彩彩日記

作詞家・ピアノ弾き語りシンガーソングライター 大塚利恵のオフィシャルブログ

【5/29ライブ無期延期のお知らせ】

2020-04-06 18:33:25 | Live、イベント情報♪
5月29日に予定していた「初夏の音楽会 〜あいしてるは最初に言うのよ。Vol.4〜」は、無期延期となりました。
楽しみにしてくださっていたみなさん、ごめんなさい!
この日程ではコロナウイルスの完全な収束は見込めないだろうと判断したためです。
ご来場いただくみなさんの安全を最優先したいという、出演者三人の意見が一致し、また、マルカートさんは札幌から、nonchampは金沢からということもあり、会場と相談の上早めの決断をさせていただきました。

大変な中ご理解いただき、無期延期を快諾してくださった北参道グレイプス、そしてブッキングのまっきい女史に心から感謝します。
ご予約いただいていたみなさんには、個別にメールさせていただきます。
くれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。
そして、また必ず元気にお会いしましょう!
コメント

Stay Home

2020-04-04 15:45:27 | よりよい世界のために
ほぼ家から出ない生活してます。

作詞やピアノなどの自宅レッスンや講座は、オンラインに切り替え、それが難しい人の場合は無期延期または返金対応。
そのために電車に乗って移動してきてほしくないので。

自分が昔よくライブやイベントをさせてもらった場所が今は違うライブハウスになっていて、コロナ感染者が出たということをニュースで知った。
サイトの写真を見たら、当時より随分綺麗な箱になっていた。
地下だけど、当然最大限気をつけてやってはいたのだと思う。

大変なのは痛いほどわかるし、どのお店にも潰れてほしくないけど、今は閉めるしかないんじゃないだろうか。
無責任に言えないことかもしれないけど、積極的な選択じゃなくて、命を守るための消去法。
どんなに気をつけても大丈夫な保証がないから。
感染者が出るまではがんばる、出てしまったら閉めるというのでは遅いと思うんです。

大好きなアーティストの一人、Fountains of wayneのアダム・シュレシンジャーがコロナで亡くなったのを知ってショックだった。52歳。悲しい。
志村けんさんの訃報で実感した人も多かったと思うけど、家族に看取られることも叶わない沢山の方々。もうこんなニュースを聞くのは嫌だな。
自分が、誰かの大事な人をいつの間にか感染させない行動をとっていこう。

でも、こういう時違う考えの人に対して批判的になってしまうのはなるべくやめようと思ってる。
批判的な性格なので、すぐ批判したくなるんだけど。
何か斜め上のアイディアがあるはず、物の言い方で変わることもあるはず、とか。
これは震災から学んだこと。震災の時降りてきた言葉。
「誰も責めないことから始まる希望がある。」

個人的には、3月は震災の時を彷彿とさせるように、妙に疲れている自分に気づいたので無理をしないようにしていたけど、4月に入って少し活力が戻ってきた気がする。
この生活だからこそできること、創作、練習、運動、映画、読書、栄養が取れる料理、片付け、休肝日も作って、過ごし方を見直していこうと思ってます。
みなさんはどうですか?
いつの間にか疲れが溜まっている人も多いと思います。
宅配の方、スーパーの従業員さん、そして医療関係の方、ほかたくさんの、リスクを背負って休まず働かなければならない方々に感謝と祈りを捧げます。
どうかくれぐれもご自愛ください。

コロナ後が素晴らしい世界になりますように。
気をつけて。生き延びましょうね。


※買い出しの時に綺麗な桜と出会い、バンザイして撮ったつもりが、何かの魔術をかけてる風になってしまった。
コメント

9年目の3.11

2020-03-11 18:50:34 | 地震
東京は夕方ちょっと雨が降りましたが、快晴の暖かい一日でした。
9年前はどうだったかなあと、ふと思って調べると、最高気温11.3度、最低気温2.9度。
今日より随分寒かったんだな。
被災地はもっともっと寒かったでしょうね。

9年目にして、コロナウイルスという、また想像を超えた困難の中だけど、これを機に、みんなが幸せになる方へ世界がパラダイムシフトしますように。

3.11だってまだまだ全然終わってない。
忘れるどころか、美化した物語にするどころか。
もっと教訓にしなきゃならないけど、そのためにはまずみんなが大きく発想を変えたり、変化への恐怖を手放したり、愛と知を持って人や世界を見つめることが必要なんじゃないかと思っています。


