画してみませんか?
新しい出会いと、個性的なHusqvarna SVARTPILEN 401で注目度満点ですよ!^_^。

明日も営業しています!冷た~いアイスコーヒーをご用意して、お待ちしています!


 

コメント

Husqvarna FE250 2019 納車前チェック!ある意味STDな仕様です。

2019年04月26日 | Husqvarna

YOです!

寒~い!今日の東京は雨が降ったり止んだりのとても寒い1日でしたね。明日からのGW10連休のお天気は
どうなんでしょうか?心配ですが、10日間も有れば晴れも雨もあって当たり前ですね^_^。

さて、そんな点呼が心配される中、明日GWの初日に納車される方の、Husqvarna FE250 2019モデルを
ご紹介しちゃいます!

 

ベースはHusqvarnaの中でも、とても乗り易くて街乗りから、オフロード、そしてコース遊びと、オールマイティーな
車種でもあるFE250。KTMほど目立つ存在では無いのが意外とウケていて、オフロード経験が無い方でも、
サクッと乗れてしまうブランドと、モデルなのかも知れません。

今回のお客様は、701 ENDUROに乗っていた方で、既に何回かオフロードツーリングや、クローズドコースを
周回する等、701EDで一生懸命オフロードバイクとの遊びを深めていられました。でも、もう少しもう少しと
思っていたところに、オフロード遊びと真剣に向き合う為に、先日、このFE250をご購入頂けました。

今回の仕様は、高いシートを克服するアイテムとして、リヤはリンクを、フロントはオイル交換と突き出しの調整で、
対応させて頂きました。そのメリットは部品交換で直ぐにノーマルに戻せるという事なんです。始めはゆっくり走る
ことで、身体の体感を養い、慣れてきたところでノーマルに戻して、もっともっとオフの深みにチャレンジしていくに
丁度良いんです。

 

★ZEET製のローダウンリンクです。30mm程下がりますよ。

 

★突き出し10mmで車体のバランスを整えます。

 

KTMとは違い、リヤサスペンションがリンクで構成されているので、大きなギャップや石ころなどのフィールドが
大好きなHusqvarna FE250。ツッパリ感が無く、トラクションに優れるFE系は、ある意味オフロードSTDです。
パワフルなエンジンに、WPのサスペンションが日野カン等のフィールドには良く似合います。
YAMAHAのWR250Rが生産中止で既に3年。装備品からしてみても、かなり個体差に有りますが、中古誌などで
100万円を超えるWR250Rがあります。

 

★新しいハンドガードです。アルミの骨格に、良いデザインのハンドカバーが付きます。

 

★ETCにメインキー、そしてUSBも付いています^_^。 

 

★ACERBIS製のクランクケースカバーは優れもので、クラッチカバーやウォーターポンプ等を纏めて守ります!^_^

 

★フロント廻りも充実してますよね。

 

今回は、リヤリングはZEETの物を使い、フロントにはノーマルより高いハンドルマウンドを装着して、約ノーマル+
10mm突き出して調整しました。そして確かにFEは高価なものなのですが、装着パーツが素晴らしい出来栄えで、
エンジン、サスペンションなどは、経験値が浅い方も、常連さんもしっかり楽しめるマシンに仕上がっています。
100万円のWR250Rをお買い求め頂いても、オフロードに適したパーツに変換して行くと、ハッキリ言いますと、
FE250より高くなります。FE250ってある意味、オフロードバイクのスタンダードだと思います。

是非このタイミングでご検討下さい。

 

只今Husqvarna の2019年オフロード車には、「選べるキャンペーン」と題して、
0.9%実質年率84回払いのご利用 又は ¥50.000分の純正アクセサリー/ウエアーのどちらかが選べます。
是非ご利用下さい!

明日からのGWですが、YOYOとしては5/5~5/8までを頂きます。
5日ツーリングに行きたいなぁ~!ご一緒しませんか?(笑)

GWご来店お待ちしています!冷たいお飲物もご用意しておきます^_^

コメント

USED KTM 250 EXC-F SIXDAYS 2016 SM二刀流仕様が入荷しましたよ!

2019年04月25日 | Husqvarna

YOです!

昨日のブログ読んで頂けましたか?^_^

実はDOAのレポートを上げるにあたって、絶対に大作になるだろうなぁ~と、早く仕事が終わる日をイメージして
いたのですが、中々どうして、毎日新規案件が増える一方で、DOAブログを上げるのを先延ばしにしていたのです。。。
その罰なのか?一人黙々とブログを書いていて、ふと保存しますか?の文字が画面に現れたのですが、ん?
関係ないね~と、黙々と書き続けたところ、「やったぁ~」と、終わりの保存を押して、ブログにアップさせて確認すると、

ウゲャ~~!文字が半分以上消えていて、写真も何枚か無くなっていたんですよ。。。もう悲しくて悔しくて。。。。
それでもめげずに黙々と上げて書きこんでいたたら、え?空が白くなってしまって、寝たり起きたりと今朝になって
やっと完成しました!DOAも9時間走って、ブログも3~4時間掛かって、YOはもう亀ですね。^_^。

さて、常連さんが良いバイクを手放します!

