Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

USED 2020 Husqvarna TE150i 2サイクルインジェクション・分離給油

2020年06月07日 | Husqvarna 情報

YOです!

今日も多くのお問合せ、誠にありがとうございました。お返事に少しお時間を頂きますが、
お一人お一人真剣にご回答したいので、ご了承下さい!^_^

さて、中古車のご紹介が中々進まなくて、皆さま方より「早く詳細教えて~!」と、聞こえ
感じております。。。(^^ゞ

昨日もご紹介したHusqvarna TE150i 2020モデルですが、商品車としてスタイルを若干変更して、
最終の販売スタイルでご紹介します。

 

ハンドガードをオープンエンドにしました。軽快なハンドリングを確保!

 

スリムなボディーが魅力ですね!

モデルは2020モデルとして、TE150iとして販売された、2サイクルインジェクションで、ガソリンと
2サイクル燃焼用オイルの分離給油を実現したNEWモデルとなります。
兄貴分のTE300i/250iと同じ様に、とてもイージーで乗り易く、賢い2サイクルとして人気のモデル
なのですが、2020モデルは非常に入荷台数も少なく、YOYOでも入手する事がとても困難なモデル
でした。

YO的には、125ccのエンジンをベースに開発されている為に、軽量で+25ccのトルクを得た事で、
200cc並みの乗り易いマイルドなモデルと思っていたのですが、意外とピーキーな性格で、どちらかと
言うと上級者向きなモデルじゃ無いかと思っています。高回転になればなるほどパワーが盛り上がり、
オープンエンデューロでハイスピードなコースを得意としている感じですが、上級者に掛かれば、
この軽量を活かして、難所をクリアする武器として役に立ちますし、高回転を維持し続ける事で、
125ccとは異なるトルクとトラクションが、軽量と相まって体力を消耗する事なくベストなアタックが
出来るのでしょう・・・(^^ゞ 

そんな中上級モデルとしてのYOの評価ですが、軽いと言う事は何もかもがプラスへ転じます^_^
この軽量なTE150iを是非跨いで取り廻して見て下さい!異次元の軽さが貴方を感動させます!

【OPTIONの紹介です】

 

青い部分がフロントアクスルプーラー。アクスルシャフトを素早く抜いたり固定する時に便利!
フロントフォーク下部のフォークプロテクター。わだち等からフォークエンドを守ります。

 

ラジエターコアガードで、ノーマルと似ているのですが強化タイプになっています。

 

通称お友達ベルト!スタック時の救助用に必須アイテム

 

ハスクバーナグリップエンド

 

フロントブレーキマスターカバー

 

これは必須かなぁ~スタック時のオーバーヒートに電動ファン!

 

ウォーターポンプを守る削り出しのポンプカバー

 

リヤブレーキペダルがノーマルより大きいタイプで踏み易く。ワイヤーは岩等にヒットした際に
ブレーキペダルが極端に曲がらない様にサポート。

 

純正も装着されているのですが、よりホールド性の良いACERBIS製のフレームガード

 

これは必須アイテム!リンクの付きだしたところを守るリンクガード

 

こちらもリヤディスクローターのガード。通称シャークフィン!

 

リヤフェンダー巻込み防止で、リヤーフェンダーのショート化をします。

 

クラッチレリースシリンダーを守るレリースカバー。チェーン等から運ばれる泥や石から
シリンダーを守ります!

 

クラッチマスターシリンダーカバー!やっぱり青は似合いますね!

 

フロントディスクローターを衝撃から守るディスクカバー。純正も用意していますが、よりガードの
範囲が多いACERBIS製のガードを装着!

 

軽量なTE150iは魅力が一杯!

