Bass and camp

スローフィッシング、スローライフ シンプルに暮らす

不可解な出来事

2018-11-10 10:24:43 | リール道
ゴリ感のあるモラム3号機ですが、ベルハンマーをもってしても完全に直すことは出来ませんでした。

なので、直すことを諦め4号機購入となったわけですが、ちょうどそのタイミングで2号機の調子が悪くなったため、3号機は部品取り用としフレーム一式を2号機に移植しました。

これで2号機は復活したわけですが、なぜか3号機のゴリ感も無くなるという非常に不可解な出来事となっています⁉️

もう一度フレーム交換し真の原因を探るべきか、このままそーっとしておくべきか、とても悩んどります(^^)


コメント (2)

10周年\(^o^)/

2018-11-01 00:01:00 | Weblog
あっという間ではないけれど

ブログを始めて10年経ちました(^-^)/

我ながらよく続いたものだ⁉︎

何の参考にもならない記事ばかりだけど

これからもマイペースに続けます(笑)

ブログを通しお世話になってる皆様に感謝感謝、これからも宜しくお願いします(*´ω`*)


コメント (12)

シリアルじゃないかも?

2018-10-26 15:30:00 | リール道
今回購入したモラムSXのシリアルナンバーをみたら、見覚えのある番号だったので確認してみると…



全き同じ番号でした⁉︎
#080008


これでは製造番号を示すシリアルナンバーの意味がないと思いますが、実はこの番号はシリアルナンバーではなく、製造年月を表しているみたいです。

よく分からん(笑)
コメント

モラムSXハイスピード 4号機

2018-10-25 20:00:25 | リール道
またモラムSXハイスピードを購入してしまいました(^_^;)











モラムシリーズは、年々人気が出てきたため中古相場も高く、予定金額を大幅に超えてなんとか落札しました(ー ー;)

無事到着です\(^o^)/






綺麗ですね〜‼︎
直ぐにオーバーホールしましょう!




しかし、分解していくうちにある疑問が出てきます。

これは半年の汚れではないな
もしかしたら中古の中古ってことか?

巻き心地は悪くありませんが、この機種ヒトスジ20年ですから(笑)

普段のメンテナンスの倍の時間をかけ、オーバーホールが終わりました。

ついでに部品交換しました。

・ローダウンクラッチ(シルバー)
・SICボールベアリング 2個
・ZPI カーボンハンドル


ハンドルノブがハゲハゲなので後日交換します(ー ー;)

その足でキャスト確認へ



近所のドブ川に来ました。
スモールを期待しスピナベを投げまくりましたが、魚からの反応は無し



キャストフィールは悪くなく、手持ちのモラム以上に快適に投げれました⁉️



メンテナンスが良かったのか?
それとも個体が当たったのか
良くわかりませんが、
4代目モラム誕生です\(^o^)/

後日クランクハンドル、ウッドノブ仕様にしました\(^o^)/
コメント (4)

モラムSX シリアルナンバー

2018-10-21 09:58:26 | リール道
手持ちでモラムSXハイスピードを3台所有していますが、昨日ヤフオクで落札したのでもうすぐ4台目が到着する予定です〜(^-^)/

次の1台はどのようにカスタムしようか考えていたところ、リールフットのシリアルナンバーが目に入りました⁉︎







#080008
#080009/50
#080010/25


これで年代が分かれば購入する時の目安となりそうですよね!

どこかに書いてあるのかしら…。
コメント

デリカD:5 車中泊仕様 その後

2018-10-20 16:29:26 | 
イレクターパイプで車のトランクを2段式にしたのが5年前のこと

三列目シートはほぼ使用しないので、車検の時以外は外したままとなっていました

使い勝手も良く何の問題も無かったはずだったのですが…



付け根のジョイント部分からパックリと割れてしまいました⁉️


数日前から荷台の荷物がガタガタすると思ってたのですが…

外してみるとジョイント以外は問題なさそうなので、新しいジョイントに交換して使おうと思いましたが、接着が強くて断念しました。
新たに作り直そうと思います(T_T)



接着後に取り外すのは無理みたいです



荷物の出し入れを優先し、横方向のパイプを前後共1本だけにしていたため横方向の強度が足りなくなってしまったようです!

