こんちゅう探偵団

日本各地の昆虫好きが集まる謎の探偵団結成・・・!?
Let's 昆虫採集!! Since in 2013.10.12

ウスマエグロハネナガウンカ

2016年11月21日 17時00分00秒 | ■カメムシ目

ウスマエグロハネナガウンカ Zoraida albicans
2014年8月 北海道

分布[日本各地] 時期[6-9月] 体長[4-5㎜]
ホスト[幼虫はキノコ類/成虫は不明]
写真の個体は日中の森の樹皮上で見つけたウスマエグロハネナガウンカを撮影。

カメムシ目:ハネナガウンカ科に属する小型の昆虫。
[V字型]で静止する姿が可愛らしい昆虫です、ちょっと近づくと素早く飛び去ってしまう。
翅は透明で前縁にはくろっぽい模様が見られる。


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (2)

クロフハネナガウンカ

2016年11月20日 17時00分00秒 | ■カメムシ目

クロフハネナガウンカ Mysidioides sapporoensis
2014年8月 北海道

分布[日本各地] 時期[7-9月] 体長[4-5㎜]
ホスト[ササなど]
写真の個体は日中の森の衰弱木の樹皮上で見つけたクロフハネナガウンカを撮影。

カメムシ目ハネナガウンカ科に属する小型の昆虫。
主に山地に生息する、このグループの中では割と普通種のようだが
それでも、滅多に出会える事が出来ないのもこのグループの特徴でもある。
半透明の透き通る様な綺麗な羽を持ち、写真の様に横から見ると羽の付け根付近に3つの黒色点が目立つ。
ハネナガウンカと言う名前ですが、クロフハネナガウンカはそれほど長いタイプではない。
また、他の種類は羽を[V字]にして止まっているものもいるが本種は
ほとんど閉じた状態になる、生態は良く分かっていない様です。


 
左:2014年8月 北海道 クロフハネナガウンカ Mysidioides sapporoensis
左:2014年9月 北海道 クロフハネナガウンカ Mysidioides sapporoensis



[クロフハネナガウンカを見つけた衰弱木]


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (10)

アブラゼミ

2014年09月30日 17時00分00秒 | ■カメムシ目

アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata
2010年9月 北海道

分布[日本各地] 時期[7-8月] 体長[52-55㎜]
ホスト[樹の樹液]
写真の個体は日中に樹皮にくっついていたアブラゼミを撮影。

日本各地に分布する大型のセミで日本を代表する夏の蝉の一種。
人里~山地まで幅広く分布し、北海道南部では都心部や果樹園などでも普通に見る事が出来る。
ほとんどのセミが透明の翅を持つのに対し、アブラゼミは褐色で不透明の独特の翅を持っている。
翅は横幅が広く、ミンミンゼミと体型・大きさは良く似ている。
名前の由来は、アブラゼミの鳴き声が油を上げている音「ジリジリ」という音に似ているため、
「油の上げる音の様に鳴く蝉」から『油蝉(アブラゼミ)』と名付けられたとされている。
鳴き声は大きく「ジー、ジリジリ・・・」と泣き、夕刻まで泣き続ける。



2010年7月 北海道 アブラゼミ



2010年9月 北海道 アブラゼミ



2013年8月 北海道 アブラゼミ



2013年8月 北海道 アブラゼミ



2013年8月 北海道 アブラゼミ



2012年8月 北海道 アブラゼミ


北海道に分布しているセミを探して見よう!!

