こんちゅう探偵団

日本各地の昆虫好きが集まる謎の探偵団結成・・・!?
Let's 昆虫採集!! Since in 2013.10.12

ズグロツバメアオシャク

2018年03月03日 17時00分00秒 |  ・アオシャク亜科

ズグロツバメアオシャク Maxates fuscofrons
2015年7月 北海道

分 布[日本各地] 時 期[6-7月] 開 張[27-31㎜]
ホスト[ニシキギ科:ツルウメモドキなど]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、ズグロツバメアオシャクを撮影。

日本各地に生息するシャクガ科[アオシャク亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地まで生息し、個体数は普通。
近似種のスジモンツバネアオシャクに似るがスジモンツバネアオシャクは翅全体的に
白色短線をまばらに散らすのに対し、本種にはそれが見られず翅全体は薄い緑色。
内横線・外横線は細い白色で外横線は波型状となる。顔面は黒色らしいが
写真では確認出来ず。



2015年7月 北海道 ズグロツバメアオシャク Maxates fuscofrons 


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)

クロモンアオシャク

2018年03月02日 17時00分00秒 |  ・アオシャク亜科

クロモンアオシャク Comibaena delicatior
2014年8月 北海道

分 布[日本各地] 時 期[5-9月] 開 張[18-26㎜]
ホスト[ブナ科:コナラ・クリ マメ科:ヤマハギ ニレ科:アキニレなど]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、クロモンアオシャクを撮影。

日本各地に生息するシャクガ科[アオシャク亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地まで生息し、個体数は普通。
翅は全体的に淡い緑色、前翅では2本の白く細い線が明瞭で外横線の白線はT字型となる。
前翅後角には赤褐色の丸紋と、後翅翅頂付近に変形の茶褐色紋が見られ外縁は淡黄色で縁取られる。
前翅・後翅の各翅中央付近には小さい黒点が見られる。
♂の触角は櫛歯状、♀では糸状。



上左:2015年7月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior
上右:2014年9月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior
下左:2015年8月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior
下右:2012年6月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior



上左:2011年8月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior ♀
上右:2016年8月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior ♀
下左:2016年8月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior ♂
下右:2015年8月 北海道 クロモンアオシャク Comibaena delicatior ♂


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)

ヘリジロヨツメアオシャク

2018年03月01日 17時00分00秒 |  ・アオシャク亜科

ヘリジロヨツメアオシャク Comibaena amoenaria
2014年8月 北海道

分 布[日本各地] 時 期[6-8月] 開 張[22-31㎜]
ホスト[ブナ科:コナラ ヤナギ科:シダレヤナギなど]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、ヘリジロヨツメアオシャクを撮影。

日本各地に生息するシャクガ科[アオシャク亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地まで生息し、個体数は普通。
翅は全体的に淡い緑色、前翅では2本の白く細い線が明瞭で前縁が白く縁取られる。
前翅後角と、後翅翅頂に変形の赤褐色紋が見られる。
前翅・後翅の各翅中央付近に見られる小さな黒点が恐らく[ヨツメ]の由来だろう。
♂の触角は櫛歯状、♀では糸状。


 
左:2015年7月 北海道 ヘリジロヨツメアオシャク Comibaena amoenaria
右:2015年6月 北海道 ヘリジロヨツメアオシャク Comibaena amoenaria


[ヘリジロヨツメアオシャクの特徴]


赤色・・・和名の由来となる[ヘリジロ]は前翅前縁が白く縁取られる。
黒丸・・・前翅・後翅の各翅に1個づつ見られる小さい黒点、恐らく[ヨツメ]の由来。
黄色・・・前翅後角・後翅翅頂に見られる変形の赤褐色紋


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (4)

カラフトウスアオシャク

2018年01月14日 17時00分00秒 |  ・アオシャク亜科

カラフトウスアオシャク Comibaena ingrata
2015年7月 北海道

分布[北海道・本州・四国] 時期[7-8月] 開張[26-36㎜]
ホスト[不 明]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、カラフトウスアオシャクを撮影。

