オズマの部屋 -バス釣り,政治経済,クルマの話等-

「バス釣り日記」が主題。色々な話題を中年オヤジが持論で展開。「真実は孤独なり」を痛感する日々。

【第3メトロのために】マイクロハードベイト購入。

2017-07-21 | オズマのバスタックル

 久々に,ハードルアーで面白いように反応を得た第3メトロ。もちろん全部バレたが,対策用に購入したのがこれら。
 
 マイクロタッピー。ジャッカル得意の「デラクー系」のような感じ。かなりカワイイルアー。これをベイトフィネスなりスピニングで使ってみよう。

 そして,言わずと知れたミニピーナッツ。

 すんません。ピーナッツは釣りすぎて飽きていました...。嫌になっていて買っていませんでした。でも,第3メトロで結構いいとのことで,在庫をあさってもなかったので,ミニを追加しましたよ。

 しかしまあ,釣りすぎて飽きるルアーなんて,水郷ぐらいでしか思い出がない。
 
 もっとも,その水郷もまったく知らないで行くと余裕で出家しますがね。

 よし,今度はこれで第3メトロ出撃だ。


食玩? パン? 後輩に買ってもらった。

2017-07-19 | オズマの独り言

アキバに行く用事があった。1個は軽量なSATA光学ドライブを4つ購入しなければならない。カバンが重くてキツイよ。

そこで後輩を誘ってアキバに。いや,次回から一人で購入してきてほしいんだ。

コンコースにあったのは食玩などのガチャポン。冷静に見ると,パンが入っているのか?

そこで300円をねだって(僕には小銭がなかったので),これが出てきた。

いかにもパン。面白い。

しかし,こうして話題作りに役立っただけである。

いまはもうゴミ箱に入っている。

 


2017/07/17 とある水路 「ZODIAS-158ML-2 入魂完了!」の巻

2017-07-17 | 2017オズマのバス釣りレポート


今日はZODIAS-158ML-2に入魂するのだ。

 釣りキチなので,7/15水郷のあとは比較的近所の「とある水路」に行ってみた。そう,前回バスがやたらとバレた悔しい水路である。

 最寄り駅からどんどん上流に行く作戦。無謀な挑戦は大好きだ


アタリがないのでチェリー1フッターを入れたのが間違いの元。

 たしかにバスが見えるが,ハードルアーのみの選択で来たのでバイトがない。いや,正確には「カトテ4インチ」だけはもってきたが,ワームにするとさらに無反応。勉強になるよねえ

 日陰のいかにも,というポイントでまずはクランク(ラパラDT-4)でバスらしき魚をバラシ。なんで食いが浅いのかな....。ナイロン10LBでも食い込まないとは...。

 チェリー1フッターは,前回フックを粉砕されたので強靭なバーブレス仕様に変更。これを投げると,着水同時に水面炸裂


15分以上の格闘の末,抱きとり法で取り込み。リアル三平くんです(笑)。

 もういい,コイは釣りたくない。ZODIASの究極の粘り腰は,むしろ水郷やら印旛新川に向いていると思った一コマである。

 でも,もう食ってこないだろうと安心して第ニ投。また食ってきたジョーズみたいに強烈な波を立てて襲ってくるんだ


取り込みせずに,ペンチでリリース完了。助かった。

 もう腕がパンパンだ。「パンコイ」ならぬ「ルアーでコイ」はもうやめよう。

 そう思いながら,どんどん登っていく。途中でナマズバイトとやっぱり小さいバスがDT-4にだけ反応する。シャッドラップにも反応するが,他のクランクとかはまったくダメ。ラパラにしか反応しないとは結構難しいのか

 仕方ないので,DT-4の「スモールマウスカラー」を投げ続けると,またもや強烈な引き込みが


足場が高くて取り込めません。ルアーが消えた...。

 バーブレスなので外れるかと思いきや,コイの分厚い唇には無理でした。10LBラインが切れました,さすがに...