今回の変更点
・横方向の梁を2本に変更
・足の高さを50センチに変更
・奥行きを100センチに変更



高さを20センチあげた事と、奥行きを5センチ広げたことにより、足の置き場はご覧の通りです!

左手前



右手前


この高さでは、荷台をフラットにして車中泊するのは難しそうですが、5年間一度もしなかったので今回は使い勝手を優先しました(^-^)/

これで様子を見て使い勝手良ければ接着しようと思います!

しかし、痛い出費だったなぁ (ToT)/~~


しばらく使ってみたら、高さ50センチだと天板がズレてしまう事が分かったので、10センチ下げました。



これ以上高くする場合は天板の幅を見直す必要がありそうです。



足以外は接着したので、これでほぼ確定となります!
コメント (2)

片貝漁港ハゼ釣り2018

2018-10-08 20:00:53 | 四季の釣り
少し時期は遅くなりましたが、季節の釣りモノ代表であるハゼ釣りに行ってきました!



この釣り場に来るのは3年ぶり
下町育ちなのでハゼなら地元で釣れるのですが、釣り場により味が違うので色々な場所のハゼを食べ比べた結果、ここに辿りつきました(笑)



ウッドデッキもあり、足場もよく釣りやすいことから、このポイントは人気があり、すぐ満員になってしまうそうです。

到着して先ずは先客にご挨拶(^-^)/
今朝の状況を聞いたところ、毎日さんの名人でもお手上げなほど渋い状況だとか…



良くない日に当たってしまったようですが、これから潮が上げる時間なので竿を二本準備します。

一本は対岸付近のカケ上がりへ、二本目は流れのど真ん中、中央付近へ投入します!

それとは別にもう一本準備し、投げ竿の待ち時間に手持ちで足元を狙います。

先日考えた塙仕掛けもどきをつくり、3メートルほど先にあるカケ上がりへキャスト!



着底と同時にアタリがあり、難なく釣れてしまいました(^-^)/



以前も感じたのですが、ここのハゼはサイズが良い(^○^)



銚子で釣れるハゼの2倍くらいあります

(帰宅後計測 最大16センチ)


投げ竿にもアタリが⁉︎
中央の流れの中よりも、対岸付近の方がアタリが多い状況なので、今日のハゼは流れを避け緩い所に溜まっていそうです。



デッキを左右に歩きながら、3メートルほど先のカケ上がりを狙います。

足元から2メートルまではごろた石が敷いてあり、ここの隙間にハゼが潜んでいます!



投げっぱなしにしておくと、ハゼがかかりこの岩の隙間に入ってしまうので、手前に投げっぱなしは厳禁です(笑)

手持ちで掛け、根に入られないよう引きを楽しみます(^○^)

しばらくするとスレてしまったのか、足元では当たらなくなってきました。

投げ竿にはアタリがありますが、フナやチンチンなどの外道がかかり始めました。



人が増えたので、プレッシャーが高まったのかもしれません⁉︎

まだ11時前ですが、台風の影響で気温が30度を超えてきたため、少し早いですがランチ休憩します。

大勝軒風のつけ麺で塩分補給!



先ほどの川に戻る途中、他の川を覗いてみます





見える範囲に5名ほど釣り人がいます。
皆さん延べ竿で釣りしているので、ハゼ釣りだと思いますが、釣れている様子はありません

少し竿を出してみましたが、全く当たらないので直ぐ移動します(^-^)/

ハゼは居ればすぐアタリがあるので、粘るより釣り歩く方がアタリが増えます!

