名古屋するめクラブ

~名古屋発くうみるあそぶ~

滝沢直樹著モンスター

2018年08月05日 18時55分00秒 | 読む



途中で読むのを中断していた、

滝沢直樹著モンスター(2001年まで連載)、

全18巻最後まで読んだ。

引き込まれて一気に読んだけど

すごく読み応えのある大作だった。

フィクションって分かっていても

後味の悪さがちと残ります。

MONSTER 全18巻 完結コミックセット(ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館



コメント

水野敬也著 夢をかなえるゾウ 

2018年05月14日 20時45分00秒 | 読む



電車の中で

何度吹き出してしまったことか。

いわゆる啓蒙本ではなく、

読み物としてオモシロい。

会社の女子に借りたのですが、

どうやら実写ドラマでガネーシャを古田新さんが演じられたとか。

それを聞いてしまったので、

読んでると古田さんが語っているとしか思えなくなります。

笑えます。

夢をかなえるゾウ 単行本 1-3セット
水野敬也
飛鳥新社

 

 

 

 

コメント (2)

2018年2月18日朝刊

2018年02月18日 13時54分16秒 | 読む


今日の朝刊は、

明るい話題いっぱい!

羽生選手の金、

宇野選手の銀、

羽生名人を破って6段に昇段する藤井君。

しばらく暗い話題ばかりだったけど、

日本中がパッと明るくなったような気がします。

オリンピックの選手の方々、

ありがとうございます!
コメント

届いた!

2016年09月20日 22時23分00秒 | 読む



Monsters!

MONSTER 全18巻 
完結コミックセット(ビッグコミックス)
浦沢直樹
小学館



コメント

アドラー

2016年09月19日 14時59分28秒 | 読む

アドラー


最近ちょいちょい会社で話題となっている。

アドラーの心理学。

「すべての悩みは対人関係の悩みである」

「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、

アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」

と考える。

つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている。

人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、過去にどんなつらいことがあったとしても、これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。

人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎない。

いま幸せを実感できない人に足りないのは、能力でもないし、お金でもないし、恵まれた環境でもない。

変わること(幸せになること)に伴う「勇気」が足りないのだ。

なんか、ちょっと前に流行った加藤諦三を思い出すね。

いずれにしても、

いくらすばらしい理論でも自分の心に響かないと意味がないし、

現在の心理状態にピタッとあうロジックじゃないと「納得」できないわけだから、

なんだかんだ言ってもまずは前向きになって模索することから、かな。

嫌われる勇気―――
自己啓発の源流「アドラー」の教え
 岸見 一郎、古賀 史健
ダイヤモンド社
コメント

浦沢直樹著「MONSTER」

2016年09月11日 20時55分16秒 | 読む



日曜日。

ちょっと出かけたついでに給油に行ったら

ガソリンスタンドの方に「そろそろタイヤの替え時ですよ」、

と薦められそのままジェームスへ。

車検やら、保険やら、点検やら、タイヤ交換やら、

車の管理って大変ですね。

若い人が車離れになるの何となくわかるような。。

ま、それはいいとして、

タイヤはジェームスの店員さんに薦められるままさっさと決め、

案内された待合室で、

この漫画家さん、Eテレのスイッチに小室さんと一緒に出てた人だ!



手にとったのが「モンスター」。

作業が終わるまで待つこと1時間弱、読めたのは2巻までだったけど、

すごい面白かった!

娯楽性と社会性を兼ね備えた感じが手塚治虫先生をちょっと髣髴させるような。

あーー続き読みたい!

