こんちゅう探偵団

日本各地の昆虫好きが集まる謎の探偵団結成・・・!?
Let's 昆虫採集!! Since in 2013.10.12

ハイイロツツクビカミキリ

2018年06月24日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年6月上旬

今回は札幌市内某所にて今が旬のハイイロツツクビカミキリを
探しに行ってきました、地味なカミキリですが探すのが楽しい種類です 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


カラスアゲハ
ポイントへ着く途中の林道では、カラスアゲハが
集団吸蜜の場面に出くわしました、近づくと一斉に飛び立ちます。







キベリタテハ
綺麗な越冬タテハのキベリタテハが、何匹か林道内を往来しています。
久しぶりに写真を撮影して来ました、美しい蝶です。



ハイイロツツクビカミキリ
体長4㎜前後の小さいハイイロツツクビカミキリです。
ハンノキの枯れ枝にくっついていました、小さいのでなかなか見つけづらいですが
なんとかこの日は2匹の本種に出会う事が出来ました!!



大きいの個体と小さい個体でした。

本当に地味なカミキリですが、枯れたハンノキを探して
ルッキングで見つけたの時の感動が嬉しいですカミキリです 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あいの里ロイズバラ園

2018年06月23日 17時00分00秒 | 日常日記
2018年6月上旬

家族で札幌市北区あいの里にあるロイズのバラ園に
行ってきましたので、少しだけ撮影した花を掲載します ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ


ロイズの駐車場迎えにある、無料バラ園です。
バラがたくさんありましたが咲いていませんでした。



ピンク色の可愛い花が咲いています。



お花はこんな感じで、ハート型で面白い形をしています。



地面に茶色いものが散乱しています。



取り上げて見ると小さいニット帽の様なものがありました。



見上げると針葉樹の葉の先にたくさん付いていて、新しい葉が開くと、その帽子が落ちるように
なっていました。面白いですね!!!



黄色お花、綺麗です。





ゾウムシの仲間。
たくさんいました、交尾している葉を食べている様です。



自宅へ持ち帰り時間のある時に調べて見ようと思います (=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪



ハイイロヒョウタンゾウムシ



ミヤマクビアカジョウカイ



カメムシの仲間。

花を見に行っているのですが、ついつい虫を探してしまいます。
残念ながら薔薇は咲いていません、今度時期になったらまた来てみます ヾ( 〃∇〃)ツ ♪♪♪ 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ちびっ子 こんちゅう探偵団!?

2018年06月22日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年6月上旬

本日は6月上旬に息子のみ~ちゃん(小6)とはやちゃん(小1)の二人が
近所へ昆虫探索へ出かけ、採集して来た虫をご紹介致します 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


息子のみ~ちゃんと、はやちゃんが採集して来たゾウムシの一種。
残念ながら近似種も多く同定が難しいですねぇ。。。



ツチイロヒゲボソゾウムシ?
北海道に分布しているのか分かりませんが、図鑑で絵合わせをすると
どうやらこのゾウムシに似ている気がします。



アイヌベニコメツキ
う・・・ん、こうして見るとなかなか格好コメツキでしたねぇ。
最近はもう撮影する事もほとんどなくなってしまいましたが、子供たちが採集してくる
虫を改めて見ると、格好良い事に気づかされますね



クワハムシ
クワ類で普通に見られる小型ハムシです、あまりに普通種過ぎて、採集した事がなかったのですが
子供たちが、きっと格好良いと思って採集したんだろなぁと、関心しました。先入観のない散策っていいですね



スグリゾウムシ
う~ん、これは・・・スグリゾムシかな???
採集した事なかったなぁ。。。頭が下がります。
5㎜前後の小型のゾウムシでした、図鑑によると北海道~九州まで広く分布し、スグリ・ミカンなど
多くの植物を加害するそうです。

子供たちが採集してくる昆虫を見てとてもいい勉強になりました。
目を輝かせて採って来た昆虫を見せてくれた、あの目の輝きは素晴らしいものでした 
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

キヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)

2018年06月21日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年5月下旬

今回は札幌市内の湿地に生息するハムシの仲間を撮影しに行って来ました。
今回はその時撮影した湿地性のハムシ第三弾です 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


キヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)
6月~7月にかけて、ヨシやスゲなどの生える湿地帯で見られる。
北海道~九州まで広く分布している、7㎜~11㎜程度の小型の甲虫です。
上翅の色が藍色・暗赤色・緑色・銅色とさまざまな色彩を楽しむ事が出来る美麗種です。

近似種にはシラハタミズクサハムシ(シラハタネクイハムシ)がいるが、
手持ちの『原色日本甲虫図鑑Ⅳ』によると、シラハタミズクサハムシは
8~9.2㎜の大きさで、北海道と本州に分布するとの事。
また本種の特徴は、前胸背板には顕著な横しわを密に装い、ほとんど顕著な点刻を欠く。
触覚は比較的細く、末端節近くでは長さは幅の約3倍。と、ある。
素人には難しそうです・・・・(泣)



銅色のキヌツヤミズクサハムシ。



暗赤色のキヌツヤミズクサハムシ。



緑色と藍色のキヌツヤミズクサハムシ。





交尾個体。



キヌツヤミズクサハムシの標本



この日採集した甲虫
こうして見ると、オオミズクサハムシが一番少ないのが分かります。

次回は同ポイントで見られた他種のご紹介です。
またのご訪問お待ちしております 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒラタネクイハムシ

2018年06月20日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年5月下旬

今回は札幌市内の湿地に生息するハムシの仲間を撮影しに行って来ました。
今回はその時撮影した湿地性のハムシ第二弾です 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


ヒラタネクイハムシ
5月~7月にかけて、ヨシやスゲなどの生える湿地帯で見られる。
亜種にはキタヒラタネクイハムシ・ニセヒラタネクイハムシもいるというが
いつか採集&撮影して見たいものです。



本種は現地で多数見られるキヌツヤミズクサハムシよりもやや個体数が少ない印象です。
とても良く似た2種なので慣れないと現場での区別はなかなか難しい。



ちなみに左の交尾個体がキヌツヤミズクサハムシで、右端単体がヒラタネクイハムシです。
こうして見るとどちらがどちらか分かりませんね(汗



上翅を良く見ると本種の方がゴツゴツと凹凸が激しく窪んでいるのが分かります。



ヒラタネクイハムシの標本

次回は同ポイントで見られた他種のご紹介です。
またのご訪問お待ちしております 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

オオミズクサハムシ(オオネクイハムシ)

2018年06月19日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年5月下旬

今回は札幌市内の湿地に生息するハムシの仲間を撮影しに行って来ました。
今回はその時撮影した湿地性のハムシ第一弾です 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


オオミズクサハムシ(オオネクイハムシ)
6月~7月にかけて、ヨシやミズバショウ・ハンノキなどの生える湿地帯で見られる。
分布は北海道・本州で、♀の産卵管の形状によってエゾオオミズクサハムシ
・シナノオオミズクサハムシ・トヤマオオミズクサハムシの3亜種に区別される。



本種はキヌツヤミズクサハムシや、ヒラタネクイハムシに比べると体も大きく、区別しやすい。
今回見られた上記3種の中では一番個体数が少なく、複数で見られる事がほとんどありませんでした。
単体でポツポツとした感じで見られました。



オオミズクサハムシの標本
自宅にいつくか持ち帰り標本にして見ました。

次回は同ポイントで見られた他種のご紹介です。
またのご訪問お待ちしております 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

コブシの葉で見る昆虫

2018年06月18日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年5月下旬

この日は少しだけ散策。
久しぶりにジンガサハムシを見つけました 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


コブシの葉の裏に何か虫がいます。



ジンガサハムシ
キラキラ光る、ジンガサハムシでした。
久しぶりに見ました、キラキラ光って綺麗です、良くヨモギの葉などで見られます (〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ



こちらのコブシの葉にも、なにやら虫のシルエットが・・・



逆行で良く見えませんが、シルエットで種が特定出来ますね!!