朝の川の下流に来ました。
目の前は片貝漁港です。

ここは足場が高いので、投げ竿で狙いますが、遠投する必要はないのでちょい先に投げておきます。

キス釣りのようにサビいて来た方がアタリは増えますが、砂浜と違い障害物が多く沈んでいるので根掛かり多発です(T_T)

流れに負けないようオモリを重くし、基本投げたら放置プレーです(笑)

待ち時間に手持ちの竿で足元を狙います!



塙仕掛けもどきの重りは基本5グラムですが、5グラムでは根掛かりが酷かったので徐々に軽くします。

バス用のダウンショットを利用し、底が取れ根掛かりしない重さを探します。

今回は1.3グラムがちょうど良く、5グラムではアタリがなくとも、オモリを軽くするだけでアタリが続出するようになりました!

ワンキャスト、ワンヒットが何度か続きます!
検証のためオモリを重くするとアタリが無くなったので、オモリを軽くしてフワフワ落とすのが良かったのかもしれません。



暗くなりアタリが遠のいてきましたので、今日はここまで(^○^)

ハゼは美味しいから帰ってからも楽しみがあります(╹◡╹)

一年ぶりのハゼ、楽しみです!












美味しゅうございました(^○^)
コメント (10)

近所の釣り20181006

2018-10-06 18:22:59 | 四季の釣り
台風25号が迫る中ですが、近所のドブ川へ釣りに行ってきました!



水深は浅め、土嚢がうっすら見えるくらいの濁りあり



昔に浅い川を攻略するために買っといたルアー、クラップシューターを用意しました!



流れのヨレに通したら2投目でヒットしましたが、モンドリうってフックオフ(ー ー;)

その勢いでルアーも土嚢に突き刺さり殉職(T_T)

次に結んだのはラパラSSR



前回土嚢から救出できたので、フロントフックをダブルに交換して使います!

水は濁ってますが、前に土嚢に突き刺さったチャートのルアーがうっすら見えてるので、それを目印にして土嚢をかわしながら引いてきますが、場が荒れたのかその後当たらず…。

場を休ませるために一度帰り夕方リベンジしましたが、上げ潮と重なり、潮の流れと風向きが違うため釣れる気がしないので1時間程で撤収しました。



近所ならではの釣り方ですが、これに慣れると遠くには行けなくなりそうで怖いですね(笑)
コメント (4)

近所の釣り20180930

2018-09-30 17:30:02 | 四季の釣り
台風24号が迫る直前ですが、近所のドブ川へ行ってきました!



朝方に少し降ってましたが、まだ台風の影響も少なく風も穏やかです。

しかし上流では降っていたようで、水量も多く流れも早くなっています。

いつもは水門の奥には水がありませんが、50センチくらい増水しているため、水門の奥にも魚の気配があります!



バチャバチャ音がしているので、何か大きな魚がいるみたいです🐟

いつも以上に濁っているため、派手めの色からスタートします!



魚の気配があるのでのぞいてみたら、数匹の大きなコイでした。

そして水門前にはラパラCD7より一回り大きな魚がぐるぐるしています。

CD7をキャストし、根掛かりしないよう水面直下を早まきします。

何度かのローテーションでレッドヘッドを結びました。



ラパラの泳ぎは秀逸ですねー!
震えるような泳ぎ方は他のルアーには無い動きですね⁉︎

流心に投げたルアーが水門前に戻った辺りで ゴンときました!

糸なりが鳴るほど魚が暴れまわります!
ジャンプしませんが水深が浅いため右へ左へ走り回ります!

