こんちゅう探偵団

日本各地の昆虫好きが集まる謎の探偵団結成・・・!?
Let's 昆虫採集!! Since in 2013.10.12

ヒメクチカクシゾウムシ

2019年05月12日 |  ●ゾウムシ科

ヒメクチカクシゾウムシ Catarrhinus umbrosus
2019年4月 [羽 化] 北海道

分 布[日本各地] 時 期[6-8月] 体 長[4.1-7㎜]
ホスト[不 明]
写真の個体はアキグミ材から羽化した、ヒメクチカクシゾウムシを撮影。

日本各地に分布するゾウムシの仲間。
図鑑では北海道は分布域から外れているが北海道にもいるのでしょか。
アキグミの材から羽化した小型のゾウムシです。
個体数は多いようです、確かに無数の本種が羽化しました。
小楯板は灰色鱗毛に覆われており、拡大するとまるで鱗の様に見える。
頭部は灰色の鱗状の部分から所々太く短い黒毛が生えている。













2019年4月 [羽 化] 北海道 ヒメクチカクシゾウムシ Catarrhinus umbrosus
アキグミの枯れ枝材から無数の本種が羽化した。
個体数は多い種の様です。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (8)

オオアオゾウムシ

2019年05月11日 |  ●ゾウムシ科

オオアオゾウムシ Chlorophanus grandis
2015年7月 北海道

分 布[北海道・本州・九州] 時 期[6-8月] 体 長[12-15㎜]
ホスト[ヤナギ・ミズナラ・タデなどの葉]
写真の個体はヤナギ類の葉で採集した、オオアオゾウムシを撮影。

北海道・本州・九州に分布するゾウムシの仲間。
札幌市内では見たことがないので産地はやや局地的のようで
個体数もそれほど多くは感じない。
大型でエメラルドグリーン色の綺麗なゾウムシです、前胸と上翅の縁はイエロー色のラインが見られる。
平地~山地まで広く分布するらしいが、北海道においては山地で見られる様に感じる。



2015年7月 北海道 オオアオゾウムシ Chlorophanus grandis
1枚目の画像と同じ個体。



2015年7月 北海道 オオアオゾウムシ Chlorophanus grandis
別の個体、この年に3頭のオオアオゾウムシに出会う事が出来た。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (14)

ムネマルヒョウタンゾウムシ

2019年04月08日 |  ●ゾウムシ科

ムネマルヒョウタンゾウムシ Leptomias schoenherri
2018年6月 北海道

分 布[北海道・本州] 時 期[5-7月] 体 長[8.5-10.1㎜]
ホスト[---]
写真の個体はイタドリの葉の上で見つけた、ムネマルヒョウタンゾウムシ♂を撮影。

北海道・本州に分布するゾウムシの仲間。
産地は局地的で個体数は少ない珍しいゾウムシの一種。
♂は上翅は前胸とほぼ同幅であるが、♀の上翅はより幅広い。
過去にはクサフジで採れた事があるとか。



2018年6月 北海道 ムネマルヒョウタンゾウムシ Leptomias schoenherri
1枚目の画像と同じ個体、♂です。



2018年6月 北海道 ムネマルヒョウタンゾウムシ Leptomias schoenherri
こちらは♀のムネマルヒョウタンゾウムシ、腹部や上翅がまるくてふっくらしている印象をうける。


[ムネマルヒョウタンゾウムシの標本]


ムネマルヒョウタンゾウムシ ♀


ムネマルヒョウタンゾウムシ ♂


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (4)

ホソアナアキゾウムシ

2019年04月07日 |  ●ゾウムシ科

ホソアナアキゾウムシ Dyscerus elongatus
2017年7月 北海道

分 布[日本各地] 時 期[4-8月] 体 長[5-8.1㎜]
ホスト[ミズキ・サカキなどの葉]
写真の個体は山地で見つけた、ホソアナアキゾウムシを室内で撮影。

日本各地に分布するゾウムシの仲間。
図鑑などには本州以南に分布すると記載があるが北海道でも局地的に分布している。
本種は体は黒色で上翅端に丸いダニが付着している事が多い。
新鮮な個体は白色粉に覆われ、前胸はしわ状に点刻される。



2017年7月 北海道 ホソアナアキゾウムシ Dyscerus elongatus
1枚目の個体と同じ。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)

チシマゾウムシ

2019年04月06日 |  ●ゾウムシ科

チシマゾウムシ Kurilio monachus
2017年6月 北海道

分 布[北海道] 時 期[5-7月] 体 長[9-11㎜]
ホスト[---]
写真の個体は日中に山地のフキの葉の上にいた、チシマゾウムシを撮影。

北海道に分布するゾウムシの仲間。
主に低山地~山地かけて分布しており、夜間活動する為、夕刻からフキの葉の上で良く見られる。
産地はやや局地的だが、まとまって得られる事も多い。
体色は地域により若干変異があるものの、今回の1枚目の画像の個体は
札幌市内で見られたもので、黒地に褐色のもようが散りばめられている。
点刻は深く粗い。


[チシマゾウムシの標本]


2017年6月 [採 集] 北海道


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)

タマヌキクチカクシゾウムシ

2019年04月05日 |  ●ゾウムシ科

タマヌキクチカクシゾウムシ Shirahoshizo tamanukii
2018年7月 北海道

分 布[北海道・本州] 時 期[7-8月] 体 長[5.5-6.7㎜]
ホスト[トドマツ・エゾマツなど]
写真の個体は日中に針葉樹の倒木にいた、タマヌキクチカクシゾウムシを撮影。

