日常のことばたち

時々落ち込むこともあるけれど、いまを生きるんだ。

湿気がすごい!

2004-08-30 23:58:44 | 日常
じめじめする
窓開けると湿気がすごい。
かといって、窓閉め切ってもなんとなく蒸し暑い。
エアコンのドライと扇風機でなんとか湿気を取らなければ。

夜になって雨もひどくなってきた。
雨の音を聞きながら眠りにつきます。
明日の朝はどうなってるかな・・・
コメント

風が強くなってきた!台風の影響。

2004-08-30 20:08:23 | 日常
実家から帰ってくるとき、
空の雲の流れが異常に早かった・・・
風も強くなったきていて、
明日出勤時はどうだろう。

雨、風強いのかなぁ。
そしていつも10日、20日、月末は、締め日。
つまりは棚卸。
帰りが遅くなる。
さっさと終わらせて、帰ってこようっと
コメント (2)

ホームページを作成の進捗具合は・・・

2004-08-30 20:03:08 | 日常
今日は休みで、お昼まで寝てました。
本当は10時ぐらいに起きて、
洗濯して、お昼食べて、
午後からホームページを作ろうかなと思ってたところ、
実家から電話があり、
「家購入の件で住宅会社の方が来るから、帰ってきなさい。」
とのこと
もう~帰るだけでも4~50分はかかるのに
というわけで行ってきました。
用を済ませて、さっさと帰ってきました。
でも時間はすでに19時。
なんか休みなのに
結局何か予定をくるわされてるような気がするなぁ・・・
でも、今の時間からでも遅くはない!
少しずつ作っていこうっと

コメント (2)

今日はつかれたぁ

2004-08-29 23:37:52 | 日常
雨、雨、雨。
明日は休みで、いつも休みに洗濯物まとめて片付けるだけに、
雨が降るとなんか、調子がくるってしまうなぁ。
洗濯物乾くかなぁ…

クリーニングも行ってこなければ。
朝出して、夕方にはできる。
休みの日もやることいろいろある。
ホント、ゆっくり休みたい。
だって「休み」だから。
体力回復しないと。。。

コメント (2)

頑張るのではなく、一生懸命。

2004-08-29 00:32:43 | 日常
人は、自分だけは明日も無事で生きてると
当たり前に考えている。
でも人がいつ死を迎えるかなんて、誰にもわからない。
だから、今を一生懸命に生きるのだと。
後悔のないように。
一生懸命の途中で命を落とすのであれば、
それはとても幸せなこと。
自分の好きなことをやって逝けるのであれば、なおさら。
疲れて何もしないで寝てるのも一生懸命。
闇にもがきながら涙を流すのも一生懸命。
途方にくれたまま、手探りで何かを模索するのも一生懸命。
これは励ましでなくて、自分の心の片隅にそう思っていること。
コメント (2)

言語…文化論だったっけなぁ…

2004-08-29 00:20:08 | 日常
今日お昼休みに西友の本屋さんで、
注文していた本を購入してきました。
大学の頃に学んだ授業、
確か・・・「言語文化論」だったかなぁ・・・
もしかしたら違うかも。
この授業で、ある言葉を学んだ。
その言葉とそれを記した人物の名を覚えていたので、
なんとか注文して購入することができました。
その言葉にすごく感銘を受けて、
「この言葉を学んだだけでも大学に来た意味があった!」
と思ったほどでした。
大袈裟に言うと「目覚めた!」というような感じ(ホント大袈裟)
自分はまだ知らないことがたくさんある。
無知の知。
自分が無知であるということを知る。
いくつになっても勉強。
それがきっと次へとつながる。
人生であと何度こんな経験をすることができるだろう。
世界は広大だ…
コメント

