Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

楊遊会、そして本日プライダースライディングフェスタ袖ヶ浦と遊んじゃいました^_^

2019年03月21日 | ショップ スタッフ

YOです!

今日は春分の日。春の訪れを感じさせる荒れた1日でしたね。午前中は雨が降ったり止んだり。
午後は風が強く吹き荒れて、移動中の車もゆさゆさと揺れるぐらいでした^_^

そして今週の火曜日は、定例の楊遊会でした。今年に入って既に3回目の日野カントリーで、
なんと!20名を超える人達と遊んで来ました!嬉しいですね。^_^ 
今回も、オフローフド暦が浅い方達に、午前午後と私なりのサポートをさせて頂きましたが、
決して教え方が上手では無いのですが、なんと、午後には本コースのセクションをクリアー
するなど、呑み込みが早く、センスが光る面々でした。本当に凄い!

 

詳しくは後日Blogにて報告しますね。

そして本日は、春分の日の祝日を利用して、プライダースライディングフェスタ袖ヶ浦を開催、
参加して来ました。

 

プライダースでは珍しい生憎の雨模様でしたが、午後からの走行時には殆んど雨に濡れることなく、
1日を楽しむ事が出来ました。
テクニカルな袖ヶ浦ですが、さすがプライダース参加の方々は、とても上手でマナーも素晴らしく、
いつもながらに良い走行会を開催する事が出来ました。今回はいつもの社長レースが、コースの
コンディションの関係で中止となりましたが、YOの乗る、YAMAHA YZF-R25も絶好調だっただけに、
チョッと残念だったですね(笑) 次回に持ち越しですね。

 

こちらも詳しくは後日Blogにてご報告します!

楊遊会、プライダース参加の皆さま。お疲れ様でした。ありがとうございます^_^

コメント

本日3/20はお休みです。

2019年03月20日 | ショップ スタッフ


新宿駅東南口のサクラ
今日の暖かさで一気に開花🌸



老若男女、みんな写真撮ってる。
もちろん私も(^O^)


hiroko
コメント

火曜日はお休みです。

2019年03月19日 | ショップ スタッフ

黄色い菜の花、
通勤で公園を通る人も
思わず足を止めて写真撮ってる。





毎年、大きく太くなるであろう桜の木
楽しみです。


そして

天国への階段?!🎵🎵〜

ここを登ると更に降りる階段があって



一段の高さが低くて踏み面も広いから
上り下りがらくらくよ〜👣
(数えたら86段あった。)

ほらね。

登って降りて3往復。
毎日やってると
あ、今日は足首かたいなぁ〜とか気がつくの。
(って、まだ5日ぐらいしかやってないけど。)

夏は暑いんだよねー、土手、、

自分の体は自分でお手入れしないと、と思いまして。
おとろえてくると
くだりのエスカレーターに後ろ向きで乗ってるようなもの
って言うじゃない。
なんにもしないと どんどん落ちていく…
その表現が、なんとも。(笑えない)


あったかくなったからよく見かける。



ちゃお!

hiroko

コメント

遂に「黒い矢」Husqvarna SVARTPILEN 701 が正式に発表されました!

2019年03月17日 | Husqvarna

YOです!

今日の東京の朝は意外と寒く、早朝納車でお客様のところへ行ったのですが、ガレージ前で手を擦りながらの
納車説明となりました。^_^ まだまだ油断は出来ませんね。

さてさて、KTMのストリートモデルのニューモデル 790ADVENTURE、690SMCR、690ENDURO-Rと紹介
していきましたが、遂に3/15に解禁!Husqvarna のニューモデル!

Husqvarna SVARTPILEN 701(スバルトピレン701)が発表されました!

 

SVARTPILENの意味は「黒い矢」 昨年にはSVARTPILEN 401が発売され、Husqvarnaのストリートモデルで
普通二輪免許で乗れるシリーズが人気になり、多くのハスクバーナユーザーが増えました^_^
もちろん、昨年同時期に発売された、VITPILEN 401/701(ビットピレン401/701)も人気者ですが、Husqvarnaと
いう、オフロード色が濃いからでしょうか?SVARTPILEN のブロックタイヤと、アップハンドルのスタイルが、
一番人気になった感じですね。

 

そのSVARTPILEN 401の兄貴分として今回発表された、SVARTPILEN 701(SP701)は、スタイリング自体は
SP401と少し似てはいる物の、コンセプトはどう見てもダートトラックレーサーのイメージです。

フロントには丸目のライトを採用していますが、四角いゼッケンプレートの様なライトカウルがデザインされていたり、
右側だけサイドゼッケン風のプレートがデザインされています。
面白いのは左右のサイドカバー辺りのデザインが異なる事で、どことなくレーシーなイメージになってますね^_^