 ここでお昼近くになり,近くのコンビニで食料調達...って,カツ丼食ったあとの写真です。


家から1.5L,現地で1Lを飲み干して,さらにビールを2本とアイスクリーム。マジで暑かった

 昼飯食べたら「もう釣れないかも」という気分が先行したが,持っているルアーをひたすら投げよう


ハンクルWプロップにバイトあり。バスは湧いていた。
 
 本流筋はバスだらけだが,スピニングを置いてきたのでまったく食わせられない。それでも,バスの魚影の濃さは相当なもの。
 
 時刻は15時。もうタイムアップしよう。なんか暑すぎて,さすがに疲れたしね。

 それにしてもZODIAS-158ML-2は,初代マシンガンを彷彿させる性能。これは水郷必携,いや与田浦必携ですね

 さあ3連休,一応丸ボーズなしでは終わった。明日から仕事,マジで頑張らないと終わらない納期前です...。


ターボありでも燃費はよくなる。

2017-07-16 | オズマのクルマよもやま話

「ツインターボ」を聞かなくなったワケ 時代と共に変化し続ける「ターボ」という技術

 そういえば,父の軽1BOX(スズキ・エブリイ・2016年型)は,だんだん好燃費になってきた。買った当時はリッター10キロ程度だったのが13キロ程度まで向上。半年あまりで30%向上。

 この間に行ったメンテは1回のエンジオイル交換のみ。すでに6000キロを走破している。やっぱり仕事で活躍しているようだ。

 なにより,タイヤを窒素充填にしたのが効果大。事実上,ほとんど空気圧が変化しないのでメンテが安心だ。

 あとは,「発進時に強くアクセルを踏まない」ことを意識する。例によって「インフォメーション・ディスプレイ」が多彩で使い切れないが,それでも燃費向上だけはわかる。

 ツインターボとは話がそれたが,昔の軽自動車の過給器も「ドッカン」系が多かった。仕組みが異なる「スーパーチャージャー」ECVTではあるが,とにかく加速が強烈で,三郷IC開通前の水路でのマブナ釣りには役立ったものの,恐怖さえ覚えたのも事実である。
 
 いまのターボは,もちろんエブリイという商用1BOXのせいもあるが低回転重視。まったくラグなど感じない。

 カタログ燃費には程遠いが,重量級荷物を積載しての結果であるから十二分である。
  
 それにしても,ターボも進化しているが,VVT技術,CVT技術,多段AT,実に進化は凄まじい。

 ホント,7/15に乗った15年落ち?のデミオは,「20世紀と21世紀の境」を感じさせるものだった。

 つくづく,燃費向上だけは現代のクルマがどんでもなくスゴイですね。結果として,やっぱり燃費がいいと「楽しいドライブ」になるように思いますヨ。


2017/07/15 水郷 「やっぱりホームグラウンド!」の巻

2017-07-16 | 2017オズマのバス釣りレポート


水郷スタート。今日も神栖からだ。

 予定していた水郷釣行。これを告げるとはちろうさんから「癒やされたいなあ」とのこと。というわけで,はちろうさんとのコラボ釣行が決まった

 東京駅は満員で発車。前回の感覚で来てしまったが,さすがに連休。僕らのようなバス釣りの人も見かけたが,水郷潮来バスターミナルで下車すると何かありましたっけ 羨ましい現地集合なのかなあ。

 そういうわけで,今回もレンタカー作戦。オズマの夏は水郷にかけよう。だって,だってメトロリバーのバスは難しいんだもん


デミオの15年落ち? 燃費がイマイチ。ハンドリングも怖い。

 まさに激安レンタカーたる意味を知る一台。キレイにはなっているが,前輪の接地感がまったくないので怖い。利根川高速ではどこかへ飛んでいきそうである。いや,高速などだせないけど,前回の軽自動車がよすぎたのかな。

 実は,現地に着く前からへびん師匠とメールしていた。要は「一緒に釣りしましょう」である。そして9時ごろに約束の場所に向かうと,最近とんとご無沙汰していたへびん師匠が居られた
 
 僕ははちろうさんに「こんな感じでやってみてください」とレクチャーするが,やっぱりガイドは難しい。いや,最初は外しました。ごめんなさい。
 
 とりあえず自分が釣らないとカッコがつかないので,お決まりの「カトテ・ブラック4インチ」ネコリグを無謀なスピニング4LBでフルキャスト。



4分おきに4連発。あっというまに出家回避した。

 まさに夏の鉄板。以前はベイトフィネス8LBで攻めたものだが,スピニングの能力はやはり高い。いや,カトテがちゃんと釣れるワームであることが,こうして再確認

 こういう釣り方が全然出来ないメトロのバスは狡猾過ぎる。もっとも,こんな簡単な「シェード落とし」こそ意外にやりきれないのも事実でしょう。

 僕のガイドはこの後も外してしまい,お昼になったので金満園に行くことにした。


はちろうさんはこの他にラーメンを食べてくれた(笑)。

 ここでのご飯付き定食は一品料理に「定食」というと「ラーメン」が付いてしまう恐怖。僕には絶対食べられない。そこではちろうさんに「どうぞ」といったら,本当にビッグバイト。

