Rider's Land YOYO ショップ通信

RL-YOYOスタッフからの情報発信Blog☆

2021今年最初のサーキット走行会! プライダースライディングフェスタ in 袖ヶ浦フォレストレースウェイ開催!社長レースはダントツ・・・!?

2021年05月14日 | ショップ スタッフ

YOです!

今日はYouTubeのアップです!^_^ 動画は沢山撮りだめがあるのですが、なかなかタイミングが合わず上げられませんでした。

今回は、3月20日に開催したプライダースのサーキット走行会の動画です。
自分的には社長レースがとても楽しくて、KAWASAKIの新鋭ZX-250Rや、速さに定評のあるCBR250RR等と真っ向から勝負!
KTMの顔と言っても良い、DUKEシリーズの次男坊と言える、KTM250DUKEで殴り込み!

KTMのファンの為にも頑張って優勝を狙います!

天気予報では当日は雨の予報も出ていましたが、プライダースは走行会は雨が降らないんです。不思議なのですが、ここ数年降っていませんし、
悪天候で中止も無いのがプライダースの凄いところ! 2021年の初めは春と言う事も有り、花粉に悩まされる季節で、袖ヶ浦の廻りもスギ花粉が強め^_^。
しかしそんなことは全く関係なし!と言わんばかりに多くのお客様に参加頂きました!
もちろん、コロナ禍でありますので、感染対策をしっかり行い、ソーシャルディスタンスを守った走行会となりました。

こうれの社長レースは?さて?どうだったでしょうか?今年こそは優勝をもぎ取ると意気込むYOYO-KTM250DUKE-SPですが、結果はいかに!?
と言う事で、今回は全エントリー全員転倒無しの素晴らしい結果となり、楽しく遊ぶことが出来ました。

参加頂いた皆様、本当にありがとうございました!

コメント

Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTURE=NORDEN 250のその後ー2

2021年05月13日 | Husqvarna 情報

YOです!

Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTUREの続編です^_^ と言っても、大幅なカスタムをした訳では無いので、素の良さを
分かって頂きたい!そんな気持ちで見て頂けたらと思います。

YOはオフロードの経験が長いので、簡単に言うけど、実際にSVARTPILENで走ったら全然違うんじゃないか?と思われるかな?
と思いながら書いていますが、確かに未経験の方ですと、オフロードをメインにSVARTPILENをお買い求め頂くのはどうかな?
と思いますが、ツーリングの先にダートが有って、その先に素晴らしい景色や、今日の宿泊地でまっすく進めば20分のところを
舗装路で迂回すると1時間半掛かる!なんて事がツーリング先にあったりするんですよ(笑)
そんな時に、SVARTPILEN様は頼もしく見えるはず!^_^

先日参加したDOAラリーでは、本格派オフロードモデルでも手強いルートが多々あったにも関わらず、SVARTPILEN-ADVは
多少ペースは落ちますが、心配していた最低地上高が低い事で、マフラーやエンジンのケース、そしてサスペンション廻りなどへの
攻撃が心配されましたが、思っていた程気を遣う事もなく、若干ペースを落として道を選んで走れば、オフロード車としては
足付き性も抜群に良いのと、コンパクトなボディーでコントロールがしやすいのにはビックリでした。

実際にRALLY後半のフラットなダートでは、一緒に並走してくれたSEROW250を駆るTAKEちゃんと、熱いバトルをしたほどポテンシャル
が高いのにもビックリしました!

そして何といっても、舗装路になった時はターマックが得意なモデルですので、気持ちの良い走りが出来ます!コーナーリングも
クルクル曲がって、オフロード車には無い楽しみ方がそこにはあります!なんか異色のマシンですよね!SP250-ADVENTUREって^_^

サスペンションですが、フロントサスペンションは、オイルやスプリングレートはもちろんノーマルのまま。唯一やった事は
フォークの突き出し量を、標準の16mmから8mmまで突き落とした感じで、若干フロント上がりのセッティングへした事です。
これは、クイックなハンドリングを少しでもマイルドにしたかった事と、地上高を少しでも高くしたかった事。これ意外と効いた
感じで、オフロード仕様はこの感じが良い感じ^_^。

 

