Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

USED YAMAHA MT-09 TRACER 2017年型 入荷しました!

2018年10月20日 | YAMAHA 情報

YOです!

東京は夕方から怪しい天気になり、大粒の雨に混じり、氷が降って来ました。
何となく嫌な予感がしたので、早々に外に展示してあった車両をしまった直後の荒れ天気で、
雷も鳴り響いて、大変な騒ぎでした。 MOTO-GP もてぎの皆さん大丈夫でしたかね?

さてさて、今日は週末なので、チョッと営業させて下さい。

先日、Husqvarna FE450 SMをご注文頂いたお客様からの下取車となります。
え~!この車両から?と思われますよね^_^。
全く違う世界?と感じてしまうかも知れませんが、意外と共通なところもあるのかも知れません。
YMAHA MT-09 TRACER 初年度登録は2017年5月のワンオーナー車です。

 

 

 

 

 

転倒歴なしの、TOPボックス付きで、距離は7.300km 車検は平成32年5月まで付いています。
タイヤが前後5分山?という位で、他には大きな傷や、消耗部品の交換時期が直ぐというものも
ありません。とても良いコンディションの車両です。もちろんタイヤは新品に履き替えますので、
ご安心下さい。

 

 

MT-09のエンジンは、3気筒900ccという特殊なエンジンを持ちます。もう既に定評通りのパワフルな
車両で、低速から高回転に向かって、一気に吹け上がる感がとても気持ちいんです。そんな、
豪快な加速をするエンジンを、デュアルパーパス系のボディーに詰め込んだモデルが、このTRACERです。

 

 

YOがいつも愛用している、KTM 1050 Adventureと同じ使い勝手にはなりませんが、スタイル的にも
共通点がありますし、アウトドアーを楽しみながら、キャンプツーリングや、中距離以上のツーリング等、
ロードだけに限定すれば、充分にAdventureとしての素質も充分あります。

荷物を沢山積んで、目的地まで高速で早目に向かい、現地で荷を下ろしてからゆっくりツーリングを
楽しむスタイルなんかに良いですね。

 

 

YAMAHA MT-09 TRACER 2017 車両価格は75.6万円(税込)です。登録・整備に係る費用.任意保険
などは別途となります。ご興味がございましたら、お気軽にYO又はSATOまでお問合わせ下さい。
問い合わせ先は、ライダースランドヨーヨー 03-5392-3411 又は info@rlyoyo.co.jp まで。

お待ちしています!

 

コメント

YAMAHA YZ125X 軽量No.1&YZ250FX 後方排気!2019モデル入荷。

2018年09月06日 | YAMAHA 情報

YOです!

YAMAHAオフコンペ正規販売店のライダースランドヨーヨー^_^。 
いつもはKTM/Husqvarna の正規ディーラーとして、そのブランドと共に、色々なオートバイを
ご紹介していますが、今回はYAMAHAのエンデューロレーサー達の、2019年モデルがリリース
始まったので、簡単にご紹介致します!

先ずは、2サイクル125ccのYZ125X。
今ではとても少ない2サイクルシリーズと、それを用いたエンデューロマシンと言う事が、もっと
希少な存在となりました。2サイクルの滑らかなエンジンフィールと、粘り強いエンジンが魅力!
そして何といっても、95kgという極限までスリムにしたボディー!そして粘り強いエンジンと、
食い付きの良いソフトサスペンション。そしてそして価格も¥580.000+消費税と、導入し易い
価格帯も魅力の一つ。

 

 

2019年モデルは大きな変更点は無く、相変わらずその軽量を生かした運動性能と、程良い?
パワーが魅力!グラフィック変更が施され、更にいかした125ccに仕上がっています!

 

そして、何といっても後方排気という、前側が吸入で、後ろ側が排気となっている、ヤマハお得意の
後方排気エンジン。吸入効率の最適化を目指し、ストレートポートにダウンドラフトに近いスロットル
廻りに出来た事で、ハイパワー化と、よりスムーズなトルク極性を得る事に。2019年モデルでは、
極低速のドライバリティー向上の為、ECUの見直しをしました。
そして何といってもスタイル!トグロを巻いたエキゾーストパイプがとても美しく、性能も当たり前ですが、
迫力満点の全体像がとても眩しいです!価格は¥750.000+消費税!

