日常のことばたち

時々落ち込むこともあるけれど、いまを生きるんだ。

明日も面接、明後日も面接。

2019-06-28 23:03:31 | 日常
明日仕事終わってから面接。

明後日、お墓参り前に面接。

普段の仕事しながら面接とは、時間を作るのが大変だ。

今日も本当に忙しかった。

久しぶりにりらくるに行って、身体のもみほぐしをしてきました。

「肩がヤバイですね…」

と言われ、

「そうなんです…」

と答える。

疲労が溜まっている。

今日も早く寝て、体力を回復させるのだ。
コメント

完全にオーバーロード(過負荷)

2019-06-26 23:36:39 | 日常
ダメだ。

完全に自分のキャパを超えている。

仕事しすぎだ。

というのも、アルバイトの募集をかけたら、殺到しすぎて、面接日の調整だけで時間がかなり取られる…。

普段の業務以外にアルバイト応募の対応と面接日の調整でキャパが溢れてる。

WEB応募ならあとでゆっくり見られるんだけど、電話で応募が来ると、その場で対応しないといけないので、結構大変。

可能な限り電話には出るんだけど、どうしても出られない場合は折り返してます。

求人広告担当の方も、

「こんなに反応があるなんて驚いてます」

とびっくりしてました。

そして上手な面接日の調整のやり方とかアドバイスしてもらってます。

どこかで休まないと過労で倒れてしまいそう。

明日は休む時間作ります。
コメント

6月25日 命日(15回目)

2019-06-25 23:47:26 | 妻の命日
今日はオフになりそうだったけど、なんだかんだで忙しかったです。

まずいつもどおり9時ごろ起床。

昨日からアルバイトの募集がネットに公開されて、応募が殺到。

こちらはほぼワンオペなので、午前中は面接日調整に追われて終わり。

お昼ごろ、やっとお墓参りに行ってきました。



今日で15年経つって。

15年もあれば、赤ちゃんが中学3年か高校1年になるわ。

最近忙しかったので、久しぶりにお墓の前に行って、まずはお墓のお掃除。

買っていった仏花を挿して、ジュース注いで、タバコに火を点けて、手を合わせてきました。

ふぅ。

なんだかんだで忙しいけど、なんとか生きてるわ。

15年か。

そのうち14年は、人生のグラフでいうと、どん底をトボトボと歩いていたような気はする。

それが昨年、パートナーができて、人生グラフは上がってきたかに思える。

なんとか生きていたおかげで、今は少しの幸せにも気づけるようになった。

生き地獄と思った時もあったけど、今は生きててよかったと思える。

生きていたから、今の幸せを感じることができる。

今度の日曜日には、大学友人らがお墓参りに来てくれる。

ありがとう。

みんなでワイワイとお墓参りに来るわ。



まだまだ続く我が人生。

受けた恩に報いるのが、人の道ってもんだろ?

そして、自ら切り開くのが人生ってもんだろ?
コメント

仕事が超忙しいけど、今の仕事は楽しい件

2019-06-24 00:44:46 | 日常
毎日やることが多くて、超忙しいんだけど、サラリーマンやってた時に比べると、今の仕事は楽しい。

会社を運営する側なので、やることが多いのは当たり前なんだけど、自分が主体的で能動的に動くことで物事が変わっていくので、楽しい。

現場も事務も両方やったけど、現場は最前線で風当たりが強くて、顧客やクレーム対応に心身ともに疲れ果ててしまった。

事務は事務で大事な仕事なんだけど、自分にとっては変化がなさすぎて、1年もやったら転職考えてました。

サラリーマンは権利と義務。会社に何時から何時までいて仕事したら、お給料がもらえる。

今は自由と責任。仕事のプライベートの境目はほぼ無いに等しいんだけど、サラリーマンの時より辛くない。

なんであんなに心身削ってまでサラリーマンやってたんだろうかと、振り返る。

とは言え、忙しいので体調を崩さないように気をつけます。

休む時はしっかり休む。

これに限る。
コメント

オリンピックチケット、落選。

2019-06-20 23:32:32 | 日常
朝ごろ当落のメールが来るということなので、朝楽しみにしてたんですが、メール来ず、確認できたのが夜でした。

やっぱり落選。

「次の機会にお申し込みください」

とあったけど、次があるんだろうか。

まあでも、マラソンだったら歩道から観戦できるだろうし、国立競技場行ってみるだけでもいいかもね。

自分が生きている間に、自国で開催されて、気軽に電車で行ける距離に住んでいるという機会は、もう無いだろうしなぁ。

父親は中学の時に、ご近所のテレビで東京オリンピックを観たらしい。

父は遊びに行きたくて仕方ない歳だったが、ご近所のおばさんに、

「あんたたち、絶対見ていきなさい」

と言われてテレビで観たそうだ。

私は生まれた時からオリンピックは海外でやるもんだと思っていたけど、夏季オリンピックを自国でやるってのは初めての経験だ。

また申し込めるチャンスがあるかな。
コメント

年金を払っている中、ふと思う。

2019-06-15 00:39:13 | 日常
「私は年金もらえるんだろうか…」

金融庁の報告によれば、老後に2000万円足りないという。

麻生さんこの報告を受け取らないという。

今日、菅官房長官が、「月に5万5000円足りないということだ」と言って、こっちの方がわかりやすいw


話は戻って、年金の件。

年金もらえるか不透明なまま、年金を支払うという不安しかない状況。

ねんきん定期便が1年に1回届いて、あなたがもらえる年金額みたいのが出てくるけど、

「2ヶ月で◯◯円だから、ひと月…(白目)」

どうやって生活しろと。

生涯働けということかな。

戦後、平和になって、誰もが暮らしやすくなったように見える日本だけど、なんだかやっぱり生きづらい感じはする。

現代の我々は一体何と戦っているんだ。
コメント

2019/6/8~9 山中湖交流プラザきらら(テニス合宿)