そしてリヤサスペンションは、標準はオーナーズマニュアルでは2クリックとなっているので、最弱から2番目が標準。それだと
少しのギャップでもお腹が擦ってしまいそうなので、最弱から5番目にセットしました。YOの体重が69kgなので参考にして下さい。
お腹を擦ったのは、ルート中の丸太越えの2回と、その他はギャップで1回の計3回でした。上出来でしょ!?^_^

 

そして何といっても、今回履いたSVARTPILEN 401の標準タイヤ、ピレリースコーピオンラリーSTRが最高のオフロード性能と、
ターマック性能を両立したタイヤでして、殆んどの場面で安心してグリップを感じながら走る事が出来ました。本当にお勧めです。

YOが使用したSP250-ADVENTUREに履いたホイールは、VITPILEN 401の標準ホイールに、スコーピオンラリーを装着したスペシャル
ですが、SP250のキャストホイールにタイヤだけ交換する事でも大丈夫です。ただスタイルやスポークのしなり等、ADVENTUREとしての
キャラクターでは欲しいところですよね。チューブタイヤもパンク時に修理可能なので魅力です。

後は、振り分けバックのエンデュリスタンテールバックの使い易さでした。今回の止め方は片側2点とシート後方の計5か所で固定
しましたので、安心して重めの荷物も積載出来て、荷崩れなども心配全くありませんでした!積載が決ってしまうスバルト/ビットの
シート形状で頼もしいバックに出会えて、使い勝手のフィールドが広がりますね!お勧めですよ!^_^

 

 

 

サブベルトを使用して、バック下部のドリンクベルトと合体!これで大丈夫^_^

 

と言う事で、無謀なチャレンジかと思った、Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTUREで、YOYOとして、そしてYO個人的にも
新しい遊び方の提案や、オフロード車だけじゃないんだよ!泥遊び!^_^的な、使い方がオートバイの自然体なのかも知れませんね!

そうそう、オートバイって馬の分身ですもんね!鉄馬って感じで書きますから・・・。(^^ゞ

 

コメント

火曜日はお休みです。

2021年05月11日 | ショップ スタッフ






明日もヨーヨーはお休みです。


hiroko

コメント

Husqvarna SVARTPILEN 250 ADVENTURE=NORDEN 250のその後。

2021年05月09日 | Husqvarna 情報

YOです!

4月の18日に開催された、Door of Adventure 2021 春 マザー牧場に出場。そして無転倒完走を果した、YOYOのDEMO SVARTPILEN250。
出場後の反響も多くあり、多くの方が店頭まで見に来てくれたり、お問合せを多々頂きました。本当にありがとうございます^_^

その中で一番好評だったのは、ハンドルアップとエンデュリスタンテールバックを装着の事でした。

ハンドルアップはオフロード走行をするには少々低いのが気になっていたので、思い切って市販の20mmスペーサーを入れて、ノーマルの
取付けボルトより20mm長いボルトを装着した簡単な仕様でしたが、200kmの舗装と林道が入り混じるラリーコースを難無くクリアー。

そして、エンデュリスタンテールバックの一番大きなサイズを、片側3点留めで計6か所を固定して、中にはパンク道具など工具を中心に
意外とヘビーな荷物を入れて、バック自体の損傷も無く、またバック自体がリヤタイヤに巻き込まれる事もなく、また、ボディーへの
擦れ傷など最小限で済む事が出来ました。

擦れ傷などは、予め保護フィルム等で傷付き防止を施せば問題なく、エンデュリスタンテールバックを使用する際はお勧め致します。

そして、最終仕様はステップを衝撃から折れたりしない様に、KTM 250/390 ADVENTUREのステップに交換しました。
これはオフロードブーツを履いた時は、ステップとシフトペダルの幅が狭くなり、少々シフトアップが辛く、RALLY中は足がつってしまい、
苦労しました(^^ゞ オプションでも用意されているので、形状や高さ幅などをチェックして入れ替えるかを検討したいと思います。

 

また、ラジエターのコアが丸出しだったので、タイラレーシングさんのラジエターコアガードを装着。本来はルーバータイプが良いのですが、
互換性があるものが見つからず、タイラレーシングさんのを使用させて頂きました。結果は全く問題なく、コアーも無事無傷で生還!(^-^;
必須アイテムですね!