 

 

 

両車ともナンバー取得は出来ませんが、トランポ生活が普通に可能な方は、とても気楽な感じで
遊べ少ですよね!ツーリングには行けませんが、山道は最高でしょうね!

18日火曜日、楊遊会を予定しています。良かったらYOと遊んでやって下さいませ!(^^ゞ

 


 

コメント

綺麗なスタイルですね!YAMAHA MT-07 Blue入荷しました。

2018年08月24日 | YAMAHA 情報

YOです!

意外と知られてないのですが、YOYOはヤマハの正規販売店+
ヤマハオフロードコンペティションモデル正規販売店なんですよ。コンペモデルの取り扱いは、
競技車両としての知識と技術はもちろん、ある意味メーカーの技術最先端の車両を取り扱って
いると言う、チョッと誇り高い^_^感じなんです。

今日はコンパモデルではありませんが、YOYOでは珍しいNEW MT-07が2台店頭を飾っています!
以前にもご紹介しましたが、Buellユーザーからのお乗換えが多いのも、このMT-07。
形式やクーリングなども違いますが、2気筒と言う気筒数と、シングルエンジンに近い爆発間隔で、
トルクのフィールが似ている見たいですね。ちなみにMT-07はクランク角度270°

YOYOの中では、ヤマハ販売車両の中では1~2位のMT-07は、個人的にも後ろに見える黄色の
ホイールのグレーカラーのカラーリングMT-07が好きなんですが、Husqvarna SVARTPILEN 401
のカラーリングとラップしてしまいますね。。。^_^

 

 

MT-07のサイドビューですが、前廻りがウサギさんに見えるのは私だけでしょうか?(笑)
大きな耳を後ろに反らせて、今から行きますよ~!って感じです。変ですね?私。

よし!明日から週末!日曜日はツーリングで留守にしますが、お店は営業しますので、
秋のオートバイシーズンに向けて準備をしましょう!沢山のご来店お待ちしています~!

 

コメント

来た来た!NEW YAMAHA MT-07 マッドブラックとイエローホイールがドキッとします!

2018年06月21日 | YAMAHA 情報

YOです!

2日間のお休みありがとうございました!

今日は、なかなか入荷しなかった、ヤマハのニューモデル!MT-07が店頭にお目見えしました。
艶消しのマットブラックボディーに、蛍光カラー黄色のホイールが組み合わされたこのカラーリングは、
個人的には大好き!^_^

なんかヤンチャナ感じがして、ガラスに映ったライディング中の姿が、妙に気になります。

各部アップデートしたMT-07を是非ご賞味あれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、とっても良い感じがします。夜の都内をぶらりと散歩する・・・。そんなイメージが似合うバイクですね!

是非週末は、YAMAHA MT-07 を見に来て下さい!^_^

 

コメント

さようなら。ありがとう!また会おうな!SEROW

2018年03月10日 | YAMAHA 情報

YOです!

YOYOからの最終セロー250インジェクションが旅立ちます。。

正直に言いますと、オレンジ色のこのセロー250は、自分の物として残して置きたかったバイクだったんです。
それじゃ!商売になりませんよ!YOさん!と言われるかも知れませんが、私自身セローへの思い入れは深く、
初めて林道を教えてくれたオフロード車でもあります。

排気ガス排出の規制にパス出来なかった、ラストセローとなった2017年モデルは、インジェクションの中でも
頼もしくオフローダーの心を掴んでいたモデルで、前モデルのキャブレター仕様よりも、更に熟成されたモデル
だった為に、生産終了が決まった時には、惜しまれあっと言う間にメーカー在庫がゼロになってしまいました。

今回、このオレンジ最終セロー250を射止めたのは、ハーレーダビッドソン等も所有されるオートバイ経験も
豊富なベテランライダーですが、オフロード車両は初めてと言うお方なんです。俺と似ているな~と。
初めて選ぶオフロードバイクがセローだったら、とても安心!きっと可愛がって頂けるはず!そう思い、
お買い上げ頂きました。^_^。(セールスは佐藤君なんですけどね(笑))

そんなベテランオーナー様がチョイスしたセローを、更に冒険に相応しい仕様にしようとチョイスした備品が、
TOURING SEROWバージョンとなり、ほぼフルセットの装着となりました。
更に、フォグランプ、サドルバックサポート、USBにETC、そしてグリップヒーターにエンジン廻りのプロテクター
等をプラスして、最高のSEROW 250 ADVENTUREの完成です!^_^。

 

☆スクリーンバイザーも装着され、高速移動も楽ですよね!