北海道・本州に分布するゾウムシ科の仲間。
小型のゾウムシで♂の腹部は中央で鱗片が直立する。
体色は茶褐色で、白い紋が散りばめられる。


[タマヌキクチカクシゾウムシの標本]


2018年7月 [採 集] 北海道


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (4)

アイノカツオゾウムシ

2016年10月18日 |  ●ゾウムシ科

アイノカツオゾウムシ Lixus maculatus
2011年7月 北海道

分布[北海道・本州・四国] 時期[5-8月] 体長[7-12㎜]
ホスト[ヨモギなどのキク科植物など]
写真の個体は日中に葉の上にいたアイノカツオゾウムシを撮影。

北海道・本州・四国に生息するゾウムシ科の仲間。
平地~山地に広く生息し個体数は普通。
カツオゾウムシよりやや細身で全身黒っぽく、上翅先端は丸く尖らない。
ヨモギ類に多く、日中は良くヨモギの葉の上にいる個体を見る事がある。
近似種のナガカツオゾウムシとは酷似しており、識別は難しいです。



2011年6月 北海道 アイノカツオゾウムシ Lixus maculatus
山地の駐車場脇のヨモギの上にいたアイノカツオゾウムシを撮影。



2011年7月 北海道 アイノカツオゾウムシ Lixus maculatus
割と人通りの多い場所でも見られる。山地の道路脇のヨモギにいたアイノカツオゾウムシ。



2015年6月 北海道 アイノカツオゾウムシ Lixus maculatus
海岸付近の乾燥した場所のヨモギの葉の上にいたアイノカツオゾウムシ。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (8)

マツアナアキゾウムシ

2016年07月12日 |  ●ゾウムシ科

マツアナアキゾウムシ Hylobius haroldi
2010年6月 北海道

分布[日本各地] 時期[5-8月] 体長[7-13㎜]
ホスト[針葉樹など]
写真の個体は山地の針葉樹の土場にいたマツアナアキゾウムシを撮影。

日本各地に生息するゾウムシ科の仲間。
針葉樹の伐採木や薪などに集まる、夜間灯火にも飛来する。
平地~山地にまで分布しており、普通に見る事が出来きます。
上翅・胸部・頭部・手足は小豆色で、点刻は深く明瞭。
上翅には安定した黄色の模様が目立つ。
似た様な種も数種いて、本種の特徴は以下の通り。

① 後胸腹板基部の無点刻部は長い
② 上翅は中央まで平行



2010年6月 北海道 マツアナアキゾウムシ Hylobius haroldi
1枚目の画像と同じ個体のマツアナアキゾウムシ、貫禄充分のゾウムシです。



2013年8月 北海道 マツアナアキゾウムシ Hylobius haroldi
夜間外灯に下の道路にいたマツアナアキゾウムシを撮影。



2013年8月 北海道 マツアナアキゾウムシ Hylobius haroldi
上の画像の個体と同じ個体で、上翅の点刻が深く黄色模様が特徴的なマツアナアキゾウムシ。


[マツアナアキゾウムシの標本]



2017年8月 採集 北海道


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)

ガロアアナアキゾウムシ

2016年07月11日 |  ●ゾウムシ科

ガロアアナアキゾウムシ Duscerus galloisi
2013年7月 北海道

分布[北海道・本州・九州] 時期[6-8月] 体長[13-15㎜]
ホスト[ヤチダモ・トネリコなど]
写真の個体は平地のヤチダモの樹皮にいたガロアアナアキゾウムシを撮影。

日本各地に生息するゾウムシ科の仲間。
大型な種で産地はやや局地的。
ゴツゴツとした上翅の肩付近と翅端部分には灰黄色の毛をまとい、その他の部分は薄黒色になっている。
胸部もゴツゴツとしており、顆粒状隆起を密に覆う。小楯板は黒い。
ヤチダモにつくゾウムシとして知られるが、個体数はさほど多い感じはしなかった。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)

オオタコゾウムシ

2016年07月09日 |  ●ゾウムシ科

オオタコゾウムシ Hypera punctata
2011年9月 北海道

分布[日本各地] 時期[6-10月] 体長[7-8㎜]
ホスト[マメ科:シロツメクサ・アカツメクサ・ゲンゲなど]
写真の個体は日中に低山地のクローバーの葉の上にいたオオタコゾウムシを撮影。

日本各地に生息するゾウムシ科の仲間。
平地~山地に生息し分布域を広めている特定外来種。
ヨーロッパ原産の外来種で、日本では1978年に神奈川県横浜市で初記録として報告された。
その後分布域を広げ各地で見つかっている。
北海道では2003年頃道南の松前町で初報告となりその後道内各所で局地的に見られる様になった。
秋頃に活発に活動し、成虫で越冬する。
オオタコゾウムシの体は丸く太い。メタボに近く愛嬌のある体型をしている。
上翅・胸部・頭部は一様に薄茶褐色で淡い部分と濃い部分がストライプ気味に混ざりあう。
なかなか面白いゾウムシの一つです。



2011年9月 北海道 オオタコゾウムシ Hypera punctata
1枚目の画像と同じオオタコゾウムシを撮影。



2011年9月 北海道 オオタコゾウムシ Hypera punctata
1枚目の画像と同じオオタコゾウムシを撮影。



2011年9月 北海道 オオタコゾウムシ Hypera punctata
1枚目の画像と同じオオタコゾウムシを撮影。


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)