 

分離給油の証!オイルの給油口とガソリンの給油口です。

 

Husqvarna TE150i 2020モデル 走行480km ワンオーナー車 オプション多数装着!前後タイヤ新品に
交換します。車両価格103万円(税込) (登録・整備・保険関係は別途必要となります)

 

気合一発!の意気込みで、全開率を高めて攻めのライディングでいきましょう!^_^

詳しくは info@rlyoyo.co.jp  迄お気軽にお問合せ下さい!お待ちしています!^_^

 

コメント

もう直ぐご主人様に会える!^_^ Husqvarna SVARTPILEN 250 2020 開梱作業です!

2020年06月05日 | Husqvarna 情報

YOです!

KTM390ADVENTUREがYOYOで開梱作業が有るんだから、Husqvarnaの開梱作業が見たいですよね!^_^。
感動対面のこの時こそ、Owner様のご都合が合えば、是非一緒に立ち会って頂きたいところですよね!

海を越えて、トラックにも揺られて、遠路遥々インドから運ばれて来た
2020年モデルHusqvarna SVARTPILEN250です!

動画では、結構簡単に作業が終わっていますが、実はこの開梱作業も熟練の技がありまして、
順番を間違えたり、いらぬ作業が進むと、また1からやり直し~!みたいな事にもなります。

ビニールが被されでいますので、そのビニールを剥がす瞬間と、スバルトが日本の地に降りる時がなんとも
感動的ですので、そんなOwner様の気持ちでご覧頂ければと思います!

 

 

どうでしたか?感動が伝わりましたでしょうか?(笑)ご主人様~!どこにいらっしゃいますか?!と、
語り掛けて来てる様で、バイクも生き物と同じ様に意思が通じ合えたら最高でしょうね!^_^

思いっきり新天地での走行を楽しんでもらいたいですよね!Ownerも愛車も一心同体!そんな相棒が
見つかった時が、最高のバイクライフの始まりなんです!

ぜひ商談時のご希望で、開梱作業の立ち合い!とお申し込み下さい!

楊が心を込めてご案内致します^_^! ご質問等は  info@rlyoyo.co.jp までお気軽にご連絡下さい!

コメント

2020 Husqvarna SVARTPILEN 250 と 401はここが違う!続編。

2020年06月04日 | Husqvarna 情報

YOです!

今日は以前にもご紹介したのですが、2020年モデルのハスクバーナSVARTPILEN250と401の違いを、
更に追加で発見した事と、分かり難く疑問に思っていた事を、YOなりにご説明したいと思います。

今年は、新型コロナ感染症の為に、我々も含めて全て新車発表会や、ディーラーの勉強会などの情報を
収集する場が無くなり、しっかりとしたアナウンスが出来ていない事で、皆さまにもご迷惑をお掛けして
しまい、YO自身も発表した情報に間違いがあったりと、もう一度車両を見ながら新しい発見と共に
ご紹介します。

今年この2機種は、SVARTPILEN(SP)と言う名の下で、249ccと373ccが発表されました。
2020モデルより、インドで全て生産され、組み立てもインドで行われる事になり、昨年までのオーストリア
生産モデルと、生産国が異なります。

SP250は主にアジアを中心とする輸出モデルとして生まれ、それゆえに生産コストやモデル自体の
よりスタンダード型として、シリーズの中でも特にベーシックなモデルと仕上がっています。
そのモデルを含めた事で、生産ラインの統一化をした事で、SP401もSP250と共有する部品を使用する事で、
コストを抑え、昨年モデルより定価を抑えた設定が可能になったのです。

ここまでは既にご承知かと思います^_^。

初入荷時に、YOも分かる範囲で違いを説明しましたが、納車が進むにつれて、こんなところも違うんだ!
と言う事も気付きましたので、幾つかご紹介します^_^。

★先ずは、先日コメントでも頂きました、クイックシフトの件です。

色々情報が交錯して、KTM390ADVENTUREも発売された時期で、間違い易いですね。私も間違えてい
ました。

先ずはHusqvarnaはEasy Shiftと言います。
Husqvarna SVARTPILEN 250 はイージーシフトは付いていません。
Husqvarna VIT/SVARTPILEN401はイージーシフトが付いています。もちろんシフトアップもダウンも
両方クラッチを握る事なくシフトチェンジが可能です。ダウンシフトのみと言う説もありますが、
取扱説明書でそう読める部分もあり、間違いやすいところですが、アップダウン可能です。