ちょーっと幸せな瞬間。。。

2004-08-28 01:57:52 | 日常
ちょーっと幸せな瞬間。
それは寝るときだったりする(笑)
ヘトヘトに疲れて帰ってきて、ご飯食べて、お風呂入って、
テレビ見たり、パソコで作業したりして、
横になるとき、ちょっとだけ幸せだったりする。
一日あちこちに力を入れて動いてる身体を、
どこにも力を入れないでフトンに預けるイメージ。
目を閉じて眠りにつくまでの間、
そのまま空を飛んでいっちゃいそう(このイメージは危ないか!?(笑)
睡眠って大事。
身体を休ませる。
本当に一日お疲れ様って感じだ。
朝起きるときは、重たい身体を無理やり動かすのだけど、
目覚めのときに見つめる手。
ああ、また帰ってきたのだと思う。
そしてまた一日が始まる。

もう1つあった。ちょっとだけ幸せな瞬間。
いつも通勤、帰宅の小道に、白い猫を見つけること。
いつも横になって寝てる。
このブログの最初に記載した写真の猫。
雨の日は車の下で寝ている。
朝も夜も寝てるような気がする。
でも、思わず心が和む。
「おまえはいいなぁ。気楽で。」
と思いつつも、きっと悩みや苦労もあるのかなぁとも思う。
通勤、帰宅の時には、ほとんどいるので、
その度にあいさつを交わす。
昼間は何をしてるんだろう…

*同じ写真を添付
コメント (2)

二面的思考で行く。

2004-08-26 23:22:08 | 日常
昨日の夜から、気分がまた沈みっぱなしだったのだけど、
夕方、友人からきたメールで沈んでいたのが止まった。
はぁ・・・
なんか単純なのか、うつなのか。
あんなに苦しんでいたのが嘘みたい。
でも、またすぐに沈んでしまうのだろう。
未来の今、自分は何をしてるんだろうと、
漠然としている。
何かを目標、生きがい、希望として、
見つけることができれば、
きっとまた笑顔で過ごせる日が来るのかな。

将来の大計と、目の前にある現実。
二面的思考で先に進まなければ、
困難な壁にぶつかることは必至だ。
高い塔を建てようとすれば、
まず基礎がしっかりできなければ、
必ず倒れる。
目の前にある現実は、いやというほど見てきている。
身に染みるほど。

将来のこと…
それがぽっかり無くなってしまっただけに、
新しいそれを見つけることが、一番難しいのだろうなぁ…
第二の人生とよくいうけど、
悲しみをあっさり過去のものと、割り切って進めるのなら、
そんな苦労はないんだろう。
それでも時間という概念は流れ続ける。
嫌でも、歳をとり、太陽は昇る。
太陽が昇るのは、嫌じゃないけどね。
コメント (2)

頑張れって言葉。

2004-08-26 00:57:11 | 日常
近くでともに闘病してきたので、
理解してるつもりでも、
実際に苦しんでいる本人と、
周りの人のと理解の差というのは、
きっと大きな差があるんだろうなぁ。
「頑張れ」なんて言葉は、つい励ますために使ってしまいがち。
でもそれって、追い込む言葉でもあったりする。
マラソンで走っている人に「頑張れ」っていうのはいいと思う。
本人頑張ってますから。
でも頑張れない人に「頑張れ」っていうのは、ただ追い込むだけだったり、
とどめを刺す言葉にもなりかねない。
実に難しい言葉。
でもあまり使わないようにしている。
コメント (2)

あぁ、そういえば自己紹介。

2004-08-26 00:19:29 | 日常
そっかそっか。自己紹介忘れてた。

東京に住む25歳の会社員。
今年の3月に結婚したのですが、
6月に妻が亡くなってしまいました。。
妻がうつ病で、闘病して一度は克服したのですが、
再発して入院。
6月に帰らぬ人となりました。

この2ヶ月間、悲しみの中、人生の希望や目標を失ってしまったことから、
今度は自分がうつ状態になってます。
ちょっとしたことで不安になったり、
独りが怖かったり、
死に敏感になったり、
将来の自分はどうなってるんだろう、
とか思いつつも、
いのちの大切さを身に染みるほど感じているので、
日々そんな状態と闘いながら生活してます。
「今日は月が見えるかな」と思いながら、毎日仕事から帰ってきています。

コメント (2)