 次回から「ご飯だけつけてください」と依頼しよう,いや必須だ。

 さて午後は,横利根でへびんガイドサービス。


まるでメトロのような透明度。ここは水郷なのか。

 不安になる透明度は「バイトが沖のブレイク」にあることを予測させる。そこで,僕は水郷でもっとも釣りたい魚を狙うべく,マスバリ....よりはるかに小さい針にワームをセット。


久々のブルーギル。カワイイゾ。

 2年近く触っていなかったブルーギル。メトロにこれが居ないんだから外来種も大変である。駆除されたんじゃなくて定着できなかったんでしょうか。

 で,はちろうさんが秘密のリグでGOODバスを釣って僕も安心。そこで,さらに本気を出そうと,ダウンショットで「ヒュンヒュン」です。でも,バイトは「止めた」ときに来ましたヨ。


横利根でこのサイズが釣れないっていうけど...。

 気がついたら5匹リミット達成。やっぱり水郷はホームグラウンドである。僕も前回の釣行で傾向が変わっていることに気がついていたので,今回は移動が最小限で済んでいるし。


イマカツのワームで初めて釣ったんだった。

 横利根での2匹はこれのダウンショット。わかりやすくいうと「クロステールシャッド」です。「巧漬け」はご覧の通り行っていますが,意外に釣れるようです。

 もっとも,このワームも中古だから購入しただけ。とはいっても,実はあと一袋持ってますが(笑)。

 ここで全員釣れたので,最後は「スピナベ道場」開催。最初に投げないと釣っちゃうよー,といいながら,ZODIAS-166M-2(また買っているし)を軽く曲げた魚が居た。


プロディジーデリートマスター。もう10年くらい使ってる。

 今日はこれでバス6,ギル1の7匹。なんかメトロ30回分の釣果みたい。メトロの狡猾なバスは僕の相手をいつしてくれるのだろうか...


水郷の一番よい時期。渇水が心配だが。

 結局19時までへびんさんと一緒に3名で釣り。久々のフルタイムフィッシングをしたのはいいが,レンタカー返却まで結構きわどい時間だった。


食べ物がない。コンビニで買えばよかった。

 帰宅時の乾杯が楽しみでやっている公共交通機関での釣り。しかし,夜19時40分ですでにスーパーの在庫は95%なし

 ギリギリ,「おつまみチャーシュー」「ごぼう金時」「199円の寿司」(半額セールだった)を買えたので,これでバスのりばまで行きましょう。


この後,東京駅まで記憶が消えた。

 はちろうさんにはもっと釣ってほしかったが,僕のガイド不足で意外に厳しい展開。

 自分が先に釣ってはダメなのに,やっぱり自分も釣りたかった.....。また厳しい戦いが始まるし。

 それでも,丸一日おつきあい頂いたはちろうさん,へびん師匠,ありがとうございました

 また8月にも水郷に行きますよ。たぶん,10月までは水郷に月イチで行きますのでよろしくお願いします。


ライン整理。いったい何年分ですか(笑)。

2017-07-15 | オズマのバスタックル

ライン在庫を整理した。ビニール袋に入れたままのものを,空いていたBOXに整理した。

唖然とするばかりである。明らかに無駄が多いようだ。

どうやら,昨年メトロに行くたびに購入したフロロ4LBがかなりの数。父の見舞いの帰りにいつも購入していたんだ。

いや,GT-R・MHも10LBと12LBが多い。アマゾンの「タイムセール」が激安だからなあ。

これはイカン。

そんなわけで,こうして在庫をしっかり管理して,使い切ってから購入するようにします。

それにしても,フロロもGT-Rも,1年以上経過しても劣化していないのは保管状態がよかったのだろうか。

なお,最後に真夏限定でPEだけ追加させてもらいます(笑)。


スティーズクランク。ローギアなんですか?

