my static spiral

日々のこと、ファッション、好きなもの、そして靴たち..

気分はホワイト「アスカニアの機械式腕時計2」

2010年04月15日 | ファッション(時計)
 前回「ASKANIA」の自動巻時計を取り上げましたが、実際欲しいのはこちらの画像の左、白文字盤のほうです。

 無骨過ぎず、ミリタリー過ぎず、ちょうど良い上品さですね。

 身につけたいモノが白系に偏り始めていまして。

 靴ならホワイトバックス(ブリックソールで)。

 普段使いのカバンもホワイトのレザーで良いのないかな、と。

 で、ボトムスならやっぱり白パン(今年は505のホワイトデニムを買い足す予定です)。

 以前エディフィスで買った、GTAの白パンを履いていたら、彼女に「白なんてナルシストのイタリア人みたい」とか「そんなの履いてたらすぐ汚れるよ」とか「パンツ透けるんじゃない?」とか、やかましかったんですが、とにかく僕は自分の着ているものを彼女に批評されるのがすごく嫌で。
 
 それ以来、白パンはひとりで行動するときだけ履くようにしています。

 すごく基本的な色なのにボトムスとなると意外と理解を得られないもんなんですね(グレーのJKTにもネイビーのJKTにもきれいに合わせられる便利な色なのに)。彼女が特別うるさいだけでしょうか(?)

 とにかくこの春夏は爽やかなホワイトアイテムをフル活用していくつもりです。

 あ、画像のアスカニアとほとんど関係ない話題でしたね。
コメント

これはドイツ的。。。「アスカニアの機械式腕時計」

2010年04月13日 | ファッション(時計)
 これも気になります。

 ユンハンスの「マックス・ビル」モデルと同価格帯。

 どうも「ドイツ的」に目がなくて。。

 でも、持ってるのパイロットウォッチばっかりだな。

 どうしましょうか。
コメント (2)

良い靴の原点「CHEANEYのセミブローグ」

2010年04月13日 | ファッション(靴)
 昨日はよく降りました。

 雨の日限定というわけでもないんですが、CHEANEY(チーニー)のセミブローグは悪条件も気にせず履ける頼れる仕事靴です。

 チーニーは本格靴の世界の入門靴なんてイメージが一般的にありそうですが、僕は今も変わらずとても気に入っています。

 まだ靴についてほとんど知識も無い時期に買った所謂「本格靴」(基準が曖昧ですが価格で言うと大体5万円以上で流通している靴)は、やはりチーニーのブラウン(タン)のキャップトゥでした。たしかトゥモローランドの別注だったかと思うのですが、革質がとても良く、現在も特にお気に入りのドレスシューズです(数あるセレクトショップの中でもトゥモローランドは特にクラシックな木型を選んで別注しているそうです)。

 結局最初のチーニーがあまりに気に入ったばかりに「英国靴」の魅力に取り憑かれてしまった気がします。

 ジョンロブやチャーチの傑作ラストを考えると、さすがに靴の機能やデザイン面でも見劣りしますが、チーニーのこの謙虚な、控えめな存在感ってすごくシンパシーを感じますね。

 気負わずに付き合えて、時々ふっとその質実で美しい魅力を再認識できるチーニー。

 とても良い靴です。渡辺産業さん、ありがとう。

 これからもちょっとずつ増えていきそうです。
コメント

やっぱりチェック「アローズのギンガムチェックジャケット」

2010年04月11日 | ファッション(全般)
 これ、原宿のユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)メンズ館でこの前買いました、ギンガムチェックのアンコンストラクションジャケットです。

 早速、奥湯河原に着ていったんですが、軽い着心地で春らしくプレップなギンガムチェック柄で、やっぱり今の気分にとてもしっくりきます。

 昔は温泉行くときは随分ラフな格好で行ってたものですが、最近は程よくきっちりで力の抜けた大人の着こなしで行かないとなって思い始めました。

 足下は先日購入したU太郎で。

 また明日から仕事頑張れそうです。あ、ブログの更新もせっせと頑張りますのでどうぞご愛顧を☆
コメント

近場に温泉「奥湯河原」

2010年04月11日 | 日常・風景・雑感
 少し更新が滞ってしまいました。ここしばらくあまりに忙しく、ようやくの連休だったので近場に温泉に行って参りました。

 僕は横浜に住んでいるのですが、湯河原(厳密には奥湯河原)まで1時間半ちょっとで行けてしまいます。

 写真は何のことやらよくわかりませんが、赤い欄干が見えると思うのですが、この橋を渡ると旅館内の露天風呂に行けるわけです。

 露天風呂からは間近に素晴らしい滝を見ることが出来、とても居心地がいいので随分長湯になりました。泊まったのは手頃な宿代の老舗旅館で、オールドスタイルな風情があるからか外国人のお客さんもよく見かけました。外国の方は残念ながら掛かり湯をしないでそのままお風呂に入られる方がほとんどでしたね。。。まあいいか。

 実は温泉行こうと思い立ったのが当日昼の14時過ぎごろで、予約して準備して出発して現地に着いたのが夕方17時過ぎごろでした。

 慌ただしいけどサッと温泉行けて意外とゆっくりできて、お湯も良いし、充実したお休みになりました。
コメント

オトコマエな帽子みつけました「coeurのハット」

2010年04月02日 | ファッション(全般)
 ドレステリアで購入したばかりの「coeur」(クール)のハットです。国産の帽子ブランドとしてはかなり有名になってきているブランドのようですね。セレクトショップでも扱いが増えているみたいです。

 カジュアルな素材感ですが、形がオトコマエできっちり感が出せそうです。ラフにかぶるのもいいんですが、ハットはやはりあるていど深く、そして端正にかぶらなければならないと思います。

 暖かくなったらリネンシャツやパーカーや、夏にはラコステポロに合わせて着こなしたいですね。

 完全に冬が終わってしまうのは寂しい気もしますが、今は早く暖かくならないかなー、と本格的な春の到来を楽しみにしています。

 って随分簡単ですけど、早朝から外出なのでそろそろ寝ますっ

 またいくつかこちらで紹介させていただきたいものがありますので、明日以降ということで。。。

 
コメント (2)

仕事帰りに...

2010年04月01日 | 日常・風景・雑感
 春の嵐と申しましょうか、ほのかに生暖かい風が吹き荒れる一日でしたが、かなり早く職場を出られたので、神宮前周辺でいくつか店をみてきました。ついこの前靴も買ったし自粛すべきでしょうが、東京ってどうしても誘惑が多いですね。

 結局いつものドレステリアで前から欲しいと思ってたものを購入したんですが、この店は居心地が良くてまた長居してしまいました。

 Church's(チャーチ)やJ.M.WESTON(ウエストン)を横目で見ながら、今回はカジュアルアイテムだけ選びました。

 その他、SHIPS、TOMORROWLAND、EDIFICE、となんとなく見て回り、、気になったものはあまりありませんでしたが。

 SHIPSにあった、濃茶スエードのクロケット&ジョーンズの「ベルグレイブ」は洒脱で、ちょっと考えておきます。

 僕は、買い物は渋谷や青山周辺が多いんですが、いつも効率良くお店を廻ることができず、ただ無闇に歩き過ぎて疲れることが多くて(このエリアは思いのほか範囲が広い...)。 

 的を射た、良い巡回コースを頭にいれておきたいところです。。
コメント (3)