北海道・本州・四国に生息するシャクガ科[アオシャク亜科]に属する蛾の仲間。
山地性の蛾の様です。
北海道では平地でも見られる蛾ですが個体数は少ない様に感じます。
♂の触角は櫛歯状で、♀の触角は糸状。
写真の掲載画像は触角の形状が櫛歯状なので♂のカラフトウスアオシャクと分かります。
全体的に薄い緑色でしおらしい綺麗な色彩です。外横線・内横線は白色です。
本州では主に関東から中部地方の山地の針葉樹林帯に多いという。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (8)

ウスアオシャク

2017年03月13日 17時00分00秒 |  ・アオシャク亜科

ウスアオシャク Dindica virescens ♂
2015年8月 北海道

分布[日本各地] 時期[5-8月] 開張[32-45㎜]
ホスト[クスノキ科:ダンコウバイ・クロモジ・ヤマコウバシ・アブラチャンなど]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、ウスアオシャクを撮影。

日本各地に分布するシャクガ科[アオシャク亜科]に属する蛾の仲間。
各地で普通に見られる蛾ですが、北海道では南部のみに分布している。
一見ヤガ科のグループかと思う様な風貌で、初めて見た時はシャクガ科とは思えなかった。
♂の触角は櫛歯状で、♀の触角は糸状。写真の個体は♂のウスアオシャク。頭部は濃い茶色毛で覆われる。
翅全体的に和名の通り薄い緑色をしている、内横線は後縁付近で大きく曲がるのが特徴で
外横線は外縁に向かって大きく山なりに曲がる。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (8)

アトヘリアオシャク

2017年03月10日 17時00分00秒 |  ・アオシャク亜科

アトヘリアオシャク Aracima muscosa
2015年7月 北海道

分布[日本各地] 時期[6-8月] 開張[32-44㎜]
ホスト[カバノキ科:ヤマハンノキ・コバノヤマハンノキ・ミヤマハンノキなど]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、アトヘリアオシャクを撮影。

日本各地に生息するシャクガ科[アオシャク亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地まで広く分布し、個体数は普通。全体的に薄い緑色で外縁には茶褐色のギザギザ帯が見られる。
前翅中央付近の茶褐色紋も特徴的で割と安定しています。
前翅・後翅共に外縁は波型模様の中型種のアトヘリアオシャク。
幼虫は主にハンノキ類などの葉を食べる事が知られている。
新鮮個体は写真の様に綺麗な薄緑色で、日が経つに連れ下記の写真の様に褐色になる。



2015年7月 北海道 アトヘリアオシャク Aracima muscosa [擦れて褐色型になったアトヘリアオシャク]


  
左:2015年7月 北海道 アトヘリアオシャク Aracima muscosa [湿地帯の外灯付近にいたアトヘリアオシャク]
中:2011年8月 北海道 アトヘリアオシャク Aracima muscosa [山地の外灯下の道路にいたアトヘリアオシャク]
右:2011年7月 北海道 アトヘリアオシャク Aracima muscosa [低山地の外灯下で見つけたアトヘリアオシャク]


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)

アカアシアオシャク

2017年03月04日 17時00分00秒 |  ・アオシャク亜科

アカアシアオシャク Culpinia diffusa ♀
2015年7月 北海道

分布[日本各地] 時期[6-9月] 開張[16-22㎜]
ホスト[マメ科:シロツメクサ/シソ科:イヌコウジュ/クワ科:クワなど]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、アカアシアオシャクを撮影。

日本各地に生息するシャクガ科[アオシャク亜科]に属する蛾の仲間。
前翅がエメラルドグリーン色で綺麗で鮮やかな小型のシャクガ。
前翅・後翅共に白い2本の波型模様が特徴で、翅の縁は赤いまだらな縁取りと長い白毛が目立つ。
雌雄共に腹は肌色。 北海道では割と少ない種。



2016年9月 北海道 アカアシアオシャク Culpinia diffusa ♂
♂のアカアシアオシャクの触角は櫛歯状で♀は糸状なので雌雄の区別は触角だけでも容易です。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (10)