日常のことばたち

時々落ち込むこともあるけれど、いまを生きるんだ。

暑さで自律神経ボロボロですよ

2018-06-29 22:40:04 | 日常
ここ最近の気温の高さで、身体がだるくて重たい。そしてフラフラ。

目薬して、ストレッチして、少しでも整えよう。

深く深く眠ろう。

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。
コメント

独立行政法人国立病院機構相模原病院

2018-06-29 22:30:17 | 日常
先日仕事で相模原病院の近くまで行ったのだけど、この病院…来たことあるような…

でもはっきりは覚えていないのでなんとも…

通院…お見舞い…

デジャヴなのか。

今は国立病院とは呼ばないんですね。

独立行政法人国立病院機構

なんとも難しい名称になったものだ。
コメント

身体が暑さに順応できていない

2018-06-27 23:31:23 | 日常
暑い。職場はエアコンがあるからかろうじてまだ仕事できる。

でも外に出たらとても暑い。

暑い→涼しい→暑い→涼しい

を繰り返して、なんだか身体の調子がおかしい。

脱力感さえある。

中と外の気温差がありすぎて、身体が順応できていない。

帰りはフラフラで帰ってきました。

悪あがきにキューピーコーワゴールドのドリンクを飲んでみたりして。

ふー。

身体が悲鳴を上げているようだ。

サッカーも見たいけど、早く寝た方が良さそうだ。
コメント

6月25日 命日(14回目)

2018-06-25 22:46:02 | 妻の命日
週明けお疲れ様でした。

暑くて暑くて、まだ身体の順応期間が間に合っていないようで、お昼には気持ち悪くなり、お昼は食べらませんでした。

先日の6/23(土)に、大学友人らがお墓参りに来てくれました。

1年振り(もしくはそれ以上振り)に会う人もいて、ワイワイと楽しかったです。

みんなでお墓参りの後には、みんなでランチで、楽しい日になりました。



そして本日が本命日。

今日の仕事帰りにまたお墓へ行って、手を合わせてきました。

お線香と一度も吸ったことない煙草に火をつけて。

14年が経ちました。

14年か。

ひとりに慣れてしまったな。

ちょうど両親も、先日亡くなった叔父の葬儀に行っており、昨日から一軒家に一人です。

仕事から帰ってきて、洗濯して、お風呂入れて、お風呂入って、ご飯食べて、食器洗って、洗濯物干して、歯磨きして、テレビ見て、寝る。

14年前、妻が亡くなった後の一人暮らしを思い出しました。

ふー。



今の私は、たくさんの人のおかげで、なんとか生きながらえている。

生きている意味とか数え切れないほど考えたけど。

其の度に行き着くところは、

「まだ生きているということは、まだ死ぬ時ではないんだろう」

ということ。

生きるというのは、ある意味、死ぬより辛く苦しい。

(※死を体験したことないからわからないが)

この世は生き地獄かと思ったこともある。



それでもまだ生きているなら、まだ何かしらの役割があるんだろうな。

まだまだ続く我が人生。

受けた恩に報いるのが、人の道ってもんだろ?

コメント (2)