それにしても、

ガレージでコミック(他各種雑誌あり)が用意されてるとは。

出していただいたアイスコーヒーもおいしかったです。

車周辺の文化も進化してるね。 

MONSTER 全18巻 完結コミックセット(ビッグコミックス)
浦沢直樹
小学館

 

 

コメント

Number 890 浅田真央スマイルアゲイン

2015年11月19日 22時53分29秒 | 読む

 Number890号。

Numberって、

ホント、

写真やキャッチのセンス、

いいよね。

2015 CoC - Mao Asada SP B.ESP2

Number(ナンバー)890号
浅田真央 スマイルアゲイン
Sports Graphic Number
 
文藝春秋
コメント

Seize the day by Saul Bellow

2015年09月16日 12時00分45秒 | 読む

職場の書棚に無造作に立て掛けてあったエコノミスト。その表紙を見て、

学生時代に読んだソールベローの小説を思い出した。

Seize the Day
(Penguin Classics)
ソール・ベロー(著)
Penguin Classics

自分が読んだのは、大浦 暁生さん訳のものだったと思うけど(邦題「この日をつかめ」)、

誰でもそうなのかもしれないが、

学生というものは、大人びた物語を好むものだね。

『主人公の危機的な一日を追いながら、人間存在の意味を問うた作品』

と書評。

当時はまったく共感できず、

(退廃的アメリカの社会背景の下、職のないミドルエイジ男性の心理をあまっちょろい日本の学生が理解できるわけないか)

ただやるせない気持ちになった記憶があるけど、

主人公とおそらく近い年齢になった今読み返したら、

当時とは違った印象を持てるかな。。。

それにしても、

エコノミストの表紙って、

大人の心をくすぐるセンスあるね。

コメント (8)

長友祐都著「上昇思考」

2015年08月04日 11時55分22秒 | 読む

契約のことで

いろいろ取り沙汰されていますが、

長友選手のことだから、

飽くなき向上心とポジティブシンキングで、

どこに行っても、

もちろんインテルでも、

今までと同じ活躍を見せてくれるはず。

怪我からも完全復活、

「狂ったように走って」いらっしゃるとのことですが、

持ち前のバイタリティで、

どこでも楽しんでプレーしてください!

ユート、ベリッシモ!

上昇思考
幸せを感じるために大切なこと
 
角川書店
(角川グループパブリッシング)

 

コメント

まいにち、修造!

2015年07月18日 13時25分23秒 | 読む

買っちゃった。

修造先生の格言日めくり。

その名も「まいにち、修造!」

ちなみに今日18日はこれ。



コメント

ワンピース

2015年06月02日 12時00分01秒 | 読む

4年前に買ったワンピース

断捨離も最終段階、

やっと読みました。

なるほど。

海外赴任先にもこれだけは持参する、

と意気込んでいた同僚のこと思い出しました。

初心者の身、そこまでは入り込めてないけど、

なんとなくわかるような気もしたりして。。

キーワードは「仲間」ですね。


ONE PIECE 
Log Collection 
“FISHMAN ISLAND” [DVD]
 
エイベックス・ピクチャーズ
コメント

長谷部誠著「心を整える。」

2015年03月12日 12時35分33秒 | 読む

日本代表キャプテン長谷部選手の著書。

副題「勝利をたぐり寄せるための56の習慣」

とあるように、

「心を鎮める時間を作る」、「整理整頓」「遅刻が努力を無駄にする」

など、長谷部選手が普段から実践している「習慣」が56個記されている。

すべてがあまりに教訓的で、学級委員にお説教されてるような錯覚に陥る瞬間もあったけど(笑)、

吐くほどのプレッシャーを抱え、日本人を背負って孤軍世界で戦う覚悟を思うと、

きっとこれくらい律しないとサバイバルできないんだなー、

と納得。

でも共感できたとこありました。

「孤独に浸かる」の項。

長谷部さんは、ひとり温泉を推奨されていて、

「自分にとって本当に大切なものは何なのか、自分と向き合う時間を作るのに「ひとり温泉」はうってつけ」

と。

わかる~

自分は、長谷部さんが訪れるような豪華な温泉には行けないけど、

道すがら、ひとりで考えたり、

温泉に浸かりながら、いろいろ思ったりすることで、

自分を静かに見つめられる、ってところはとても共感できました。

共感できたのそこだけ?

