大賀ハスのふるさとの会

東京大学からハス見本園の管理を引き継ぎ、観蓮会の開催・ ハス文化の継承と普及を行うため組織されたボランティア団体です

2018年11月17日 活動報告 蓮たちの冬準備

2018-11-17 21:27:01 | 日記

今日は気温15℃、爽やかな秋晴れのなかでの活動となりました。見本園では、枯れた蓮と藻をとりました。入口周辺のイチョウの落葉の掃き掃除、草刈り、伸びた蔦の駆除などを行いました。

今年の蓮の花は終わりましたが、修景池ではサザンカが咲いていました。

作業前の見本園の姿です。枯れた蓮の葉と藻でいっぱいです!

枯れた蓮を切り出し、藻も掻き出します。力作業に汗が噴き出してきました。

マスの奥の届かないところは、板を渡して作業します。

作業が終わったマスはすっきりです! 桜蓮です。

行田蓮のマスです。

すべてのマスが整備され、蓮たちが冬に向けて休めるようになりました。

夏は華やかだった見本園のA列も静かな姿に。

B列も冬支度が完了です。

見本園の奥では、センダンの大木が黄色い実をつけていました。近づこうとしたのですが、手前に生い茂るドロボウグサに阻まれて、下の写真しか撮れませんでした。

ドロボウグサとは、色々あるのでしょうが、敷地ではコセンダングサのことです。服に棘がからみつくと大変!

コセンダングサの花は黄色くて、可愛らしいのですが、棘になる前に抜き取らなければどんどん増えます。

秋を感じさせるカラスウリです。蔦性の植物なので、みつけたら除去します。

貴重なツツジにからみつく蔓も手作業で除去しました。

サザンカにも蔦がからみついていました。丁寧に取り除きます。

草刈りも行いました。晴れの気温の高い日がつづき、下草がどんどん生えてきます。

サンザシの実がきれいです。

ヒヨドリジョウゴもオレンジ色の実をつけていました。

ハマナスの実も秋らしい深い赤です。

夏の間、水位が低くて心配だった修景池。給水ホースの先端を改良しました。写真手前の管から水が出ています。

ボート「チバニアン」にブルーシートをかけて、修景池の大賀蓮も休眠期に入ります。

最後にサザンカと秋の空です。

今日の活動報告は、以上です。

 

(担当: れい)

コメント

第26回花見川区民まつりに参加しました!

2018-10-28 22:57:11 | 日記

2018年10月28日、第26回花見川区民まつりで、大賀ハスのふるさとの会のコーナーが設けられました。会場は花島公園、気持ちのいい秋晴れでした。

多くの来場者が大賀蓮のパネルに関心を寄せていました。大賀一郎博士と古代蓮の発掘の経緯をじっくりと読む区民の姿が目立ちました。

おなじみのチーバくんとちはなちゃんが会場を盛り上げます。

パネルに「きれいねえ」と吸い寄せられる方が多かったです。小学生たちが「大賀ハスだ!」と声をかけてくる場面も。

千葉市の花である大賀ハスばかりでなく、他の蓮と比較した写真も紹介されました。

入口のすぐわきという抜群のロケーションにパネルを展示することができたので、参加した会員たちは楽しく、効果的に広報活動することができました! 来年も参加できますように。

今日の活動報告は以上です。

 

(担当: れい)

コメント

2018年10月20日 活動報告 環境整備と見本園の様子

2018-10-22 21:36:13 | 日記

2018年10月20日、気温20℃、晴天の中活動が行われました。
活動内容は敷地内の環境整備です。

見本園の入り口から続く道路です。
道路一面には沢山の枯葉や枝が落ちていましたが、きれいになりました。

これまでに刈り取ったり集めた枝や枯葉などを一輪車で運びました。

東屋の周辺でも一輪車で何往復も枯葉を運びます。

ロータリー周辺の整備も行いました。

大きい枝も運びました。

こちらでも枯葉を掃きます。

見本園の状況です。前回咲いていた天昇も枯れてしまいました。

秋らしい景色に変わりつつある見本園では、かわいらしい赤い実がなっています。

トンボもまだいます。

ふと見上げると大きなバッタがいました。

カリンの実もまだなっています。

カラスウリがこんなに赤くなりました。若い実と対照的ですね。

季節外れのアジサイはまだ咲いていました。

1月に環境整備を行った場所ですが、セイタカアワダチソウがこんなに繁殖してしまいました。これからまた忙しくなりそうです。

活動報告は以上です。

(担当:安)

コメント

2018年10月6日 活動報告 天昇がまだ咲いています!