2017-07-12 | オズマのバスタックル

発売されてから,比較的安価で入手しやすいダイワルアーなので購入しているスティーズクランク。

その使い方が雑誌で紹介されていたが,「ローギア」なんだという。5.8とか5.5とか。それにフロロ12LB。

僕にはありえないセッティング。これはあくまで「ボートでの釣り方」の紹介だ。

そもそもフロロをオカッパリで導入すると「ラインの重さで垂れ下がって」手元で根掛かり多発。メトロでは足元でルアーが根掛かりするようになる。あれは面倒だ。

ローギアっていっても,それは「専用」ということですよね。

オカッパリで竿1本が基本の僕には,6.3程度のギア比が一番だ。回収・巻き続ける能力,すべてにおいて不足なし。7.1でも早すぎると思うほどに。

そんなわけで,SS-SVの6.3モデルをもう1つ買ってもいいかなあと思っている。もっとも,水郷だけの仕様として07メタマグを復活させる手段もある。

まあ,僕はいつも「参考に」記事を読んでいるが,初めたばかりの頃は真似していたなあ。

あの当時はそれで釣れたからいいけど,いま水郷オカッパリで12LBなんて使ったら,いくら回収機を使っても,ルアーが何個消えるかわからないよ。


ハンバーガー。もう食べないヨ...。

2017-07-10 | オズマの独り言

空虚感があるだけのハンバーガー。

時間がなくてしょうがなくて購入した。

しかし,とにかく「何を食べているのかわからない」味。

「ポテト増量」という言葉を振り切って正解だった。

そして,お昼というのにガラガラの店内。

ここも長くは持たないだろう。

ファーストフードは,牛丼か立ち食いそばがベストだなと実感。

たぶん,10年ぶりぐらいに食べたけど,バスプロとかがたまに食べているのを見ると,ほんと止むに止まれず,という事情なんだろうと察することもできる。


【復活希望】21世紀の安全装備を搭載した4AGE搭載車。

2017-07-09 | オズマのクルマよもやま話

 何度も書いていて,まったく人気のないクルマネタ(笑)。実は釣りブログだと,本人が自覚していません(笑)。
 
 で,写真の「4AG搭載車のほぼすべて」に,なんらかの形でほぼ関わりました。AE92は友人が乗っていた,とかね。AE82-FXは好きだった,とかね。

 何が言いたいかというと,「こんな時代にまた戻りたい」ということ。現代の安全装備をしっかり載せたスポーティカーが復活してくれることを大いに期待。

 つまり,そういう「心揺さぶるもの」がないと購入できないのがクルマ。いや,維持が出来ない。そもそも,クルマは釣りにしか使わないので,それも課題なんですが。都会に住んでいて通勤も電車ならホント,クルマは使いません。

 この中でも,自分はAT210カリーナ1600GTが一番好きだった。実際,9年半乗れたし。何より故障のないクルマで,最後にMTがおかしくなるまでは本当に乗りやすいクルマだった。

 AE111カローラセダン1600GTは,2年しか乗れなかった。いろいろ理由はあるが,一言でいえば「明らかにカリーナの方が出来が上」だったのも確か。シートは顕著で,絶対的にカリーナの方が上。

 さらに,AE101カローラワゴンBzツーリングを1年近く維持だけしていましたが,本当に惰性で購入。すぐに壊れたし,「ああ,これが30万円中古なんだ」と実感した。

 いまなら,もうMTはさすがに疲労が激しいので乗らないとして,アルトワークスとかに相変わらず興味がある。でも,安全装備がムーブとかより不足している。

 国は,2020年をめどに「自動運転」を目指すと言っていたが,結果として「安全なクルマ(停まるクルマ)」ができれば支持する。

 この前,水郷でレンタルしたムーブがよかったなあと検索しても,実はグレードがまったくわからず,どうやら中古でも100万はするらしいことだけは判明。

 でも,あのムーブはターボなしだってことだけは判明した。それは,ステアリングスイッチに「POWER」ボタンがあり,それがCVT制御機構なのだとわかったから。

 個人的に,あのレンタカーでのムーブと同じグレードはチェックだなあ。ホント,あれで十二分なんだもの。ハスラーも好きだけど,背が高いと洗車とか大変だしね。

 それにしてもAE86関係のムックが絶えないね。同世代の「ワンダーシビック」も好きだったのにちょっとさびしい。もっとも,シビックはEG6以降急激に廃れた気がする。まあ,当時はこういうクルマが売れなかったよね。SUVブームもまた終わりますよ。だって,無駄にデカイから。