 

☆フォグランプはもちろんLEDを採用しています!夜の林道も安心です?!

 

☆スキットプレートはこの車両たちの必須アイテムです!

 

☆クラッチカバープロテクター

 

☆フライホイール側のプロテクターも装着!

 

☆大型のリヤキャリアとサドルバックサポート!北海道が見えてきますね!

 

☆グリップヒーターで快適ライディングです!

 

☆旅仕様には必須です!ETC と USBがしっかりと装備されています。

 

☆ETCも鍵付きのSEROW専用ボックスでしっかりガード!

 

☆ハンドガードと握り易いDRCのブレーキ/クラッチレバーです。

 

そして、SP忠男のパワーBOXエキパイに、ドライブレコーダー待ちとなっいていますが、旅の相棒としては
言う事無しのSEROWになりますね。 

一旦はSEROW250とのお別れとなりますが、また今後発売予定のNEW SEROWを待ち望んでいますので、
YAMAHAの皆さん!宜しくお願い致します。^_^

どんな冒険が始めるのでしょうか?楽しみですね~!

コメント

奇跡の美しさ!YAMAHA SEROW XT225WE 2000モデル入荷しました!

2017年12月22日 | YAMAHA 情報

YOです!

日に日に年末の追い込みを感じて来た今日この頃ですね!街は忘年会ピークの週末との事で、
先日、KTM販売店グループの忘年会で渋谷へ。。。
久しぶりの渋谷でしたが、このシーズンにあまり出掛けた事が無く、こんなに人が多いんだ~!と
ビックリ仰天でした^_^。(言い回しが古いですね 笑)そして外人さんが多いですね。
異国情緒?タップリな一夜でした。^_^

さて今日は、私も初めてのオフロードバイクで乗っていたSEROW 225の、とても綺麗な中古車を
ご案内致します!

 

 

KTMを取り扱っている為か、オレンジ色に反応してしまう私ですが、以前からこの色の225が気になって。。。
そして、奇跡の様な綺麗なSEROW225が入荷致しました。

タンクに若干の変色があるものの、全体的に傷や汚れは少なく、とても良いコンディションです。
走行距離も10.000Kmを切って、9.200kmと感動モノ!
SEROW225は年式によって色々と違いはありますが、先ずはコンディション優先だと思いますね。
これだけ綺麗なら、ダートに行くのがもったいな程で、IRCのトラタイヤに、社外のキャリア、
そして、トラ車っぽくリヤのウィンカーがナンバー付近に移設されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダート歴は有りますが、殆どロードでの使用と感じられますので、とてもお勧めの車両です。

本当はFREERIDE250Fを自分用にと発注しておいたのですが、お客様への販売優先ですので、
今回の車両はお客様の元へ。^_^ その代りこのSEROWで遊ぼうかな?と思っていたのですが、
綺麗過ぎてワックスを掛けたくなるくらいなので、販売する事にしました^^;

2000年モデルですが、その使用感はあまり感じられません。納車整備では

基本点検整備
オイル交換
オイルフィルター交換
グリップ交換(オープンエンドなので)
ナックルカバー左右交換
タイヤは山は有るのですが、ノーマル同等タイヤに変更。
リヤウィンカーは元の位置に戻し。
各部グリスアップ

等は実施致します。

 

 

 

価格は36.0万円(税込) 登録整備などの諸経費は別途となります。

のんびりトコトコ田舎道を探検ツーリング! お茶セットを用意して見晴らしの良い丘で、
テータイムなんて言うツーリングが似合ってますよね!^_^

 

 

アタック用ではチョッともったいないかなぁ~~。。。

ご興味がありましたら是非ご覧になって下さい!宜しくお願い致します。

 

コメント

YAMAHA MT-07A に オプション部品を付けてみました!

2017年11月26日 | YAMAHA 情報

YOです!