ロッドはSPR
ラインは8ポンド

GTRウルトラを使用していますが無理はできません(^◇^;)

手前に走り、水門内に入らず沖に走り出したその時

フッ




やっちまいました(T_T)
バスなら40アップ間違いないやつです

結び目から切れていましたが、このラインを切られたのは初めてです

全く姿が見えなかったので、コイのスレがかりの可能性もありますが、この川にはどデカイ何かが生息していますね(T_T)



次回からラインは10ポンドフロロにチェンジして挑みます(^_^)v
コメント (5)

シャッドラップ ラパラ SSR-7

2018-09-30 08:46:39 | 釣り具
荒川河口域に近い下町育ちだったこともあり、ルアーフィッシングはシーバスから始めました。

ルアーフィッシングにハマるキッカケは友人が持っていたCD9アカキンです!

初めてみた外国製ルアーの虜になり、売ってる店を教えてもらいますが、当時のレートは1ドル300円超え⁉︎

輸入品であるラパラのルアーの高いこと高いこと(T_T)

中学生の自分には1つ買うのがやっとでした

無くさないよう慎重に使いながら、コレクトしていくうちに数が増えて行きましたが、国産のリアルカラーのミノーや、重心移動が出てきたころ、皆と一緒にそちらにシフトしていきます。

たしかKTENというルアーが初めて重心移動システムを搭載して販売したように記憶しています。

リアルでもない、飛ばないラパラの使用頻度は段々と少なくなり、殆ど使用しなくなっていました。

しかし先日何気に使ってみたとろ、私の思い描いていた理想の動きがここにありました⁉︎

本能的にこれは魚の釣れる動きだと感じ、また使っていこうと思い色々調べています⬅︎今ここ(笑)

前回たまたま使用し、魚を連れてきてくれたルアーは、ラパラCD7

このルアーはフッコサイズを数釣りするのに最適なサイズです!

しかし水深の浅いドブ川で使うには、もう少し浮力が欲しいところ

このルアーもこの後無くなりました(T_T)



ラパラには浮力の高いフローティングタイプもありますが、沢山の土嚢が沈んでいる水底をリップで叩くのは勇気がいります∑(゚Д゚)

長らく使用していないシーバス用ボックスを見てみたら、丁度いいルアーがありました!

ラパラ SSR7



しかしこのルアーも数投で土嚢にスタックしてしまいます

スーパーシャローランナーを用いても、土嚢を交わすことができませんでしたが、ラパラならではの泳ぎの良さを再確認できましたので、このルアーの可能性を信じて使っていこうと思います。

固定重心のバルサミノーは飛距離が伸びませんが、最新のタックルを用いれば小河川であれば戦力になります!

タックルバランスを磨きながら、往年の銘品を復活させるのも悪くありませんので、しばらくはラパラ中心の釣りになりそうです(笑)

ボックスの肥やしにしておくのはもったいないほど釣れそうてすから(^。^)

もう一つ気になるルアーもあるのですが、そちらはまた今度(笑)

コメント

秋の味覚

2018-09-28 14:19:44 | Weblog
雑草みたいに生えてるけど、これってムカゴですかね?




一度食べてみたいんだけど、家の近くでは見かけないなあ(´・ω・`)

そろそろ銀杏の季節だし、台風が過ぎたら探してみようかな(・ω・)ノ
コメント

ラインの劣化

2018-09-26 17:45:32 | 釣り具
リールに巻いてあるラインはどのくらいの頻度で交換していますか?

毎回交換しているツワモノもいそうですが、ワンシーズン巻きっぱなしという人も多そうです(笑)

スピニングリールは糸よれの問題もあるので、今回はベイトリール限定で話を続けます。

ということで、私は適当に交換しています(笑)

いつもスプールに糸が少なくなってきたら交換という感じです(ー ー;)

ひどい時は前シーズン使ったままとかもありますしね

そのまま使っていても、太めのラインなら魚が掛かったくらいでは切れたりしませんし、そんな経験も無いことから気にしていませんでした。

しかし今回の経験で、やはりラインは劣化するのだなと感じました!