 こんなことを書いていると,そのうち「ムーブ買いました」とかなりそうですが,やっぱり維持費です。ホント,駐車場代だけがネックですわ...。軽自動車なので月5000円補助,とかないよなあ...。


【絶賛! ZODIAS】ついに揃えたベイト2ピース軍団。

2017-07-09 | オズマのバスタックル


ついに5本まで揃えた。全部シマノになってしまうのがいまの時代。

 かつてあれほどコンバットスティックを溺愛し,後継のヘラクレスも5本は揃えたが,環境の激変に伴いロッドは総入れ替え。2016年度からの入れ替え作戦はこれで「ほぼ」終了。

 スピニングは,アドレナ2ピースの264UL-2と266L-2の出来が最高なので悩むこともない。この2本で困らない。

 ところがベイトはそうはいかない。ラージも復活させた2017年度は八郎潟遠征も企画しているので,増強が必要となった。


予定通りの1610H-2。

 まさにフロッグ用に購入したが,メトロリバーでのヘビキャロや,まったくやりきれないビッグベイト(そもそも1個しか持ってない),新川でのウエッピング用に購入。

 いままで,ヘビークラスは初代ガニングシャフト以来しばらくなく,2013年頃にヘラクレスを購入。あの驚異的軽さにはもちろん及ばない。しかし,2ピースのヘビーロッドなんてマニアックなものはZODIASにしかない(あるかもしれないけど店頭で見たことがない)

 まあ,8月に入魂できるかどうかそこで決まるでしょう。


短さは機動力。BSR-1581Fの思い出とともに。
 
 5.8フィートの名作といえば,BSR-1581F。バンタムスコーピオンシリーズである。僕も持っていたし,水郷で52cmを釣った。だがしかし,経年劣化は激しく手元にない
 
 そしてCSC-55M「マシンガン」。実は5.8フィートなのに55Mという表記に悩むのだが,これは本当に「釣った」竿である。しかし,これまた経年劣化とともに敗退

 そんな折,158ML-2という,実にマニアックなラインナップがされるのがZODIAS。ZODIASを作っているシマノは,もしかしたらいま,最高にバスアングラーの気持ちを汲んでいるようにさえ思う。

 そういえば,売れすぎのZODIASにはネガティブな話も聞く。

 しかし「買って十二分に試してない判断」ばかりなので,僕はそういうものを信用しない。だいたい,ネットで赤の他人の意見を聞いてどうするんだろう お店で聞くほうがよっぽどいいと思います。

 道具は「使ってみてナンボ」ですよ。

 さらに,バスなんかじゃ所詮ロッド・パワーなんてたかがしれている。コイとかの重量級相手にどこまでやれるか,たとえば先週のコイとの格闘を超えた166ML-2は,バス49cmもゴボウヌキにしたし,そうした実体験がないものを僕は信じないなあ。

 さあ,7/15はこれで水郷に行くゾ 間違っても全部持っていくわけではないけど。

 竿は158ML-2と264UL-2が妥当な選択のように思えてきた。ワン&ハーフなのでちょっと長いけど,それでも短いし軽いんだ

 なお,アマゾンからさんざん「プライムセール」が来ていたがこれを無視して購入。ほしいときに購入しないと購入できないものです(さらに,上州屋のセール中は在庫がなかったんだ...)。