 

そして、リヤシートエンドは、ピョンと跳ね上がったフィニッシュで、これもチョッと70年代のロードレーサーのテールに
似ていて、部分的にレーシングデザインが施されています。

全体的にはVP/SP401の様な、どのカテゴリーにも属さないデザインとは違い、VP/SP701は
VP701・・・ストリートカフェ
SP701・・・ストリートダートトラッカー
として、コンセプトが見える様な気がします。

 

そして スペックですが、

エンジン型式 :水冷4 ストロークSOHC 4 バルブ単気筒
総排気量 :692.7 cc
最高出力 :55 kW(75 hp)/ 8,500 rpm
最大トルク :72 Nm / 6,750 rpm
変速機 :6 速
タイヤF・R :110/80-R18" ・ 160/60-R17"
ホイールベース :1,436±15 mm
シート高 :835 mm
燃料タンク :約12 ℓ
車輌重量 :約158.5 kg(燃料除く)

ここで注目なのは、最高出力です。KTM 690 SMCR、ENDUROの74HPに対して、75HPを捻り出した事で、
スポーツ性をさらに強調しています。690SMCRに比べたら車重で8.5kg重くはなっていますので、パワーの差は
無い物と考えられますが、これもHusqvarna社の拘りなのでしょう^_^

メーカー希望小売価格は ¥1.355.000(税込)と VITPIELN 701と同じプライスとなります。

気になるのは足付き性ですね。VP701より5mm高くなったシート高は、実際に跨った時に少し感じました。
5mmの違い?と言うよりは、シートのデザインや、ボディーワークの違いなのかも知れません。

 

SVARTPILEN 701 が都会を抜け出し、箱根芦ノ湖辺りのワインディングを滑走する姿が、目に浮かびます!
そしてそのマッチョなスタイルは、都会でのGO&STOPでも注目の的!

 

SVARTPILEN 701 から目が離せません!3/22~24に開催される 東京モーターサイクルショーに展示が決定!
されていますので、是非ともご覧になって下さい!

車両リリースは 2019年6月です! ライダースランドヨーヨーでは、先行予約受付中です!

1号機を貴方に!お待ちしています!

 

コメント

ビックオフロードと言えば、KTM 690 ENDURO-R!ですよね!

2019年03月16日 | KTM 情報

YOです!

今日はチョッとハッキリしない天気でしたね。しかも意外と寒い。日陰でじっとしているとダウンが欲しい程。
油断してちゃダメですね。風邪をひかない様に体温調整が必要です^_^。

さて、前後してしまいますが、3月1日にKTM 690 SMCRと共に発表された、KTM 690 ENDURO-Rが、
同じく復活し、日本へ配車されるのが5月末からスタートと決まりました!^_^

 

SMCRと同じく、先代のスタイルを継承しつつ、ほぼフルモデルチェンジとなった690EDは、心臓に74HPを
手に入れたこのクラスでは群を抜くパフォーマンスを手に入れました!ヒョエ~!^_^;

 

★先代のエンジンに対してショートストローク化されたエンジンで、高回転ほどにパワーが盛り上がります!

 

一口に74HPと言ってもピンとこないと思いますが、車重がガソリンを抜いた状態で149kgですので、
パワーウェイトレシオはなんと!2.01kg/ps
国産自動車で一番小さいと言われるのが、NISSAN GT-R NISMO が2.87kg/psなので、遥か後方を
走る事になりますね!(笑) その位、ハイパフォーマンスなんですよね!

そのパワーを担いでダートに持ち込めば、じゃじゃ馬になるのは当たり前なのですが、そこは百戦錬磨のKTM社。
トルクの曲線をバランスさせ、WP製のフレームとサスペンションのお陰で、しっかりグリックしてスッ飛びます(笑)

そして今回採用された、トラクションコントロールに、エンジン出力のライドモードでは、オフロードモードの選択が出来て、
ABSではコーナーリングABSにオフロードABSも選ぶ事が出来るそうです!良いですね~!
更に!クラッチ操作が不要な、クイックシフター+-が装備され、ロングツーリングでのライでシング疲労を軽減させます。

 

★メーター周りはとてもシンプルになりました。左の三角のスイッチがABSモード切り替えです。

 

ガソリンタンクも12.0Lから、13.5Lへと拡大され、航続距離も格段に向上して、ツーリストライダーには嬉しい
情報ですよね!