 

それと、スタックに備えて、脱出用のスタックベルトを装着。こちらはDRC製の装着が楽なスタックベルトをチョイス!大会時は使用する
事は無かったですが、お守り的なイメージで装着をお勧めします。^_^

 

 

次回はサスのセッティングと、エンデュリスタンテールバックの取り付け方をご案内しますね!

今日はこの辺りで・・・。お疲れ様でした~!

 

 

コメント

USED Husqvarna 701 ENDURO 2017モデル 低走行美車が本日入荷しました!

2021年05月08日 | ショップ スタッフ

YOです!

今日は暑かったですね!日差しにいると、ジリジリする感じはもう夏!って感じで、汗ばむ程でした^_^

そして本日もご来店頂きありがとうございました!コロナ禍ですので、ご来店頂かなくても、ご用件をなるべく
円滑に進められる様に準備していますので、先ずはメール、もしくはお電話を頂ければと思います。
中古車等のお問い合わせの際は、本来現車確認がとても重要ですが、YouTube等で個別にご案内させて頂いていますので、
お気軽にお問い合せ下さい。

さてその中古車ですが、本日入荷の極上車両を簡単にご紹介致します!

Husqvarnaの現行モデルの中で、一番排気量の大きいモデル。単気筒LC4エンジンを搭載した701シリーズの中で、
ビックシングルオフロード車両として、他に類を見ない特別なモデル!701ENDUROが入荷しました!

年式は2017年モデルとなり、車高も高く、2020年以降モデルと比べると電気ディバイス関係の安全装備などは
無いモデルですが、意外とオフロードモデルの場合は、その単純さが面白かったりするのかなぁ?(^^ゞ

車高、シート高の高さは180cmの身長を持つOWNER様以外は、とても手強いシート高で、殆んどのOWNER様が
ローダウンの加工などを施しており、この車両も当時用意されていた、JAPAN純正指定部品のローダウンリンクと
ショートサイドスタンドが装着されていて、YOが跨いでも比較的楽チンなシート高になっております^_^。

そして、ETC2.0とUSBも装備していますので、今のままで充分ストリートから林道まで全てこなせる701EDになっています。
今年予定ではNorden901が発売される?!と、1年以上前から噂されていますが、その901が出るまでは、オイラが
Husqvarnaのオフロードフラッグシップだ!と、胸を張っているようにも見えますね!^_^

価格は後日、YOYO-HPのSTOCK-LISTにてご案内しますので、今しばらくお待ち下さい!

Husqvarna 701 ENDURO 2017MY
走行:僅か370km
ディーラーの使用車だった為、ワンオーナー車と言えます。
車検:令和4年2月付
大きな傷や腐食関係は全くありません!とても綺麗な車両です。

 

フライング大歓迎ですので、ご興味がある方は、info@rlyoyo.co.jp 又は 03-5392-3411までお問い合せ下さい!

明日も元気良く営業していますので、宜しくお願い致します!^_^

コメント

近頃、KTM 1290 SUPER DUKE-R のお問い合わせが増えてきました。THE BEAST!

2021年05月07日 | KTM 情報

YOです!

今日は昨日と変わりどんよりの空で、午後から雨が降り始めた東京。5月位はパリッと晴れる日が続いて欲しいですよね!
梅雨が来る前の、オートバイ日和の日がが沢山出来る事を祈ります!^_^

さて、ハスクバーナが多く情報公開されているYOYOですが、YOYOは変なディーラーで、KTMよりハスクバーナの方が
取扱い年数が長い為に、KTMの看板が大きく掲げているにも関わらず、お客様とはハスクバーナでの繋がりが多いのです。
ハスクバーナの看板は、KTMに比べたら5分の1位の面積なんですけどね。(^^ゞ

ところがここ最近、BEASTのお問い合わせが多くなっています。何故なんだろう?

KTM 1290 SUPER DUKE -Rと言えば、泣く子も黙る?ネイキットで180psを誇るBEAST(獣・ケダモノ)と言われる程の
スーパーネイキッドモデル!右手の理性がこのマシンの性格を大きく左右させる程。

でも、それが魅力でもあるのですが、実は以前にもBlogで書きましたが、ゆっくりストレスなくクルージングする事も
出来る不思議なモデルなんです!