16lbを使用していますので、根掛かりを切ろうとちょっと引っ張ったくらいでは切れることありませんが、それでも思い切り引っ張ると結び目から切れることが多いです。

新品の頃はもっと粘ったように感じたため新しいラインに巻き替えました。

その後ミノーが土嚢に刺さってしまい、回収機も届かない距離でしたのでやむなく引っ張ってみるとラインがきれません⁉︎

手に巻きつけて引っ張っていたのですが、糸が食い込んで痛いほど引っ張っても切れてくれません(ー ー;)

最終手段として体に巻きつけてみても全く切れず、人生初の手前でラインカットしてしまいました。(後日回収済み)

この違いはやはり古いラインは劣化していたとしか考えられません!

魚をラインブレイクで失う事もあるが、ルアーの回収率が段違いで良くなりますので、定期的な(使用有無に限らず)交換が必要だと感じました。

安めのラインや大量巻きのラインを購入すればコストダウンできますし、気分転換としてもオススメですo(・x・)/

コメント (2)

ウォブリングとローリング

2018-09-25 17:40:11 | 釣り具
手持ちのトリプルインパクトを泳がせていて気づいたことがあります。

同じルアーでも、ローリング気味の物とウォブリング気味の物があります⁉︎




画像中央の3つは同じ大きさですが、中央のイエローはウォブリング気味で、右から2番目の物はローリング気味に動きます。

何方でも釣れそうですが、製作者の求めた動きは何方なのでしょうね?



使っているうちに調整が崩れ動きが変わったのかもしれませんが、ラインアイを動かすと直るかな?

釣れるか釣れないかは魚のみ知るところでしょうが、目指した動きを知っている上で釣りたいのは私だけなのかな(笑)
コメント

簡単ルアーリトリーバー

2018-09-24 18:34:49 | 釣り具
ご存知の方も多いと思いますが、オモリにスナップをつけた物を携帯しておくと、いざという時に安心です。

根掛かりを外す道具は様々な種類が有りますが、ルーバ、ゴールデンリトリーバーを経て現在はこれを利用しています(笑)




15号オモリにスナップ付けただけですが、昨日は3回救出できてます!

これで取れなきゃ諦めますo(・x・)/
コメント

秋の三連休 霞ヶ浦 バス釣り

2018-09-24 08:13:02 | バスフィッシング
三連休中日の日曜日に、霞ヶ浦に出撃してきました!

早朝の高速はすでに帰りの渋滞を予感させる程の車の量があり、車間距離を取らず前へ前へと我先に走る車たちを見ながらゆっくり走り向かいます(笑)

今日は昔の思い出巡りをする予定
朝イチはここから











風もなく、天気も良く、気持ちの良い朝の空気の中で、巻物中心に釣り始めます

※オモリは後程説明します


ここは砂底に岩が点在しており、昔はよく釣れたのですが今はどうなんだろう

クランクが根がかったらスピナベにチェンジ、巻物に疲れたらワームにチェンジするという、ヤル気の無さそうなローテーションで行きます(笑)

今日は釣り人が多いですね(ー ー;)
キャストしている上をボートが行ったり来たり…

もうさ、ボートの人は自分のことしか考えて無いね

いつからこんなにマナー悪くなったのか

ヘラ釣りやコイだったら喧嘩になるぞ!

5台目のボートが流してくるのが見えたので移動する



こんな用水路を見つけてのぞいて見たら、コイ、バス、ナマズが泳いどる⁉️

水深が20センチほどしか無いから、警戒心高く釣れそうも無いが、こんなところに居るのかとビックリ







北利根川の柵のところに行って、クランク投げ倒したけど何もなし

ここはジェットスキーの人が集まってて岸際はザバザバで終わってる

夜越川の河口も銀座だし



暗くなるまで投げ倒したが、アメナマのアタリすらないという完全試合を達成(ー ー;)



暗くなるまで粘り帰宅したが、高速が大渋滞で全く動かず、5時間かけて帰宅しました。

久しぶりの辛味噌は美味かったけど
もう秋に霞は行きません(T_T)
コメント (4)