スタイル面では、先代の丸みがかったスタイルから、後方になるにつれシャープに反り上がったデザインで、
現代的なスタイルとなりました。シートにもトラクションを得やすいウェーブフェイス型シートを採用するなど、
KTM社の本気度が伺えます^_^。

 

★後方向かって直線的にシェイプされたデザインはとても綺麗でカッコ良いですね!

 

★フロントサスペンションも新型のWP EXPOを採用。どんな走りをしてくれるか楽しみですね!

 

★タイヤは Mitas(ミタス) E-07 trailタイヤが装備されます。MADE IN チェコ だそうです。

 

★結構トレールパターンですよね。減らなくて良いかも・・・。

 

★MITAS です。

 

YOがビックオフロードに乗り始めたのは、XR650Rがスタート。その後はHQV TE630、HQV TR650R、
その次が690 ENDURO-R、そして今乗っているKTM 1050 ADVENTUREですが、ビックオフロード車と言えば、
我々世代は650ccの排気量がピンときます。^_^。 

 

やっぱり、250ccの次に何かを?と悩んだら、ADVENTUREに行く前に、ビックオフロード車をお勧めします!
250ccと650ccは排気量が違う同じ乗り物ですが、ADVENTUREは全く違う乗り物ですから。。。。^_^;

メーカー希望小売価格は ¥1.420.000(税込) 
もちろん!Rider's Land YOYOでは予約を受け付けています!

予約順にて納車となりますので、是非ともご予約お待ちしています!

 

コメント

絶対に乗るんだ!その気持ちを応援します!Husqvarna FE250-LD

2019年03月15日 | Husqvarna

YOです!

あ~~!花粉。。。どうにかして下さい。Maxスギ花粉の今、目も鼻も顔全体も全開で駄目です・・・。(>_<)
早く卒業したい花粉症。こればかりは加齢もウエルカムです。。。^_^。

さて、今日は Husqvarna FE250 2019をベースに、気軽にポイっと乗れて、自走で林道を中心とした1DAY
ツーリングを楽しみたい!と言うオーナーのリクエストで、通常950mm以上のシート高を、サスペンションと
LOWシートを合わせて、80mmのローダウン仕様を製作し、FE250-LDが完成しました!

 

★新しいハンドガードも装着して、大人の香りがしませんか?^_^

 

サスペンションは、以前にもTE250iで製作した実績をもとに、テクニクス製のSpecialサスペンションを組込み、
ノーマルのFE250 との差は歴然です!

カタログ上では、シート高は970mmですが、それはサスペンションが沈んで無い状態ですので、この写真の様に、
実際にサイドスタンドを起こすと950mmなんです。

 

 

 

★少し底の厚い靴を履いていてもご覧の通り。つま先が付くのがやっとです。私の身長は174cm

 

★初めての方には辛いシート高ですよね。トホホ。。。

 

そして、FE250-LDもサイドスタンドを起こした状態で、870mmですので、80mmダウンと言う事になりますね。
これは、YAMAHAセロー250の830mmには敵いませんが、HONDA CRF250L の875mmより低く、
そしてスリムで軽量!の為に、足付き性は抜群で、安心感もNo.1なんです。

 

★ピッタリ870mmです。そしてシートが細いので足付き性は良いです。

 

★この様に両足のかかとまでしっかりと付いちゃいます。安心です。

 

★どんなところでも行ける気がするHusqvarna になりました。

 

そして何と言っても、その軽量ハイパフォーマンスなエンジン!一度経験した人なら、この仕様のHusqvarnaは
絶対に有り!だなぁ~と思う筈です。

コースに行ってジャンプ出来ないんじゃない?と思われるでしょ?確かに、国際選手がバンバン飛んでいる様な
ジャンプは出来ないし、そんな用途には使用しないと思いますが、オフロードコースのジャンプだってヘッチャラですし、
昨年開催されたDoor of Adventureに出場したTE250i-LDは、逆にその足付き性の良さと、林道などでの
セッティングを主にしているので、スイスイと難所をクリアーして行ってました。

 

★本気のマシーンですが、街乗りもOKです!そこが良いですね。^_^

 

★フロントフォークボトムエンドを石やワダチから守るフォークプロテクター

 

★ACERBIS製のクランクケースプロテクター。ウォーターポンプも守れて、クラッチカバーも、お守り致します^_^

 

★リヤサスペンションリンクガード。これは意外と必須アイテム。丸太越えやステアケース等では、大いに役に立ちます。

 

★リヤディスクガード。通称シャークフィン!