 

普通はパイパワー車にありがちな、急かされる様な、お尻を叩かれる感じのライディングフィールが、ゆっくり走るのが
苦手な機種が多いのですが、BEASTは違うんですね。Vツインの心地良い鼓動が、一定速でのクルージングを楽しいものに
しているんです。アクセルの応答性も上手くセッティングされていて、獣もKTMの愛情タップリな調教で、とても良い子に
育っている感じなんです^_^

そこが人気の理由かなぁ~?!^_^ 

速いだけがSUPER DUKE-Rの魅力だけじゃなく、しっかりメーカー思想的にADVENTUREスタイルが根底にある!それがKTMなんですね!

そろそろ試乗車をご用意する日が来たかなぁ・・・。ドヒャ(゚Д゚;)

明日からの週末!お問合せお待ちしています!info@rlyoyo.co.jp 又は 03-5392-3411 までお問合せお待ちしています!

コメント

お休みありがとうございました!早速ですが、本日入荷USED Husqvarna FX350 2018MY ディーラー車のご紹介です。

2021年05月06日 | Husqvarna 情報

YOです!

GWのお休みを頂き、ありがとうございました!^_^

今日は東京はめちゃくちゃ暑かったですね!太陽の下ではさすがにお客様もライディングジャケットを脱がれて、
フーフー言ってました(笑)
梅雨が来る前に、今時のカラっとした時期こそオートバイで走りたいですね!^_^

さて早速ですが、中古オフロードバイクのご紹介です!
楊遊会のメンバーさんから、チョッと珍しいクロスカントリーオフロードモデル、Husqvarna FX350 がそれです!
何が珍しいかと言いますと、2018MYとしてのHusqvarnaの日本導入ラインナップには含まれてなく、元々アメリカの
デザートレースや、森や砂漠などをメインに使用する、モトクロスモデルとエンデューロモデルの中間的な仕様なんです。

 

 

 

エンジンやフレーム、外観等はモトクロスモデルの良い部分を使用し、足回りは21/18インチのエンデューロモデルと
同じインチへ。そしてサスペンションはモトクロスモデルベースではありますが、セッティングはソフトに設定して
長丁場を走り切れるセッティングになっています。

 

 

最大の特徴は、エンジンはモトクロスモデル譲りのハイレスポンスで力強い仕様で、グイグイと加速するタイプで、
フロントサスペンションはモトクロスモデルと同じエアーサスペンションを装備しています。

エンジンを掛けると、右手アクセルに直結!のクイックレスポンスが只者では無い事が直ぐに分かります^_^。
YOは残念ながらライディングするチャンスが無かったので、走行フォールはOwnerの言葉をお借りすると、とにかく
強烈で、ピックアップが鋭い利点と欠点がハッキリしていて、ある程度オフロードバイク経験がある方にお勧めとの事。

 

 

日野カン等のヒルクライム的な走りでは、登れないところは無い!と言い切れるほど、マシンは余裕の顔を見せるそうで、
後はライダー次第と言う、なんともレベルの高いお話で・・・。(^^ゞ でも、チョッと難しいモデルで、周りと同じ事が
出来た時の、いやそれ以上のパフォーマンスを見せ付ける事が出来た時は、最高に達成感ある喜びがありますよね!(^○^)

OWNER様は、残念ながら事情で手放されるとの事で、もう1台のTE300iをメインにこれからは専念して、このFX350を売却
する事となりました。

 

トラクションコントロール&マップスイッチ

 

 

Husqvarna FX350 2018MY 
レース出場歴無し
日野カンと成田のFREE走行のみ使用
程度は良いです(OWNER様は4輪のメカニックさん)
走行自体は1年8カ月程使用で、後はTEを共有していたのであまり走っていません。
走行時間33時間
6速トランスミッション、セルモーター始動、トラクションコントロール、エンジン2マップ
オプションパーツもガード類や電動ファン等充実した仕様となります。
ガソリンも沢山入ってます!(^^ゞ
車両価格は66.0万円(税込)(現状渡しになります。ナンバー登録は出来ません)
新車価格は税込み123万円(8%)

 

2018年モデルですので、現行モデルとの互換性も沢山あります!しかも戦闘力はまだまだあります!ご検討宜しくお願い致します!