連休は如何お過ごしでしたか?紅葉の見ごろの所が多く、皆さま楽しまれたのでは?
その中でも、多くのご来店を頂きまして、誠にありがとうございました!^_^

さて、YOYO一押しのYAMAHA車として、以前よりご紹介しているMT-07ですが、
コンパクトなボディーに、足付き性も良い事もあって、スニーカー感覚でパッと乗れる!
そんなライトな感じが、日常とバイクが近い事もお勧めのひとつです。

 

スーパースポーツモデルや、外車等に乗って楽しんで来たライダーが、背伸びをせず
気楽に乗れるオートバイとして、個人的にも大好きなMT-07です。

今日は、既にオーナー車となったMT-07ABSに、ヤマハ純正アクセサリーと推奨アクセサリー
をチョイスしてLOW DOWN仕様をご紹介します。

先ずはローダウンリンクの装着。約20~25mmダウンとなるこのキットは、足付き性をもうチョッと
良くしたい!でも、スポーツライディングもしたい!と言う方の丁度良い下げ幅のリンクで、
オーナー様は身長160cm以下と言う事もあり、安心と、サーキット走行歴も、と、深いバンク角
の両立を希望された仕様となりました。ショートスタンドと交換がお勧めです。
価格はリンク+サイドスタンドで¥32.800(工賃別途)

 

そして、不意のパタンに対応する為に、ダブルスライダーを横着しました。
先ずは、クランク廻りを守る、ヤマハ製サイドスライダー。オットト・・・転倒にバッチリガード!
¥28.080(税込)です。

 

そしてもう一つは、デイトナ製のエンジンプロテクター。これは更に上部に取り付ける事で、
サイドスライダーと共に、強力なエンジンガードの役目を果たします!
価格は税込¥10.044

 

 

そして、今じゃ付けないと駄目でしょ!と思われるくらい、ADVENTURE好きな私としては、
スクリーンが高速道路での快適性をプラスする必須アイテム!ヤマハ純正ミドルスクリーンです!
ライトスモークで大型の為に、スタイルも良くなりますし、ヘルメットの上部を流れる風を作ります^_^。
価格は¥19.440(税込) クリアーもあります。

 

 

そしてETCが有ればMT-07ABS Sneakersの出来上がり!(笑)

オートバイって個性を磨くと楽しいんですよね~!

さあ~オーナー様!次は何をカスタムしましょうか?(^^ゞ

コメント

おいらのハードエンデューロ用マシンが来たぞ~!YAMAHA BW'S125(^^ゞ

2017年11月24日 | YAMAHA 情報

YOです!

マジか?! 誰がハードEDに!?と思われましたよね^_^。
もちろんご免なさいJOKEでございます。

それ程にエンデューロライダー達も、チョッと良いんじゃない?と思えるYAMAHA BW'S125。

 

YOYOとしては、何年振りだろう?スクーターの仕入れはここ最近無かったのですが、
現在代車等で使用しているYAMAHA アクシストリートが、パフォーマンス的にも、お店の
カラー的にも地味なので、そろそろトリシティー125辺りに、オフロードタイヤを履かせて
転ばないOFFスクーターなんてどう?と考えてた所に、YAMAHAの営業さんがBW'S125でしょ!
というお勧めもあって、久しぶりにスクーターを仕入れちゃいました^_^。

 

BW'S125の外観は、まさしくオフロード!オフ向きのタイヤに、ハンドガード等が付いて、左右
非対称のヘッドライトなんかも、大型車に採用されていそうなプロジェクターヘッドライトが採用
されています。
見た目もイカツクて、ブルーのカラーはヤマハワークス車両見たいで、本当に林道ツーリングに
行ってみたいんですよね(笑)。ハードEDのコースは無理としても、ゆっくりと野山をツーリング
するのも似合いますよね!

 

 

 

 

オプションのスクリーンとか、グリップヒーター等を付けて、ナビなんかも付いていると本格的!
そして、社外のアルミのTOPボックスなんかを付けたら、まさしくADVENTURE~!(笑)

オフロードのヘルメットに、ジャケットだけはオフメーカーの物を着こなし、派手に乗りこなしたいですね!

代車にしたいところですが、先ずは販売車両としてメーカー希望小売価格¥318.600(税込)のところ、
YOYOボーナスSALE¥295.000(税込)でご案内致します。

宜しくお願い致します。

 

昨日に続き、こんな物まで頂いて?しましました。イワタニのストーブです!
燃料は家庭用コンロのGAS缶で、意外と暖かいのにはビックリ!真上に向けて、焼き鳥も焼けそう?(^^ゞ
焼き鳥は無理でも、お餅は良いかもね!真冬のキャンプでも行きませんか?皆さん(笑)

 

今でも手に入るのかな?なんか雰囲気があって良くないですか?(笑)

 

こんな風に・・・・。^_^

週末は是非YOYOまで遊びに来て下さいね!暖かいお飲み物をご用意してお待ちしています!