ギド・ヒブドンが癌だって...。

2017-07-07 | オズマのバスタックル

最近釣り雑誌を読んでみたら,さりげなく「ギド・ヒブドンが癌」だと書いてあった。

ギドといえばギドバグとG2,ギドスリンガー。90年代前半,爆釣ルアーだった。

もっとも,大学の先輩は「ドバグって釣れるのかよ」というていたらくぶり。

そんな理由がないわけではないが,いま再びギドバグとG2に注目中。G4(G2のインジェクション版)とG3は買ってある。運良く入手できたのだ。

それはヘビキャロでの抜群の釣果が記憶されているから。

ヘビキャロといえばこの二つのルアーしかない,と1992年頃は思っていたし,事実そうだった。唯一,デビルズクローがかなり健闘したが,ギドバグには敵わなかった。

苦戦するメトロで,思い切ってヘビキャロを導入するかと考えているのだ。僕レベルのライトリグでは難攻不落なのだ。

だが,そのためには竿も必要。ナツメオモリなんかも必要。

でも,なぜか気になるので,そろそろ竿を購入したいな。

セールを待つしかない。


【改造スピナベの前に】「PDLハーフスピン」が偉大だった。

2017-07-05 | オズマのバスタックル

 2017年になってから,GWの49cmを筆頭に,マッディシャローではスピナベばかり投げている。ニシネ師匠がクランクオンリーなら,僕はスピナベオンリーとも言えるほどに(笑)。

 そのスピナーベイトは,ほぼすべて改造している。ブレードチューンである。

 だが,15年くらい前までは普通にそういうスピナベが売られていた。写真上の「PDLハーフスピン」である。

 このインディアナタンデムブレードが素晴らしく,最初に使ったのがたしか利根川東公園の乱杭。

 当時も有名すぎるポイントだったが,意外に攻略されておらず,スピナベを「乱杭の中」に入れると一発で釣れたものだ。ラトリンラップも「杭の中」「テトラの中」にぶち込んで釣ってたなあ。

 だが,ハーフスピンはたしか10年くらい前に廃盤(記録が残っていない)。もともと売れていなかったのか,このような中古美品でも432円だ。

 そしてハイピッチャー発売。並木プロに対して尊敬の念を抱いた。なぜなら改造の余地を残しているし,価格が実にいい。たしか1000円定価だから,非常に安心して購入できる。20LBラインならロストはほぼ0であるし。

 改造には,インディアナブレードを入手するほかない。いくつかの通販で僕はまとめ買いしてある。先日数えようとしたら,50枚近くあった。

 改造は,実はこれだけではない。だが,その方法と意味をここで記すにはスペースが足りない。

 7月にも水郷・印旛新川に行くことがあるだろう。そのときに「こうするんだよ」と自信をもって解説することができる,数少ないルアーである。

 問題は,メトロのバスにまったく効き目がないことである。今度は,思い切ってスピナベだけで釣りに行くかな。


【2017都議選】政治はいつも身の回りにあるということ。

2017-07-02 | オズマの考える政治・経済問題

【都議選投開票】都民ファースト圧勝、「小池勢力」で過半数の勢い 自民は惨敗

都民は,とくにサラリーマンは会社のしがらみや組織に疲れている。だから今回の結果になったのではないか。

都民ファーストに関して言えば,地元の駅(とはいっても選挙活動外時間がほとんどだったので実感なし)では,あまり活動がなかったような気がする。隣の駅では盛んだったような気がするが...。

そんなわけで僕は都民ファーストに関して何も評価できない。これから,の政治家だし。

でも,選挙民が「このまま自民党支配を都政に持ってこまれたらアカン」と思ったのは結果の通り。

僕としては,下村博文が大嫌いである。文科大臣だったといっても,2020年度大学入試に関して「何もしなかった」。官僚丸投げで,自由化という「錦の御旗」を掲げて混乱させる。

議員は,稲田朋美のように暴走するのもかなり問題だが,何も起こさないのも問題。

安倍内閣には嫌でも明日から辞任か総辞職がチラツクようになる。

これでいい。

実感なき経済発展を「浸透している・不十分だが拡大している」などと宣う大臣を,僕は支持しない。

まあ,アッキーがいわゆる「サゲマン」だったことは確かですね。

なお,都政と国政は違うという指摘は当てはまらない。選挙とは,歴史が証左するようにつねに「国政」も反映されるのだ。

政治は,いつも周りにある


2017/07/02 メトロリバーと秘密の場所 「バイトはラッシュ,バラシもラッシュ」の巻

2017-07-02 | 2017オズマのバス釣りレポート


今日のアタリルアーはこれらです。

 7/1は雨が降っていたのでゲンナリして自宅待機。クルマがないのでさすがに雨の中で釣るとバッグから何から大変なので嫌になりましたね...。

 7/2は都議選なので,朝イチにIポイントへ行ってお昼で上がる予定。いやあ,久々に4時に起床しましたよ。

 着いたIポイントには,いつもの常連さんが数名。なんでもエキスパートさんになると「さっき,あっちで43cm」なんて余裕をかまされてしまい,意気消沈気味。

 そんなときに,久々のAさんと再会。なんでも釣り自慢らしいが,どうやらかなりいけてるポイントがあるとのこと。そそくさと移動しました。Aさんの情報は地元なので非常にリアルで助かります