コメント

明日6日より平常営業となります!ご来店お電話お待ちしています!

2021年05月05日 | ショップ スタッフ

YOです!

皆様こんにちは! GWは如何お過ごしですか⁉

今年の大型連休は、11連休の方も多いのでは?え?もっと?
そうですよね・・・テレワークの方も多いので、自宅にいる時間が多い
2021年のGWなんですね。^_^

YOYOはお陰様でお休みを今日まで頂き、明日6日より平常営業となります。
と、言っても、来週の火曜水曜は定休日になるので、お休みの多い5月でも
ありますね。^_^

個人的にGWは特に大きな動きはなかったのですが、イベントの下見を兼ねての
バイクでぶらりだったり、大好きな洗車だったり、洗車だったり・・・(笑)
YOは洗車もお休みのひとつなんですよね。^_^。落ち着くんですよ!しかも
無我夢中になってしまう。。。(笑)

明日からのYOYOをまた宜しくお願いします!

写真は、ここ最近私の廻りはYAMAHA車が多くなって、SR500とSEROW250が
お気に入りの仲間なんです。

SEROWは縦方向のギャップにさえ気を付ければ、林道もいいペースで走れます。
しかも乗り心地も良いし、振動も少なく、燃費も40km/Lとめちゃくちゃ良いし、
すべてが80点以上で、近場のツーリングにとても重宝しています。生産中止して
しまいましたが、やっぱり名車ですよね!今後こんなオートバイはなかなか出ない
と思います。made in japanですしね。。。
でも、YOYOにはファイナルセローがもう少しありますので、最後の1台をぜひゲット
して下さい!後悔する前に。。。(^_-)-☆

そして、もう1台はSR500です。最近HONDAさんから350のシングルが発売され、
話題になっていますが、乗り比べたわけではないのでハッキリは言えませんが、
かなり研究はしたのでしょうね。評判も良さそうです。
でもやっぱりこのフォルムだと思うんですよね!生産中止されて間もないですが、
このビンテージルックが、つい最近まで新車で売られ、40年以上のベストセラーで
愛され続けたのですから、今まで当たり前のSRルックが、めちゃくちゃかっこよく見える
のが不思議です。
そして走りだって、」60~80km/hのクルージングが良いんですよね。^_^
決して速くないですけどね。そこがまた良いんです。

両車ように、良いものには味があると言う事でしょうか?そして年輪も必要です。
そんな積み重ねのいい味の年輪が、YOYOにも作れたらなぁ・・・と思います(^_-)-☆

それでは皆様、明日以降お待ちしていま~す!

コメント

2021年前半戦ありがとうございました!引き続き後半戦も宜しくお願い致します。5月2日~5月5日までGW休暇を頂きます!

2021年05月01日 | ショップ スタッフ

YOです!

5月2日(日)~5日(水)の4日間、ゴールデンウィークのお休みを頂きます!

2021年も早いもので、既に4月が終わり5月になりました。何となくGWって1年の真ん中の様な気がします。^_^
前半戦はまだ寒い時期を経て、暖かい春へといよいよこれからが本番!オートバイとしては最高の季節がやって来ます!
そして後半戦に向かってフル加速!って感じですよね。^_^ 但し今年はまだまだコロナに注意をしてのフル加速ですが。。。

 

写真のYOが跨いでいるのが、Husqvarna VITPILEN401 2021MY です。そして、SATO君が跨いでいるのが、KTM 390DUKE 2021MY となります。

実は、この2機種を含めた、Husqvarna VITPILEN401/SVARTPILEN125/250/401 シリーズと、KTM 125/250/390DUKE 、RC390、250/390ADVENTUREが
6月1日より値上がり致します。
理由は