って突っ込まれそうですが、

とにかく終始「超まじめ」スタンスが貫かれていてちょっと疲れました(笑)。


終わりの方で紹介されてたエピソード。

キャンプかなにかのときの食事中、某後輩が、

「お前、ご飯が残ってるじゃないか!一粒残さず食べろよ!」

と言うと、言われた方の選手が言ったひとこと。

「長谷部か!」

長谷部さんは、そういう感じでいじられているのですね。

そんな隠れネタ満載。

長谷部選手の公私に触れられる一冊。

それにしても、

長谷部さん世代のカリスマはやっぱりミスチルなんだなー、

と納得。

心を整える。
勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(幻冬舎文庫)
 
幻冬舎
コメント

トマ・ピケティ著「新・資本論」

2015年03月03日 07時52分12秒 | 読む

流行に乗って?

かどうかはわからないけど、

周りで読み始めた人がちらほら。

クローズアップ現代でも、

熱血教室でも、

教授ご自身による解説を聴いたけど、

「ベルエポックの到来」

「格差社会の打開」

「資産への課税」


わかったような、

わかんないような。。。

ま、冨があるわけじゃなし、自分はいいかな。

追求されたい方はこちらをどうぞ。

トマ・ピケティの新・資本論
トマ・ピケティ著
日経BP社



コメント

内田篤人著「僕は自分で見たことしか信じない」

2015年03月02日 12時03分17秒 | 読む

ブラジルワールドカップで孤軍奮闘(してるように見えた)

内田選手の本。

普段、こういう指南本?は読まないのですが。。。

と思ったら、指南どころか、

サッカー愛が綴られた自分ドキュメンタリーでした。

代表戦のウッチーしか知らなくて、

なんとなくチャラくて、なんとなくぶっきらぼうなイメージを持っていましたが、

静かに燃える熱い男!でした。

鹿島への愛、

シャルケへの情熱、

今までどんな風にサッカーと取り組んできたか、

いかにどん底から這い上がったか、

鹿島3連覇のこと、

欧チャンピオンリーグのこと、

カーオーディオで聞く音楽のこと、

カラオケで歌う曲のこと、

好きな女性のタイプ、

等々、

赤裸々とまで言わずとも、

率直な文章で自分のこと語っていて、

内田選手がグッと身近になり、

シャルケを応援しよう!

というキモチにもなった!


スポーツ選手は、

結果出して何ぼ、

SNSじゃなくフィールドで語る、

カッコエェ~

ウッシー(ウッチー)及びサッカーファンは言うまでもなく、

全てのスポーツ好きにオススメの一冊。

ウッチー、いいヤツ。

僕は自分が見たことしか信じない
文庫改訂版 (幻冬舎文庫)
幻冬舎

これから購入される方は、↑この文庫改訂版がお薦めです。初版本の文章にかなり加筆されています。

PS.文中、ご両親のこと、おとうさん、おかあさん、って書いてるの、最初違和感ありましたが、大テーマからすれば結局、些細なこと、徐々に気にならなくなりました。

コメント

ふるさと納税とNISA

2015年02月06日 12時00分40秒 | 読む

ふるさと納税。

この制度による経済効果、予想を遥かに超えたらしい。

2013年度の統計でも、

46道府県が受けた寄付件数は4万5292件、

額にすると、12億6167万円で、

2014年は少なくともそれを上回る予定、

とのこと。

すごいね。

ふるさと納税完全ランキング2015
(別冊宝島 2260)
宝島社


免税かつ株主優待のごとく副産物までいただける、

となれば、

寄付しちゃおうかな、

って気分になるよね。

それに比べて、NISA。

ふるさと納税と同様の、

個人消費者向けの経済政策のひとつ、

こちらはちょっと伸び悩んでいるようでして。。。

住民票が必要だったりして手続きもちょっと面倒だし、

国民の心のニーズにマッチしない施策だった、

ってことかな。。。つまりは、、。

コメント (2)