 移動先はクランクで釣れるとのことなのだが,僕の手持ちが少なくて難しい。そこで,SRミニのタンデムコロラド改造3/8ozに変更すると一発で来た しかし,手元でバレてさらにリアブレードまで消えていた

 その後も,少ないハードルアーでローテションすると,どうやらスピナベにかなりの好反応。冒頭写真のSRミニ・ブラックなんて水郷で釣れなかったけど,何度もチェイスしたりフッキングしたりしましたよ。

 さらに,ラパラDT4「スモールマウスバスカラー」にするとまた反応が変わってきた。ワームにするとアタリすらないのに,こういう状況があるってことです。

 しかし,TOPには反応がない。持ってきたI字はリアプロップが変形していたりして準備不足を痛感。そこで,チェリー1フッターを投入。

 しばらくすると,かなりやばい反応がある。水面が波立っている。ルアー追っかけている。これは,巨大魚だ


軽く50UPです。夏にTOPでコイ釣るのは簡単です。実は辛いですけど。

 半端じゃない引きに「もういいから外れてくれえ」と祈りながらラインをゆるめたりしてもまったくダメ。バスは「プンッ」と外れるのに,なんでコイはこうしっかりかかるのかなあ

 その後,地元の釣り師の方々に「病みつきポイント」なる必殺ポイントを教えてもらったけど,長靴1万歩は足が痛くてもう限界。帰ります


乗り換え駅でエネルギー注入。15分記憶が飛んだ。

 記憶は飛んだが,ちゃんと下車して14時30分には帰宅。やっぱりこの近さがメトロ付近の魅力なんですよね。なかなか釣れないけど,今日のアタリをヒントにタックル入れ替えします。

 そして,本日のメインイベント会場へ。サンダルに履き替えたら足が戻りました。


国民の権利を完全遂行。
 
 次回は7/15に水郷へ行きます。メトロはその後になりますが,基本釣りにくいメトロでなんとかしないと先がないよね


ある日のベリー渋谷店。

2017-07-02 | オズマのバスタックル

ベリー渋谷店に行くことが多くなった。理由は簡単,電車で行けるからだ。いや,僕の場合は神田店も行けるが,神田もルアー在庫が少ないし割高なんですよね。新品は安いけど。

ベリーは「都内」でも,近所のベリーとまったく価格が違う。わかりやすく例えるなら,近所でギドバグ54円が渋谷では216円もする。

したがって,最近「買い取り依頼」では渋谷店に持ち込むことが多くなった。ワームなんて値段がつかないと思っていたら,やっぱり需要と供給のバランスだった。

そのベリー渋谷店に行く前に,この上州屋が鎮座ましましている。まるで「ベリーに行くなよ!」なんて勇ましいほどに。

だが,事実ベリーの看板はよほど目を凝らしていないと見つからない。たぶん,上州屋とベリーで競合しているのだろう。あたりまえだけど。

さて,そのベリーに行ったある日,見るからに学生という感じの男女4名ほどのグループが「バス釣り最高」などと話している。

しかし,「東京には居ない(奥多摩湖はどうなるんだ)」「山口湖に居る(たぶん河口湖と山中湖の間違い)」などなど,笑える状況だった。

もっとも,僕も20歳の頃は「テキサスリグってイマイチわかんねえ」状態。マスバリリグを知っているのにテキサスを知らないのは,当時はタフだった河口湖の洗礼のせいだろう。

思い出すと,実は始めた頃の方が楽しかった記憶が多い。何しろ「牛久釣れない」とか言っても,あとで見れば5匹ぐらいは釣れている。ただ単純に,手漕ぎボートがだるかっただけである。

そんなベリーではとくに目立ったものはなく,ごくわずかの戦力強化を行ったに過ぎないが,時間が許せばまた行ってみよう。

そういえば,渋谷といえばサンスイってどうなったんだろう。もう10年以上行ってない。新宿にお店があったときはたまに覗いていたけど,とりたてて何かがあるわけでもなく,足が遠のいたのは僕だけではあるまい。