こんちゅう探偵団

日本各地の昆虫好きが集まる謎の探偵団結成・・・!?
Let's 昆虫採集!! Since in 2013.10.12

ヒゲナガオトシブミ

2017年02月26日 17時00分00秒 |  ●オトシブミ科

ヒゲナガオトシブミ Paratrachelophorus longicornis
2011年6月 北海道

分布[日本各地] 時期[5-7月] 体長[8-12㎜]
ホスト[コブシ・イタドリ・カナクギノキなど]
写真の個体は日中にコブシの葉で見つけたヒゲナガオトシブミを撮影。

日本各地に分布するオトシブミ科に属する甲虫。
オトシブミの仲間の♀は種類によって様々な葉に一個づつ産卵し、その葉で揺籃を作ります。
またその揺籃を切り落として地面に落とすもの(落とし文)や、そのまま切り落とさずに枝に残しておく種類もあります。

ヒゲナガオトシブミは平地~山地の公園や林道脇の日当たりの良い、コブシやイタドリの葉の上で良く見られます。
北海道では産地はやや局地的だが、個体数は多く1頭見つかるとたいがい複数の本種が見られます。
体は赤褐色~暗褐色で光沢があり、上翅には深い縦状の点刻が見られる。
♂は体長が8~12㎜程度で、頭部・触角が非常に長い事が特徴です。
♀は♂よりもやや小型で、頭部・触覚は♂ほど長くはありません。
また、♀はコブシやイタドリなどの葉を巻いて揺籃(落とし文)を作ります、その揺籃の中には卵がひとつ入っていて
孵化した幼虫はその揺籃の内部から食べて大きくなり、その中で蛹化し羽化を待ちます。

近似種にはアカクビオトシブミ・エゴツルクビオトシブミ・ウスアカオトシブミなどがいるので同定には注意が必要。


  
左:2011年6月 北海道 ヒゲナガオトシブミ Paratrachelophorus longicornis [コブシの葉の上で葉脈を囓る♂]
中:2011年6月 北海道 ヒゲナガオトシブミ Paratrachelophorus longicornis [葉脈を囓った♂と、その食痕]
右:2011年6月 北海道 ヒゲナガオトシブミ Paratrachelophorus longicornis [コブシの葉にいる♀のヒゲナガオトシブミ]


  
左:2012年6月 北海道 ヒゲナガオトシブミ Paratrachelophorus longicornis [山地のコブシの葉の上にいたヒゲナガオトシブミの♀]
中:2012年6月 北海道 ヒゲナガオトシブミ Paratrachelophorus longicornis [♂のヒゲナガオトシブミ]
右:2012年6月 北海道 ヒゲナガオトシブミ Paratrachelophorus longicornis [1本コブシには、たいがい複数の本種がみつかります]


[揺籃を作るヒゲナガオトシブミの♀]

  

  


[ヒゲナガオトシブミの♂と♀]

 
左:ヒゲナガオトシブミの♂ [触角と首が♀よりも長い]
右:ヒゲナガオトシブミの♀ [触角と首は♂よりも短い]


[ヒゲナガオトシブミの生息環境(コブシ)]

 
左:平地の日当たりの良い、大きなコブシの葉には複数の本種がいました。
右:山地の林道脇にある、日当たりの良い場所に生えるコブシの樹です。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (12)

オオコブオトシブミ

2016年10月09日 17時00分00秒 |  ●オトシブミ科

オオコブオトシブミ Phymatapoderus latipennis
2010年6月 北海道

分布[北海道] 時期[5-7月] 体長[6-7㎜]
ホスト[エゾイラクサ・オヒョウなど]
写真の個体はエゾイラクサの葉で静止していたオオコブオトシブミを撮影。

日本では北海道のみに分布する北方系の甲虫で、オトシブミ科に属する。
オトシブミの仲間の♀は種類によって様々な葉に一個づつ産卵し、その葉で揺籃を作ります。
またその揺籃を切り落として地面に落とすもの(落とし文)や、そのまま切り落とさずに枝に残しておく種類もあります。

体色と後腿節背面は光沢のある黒色で、触角と脚は透き通った黄色い色をしている。
春先に山地のエゾイラクサや、オヒョウの葉の上で見る事が出来る。
ホストの葉を横J字に切って巻き、「自然の揺りかご(揺籃)」を作る事で知られる。
危険を感じると葉から脚を離し下へ落下する習性がある。またイラクサでの本種の採集は細心の注意を払う必要がある。(棘が刺さる為)
ヒメコブオトシブミとよく似ており、本種は若干大型で上翅の左右と中央に大きな4つのコブがあるのが特徴。



2010年6月 北海道 オオコブオトシブミ



2010年6月 北海道 オオコブオトシブミ



2011年5月 北海道 オオコブオトシブミ



2011年5月 北海道 オオコブオトシブミ



2011年5月 北海道 オオコブオトシブミ


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (13)