YOYOから新車で出荷した、KTM 250 EXC-F SIXDAYS 2016年モデルがそれです。
走行は3.300Km ダート走行は極少で、転倒は有りますが、ダメージを受ける程のものではありません。

 

フレームも綺麗です!ラジエーターガードも付いています。

 

フロントフェンダー裏です。サッと磨いただけです。綺麗ですね。

 

サイレンサーにサイドカバー綺麗ですね。

 

オプションは、何と言っても、テクニクスTGRモタードホイールが付いている事!サスペンションは基本ノーマルなので、
ストリート時のみ17インチを履いて、週末はダート遊びと言う人にはバッチリな車両です!

 

赤いハブが決まりますね!ピンクと黒のハーモ二―!

 

EKのカラーチェーンBULEをチョイスしています。こちらはオンロード用のスプロケットもバッチリ!

 

フェンダー裏もピカピカですね!

 

艶もバッチリです!

 

2016年モデルなので、ある意味モデルの最終型で完成度が高い年式です。2014.2015.2016が同じモデルとなります。
残念ながら2017年以降でSIXDAYSには付いている、トラクションコントロールとマップスイッチは付いていませんが、
男気のアクセルトラクションで腕を磨く事が出来ますよね!^_^。

2016年モデルはスロバキヤカラーで、KTMには珍しい綺麗な赤の色が採用されています。ですので、ホイールのハブも、
ニップルも赤に統一してますので、とてもカラフルに見えてカッコ良いですよね!

更に、ノーマルの18/21インチのホイールも、スプロケット、ディスクブレーキ、チェーンが付属されますし、17インチの
フロントブレーキローターは10mm口径が大きい、純正の270mmフローティングディスクが付いています。
タイヤはトロけちゃってますが、これは私がレースで使用した中古タイヤ。。。^_^。この車両ではサーキット走行はしてません。
もちろん!ご購入の際は新品のタイヤに履き替えての納車となります。オフロートタイヤは6分山位です。
あ!17インチそして、ノーマル18/21インチ共にチューブ仕様です。

その他オプション多々装着済みですので、モタードが欲しかった!という方は、この仕様からステップアップもOKです!
そして、たまにダートに行きたい!という、二刀流の使い方も今のままでも十分楽しめますので、是非ご興味がある方は、
一度現車を確認して下さい!確認がご購入の条件なので、確認無しの通信販売は致しません。

価格はASK  info@rlyoyo.co.jp  迄お問合わせ下さい。
KTM 250 EXC-F SIXDAYS 2016 走行3.300km ワンオーナー車両(当社管理ユーザー)SM仕様

 

 

 

これからの良いシーズン!このKTM 250 EXC-F 6DAYS SMで駆け抜けませんか!
お問合わせお待ちしています! YO

 


 

 

コメント

Husqvarna VITPILEN 701 に、オプションのスポークホイールを付けてみた。

2019年04月12日 | Husqvarna

YOです!

白い矢のネーミングを持つ、Husqvarna VITPILEN 701は、昨年の6月にデビューして以来、
常に強い関心力を持ち、実際に見てみようと、ご来店のお客様が多くいらっしゃいます。

先月納車したVITPILEN 701に、納車時にバックオーダーだったスポークホイールキットを
取り付ける作業となりました。

完成したVITPILEN 701はこちらです!

 

 

近未来的なデザイン車両に、スポークホイールが妙に似合いますね!

 

 

弟分のVITPILEN/SVARTPILEN 401は標準でスポークホイールなので、701よりも親しみ
易いデザインだったかもしれません。701に装着した感じは少し身近な感じになって、親近感が
生れますよね^_^。

なかなかオーダーを頂けないホイールキットなので、貴重な1台ですし、カスタムの参考にして下さい!

 

明日から、Door of Adventure 2019春・マザー牧場が前夜祭を含め、2日間のスケジュールで
行われます。YOYOからのエントリーは20台!大所帯となりました^_^。
DOAはラリーマップを見ながら、千葉の色々なセクションをツーリングする、オリエンテーリング的な
ツーリングラリーなんです。

 

目標はとにかく完走!チェックポイントを全て通過して、安全に無事ゴールする事です^_^

行ってきま~す! 明日明後日は営業していますが私は留守となりますので、宜しくお願い致します。
ご来店時、少しお待たせしてします事があると思いますが、どうかご了承下さい。^_^

 

コメント