KTMはクイックシフタープラスと言いまして、KTM390ADVENTUREにはオプションとなります。
これはソフトのインストールだけで大丈夫です。

ですので、Husqvarna VIT/SVARTPILEN 401はとてもコストパフォーマンスが高いモデル達なんですよね。

実は外観より見分けが付きます。クラッチケースの後ろ側に、シフトポジションセンサー(黒い樹脂)が
付いているのが、イージーシフトやクイックシフタープラスの装備可能なモデル達です。

SVARTPILEN401です。

 

こちらはSVARTPILEN250です。

 

★ライドバイワイヤーの401と、アクセルワイヤー式の250
アクセルを開けた時に、SP401は電子制御にてスロットルバルブを開け閉めしますが、SP250は機械式で
開け閉めします(ワイヤーで)。性能的にはどちらも同じと言えば同じなのですが、電子制御出来る
SP401の方が、より細かなセッティングが出来るメリットはありますし、排気ガス対策でのメリットも
有ります。しかし、効くところですとコストと、トラブル時の復旧等では、機械式が有利?^_^

SVARTPILEN401です。スルッとしてますね。

 

SVARTPILEN250はワイヤーが付きます。

 

★トリプルツリーとアッパーブラケットの製法の違い?
見ての通り。SP250はスッキリとした表面で、美しい感じ?^_^がするフォークブラケットですが、SP401の
リブが付いている方が強度があるとか・・・?それは無いと思いますが、もう少し調べてみたいところです。

SVARTPILEN250です。綺麗ですよね

 

SVARTPIEN 401です。このリブが肝なのか!?

 

SVARTPIEN250です。

 

SVARTPIEN401です。

 

★エンジンハンガーが異なります。
エンジンハンガーが違います。エンジン自体の設計は同一ですので、マウント位置とかその他の変更は
無いので、同じものを使えば良いのですが、何故か違います・・・。見た目はSP401の方が強固に見えますが
詳しいところはもう少し調べたいと思います。

SVARTPIEN250です。何かこの先のモデルでの共通部品なのか!?

 

SVARTPIEN401です。強そうですよね!

 

SVARTPIEN250です。

 

SVARTPIEN401です。

 

★ハンドルの細かいところですが、センターバーの取付けからが若干異なります。
これは溶接の部分ですので、間違って溶接したの?的な所なのか、何か強度やしなり方や振動対策?なのか、
定かではないですが、やはり気になるところです。今年のモデルでは2019年のハンドルよりも手前への絞りも
強くなってポジション的には普通に?^_^なったんです。2019年は特殊です(笑)

SVARTPIEN250です。前後に溶接が施されています。

 

SVARTPIEN401は後ろだけです。振動対策かなぁ?

 

★最後にフロントディスクローターですが、SP401の方が若干肉厚です!
前回でも少し触れた部分ですが、両車共ローター径は変わりませんが、デザインもホール数も違います。
さらに、若干ですがSP401の方が厚いのです。排気量の大きい分ストッピングパワーが欲しいところで、
発熱量も多いので、放熱効果と耐熱性を考えた事なのか?お調べします。。。

SVARTPIEN250です。デザインも違うんですよ。分かります?