イタヤハマキチョッキリ

2016年05月15日 17時00分00秒 |  ●オトシブミ科

イタヤハマキチョッキリ Byctiscus venustus
2010年6月 北海道

分布[日本各地] 時期[5-6月] 体長[6.5-8.5㎜]
ホスト[カエデ類など]
写真の個体はカエデのスウィープをして落としたイタヤハマキチョッキリを撮影。

日本各地の山地に生息する普通種。
体は光沢のある赤ピンク色で、腹面は青藍色をしている小型のオトシブミ科の仲間。
カエデ類の葉を巻いて「自然の揺りかご(揺籃)」を作る、その中に一卵づつ産卵し、幼虫はその揺籃を食べて育つ。
♂の胸の両側前方には鋭いトゲがある。



2010年6月 北海道 イタヤハマキチョッキリ ♂


[イタヤハマキチョッキリの揺籃と幼虫]


揺籃(カエデ)      幼虫
※ 画像をクリックすると拡大致します。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (14)

サメハダハマキチョッキリ

2014年11月07日 17時00分00秒 |  ●オトシブミ科

サメハダハマキチョッキリ Byctiscus rugosus
2011年5月 北海道

分布[北海道・本州] 時期[5-6月] 体長[5-8㎜]
ホスト[ドロノキ・ヤマナラシ・ポプラ・ヤナギ類など]
写真の個体はドロノキの葉で見つけたサメハダハマキチョッキリを撮影。

北海道と本州北部に分布する、寒地性の小型美麗種として知られる。
産地は局地的で個体数はそれほど多くはない。
♂は前胸に棘があり、♀では棘は無いことで区別出来る。
ドロハマキチョッキリに似ているが、本種の上翅はまさしく鮫肌で点刻密度が高く不規則に深い。
また本種の中・後脛節端内側に小さなトゲ状突起があるが、前脛節端にはない。
背面は青~緑の金属光沢があり、腹面と脚は赤みがある。



2011年5月 北海道 サメハダハマキチョッキリ Byctiscus rugosus



2011年5月 北海道 サメハダハマキチョッキリ Byctiscus rugosus



2011年5月 北海道 サメハダハマキチョッキリ Byctiscus rugosus


[サメハダハマキチョッキリの揺籃など]

 
揺籃            卵
※ 画像をクリックすると拡大します。


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (6)

ゴマダラオトシブミ

2014年11月06日 17時00分00秒 |  ●オトシブミ科

ゴマダラオトシブミ Paroplapoderus pardalis
2010年7月 北海道

分布[日本各地] 時期[5-6月] 体長[7-8㎜]
ホスト[クリ・ナラ類など]
写真の個体はクリの葉で静止していたゴマダラオトシブミを撮影。

日本各地に分布するオトシブミ科に属する甲虫。
オトシブミの仲間の♀は種類によって様々な葉に一個づつ産卵し、その葉で揺籃を作ります。
またその揺籃を切り落として地面に落とすもの(落とし文)や、そのまま切り落とさずに枝に残しておく種類もあります。

オレンジ色の地色に黒丸模様を散りばめた可愛らしい昆虫。
色彩に若干の変異があり、黒模様が多めに入った色彩個体もいる。
♀はホストの葉を器用に巻き(揺籃)、その中に卵を1卵づつを産み付ける。
孵化した幼虫はその揺籃を内部から食べて成長し、やがて成虫となる。



2011年6月 北海道 ゴマダラオトシブミ Paroplapoderus pardalis



2011年6月 北海道 ゴマダラオトシブミ Paroplapoderus pardalis



2010年6月 北海道 ゴマダラオトシブミ Paroplapoderus pardalis


[ゴマダラオトシブミの揺籃など]

  
葉を切った後      揺籃           幼虫
※ 画像をクリックすると拡大します。


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (6)

オトシブミ

2014年02月28日 17時00分00秒 |  ●オトシブミ科

オトシブミ Apoderus jekelii
2013年5月 北海道

分布[日本各地] 時期[5-8月] 体長[7-9㎜]
ホスト[ケヤマハンノキ・カンバ・クリ・クヌギなど]
写真の個体は日中に葉の上で休んでいたオトシブミを撮影。

日本各地に分布するオトシブミ科に属する甲虫。
オトシブミの仲間の♀は種類によって様々な葉に一個づつ産卵し、その葉で揺籃を作ります。
またその揺籃を切り落として地面に落とすもの(落とし文)や、そのまま切り落とさずに枝に残しておく種類もあります。

本種は山地性の種で、体は黒色で、上翅が赤色(稀に黒色の上翅を持つ個体もいる)をしている、上翅には明瞭な点刻列が見られる。
♂の頭部はやや長く、胸との付け根が細くなる。
♀の頭部は丸みを帯びていて、胸との付け根は細くなっていない。
ホストの葉を巻き「自然の揺りかご(揺籃)」をつくり、その中に卵を一卵ずつ産卵する。
完成後「揺りかご」は地面に切り落とされ、幼虫は地面に落ちたゆりかごの中で葉を食べて育つ。



2013年5月 北海道 オトシブミ



2012年5月 北海道 オトシブミ



2010年8月 北海道 オトシブミ



2011年6月 北海道 オトシブミ


[オトシブミの揺籃]


※ 画像をクリックすると拡大致します。


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (6)