コメント

寂しいですが、一旦終了・・・。ラスト新車SEROW 250です!

2017年11月18日 | YAMAHA 情報

YOです!

個人的にも大好きで、私をオフロードの道へ導いてくれたSEROWが、
ご存知の様に、更にクリーンな排気ガスを排出する仕様となるために、
現行モデルとしてはいったん生産が終了されました。

私は225セローでしたが、YAMAHAお得意のロングセラー車として、
多くのファンを作って参りました。

ウイリー、ドリフト、ブレーキングターン、八の字、丸太越え、林道、
河川敷、トライアルごっこ、雪中走行等々、オフロードの基本を徹底的に
教えてくれたのがセローでした。

 

 

荷物も積めて、足付き性も抜群、乗り心地も良くて、エンジン特性も優しい。
色々なところへ連れて行ってくれました。
そうそう!林道に行って山の上で休憩したら、風も無くて無音状態。木々の
葉擦れの音もなく、聞こえるのは耳鳴りのキ~ンという音だけ。。。結構無音って
キツイんだなぁと感じたことも。。。^_^。

そんな自然と調和しながら、遊びの提供をしてくれるSEROWは、本当に名車!

 

 

次期モデルも期待が高まりますが、時代時代のSEROWがあって、2017年
モデルの最終型もオレンジ配色が好きな1台ですね。
YOYOの入荷車両としては、これが残念ながらラストの車両となります!

是非!オフロードの全てを見たいなぁ~と思っている方は、YOYOラストSEROWを
ご健闘頂ければ幸いです!自分も欲しいなぁ~~(笑)

 

コメント

YAMAHA YZF-R25 にレオビンチを付けてみました!

2017年11月02日 | YAMAHA 情報

YOです!

YOYOの試乗車でもあるYAMAHA YZF-R25 に、レオビンチのスリップオンサイレンサーを
付けてみました。白赤のヤマハをイメージするカラーリングもお気に入りのYOYO試乗車ですが、
これまたお気に入りの場所で写真を撮って来ました!^_^

 

YOYOは平成元年オープンで、その当時はTZR後方排気が発売されて、2サイクルクォーター
時代でした。そして4サイクルもFZ250フェザーやFZR250など、高回転の4気筒DOHC4バルブ
が主流の、とても豊かな時代でもありました。

しかしながら、厳しい排気ガス環境と、高コストによる販売価格が高くなり過ぎた事で、徐々に
姿を消していった高性能クォーター。ある意味技術の最先端を駆け抜けた時代に、YOYOは
オープン出来て、良かったと感じています。

そして、現代のクォーターとしてYAMAHAの最先端を走るYZF-R25を、YOYO流にカスタム車として、
提案する、250走行会仕様の第1ステップとして、

レオビンチスリップオンサイレンサーを初めとして、ラジアルタイヤ、スタイル的にはフェンダーレスに、
ショートスクリーンなど、現在着々と製作中です。

今後はサスペンションのライトチューニングを加えて、YAMAHA YZF-R25 YOYO走行会仕様を
提案させて頂きます。

 

レオビンチCARBONスリップオンサイレンサー!とても静かで、排気効率も高めたスグレモノです!
販売価格 ¥66.500(税抜)

 

 フェンダーレスキットでテールのフィニッシュを整えます。

 

 ショートスモークスクリーンで、前廻りをライトな感じにしました。

 

 シングルシートカバーを装着。やっぱりカッコイイです!

 

 ステムボルトとフォークのトップキャップに、ゴールドのカバーで質感を出しました。

 

 同じくスイングアームのピポット部にも、ゴールドのキャップを。

 

と、色々な堅苦しい事を書いてますが、
YOが乗ってみたい!そして週末の峠や、スポーツ走行などを、楽しく安全に走れる仕様が欲しいから、
作っちゃってます!なるべく低コストで楽しめるヤンチャなYZF-R25に仕上げますので、
楽しみにしていて下さい。

明日、11/3は今年最後のプライダース筑波走行会!社長レースで、このYZF-R25をTOPでチェッカー
させますので、ご期待下さい^_^。。。言っちゃった^^;

コメント