★窓辺に幸運のシンボル、テントウムシが。なかでもこのキイロテントウムシは特別なのだとか。


★故郷・北茨城市の市民による震災の記録、「きたいばらき震災記」は母が編集委員をつとめ、私も寄稿しました。
FMひたちでは2012年発刊からの8年間、朗読を続けました。
番組が終わってしまったので、これからは別な形で本の中の震災の記録を発信していけたらと思います。
何度かアップしてますが、改めて。

コメント

【イスラエル旅行記その11】The Walled Off Hotel 世界一眺めの悪い朝

2020-03-07 16:59:25 | 
11月1日(金)-1

バンクシーホテルの朝。
寝心地良い、とても素敵なベッドだったけれど、
部屋自体がアートだし、ここはパレスチナだし、緊張していたせいか眠りが浅かった。
そして、起きて窓の外を見ると、分断の壁がドーン!!
お目覚め最悪。

夜は暗くてイマイチ見えなかったけど、陽の光に晒されて、「世界一眺めの悪いホテル」であることを改めて実感しました。
こちらが窓からの景色。


夜は夜で独特の雰囲気があったけど、部屋に光が入るとまた違った味わい。



この本棚もアート。
「眺めの良い部屋(A Room With a View)」が面出しされてるのが皮肉っぽい。


シャワー周りもいちいち洗練されていて美しい。トイレットペーパーの模様まで、何らかのメッセージかな?と思ってしまう。


朝ごはんは1Fフロント脇のピアノバーで、バンクシーアートを眺めながら。


イギリス王室の写真の上には拷問道具と監視カメラ。皮肉。


キリストの額にレーザーポインター。


フムスやファラフェルなどの定番はじめ、全部とっても美味しかった。
美味しければ美味しいほど皮肉を強く感じます。



ところで、ピアノバーから客室エリアに入るには、楽しい仕掛けがあります。
部屋の鍵を女神像の胸にかざすと、秘密の扉がオープン!
あんまり良く撮れてなかったですが。



以下は、宿泊者専用エリアの写真。
秘密の扉の内側。階段の下には鏡と、


ピカソの言葉。見えにくい写真ですが。
「We artists are indestructible; even in a prison, or in a concentration camp, I would be almighty in my own world of art, even if I had to paint my pictures with my wet tongue on the dusty floor of my cell.」
:私たちアーティストは不滅だ。たとえ刑務所や強制収容所に入れられていても、私自身のアートの世界の中では私は全能でいられる。
たとえ埃まみれの独房の床の上で、濡れた舌を使って絵を描かねばならないとしても。



ミュージアムの二階には色々なパレスチナのアーティストの作品が展示販売されていました。
発表の場の少ないパレスチナのアーティストに、バンクシーは沢山の場を提供しているようです。
Walled Off Hotelは、館内、部屋の中、ミュージアム、ピアノバー、そして次回書きますが難民キャンプに入るツアー、壁にアートを描くWSと盛りだくさんなので、宿泊される方は私たちのように時間が足りなくならないよう、十分余裕を持って行くことをお勧めします。

つづく。

※今回のコロナウイルスのニュースで、パレスチナで日本人女性が言いがかりをつけられ暴行を受けた事件がありましたね。
どこの国でも一定数しょうもない人はいますよね。
だからこの件でパレスチナに悪い印象を持つ方が増えたとしたら、とても残念です。
「パレスチナ人ってそんななの?今までかわいそうなイメージだと思ってたのに。それじゃ、イスラエル支持しようかな」みたいなツイートも見かけました。
そんな風に100-0で考えるのはやめましょう。そんな単純な問題じゃないし。
コロナの収束を祈るとともに、みんながより良い社会、世界について考える機会になりますように。
コメント

歌詞提供:3/18リリース 春奈るなNewSingle「PEACE!!!」CW曲MV公開

2020-03-07 12:04:51 | 歌詞提供
3月18日リリース 春奈るなニューシングル「PEACE!!!」のカップリング曲として「PEACE!!! -Infinity Combo Remix-」が収録されるそうです。
作曲した津波さんがRemixも担当されています。
ヲタ芸の打ち師“GinyuforcE”に音楽に合わせてサイリウムダンスを踊っているMVも公開されました。

【春奈るな「PEACE!!! -Infinity Combo Remix-」(GinyuforcE サイリウムダンスver.)】

【表題曲】
春奈るな 3/18リリースニューシングル「PEACE!!!」

作詞:春奈るな&大塚利恵 作曲:津波幸平
Arrangement & Bass & All Programmings:津波幸平
Guitar:曽根 巧
Chorus:春奈るな・藤井万利子・大塚利恵・曽根巧・津波幸平・今村公治
Recording Coordinate:今村公治


ぜひご覧ください♫
コメント