だからツーファイブで山に行ってきますね ♪

グランパGuitar弾きが、のんびり生活しながら日々のアウトドアライフや日常を書き綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

洞元湖の利根川源流ヘ

2015年05月18日 | カヌー
ばっちりの天気で”かっつぁん”と二人で洞元湖カヌー♪

今回、お世話になったのがFANTAILのarakiさん。
洞元湖の自然環境などについて色々教えて頂きました。
洞元湖の湖水の流れを読むことから始まり、動植物の造詣も深くいい勉強になりましたね。
また、自艇リリースの時の駐車スペースやらリリース場所も教えて頂き感謝です。

さて、ツアーですが「利根川源流方面まで行ってみますか?」とのお誘いの言葉で半日コースでしたが、往復2時間を使ってロングなツーリングの始まりです。

まず、リリース場所から流れに乗って洞元湖左コースを進みます。暫くのんびり漕ぎながら湖右にコースを取ってV字湖の先端まで。

  

  

須田貝ダムを左に右側をキープし進みます。ここからは利根川源流域。
風を受けながら進む先には奥利根湖があります。


  

  

湖の中から木が出ているところを、するっと通って、周辺の山や鳥、草木などを堪能。目指すは左前方の赤い橋。
この橋は奥利根湖に通じる道路にかかっています。

そして、橋前方を見ると絶景!見えました!残雪の越後の山々。
下津川山?小沢岳?なんとも綺麗な♪
益々、奥利根湖カヌーツアーでリトルカナダを体験したい気持ちが膨らみます。


  


ちょいリトルカナダを拝見し、橋をくぐって沢を進み上陸できそうな場所でお茶タイム。沢の左側は雪崩で崩壊してました。もちろん安全を確認しながらちょっと探検。

 
ブレイク後、沢の流れを利用してスライダーカヌー。
帰りは台風の影響か南からの向かい風。最後に振り返って越後の山並を目に焼けつけ利根川源流を後にしました。
そうそう、帰りに岸にいたカモシカにも遭遇です。自然がいっぱいでしたね。



十分楽しめたカヌーツアーを体験出来ました。

締めは露天風呂に入って麦酒で乾杯♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お遊び計画♪山と温泉そしてカ... | トップ | 天気が心配だけど”かっつぁん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カヌー」カテゴリの最新記事