生きている限り、死は切っても切れない。

2018-06-23 00:27:21 | 日常
14年前に亡くなった妻。

昨日亡くなった叔父さん。

生きている限り、親しい人の死というものは、必ず訪れる。

共通して言えることは、いろんな思い出が脳裏を巡る。

人は思い出とともに生きているんだろう。

人にも物にも、そして場所にも思い出はある。

よく聴いていた曲があれば、その時を聴いていた当時を思い出す。

思い出のない人はいない。
コメント

幸せの形

2018-06-22 23:55:59 | 日常
最近思っていること…

「幸せ」って人によって違うよね。

年齢によっても変わってくると思うけど。

結婚して子どももいて、幸せな大学同期もいれば、

結婚したけど1~2年ぐらいで離婚して、今を伸び伸び生きている友人もいる。

もちろん、目には見えない苦労や悲しみ、苦しみも抱えているんだろうけど。



私のとっての幸せとは…

健康で病気もなく、働いて、そのお給料でご飯食べて、たまの週末に友人と飲むお酒が楽しいかな。

あとは朝の時間を気にせずに寝ていられる時間。

なにものにも代えがたい時間。



毎年お墓参りに来てくれる大学友人。

今年は明日来てくれます。

またサークル友人も明日か明後日の早朝に来てくれるそうです。

いつもありがとう。

そういうところにも幸せを感じたりするわけです。



また一方で、昨日亡くなった叔父さんが常々言っていた縁談のことも思い出すのです。

「早く嫁さんを作って、幸せになりな!叔父さん、ゆうくんの縁談まとめるまで死ねないんだから!」

それもまた、ひとつの叔父さんが思った幸せの形なんだろうな。



39歳。

今年度で40歳。

40歳だって。

子どもの頃の私が思い描いていた40歳って(思い描いていなかったと思うけど)、立派な大人だった。

ところが今の自分はすっかりオジさんであり、立派どころか、雲のように生きている。

ふわふわふわふわ。

今でも幸せとは何かを考えつつ生きている。
コメント

親戚の叔父が亡くなる。

2018-06-21 23:11:07 | 日常
お疲れ様でした。

今日の午前中に親からLINEが届いた。

「○○の叔父さんが亡くなった」

先月から肺炎で入院していた母方の叔父さんだ。

風邪から肺炎になり、入院していた。

それが今日亡くなったという連絡が来た。

人には命数があるからな。

「ゆうくんの縁談まとめるまで、叔父さん死ねないんだから」

とよく言ってくれていた。

妻が亡くなった時は、お通夜に

「○○ちゃん起きろ~!」

と酔っ払いながら、おりんをけたたましく鳴らしていたっけな。



小さい頃からお世話になった叔父さん。

ゆっくり休んでください。



コメント

デスクワークの弊害

2018-06-20 23:18:09 | 日常
ずっと座っているって結構な疲労だ。

肩こりがひどい。

慢性的な運動不足。

テニスの回数を増やしたいけど、コートが取れるかにもよるしなぁ。

体重増加中です…。

運動するしかないな。
コメント

6/9~10 山中湖テニス合宿

2018-06-13 00:18:10 | 日常
6/9 土曜日

山中湖交流プラザきららに11時半に集合の予定が、途中の高速道路で渋滞…

トンネル内での事故が2箇所…

結局着いたのが12時20分ごろ。

先に着いていた友人らは先にテニスを始めてて、早くもバテていました…笑

テニスに夢中で写真をほとんど撮らなかった…





15時ごろテニスを終えて、近くにある温泉、紅富士の湯に行き、のんびり入ってきました。

そしてお風呂上がりに信玄餅ソフト(450円)をいただきました。

きなこと黒蜜がグッド!





続いて買い出し。

近所のスーパーでBBQ用の食材を買い出し。

黒毛和牛などを買いつつ、みんな好きなものを買い物カゴへ。



そして貸し別荘へ。











1階が広い!のに、2階には6畳2間!?

家具、食器、お布団、トイレ、バス完備。

すごいところでした。



早速お布団を敷いて、BBQの準備。



18時くらいから準備始めて、21時くらいまでやってましたね。

寒くなってきたら、残火処理して、1階のテーブルで酔っぱらいどもが話をしていました。

とてもくだらないことで、話がループして、それがまた面白くて、完全にみんな大学のノリが戻ってました。





6/10 日曜日

7時半起床。

ラジオ体操第一を行い、山中湖周辺を散策。





ウェイクボードの大会か何かやっていましたが、写真は撮りませんでした。

別荘へ戻り、朝食タイム。

片付けて、9時半ごろチェックアウト。

近くのおみやげ屋さんへ行って、各々お土産を買って、10時過ぎに解散。

なお、すでに筋肉痛でした。

まだ若いってことかな?

疲れたけど、大学時代を彷彿とさせて、今でもまだこうやってテニスやBBQができることがとても楽しかったです。

我が青春時代は、常に今なのかもしれない。
コメント

ちょ、チョット待って!拉致殺害事件!?

2018-06-11 22:07:09 | 日常
私もよく利用する東海道新幹線の3人死傷事件に驚いたけど、それと同時進行で凶悪な事件が発生している。

静岡県藤枝市の山中で、浜松市の看護師が遺体で発見された事件。

防犯カメラに複数の男に車に押し込まれて拉致される様子が映っていたらしい。

計画的に拉致か…手袋着用 静岡の29歳女性遺棄、男数人の行方追う

日本の安全神話なんて崩壊してるとは思うけど、凶悪な事件が起こりすぎて感覚が麻痺しているのか。

新幹線の事件が表立っているけど、男数人で女性を拉致して殺害して山中に遺棄された事件も怖すぎる。

事件に大きいも小さいもないのかもしれないんだろうけど、平等に報道って難しいのかな。

コメント