 

★自走で現場へ急ぐ為にも、ETCは必要でしょう!? もちろん別体式でラクラク通過です。

 

★手元はしっかりお化粧アイテム。クラッチマスターシリンダーキャップをHQVブルーに。

 

★クラッチが付いたら、もちろんこちらもね。ブレーキマスターシリンダーカバーもHQVブルーへ。

 

★新タイプのアルミハンドガード。ハンドカバーがとてもスリムで好印象!

 

★アルミのバーも強度が出ている感じです。

 

★ACHRBIS製のフロントディスクローター。石や木などのローターヒットを防ぎます。

 

これはもう!絶対乗るんだ!という強い気持ちが、私達YOYOが是非ともサポートしたい!そんな思いで1台1台を
丁寧にオーナーの気持ちに沿って仕上げた車両達なんです!^_^

ローダウン=性能の低下 その方程式は間違いです! ローダウン=性能の向上!もはやSpecialチューニング!です!

是非何でもご相談下さい!痒いところに手が届くYOYOですから。(^^ゞ

 

コメント

K&H 上山氏 H-D XLH883 ADVENTUREで登場!

2019年03月14日 | KTM 790 DUKE

YOです!

並大抵の努力と苦労じゃないと思います。ひと言では表現できない程の、素晴らしいオートバイを
本日見る事が出来ました。

そう、もうご存知だとは思いますが、YOの友達でもある、数々のシート製作や、FRP加工などで名高いK&H社
代表取締役 上山氏が、3年の歳月を費やして製作した、HARLEY-DAVIDSON XLH883をベースに、
何と!オフロードバイクを作ってしまいました。^_^

それも、半端じゃない拘りのXLH883で、細部にわたって「へ~~。そうなんだ~~。すげ~~。」と見入って
しまう程の素晴らしい仕上がりは、製作に関わった上山氏を初め、最高の面々が伺えます。そしてセンスが良い!

 

左サイドにXLH883 ADVENTUREとレタリングされていた事で、マシンのコンセプトは理解でしたが、
実際にADVENTUREを意識して製作した事では無く、上山氏の自由な発想と、今まで培ってきたノウハウが、
ベースのチョイスから、そして選抜したパーツ軍とスタイルが、結果ADVENTUREに繋がったようです。

しかし、上山氏曰く、「これはダミーネーム」ADVENTUREを通り越した、彼だけの呼び名があるのかも知れない。

 

★このテールランプ、何の流用か分かります?   答えは:XR250R/400R

 

 ★このバイクだけに製作したワンオフのシートです。 ズルいなぁ~!(笑)

 

 ★そしてこれが凄い!素材はカーボン・・・。詳しくは企業秘密らしい。。。(*_*)

 

 ★跨ると意外と普通。トルクフルなハーレーのエンジンがダートでも使い易そう。

 

 ★アクラボビッチのサイレンサーからはとてもサイレンとなサウンド。大人のカスタムを感じました。

 

2連休後の今日。午前中の訪問者は上山氏だけではなく、きっと「YOさん所に行くから来ない?!」と声掛けの
張本人が登場!そう、大鶴 義丹氏も来店^_^。
実は、4月13~14日で開催されるDoor of Adventure マザー牧場に、上山氏も大鶴氏もエントリー済みで、
もちろんYOも、お客さんを大勢連れてのエントリーをしています。その関係もあって、大鶴氏は先日新しい
マシンが納車され、いよいよDOAモチベーションMAXになって来ました!

 

そして何と!上山氏は、このXLH883 ADVENTUREで挑戦する事に決定! 凄~い!パチパチパチ(^^♪

でも・・・・大鶴さんと私は、正直「上山さん。。。止めときなさい、転んだらどうするの?もったいない!」と
言ってるんですが、当の本人は、「走る為に作ったんですよ~!お飾りじゃないんで!」と・・・。^_^;

開催まで後1ヶ月! このXLH883 ADVENTURE どんな走りを披露してくれるのか!期待しちゃいましょう!

上山さん!100%完成形に向かってあとひと踏ん張り!ドンギマリのXLH883 ADVENTURE 待ってます!^_^

 

今日は楽しい時間をありがとうございました! XLH 883 ADVENTUREを見たい方はK&H工房へ!

 

コメント

3月のお休みのご案内です。

2019年03月13日 | ショップ スタッフ



RL-YOYO
コメント

第2水曜日はお休みです。

2019年03月13日 | ショップ スタッフ






hiroko
コメント

火曜日はお休みです。

2019年03月12日 | ショップ スタッフ



夜になるとあかりが灯ります。


ソメイヨシノの開花はもう少し先




葉っぱと花が一緒に咲く種類のさくら。
なんだっけなー?
名前教えてもらったんだけどすぐ忘れちゃう。


ようやく三寒四温っぽくなってきたね。


hiroko
コメント