 

SVARTPIEN401です。

 

SVARTPIEN250です。5mmジャストです。

 

SVARTPIEN401です。そのまま当てると入りません。誤差かなぁ・・・^_^

 

と言う事で、間違い探しじゃないですが、SP250とSP401の違いをご紹介しました。参考になりましたか?
この兄弟車をご購入時に悩まれる方が多いのですが、先輩格のSP401ですので、メインバイクとしてお考え
頂く際には、Easy Shift,、イドバイワイヤー、WPアジャスタブルサスペンション、肉厚Fディスクローター、
が装備され、2019より低価格化されたSP401は魅力的に映るのはYOだけでしょうか・・・。(^^ゞ

 

あ!そうそう!もうひとつあります!
SP250/SP401両車共に、ABSに2種類のモードが追加されました。ROADモードとSUPERMOTOモードの2機種
があります。SUPERMOTOモードは、フロントがABS介入リヤはカットとなります。ドリフト仕様ですね(笑)

今日もありがとうございました!分らない事がありましたら info@rlyoyo.co.jp までお気軽に
お問合せ下さい!

コメント (2)

Husqvarna 純正 マスク 入荷しました!数量限りとなります!

2020年05月27日 | Husqvarna 情報

YOです!

待ってました!Husqvarna 純正のマスクが入荷しました!
これは、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止で、Husqvarnaの本社で急遽製作したもので、
少量ではございますが、YOYOに入荷して来ました!

もちろんKTM 純正マスクも入荷予定ですが、いち早くHusqvarnaが入荷しました。

付け方は耳に掛けるタイプではなく、頭部に回すタイプですので、短髪の方は問題無いかと思いますが、
髪の毛が長い方は、チョッと工夫が必要かも知れません^_^

装着感は、少し息苦しい感じもするのですが、紺と黄色の隠れラインが入っていてお洒落で
カッコイイかも^_^。。。

ジェットタイプのヘルメットでの着用も、このマスクならお洒落な感じで良い感じですよね

 

価格は¥1.081(税込)となります!(お1人様1枚とさせて頂きます)

白いマスクも清潔感が有って良いのですが、チョッとお洒落にキメたい方にはお勧めです!
もちろん!Owner様は必須アイテムでしょ!

コメント

8.873円のスペシャルチューニング!Husqvarna SVARTPILEN 701

2020年05月23日 | Husqvarna 情報

YOです!

今日は、前々からやってみたいなぁ~と考えていたカスタムをご紹介します^_^。と言いつつも、
YOYOでは色々なかたちでご紹介している、2次減速比変更チューニングなんです!(^_-)-☆。

今回は、2月に千葉にツーリングに行った際に使用した、YOYOの試乗車でもあるHusqvarna SVARTPILEN 701を
もっと日本の国土にマッチしたファイナルにしたい!そう考えていたのですが、コロナの関係もあって、
なかなか先に進まず、ツーリングに行くチャンスも無くなってしまった事から、延び延びになっていました。

 

先日、ふとお客様からHusqvarna 701 ENDUROのフロントスプロケットの交換をご用命頂き、その際に
想い出して本日交換する事が出来ました!

Husqvarna SVARTPILEN 701のノーマルのスプロケットは

フロント16丁、リヤ40丁とかなりロングに振られていて、各ギアでの伸びは良いのですが、POWER感が
薄く、中々6速ギアまで使用する事が出来ませんでした。特に6速まで入れなくても良いのですが、
オートシフターが標準装備されている、Husqvarna SVARTPILEN 701では、トントンとシフトが上がり、
街中では、逆にギクシャクしてしまうのです。高速多用の人はこのギアでも良いのかも知れませんが、
それでもかなりロングで、エンジン回転数が3.000回転以上回っている事が、スムーズなライデシングが
出来る感じのエンジン特性と各ギアーの繋がりなんです。

 

 

 

そこで今回は色々な経験と、これだ!と決めたスプロケットが!
フロント15丁、リヤ42丁をチョイスしました!減速比は2.8で、ノーマルは2.5となります。

 

取付けはチョッと大変で、リヤーホイールの取外しと、フロントスプロケットにはカシメのロックワッシャー
がありますので、たがねやトルクレンチ等も必要ですので、安全の為にもディーラーで交換をお勧めします。

 

大きさはそんなに変わらないから、カスタムした感じがしませんが、そこが良いかも。
フロントスプロケットの方が値段が高いんですよね!(笑)