・世界的な金属、プラスチックなどの原材料価格の高騰
・海外輸送費の高騰
・当該モデル生産国の賃金上昇や COVID-19 対策に関わるコスト上昇

との事です。

≪KTM≫
・KTM 125 DUKE :569,000 円(消費税 10%込み)
・KTM 250 DUKE :639,000 円(消費税 10%込み)
・KTM 390 DUKE :699,000 円(消費税 10%込み)
・KTM RC 390 :719,000 円(消費税 10%込み)
・KTM 250 ADVENTURE :719,000 円(消費税 10%込み)

≪Husqvarna≫
Svartpilen 125 :569,000 円(消費税 10%込み)
Svartpilen 250 :649,000 円(消費税 10%込み)
Svartpilen 401 :759,000 円(消費税 10%込み)
Vitpilen 401 :739,000 円(消費税 10%込み)

ご検討中のお客様には、大変ご迷惑をお掛け致しますが、より一層のサービス向上を目指して参りますので、今後とも宜しくお願い致します。
5月は現行価格を続けていきますので、ご検討中のお客様は是非お早目のご検討を宜しくお願い致します。

それでは、皆さま!自粛のGWとなりましたが、協力し合ってコロナ禍を乗り切っていきましょう!
運転の際はくれぐれも安全運転で宜しくお願い致します。

Blogも基本お休みさせて頂きま~す!(笑) でも上げる日もあるかも・・・見に来て下さいね!

コメント

峠に敵無し!スーパーモタード!USED Husqvarna FE450 SM 2019MY入荷しました!

2021年04月30日 | Husqvarna 情報

YOです!

箱根の山は俺に任せろ!タイトターン、そしてブラインドコーナーが続く箱根のワインディングで、俺の前は常にクリアー!
峠に敵無しの伝説のHusqvarnaが入荷しました!

Husqvarna FE450 SM 2019MY が最古のコンディションで戻って来ました!

抜群のフォルムです!

 

もちろん転倒無し車両で、YOYO新車出荷車の2オーナー車です。

仕様は

  • TGRレーシングモタードホイール+ブルーニップル
  • WPサスペンション前後ショート加工50mm
  • MOTOMASTER製320mmフロントブレーキローター
  • MOTOMASTER製フロントブレーキキャリパー
  • MOTOMASTER製フロントマスターシリンダー
  • MOTOMASTER製フロントブレーキホース
  • アクラボビッチチタンサイレンサー
  • 二次減速比調整
  • YOYOフェンダーレス加工
  • DRIVEN製CARBONプロテックテーパーハンドル
  • FS450用フロントフェンダー
  • ETCミツバサンコーワ
  • その他純正アクセサリーパーツ

TGRホイール&BLUEニップル!

MOTOMASTER製マスターシリンダー

 

アクラボビッチ製チタンサイレンサー

カーボンヒートシールド

 

 

 

 

 

 

 

YOYOフェンダーレス加工

 

 

 

 

MOTOMASTER製320mmウェーブディスクローター

MOTOMASTER製4Pキャリパー

 

 

 

ETC付です!

DRIVEN製CARBONプロテックハンドル

トラクションコントロール&2モードエンジンマップ

 

走行:2.065km
車検:令和4年12月付
車両価格:152万円(税込)(登録・整備・保険等は別途となります)
オフロードホイール以外のノーマルサイレンサーを含めたノーマル部品等はあります。

FE450はその強烈なトルクと、高回転まで一気にふけ上がるパワフルなエンジンと、軽量なFEボディーのお陰で異次元の加速が味わえます!
さらにモタード仕様は本格派で、コーナーリングは最高に楽しい!ストレートの強烈な加速力と、軽快なコーナーリングは、一度味わうともう病み付きです!
もともと輸入台数の少ないFE450をベースにしたSM仕様なので、希少車でもあり、乗り手をワクワクさせるスペシャルなハスクバーナです!
YOYOではFE450ベースでジムカーナに参戦して来ました!大瀧選手によるジムカーナA級の激戦クラスに参戦してきたノウハウをフィードバック
させて頂きますので、楽しんでお乗り頂けると思います!^_^

 

 

程度も抜群!装着パーツもしっかりとした仕様ですので、ワンディングはもう貴方がチャンピオン!^_^

ご興味がございましたら、info@rlyoyo.co.jp 又は 03-5392-3411 YOまでお問い合せ下さい!

お待ちしています!

 

 

コメント