2018-10-06 22:32:36 | 日記

2018年10月6日は、気温24℃、曇りのなか、敷地の整備を行いました。主に台風24号(10/1)による倒木などの後始末、下草刈り、道に散乱した枝や葉の掃除などを行いました。作業量が多く、見本園や修景池の整備までは手が回らず、次回に持ち越されました。

見本園では、今年最後の蓮の花が咲いていました。天昇(八重)です!

天昇のマスでは、同時に2輪咲いていました。下の写真が奥の大輪です。

天昇のマスの全景です。今年最後の二つの花です。(右の花が切れていて、すみません)

見本園の姿は、現在このような感じです。枯れ始めた葉は、まだ太陽に向かって立っています。

葉を煎をじて飲むと、ほのかに紅茶の香りがするという西湖紅蓮の葉です。

瑞光蓮のマスです。

 真如蓮の葉だけ、まだ青々としていました。

 

ロータリーには、大木の枝が落ちていました。被害がなくて本当に良かったです。

かなり長く、大きな枝です。

近くでは、ナガサキアゲハが花の蜜を吸っていました。

台風一過、坂道はアスファルトが見えないほど枝や葉に覆われていました。

大きな熊手箒で掃いた後、ブロワーで葉を飛ばします。

イチョウの葉も落ち始めています。

道路わきに掃かれた葉のなかから、銀杏を拾いました。

バケツに二杯とれました!

昨夜の雨で、20センチほどのミミズが道路に出ていました。

ミミズを持ち上げてみると、緑色に光っていました……。

カタツムリも登場。

東屋のそばのカリンです。今年は実が大きいのでびっくり。

事務所の横のホトトギス。今年も秋の花がいっぱい咲いています。

黄色い花も咲いていました。

ツユクサです。

イヌタデです。

アジサイもまだ咲いていました。

ジョロウグモが巣を張っていました。真っ赤なお尻がかわいいですね。

帰り際に修景池に寄ってみると、台風の雨で水面が上昇していました。大賀蓮の葉が水面から顔を出しています。

今日の活動報告は以上です。


(担当: れい)

コメント

2018年9月1日 活動報告 ① 千弁蓮が咲いています

2018-09-02 21:29:27 | 日記

2018年9月1日の活動は、曇り、気温27℃のなか、見本園の草刈り、雑草ぬき、藻とり、マスへの給水、そして修景池の周辺整備などを行いました。

猛暑がつづくなか、見本園の蓮たちはとても元気です! 葉がまだ青い状態で、多くの花が咲いて華やかです。

見本園では、珍しい品種の千弁蓮が咲いています。詳しくは、この記事の最後で。

今年の見本園では、アブラムシのほかに目立った被害もなく、例年より蓮の開花品種、開花数が多く、花期も長いようです。

マスの藻をとりました。コンクリートの縁にたって奥の藻をとるときは、バランスを崩して落ちないよう細心の注意を払います。

ロータリー周辺の草刈りの様子です。

見本園のマスの足元に生える草は、芝刈り機が届かないので手作業です。

この酷暑で見本園のマスは、水位がぐんぐん下がっていきます。特に睡蓮とアサザのマスは独立しているので水位が下がりっぱなし。会員たちが活動日以外の日も見回って給水しています。

ショウジョウトンボがネットをかけた果托にとまっていました。羽化直後は黄金色ですが、すぐに全身真っ赤になるそうです。

修景池では、周辺の整備を行いました。入口ちかくの網フェンスにからまった蔦も取り除きました。

さて。見本園で咲き誇る花たちをご紹介します。

まずは、明光蓮です。蜀紅蓮と舞妃蓮との交雑によってできた品種。花色は蜀紅蓮のような濃い赤が入っていますが、花弁の基部はほんのり黄色がかっています。

東観世です。


太白蓮です。

大酒錦と大賀蓮の交配種です。

春不老です。早咲きの品種と言われますが、見本園では今が花盛りです。

春不老は、開花1日目が色が濃く、その後どんどん色あせていきます。最後はほとんど白色に。

今日は春不老のマスが一番賑やかでした。

艶陽天です。名前のとおり、艶やかな品種です。花弁がしっかりしていて、芯の強い派手な女性のイメージ。

琴台歌手です。

今日の見本園の主役は、千弁蓮です。中国の品種で、ひとつの花茎から複数の花が咲いているかのような珍しい蓮です。下の写真では、背後に蕾がひとつ、中心にひとつの花(二つの花がくっついているように見えます)、下部に咲きかけた蕾が写っています。

千弁蓮は、花弁数が1000~4000枚!花托が分岐して、それぞれの花托に花弁をつけるので複数の花をつけているように見えます。重い花なので、支えがないと下を向いてしまいます。

花つきの良くないと言われる千弁蓮に、今年は蕾がいくつも。

千弁蓮は、すでに蕾のときから花弁が多いことが分かります。



(担当: れい)

コメント