 

16丁を15丁へ。ゴムが付いているサイレントスプロケットです。

 

フロントスプロケットです。ロックタイトを塗布して規定トルクで締めた後に、ロックワッシャーを
たがねでトントン。

 

変えたよ~と言う感じが欲しい人は、ISA製のGOLDも良いかも知れませんね。

 

チェーン調整をして取付完了!リアフェンダーがアクスルシャフトに共締めなので、チョッとやり辛い。

 

走った印象は!もう!これじゃなくちゃ!と言うほど、HusqvarnaのストリートモデルとしてFUN TO RIDE!
加速がメチャクチャ鋭くなって、大きくスロットルを捻るとフロントタイヤが軽々と持ち上がります!
巡行走行も街中では丁度良い感じですね。TOURINGライダー的には、フロントだけ15丁もアリかも知れません。

 

イメージですが、6速3.500rpmで70km/h位に落ち着きますので、ギクシャクもせずそこからの加速も
鋭いダッシュが得られますし、1速落としたらもうヤバい!(笑)それほどまで激変したんです!
今回のスプロケット変更でチェーンのコマの調整は必要なく、遊びの調整のみで交換可能です!その辺も
考えてこの丁数にしました。15丁のみ交換時はチェーンカットが必要かも知れません。。。

 

この変更は、もちろんHusqvarna VITPILEN 701でも大丈夫です!是非オーナーの皆さん!試して下さい!
部品代は8.873円です。このプライスで世界が変わりますよ!^_^。

あ~面白かった^_^ 明日は良い天気みたいですね!お問合せお待ちしています!

info@rlyoyo.co.jp までお気軽に!

コメント

Husqvarna SVARTPILEN 250 の動画をアップしました!紹介動画Vol.2(^^ゞ

2020年05月14日 | Husqvarna 情報

YOです!

YouTubeの新型紹介動画Vol.2 (笑) おいおい調子に乗ってんなぁ~!って?
あれ?!そう思いますか?(^^ゞ

そう言わないで、今回もたどたどしい紹介をさせて頂きましたが、気合は入ってます(笑)。良かったら見て下さい^_^。

最後にローダウンの事を話しているのですが、チョッと間違っていまして、まだ2020モデルの純正ローダウンキットは
発売されていませんでした。ご免なさい<m(__)m>

リヤサスペンションでは、YOYOオリジナルスポーツローダウンサスペンションが用意されていますので、
フロントフォークの突出し量調整と合わせて、マイナス25mmは間違いなくする事は出来ますので、
ご安心頂ければと思います。^_^

しゃべっている時は、間違いない!って、思っているのでご勘弁下さい。

 

 

如何でしたでしょうか?

これからご購入をご検討されている方に、少しでも多くの情報をお伝えしたいと考えて、
出来るだけ細かくご案内した内容になっています。

近々、試乗車のご用意なども検討していますが、今のところお客様への納車を優先とさせて頂いている為、
この動画を見て頂き、ディテールの確認と、ご試乗は、YOYOに現在KTM 250 DUKEが試乗車としてご用意
させて頂いていますので、走行フィールは体験して頂けるかと思います。

更にもっと色々と情報を知りたい!という方は、遠慮なく info@rlyoyo.co.jp までお願い致します!
魅力一杯のHusqvarna SVARTPILEN 250 をご案内させて頂きます!

 

コメント

ニョキニョキと角が生えた Husqvarna SVARTPILEN 250 2020モデル!^_^

2020年05月09日 | Husqvarna 情報

YOです!