ヒゲナガオトシブミ
正解は、ヒゲナガオトシブミの♀でした!!
♂も探しましたが、この時は見つけれませんでした。
コブシの葉で良く見かける本種です。





最後はヨモギで見つけた、おそらくハイイロヒョウタンゾウムシ君。

コブシはシンジュサンの繭も見つけられるし
なかなか面白い昆虫も来ます、たまに見ると観察してしまいます 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

カラフトチャイロコガネ

2018年06月17日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年5月下旬

昨日の続き
今回はカラフトチャイロコガネの発生状況を確認してきました 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


カラフトチャイロコガネ
現地到着後、探して直ぐに見つかりました (〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ



マバマソウの付近の葉の上でもたくさんの本種が飛び交っていました。
ちょうど発生期にあたった様です。



この葉の付近でたくさんの本種が見られますが、他の場所では見たことがありません。





カラフトチャイロコガネ
北海道・本州に分布する大きめのコガネムシです。
少ないのか、局地的なのか情報が乏しいですね。
何年も前に専門家の方に同定して頂きましたので間違い無いようです。



カラフトチャイロコガネの発生地。
この植物に依存しているのでしょうか、ここではこの植物で付近で良く見られます。





オオヒラタエンマムシ
枯れ枝で複数の本種が見られました。
平べったい動きの遅い昆虫です。





シロヘリトラカミキリ
クワの木の樹皮の剥げた部分にいたシロヘリトラカミキリ。



ヒメクシガガンボ



ウド
笹やぶの向こうにウドが見えたので行って見ると
大きなウドが何本もなっていた、誰も採りにこなかったんだろうなぁ。
それにしてもここは、マダニが凄い。
笹藪から出るとズボンには20匹くらいのマダニがくっついていた





最後はゴミムシの仲間。
薄青く輝く綺麗なゴミムシですが写真ではなかなかうまく写せませんでした。

今年もカラフトチャイロコガネはたくさんいました。
大事に見守りたいポイントです 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ピンク色と黒色のオトシブミ

2018年06月16日 17時00分00秒 | 昆虫探索
2018年5月下旬

今回は市内の森を少しだけ歩いて来ました。
めぼしい昆虫はみつかりませんでしたが、久しぶりにオトシブミ2種に出会えました 。。。 v(。・ω・。)ィェィ♪


アイヌクビボソジョウカイ
春に良く見られるアイヌクビボソジョウカイです。
本当に久しぶりに撮影しました、良く見るけどたいがいスルーです。
北海道特産種だったんですね、忘れておりました。
『アイヌ』と付く名前が良いですね (〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ



アカハラケシキスイ
こちらはケスキスイの仲間で、体長5㎜前後の小型種。
良く樹液などで見られる、黒光りした体に赤い紋が4つあり特徴的です。
市内散策でも良く見かけるケシキスイです。



ついでにこちらもケシキスイの仲間。
アカハラケシキスイよりも、より小型でこうなると、もはや同定する気すらなりません(汗



イタヤハマキチョッキリ
ピンク色に輝くオトシブミの仲間です。
良くカエデの葉の上で見られる種です、綺麗な甲虫です。
今年はより大きいモモチョッキリを見ずに終わってしまったなぁ・・・



オオコブオトシブミ
続いてもオトシブミの仲間です。
こちらは黒光りするオオコブオトシブミ、北海道特産種です。
オヒョウの葉の上で良く見られます。和名の通り上翅には大きなこぶがみられます。
足は黄色く後ろ足の付け根は黒くなっております。



横から見るとこぶが良く分かりますね。



マムシグサの花でしょうか!?
面白い形をしていますね!!

次回は今回の続きを掲載します!
またのご訪問お待ちしております 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

中島公園のカワラヒワ

2018年06月15日 17時00分00秒 | 野鳥探索
2018年5月下旬

この日朝の散歩で中島公園へ
天気は悪くなかったけど鳥さんがほとんどいませんでした ・・・ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ


中島公園の桜
とても綺麗に咲いておりました。
これは八重と言うものでしょうか!?





数枚撮影。
野鳥も来ていませんね、本当はメジロに会いたかったのですが。。。



カワラヒワ
やっと見つけた、野鳥はカワラヒワでした。
イチョウの枝先にちょこんといました。







たんぽぽの綿毛を食べていました。
たくさん合った綿毛も食べられてだんだん無くなってきました。



最後は石狩花畔埠頭で夜釣りで釣った小ニシンです。
東埠頭でたいした連れずに帰宅する途中立ち寄った花畔埠頭、深夜12:00を回っておりましたが
小ニシンの群れが見られたので、サビキに変えて釣りまくったきました
現在干して珍味として酒のおともに頂いております!!

今年はまだメジロを見ていません。
中島公園を散歩していると見られかなぁと思ったのですが残念です ヾ( 〃∇〃)ツ ♪♪♪ 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加