2019-06-14 00:20:59 | 日常








6/8,9と、山中湖交流プラザきららへのテニス合宿に行ってきました。

ちなみに9年前の6/5には、大学友人とここにライブに来ています。(もう9年前か…)

野外ステージがあるんですが、誰もいないステージを見ると印象が全然違いました。



天気はなんとか晴れて、テニス中に曇ったり、霧がかかったりしたけど、日中は日焼けするぐらいの暑さでした。

昨年もここにテニス合宿に来て、テニスで汗を流したものです。

いや、身体が鈍りすぎて、定期的に運動しないとダメだと痛感しました。

ひと通り練習を終えてからのミニゲームをやりました。

サーブ打つ時に、打った瞬間に、

「あ、これはダメだ」

「これは入る」

ってのがわかる。

ファーストもセカンドも入れることが大事。

月イチのテニスも、新しい仕事初めてからなかなか行けてないから、定期的にテニスをやりたいです。


そして、テニスで汗を流した後は、紅富士の湯という山中湖温泉に入り、信玄ソフト食べました。



美味ですね。

その後、スーパーオギノでBBQの材料を買い出し、コテージへ。

夕方からは雨が降ってきたので、BBQを中止して、屋内で鉄板焼きに変更。

まあ、これまた焼きながら食べながら飲みながらで大忙し。

ノリは完全に大学時代。

歳はだいぶ重ねたけど。

大きな声で笑いました。

翌朝は7時起床で、いつもなら7時半からラジオ体操。

しかし朝も雨。

仕方ないので、ゲゲゲの鬼太郎見ながらゴミをまとめて退室準備。

朝10時に現地解散。

仕事で忙しい中、運動して、温泉入って、みんなと食べて飲んで、楽しい合宿を満喫できました(*´∀`*)


翌日、全身筋肉痛になり、その二日後、胃腸炎を発症。

体力枯渇のところに胃腸炎を罹患したらしく、39.9℃の発熱。

今は平熱に戻りましたが、久しぶりに夜中に悪寒が止まらず、しんどかったです。

落ち着いてきたので、記録記録と。
コメント

「仕方なく生きる」のではなく、「生きるなら楽しく」。

2019-06-02 01:27:06 | 日常
おひとりさまの時の私は、人生を折れ線グラフで表すなら、底辺を水平に歩いているような生き方でした。

「生きるってなんだろう。」

というようなことを常に考えて、答えのない問いにたまに長い時間をかけて考えてみたり。

結局、生きるというのが、どういうものなのかはわかっていない。

ただ、何事もなく過ごした日々の積み重ねが毎日であり、瞬間の連続が今ということなんだろう。

「生きることは死ぬことより辛い」

という言葉がテレビかどこかで出てきたけど、死んだこともないのに、どうしてそんなことがわかるの?

と、ひねくれた見方だってできる。

人は死を経験する時には、他の人にその経験は伝えられないし。



40年生きてて思うことは、

「仕方なく生きる」

という考えになったこともある。そういう時期もある。

何もしなくてもおなかは空くし、眠たくもなる。(うつになった時は眠れなかったけど)

何が楽しくて生きていたのかわからない時期、それが私にとってはおひとりさまの時。

自宅と会社の往復で、仕事では上司や顧客に理不尽に怒鳴られて、ストレスばっかり。(怒鳴れば問題が解決するのか?)

これが生きるということなら、投げ出したくなるのもわかる。

つまらないもの。

何が楽しくて、毎日会社に行くんだ。

生活する為に、仕方なく毎日会社に行ってたんだな。



このブログで書きましたが、昨年9月にプライベートと仕事とで転機があって、今は前向きに生きている。

プライベートでは人生のパートナーができて、仕事も手伝ってもらってる。

いつも遠かった存在が、今では近くにいる。

人を好きになるという好奇心は、人生を豊かにしてくれるんだな。

仕事ではサラリーマンを辞めて、新しいお仕事を始めて、毎日忙しい。

特に休みが決まっていなくて、ほぼ毎日仕事で、こないだの10連休もまったく関係ないけど、能動的にやる仕事なので、前向きだ。

人生の折り返しだとしたら、残りの人生は楽しくなるんじゃないだろうか。

ここまでの40年もいろいろあって、苦しい時間が長かったけど、「仕方なく生きる」から「生きるなら楽しく」に変わったんだろう。

最近よく笑うようになった。そしてよく涙があふれるようになった。

私は特別な人間ではないし、そこらへんにいる40歳男性だ。

別にカッコよくもないし、最近おなかが出てきている。(筋トレ再開しました)

ただ、最近は毎日が楽しい。

単純だけど、生きる上でそれが大事。
コメント

ふー書類をやっつけた

2019-06-01 00:55:44 | 日常
月末ということもあって、伝票作成やら、仕事の手続きやらで、帰宅してからずっと書類を作ってました。

明日もあちこちに電話して確認しないといけないことがたくさん。

忙しいったらありゃしない。

今日が金曜日の夜で、もはや死語となったプレミアムフライデーと気づいたのが、日付けが変わったさっきでした。

みんなは週末を迎えて、飲みに行ったりしてるんだろうなぁ。

と思いつつ、飲みたくなったけど、明日も仕事なのでそろそろ寝ます。

おやすみなさい。
コメント