何かと話題の、Husqvarna SVARTPILEN 250 ですが、納車前の最後の仕上げで角が生えました!?^_^
と言うのは冗談で、SVARTPILEN/VITPILEN の特徴的なヒップスタイルですが、カタログやネット上
でのスタイルは、こんなんで大丈夫?タンデムシートも小さくて、二人乗りしたらパッセンジャーが
後ろへ落ちるんじゃない?と思った事がありますよね!^_^

 

でもご安心を、日本の法規上では2名乗車の車両の場合、シートにベルトが装着されている。もしくは、
シートの後方にタンデムグリップが装着されている事が必須となります。実はSVARTPILEN 250にも
しっかり同梱されていて、取り外されています。

SVARTPILEN/VITPILEN 401も同様なのですが、仕向け地によっては装着義務が無い国もあるのだと
思いますが、個人的にはタンデムグリップは外されている方がスタイル的にも好みですね^_^。
皆さんは如何ですか?

YOYOでは、SVARTPILEN250.401/VITPILEN 401共に納車時は装着させて頂きます。ので・・・^_^。

 

2019モデルと2020年モデルとではシートレールの構造が違う為、タンデムグリップも少し小振りに
なりました。
2018.2019モデルはこちらを見て下さい。

何ともチョッと凝っていて、リヤシートの白いロゴ入りメクラ蓋を、裏から摘んで簡単に取り外す事が
でき、ここからニョキニョキっと出て来る訳です^_^。
取付はとても簡単で、ここに見える4本のボルトを外して、長いボルトが同梱されているので、この様に
サクッと取付完了です!

 

リヤシートの裏側から、めくら蓋を摘んで外します。

 

こんな感じです。左右のめくら蓋ですが、品番が異なりますので装着時は間違えない様に^_^

 

この丸いボルトを外します。

 

こんな感じです!

 

長い別のボルトに交換して、タンデムグリップを取り付けます。

 

はい出来上がり!2019以前のモデルに比べると小さくなってスタイリッシュですね!

 

2020モデルはシートが少し長くなっているので、この位の小振りな方がスタイル的にもグットですね!

後は、外したメクラ蓋と短いボルトの管理をお忘れなく!

 

ちなみにこのメクラ蓋を無くすと・・・・・。左右で・・・・(@_@;)¥4.000です。。。^_^

 

Husqvarna VITPILEN / SVARTPILEN に関してのお問い合わせは  info@rlyoyo.co.jp  まで

お気軽にどうぞ!

コメント

USED Husqvarna SVARTPILEN 401 2018 356km !入荷しました。

2020年05月08日 | Husqvarna 情報

YOです!

今日はチョッと営業です!^_^。

黒い矢の名を持つ、Husqvarna SVARTPILEN 401 の2018年モデルが、中古車として戻って参りました。


もちろん、YOYOで新車にて出荷した正規ディーラー車で、SVARTPILEN 401が発売されてYOYOで納車
された第1号車と記憶しています^_^。

その記念すべきSVARTPILEN 401が、走行僅かでとても良い状態でご案内致します。

オプションが充実しています!

この車両の一番の良いところは、ローダウンサスペンションが組み込まれている事で、Husqvarna VITPILEN/
SVARTPILEN シリーズ全体が少し腰高なフォルムで、足付き性が若干高目になります。
そこを新車当時からKTM/HQVのオプションローダウンキット-25mmが組み込まれ、安心してお乗り頂けます!

 

オプションをご紹介しますと、

  • -25mmローダウンサスペンションキット(前後共)
  • アルミ製クローズタイプハンドガード
  • ヘッドライトプロテクター
  • 可倒式オフロードタイプミラー
  • ETC アンテナ別体式
  • USB 2口タイプ

が装着されています。

 

 

★手前右に見えるのがUSB が装着されています。中央にはETC

 

★太い43mmWPフロントフォークが魅力です!

 

★アシストグリップはボルトオンで簡単装着!ショートテールでウィンカーはリヤフェンダーライナーに装着。

 

SVARTPILEN 401をご購入頂く際に、付けて置きたいなぁ!と思われるオプションパーツが初めから装着され、
後はタンクバック等の小物入れがあると便利かな?という位なので、こんなタンクバックは如何でしょうか?^_^

純正タンクバック 26.906円(税込)

こちらは、3つの金属プレートを、SVARTPILENの顔でもあるタンクの上部に付く、タンクキャリアにフィッティングさせ、
マグネットタイプのナイロンバックを装着させます。大きさ的にもデザイン的にも、大変似合っていると思います!
お勧めですよ!