□ エゾゼミ Lyristes japonicus ★
□ コエゾゼミ Lyristes bihamatus ★
□ アカエゾゼミ Lyristes flammatus ★★
□ エゾハルゼミ Terpnosia nigricosta ★
□ ヒグラシ Tanna japonensis ★★
□ ツクツクボウシ Meimuna opalifera ★★
□ ニイニイゼミ Platypleura kaempferi ★
□ ミンミンゼミ Hyalessa maculaticollis ★
□ アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata ★
□ エゾチッチゼミ Kosemia yezoensis ★★★
※ ★は個人的な探索難易度を示します。


[アブラゼミの標本]

   
※ 画像をクリックすると拡大致します。


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (10)

アカフハネナガウンカ

2014年08月18日 17時00分00秒 | ■カメムシ目

アカフハネナガウンカ Epotiocerus flexuosus
2013年7月 北海道

分布[日本各地] 時期[7-9月] 体長[9-10㎜]
ホスト[---]
写真の個体は枝にいたアカフハネナガウンカを撮影。

カメムシ目のハネナガウンカ科に属する小さな昆虫。
日本各地に分布するが個体数は少ない、真っ白な純白の地色に綺麗な赤い筋模様がとても印象的な虫です。
山地性で、広葉樹の葉の裏などで見られる。灯火にも集まる習性があるようです。



2013年7月 北海道 アカフハネナガウンカ Epotiocerus flexuosus


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (6)

アカエゾゼミ

2014年03月01日 17時00分00秒 | ■カメムシ目

アカエゾゼミ Lyristes flammatus ♂
2013年8月 北海道

分布[日本各地] 時期[8-9月] 体長[58-65㎜]
ホスト[樹の樹液]
写真の個体は日中に樹皮にくっついていたアカエゾゼミを撮影。

日本各地に分布する大型の美しいセミの仲間。
大きさはエゾセミとほぼ同じ大きさ。
エゾゼミ・コエゾゼミ・アカエゾゼミの3種はとても良く似ている。
アカエゾゼミに関しては体の赤みが強いので、並んでいると区別は容易かもしれません。
また羽の黒く太い箇所はエゾゼミは4カ所、アカエゾゼミは2カ所です。
上記3種の中では恐らく分布は広く局地的です。
腹部背面全体がオレンジ色のアドニス型と全身の黒色部分がほぼ消失した個体コンコロール型が存在する。
鳴き声は太く、エゾ、コエゾより澄んだ声で「ギーーーーーーーーーーー」と鳴きます。



2013年8月 北海道 アカエゾゼミ ♂



2013年8月 北海道 アカエゾゼミ ♂


北海道に分布しているセミを探して見よう!!

□ エゾゼミ Lyristes japonicus ★
□ コエゾゼミ Lyristes bihamatus ★
□ アカエゾゼミ Lyristes flammatus ★★
□ エゾハルゼミ Terpnosia nigricosta ★
□ ヒグラシ Tanna japonensis ★★
□ ツクツクボウシ Meimuna opalifera ★★
□ ニイニイゼミ Platypleura kaempferi ★
□ ミンミンゼミ Hyalessa maculaticollis ★
□ アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata ★
□ エゾチッチゼミ Kosemia yezoensis ★★★
※ ★は個人的な探索難易度を示します。


[アカエゾゼミの標本]

  
※ 画像をクリックすると拡大致します。


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (8)

マルアワフキ

2014年01月30日 17時00分00秒 | ■カメムシ目

マルアワフキ Lepyronia coleoptrata
2012年6月 北海道

分布[北海道・本州] 時期[5-8月] 体長[8-9㎜]
ホスト[草木の汁など]
写真の個体は海岸付近の流木上にいたマルアワフキを撮影。

北海道・本州に分布する、カメムシ目[アワフキムシ科]に属する昆虫。
体が丸く、斑紋もハッキリしているので他のアワフキムシと比べると可愛らしく特徴的。
アワフキムシに興味の無い管理人ですら、このアワフキムシは以前から見てみたかった種。
河川敷や海岸付近のイネ科植物の多い場所で良く見られる。


  
左:2015年7月 北海道 マルアワフキ Lepyronia coleoptrata
中:2015年7月 北海道 マルアワフキ Lepyronia coleoptrata
右:2015年7月 北海道 マルアワフキ Lepyronia coleoptrata


  
マルアワフキと生息環境
左:色彩は様々な模様があり、全身ブラックタイプは少ない。
右・中の写真は草の上にアワがたくさんあり、幼虫が入っている。


[マルアワフキの標本]

 
※ 画像をクリックすると拡大します。


■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (4)