このSVARTPILENは、アルミクローズハンドガードと、ヘッドライトプロテクターが装着されているので、
とても強そうに見えますよね!まるで戦車の様なフォルムは、すれ違うライダー達にも印象付けるに違いないです!

 

★このシンプルなショートテールが魅力のオーストリヤ2018/2019モデル

 

デザイン良し!威圧感良し!足付き程度良し!の3拍子の
Husqvarna SVARTPILEN 401 2018年モデル
オーストリア製造モデル
走行:356km
車検:令和3年6月
弊社新車出荷車 ワンオーナー 車庫ボディーカバー保管
転倒歴無しのとても良い状態です!
車両価格:64.9万円税込 (登録・整備・保険関係の費用は別途となります)

 

夏のシーズンに向けて、コンパクトで手足の様にコントロールでき、そしてパワフル!な
Husqvarna SVARTPILEN 401 です!^_^ 

ご興味がございましたら、info@rlyoyo.co.jp までお問合わせ下さい!

 

コメント

ETC/USBをセットアップ!Husqvarna SVARTPILEN 250

2020年05月07日 | Husqvarna 情報

YOです!

4日間のお休みを頂きまして、ありがとうございました^_^。と言っても、休み中は地元に居ながら、
昨日アップしたYouTubeとか、チョッとお仕事をさせて頂きました。
新型コロナ感染症で、感染拡大を防ぐ為のステイホームで、大好きなオートバイを見に行く事も出来ない。
そんなお客様へ、KTM/Husqvarna の新モデル達を紹介したくて始めたYouTubeなんです。
是非これからも宜しくお願い致します。

さて、今日はこちらも何かと話題の、Husqvarna SVRTPILN 250ですが、興味のある方にとってはETC/USBは
装着可能か?そしてどんな機種が適合か?が気になるところですよね。
そんな細かいところでもありますが、ご購入に際しての見積りには是非プラスしたいアイテムですね!

先ずはETCからですが、

今回初めて装着した感じでは、2019モデル達よりもシート下スペースが小さくなっている感じですね。
バッテリーの搭載位置も変更され、工具がシートの下に装備されるスペースも無くなっています・・・・。

ETCは日本無線2.0アンテナ別体のJRM-21をフィッティングさせました。これが入ればミツバサンコーワの
BEシリーズも全て大丈夫だと思います。後はアンテナやインジケーターの大きさ等による、装着位置の関係
だけだと思いますので、ご相談頂ければと思います。

ちなみに日本無線2.0アンテナ別体のJRM-21は税込¥26.180となります。

 

アンテナがコンパクトで、ネイキッドSTYLEのSVARTPILNでも目立たず、スタイルを壊さないと思います。

 

インジケーターは右のスロットルのスイッチケースに取付けました。

 

USBはあまりハンドルの周りにスペースが無いので、1口のUSBステーションⅡにして、シンプルに纏めました。
税込で¥2.398です。

どうでしょうか?

2020モデルはシートが後ろに伸びたのですが、シート下のスペースは逆に小さくなっています。
これは、タンデム走行が増えると想定した、リヤシートレールの補強がメインになっている様です。
その為に補強のクロスバーが追加され、そのお陰でバッテリーの搭載角度を変えたので、工具が入らない・・・。
そんなオマケが付いてきてしまいました。

デメリットでは無いですよね、補強された事での安全性確保だと思いますので、これはこれで良し!
但し、車載工具という車載は出来ないのが残念です・・。(+_+) という事で、皆さん!オプションのタンクバックを
是非ともご検討下さい!   そこかよ!って^_^

 

コメント

いつもお世話になってる、FUKAちゃん号を拝見!両刀使いHusqvarna TE250i 2020

2020年05月01日 | Husqvarna 情報

YOです!

今日はとても暖かい、と言うか暑い1日でしたね。予約でお越しになったお客様も、
「通常メンテナンスじゃなくて、ツーリング前の準備メンテナンスだと嬉しいんだけど・・・」
と、この天気には、お出掛けしたい!と、誰もが思います。今は我慢ですが、ライダーとして
とても歯がゆく、良い季節が来てしまいましたね。。。(T_T)

今日は楊遊会で、常に私とインストラクター的なお手伝いをしてくれている、FUKAちゃんが、
消毒スプレーが手に入ったよ!と言って、わざわざ届けに来てくれました^_^。

なんか、自分の事より、私達や来店のお客様の事を気遣って頂けて、本当に感謝です。。
ありがとうございます!今は手に入れ難い消毒スプレーですので、店内の消毒等に本当に助かります。

その時に乗ってきた、彼の愛車TE250i 2020モデルが、いつもは日野カンで泥まみれになっている
姿しか見ていなかったTEが、めちゃくちゃ格好良いSUPERMOTO仕様に変身してました!(^_-)-☆

 

以前からモタードレース等を参戦していた経験もあるFUKAちゃんが、モタードを少しの間お休みをして
いたのですが、今年からロードレースも参戦する予定でだった事も有り、練習も兼ねたモタード
バイクの復活と言う事で製作したTE250iなんです。

 

 

グルービング加工されたフロントタイヤと、320mmフロントブレーキローターが迫力です!

 

DUNLOP アルファ13の160サイズが迫力ですね!

 

ホイールは、以前YOYOから中古を購入してもらっていたので、後はFUKAちゃん流のカスタムパーツと、
使える物はトコトン使っちゃおう!^_^と、一風変わったPARTSが付いているので、参考程度で(笑)
ご紹介しちゃいます^_^。

何と言っても、フロントブレーキが凄い。

320mmブレーキローターはAmazonで仕入れた、サポート付きで約¥8.000のロータ~!安ッ!
チョッとエッジが立っていて、手が切れそうな感じですが、スタイルは良い感じですよね。
あ!フローティングディスクですが、あまりフローティング感はありませんでした・・・・。(*_*)

 

そしてフロントキャリパーはFMZ製のブレンボレーシングのコピーとの事。^_^; コピーなので
ブレンボのパットがそのまま使用出来るので、効き味はとても良さそうでした。価格は¥15.000
との事^_^;。安ッ!でもね、ダストシール付きだよ!って、FUKAちゃん嬉しそうに話してくれた。

 

そしてフロントブレーキマスターシリンダーも、ブレンボのラジアルのコピーで、メーカーは
FLANDO製との事。意外と日本のモタードレース等でも使用している選手も多いとか。。。^_^。
価格は¥18.000前後との事。 ブレーキホースはアクティブの特注オーダー品です。

 

まるでブレンボみたいですね!(笑)

 

タイヤはDUNLOPα13の中古タイヤを、グルービングして装着しるのですが、意外と
スリックタイヤにグリービングしているかの様に見えるので、イカしてます!^_^

とは言え、組み上がってしまうと全く問題ないSUPER MOTO仕様のTE250iが完成しちゃってますね!
リヤスプロケットが50丁のノーマルのままなので、チョッとローギアードなフィールですが、これは
直ぐにオフロード仕様に戻す時に、チェーンの長さを同じにしておきたいから。FUKAちゃん流のSMが
完成してました。

ちなみにこのスイングアームガードは、KTM用との事ですが、¥1.600(*_*)

 

そしてこのワイドステップはDRCベースで自作品 コストは¥1.600(*_*)

 

このスイッチは?セルボタンだそうで、山の中で転んだ時の安心始動だそうです(笑)

 

アイデア満載のFUKAちゃんHusqvarna TE250i 2020 でした!いつもありがとうございます~!

 

コメント