木曽Now2

木曽の自然と大阪の自然を日記風に

カラハナソウ ホップに似ています

2021-09-23 07:04:37 | 木曽Now

開田高原アメダス   今朝の最低気温 10.2℃  昨日の最高気温  23.6℃     
木曽町新開      午前7時の気温 10.5℃    今朝の天気  晴れ

散歩道で
カラハナソウを
見つけました。


本来は
木に巻き付いて
覆うように
茂っていますが
草刈りにあって
地面近くの
草を覆っています。


マツカサに
似たものは
花ではなく果穂。


ビール造りに
欠かせない
ホップそっくりです。


茎や葉に
棘があり
他の木や草に絡みつく
蔓性植物です。




雌雄異株で
この木は雌株
近くを探しましたが
雄株は見つかりませんでした。


ビールの原料の
ホップは
セイヨウカラハナソウの果穂で
この果穂は
苦みが少なくて
ビール造りには
適さないそうです。


この植物
芸者と呼ばれる
クジャクチョウの
幼虫の食草でもあるので
昔から知っていました。



























コメント (51)

エゾビタキと思われる鳥

2021-09-22 07:03:09 | 散歩道の鳥たち

開田高原アメダス   今朝の最低気温 16.6℃  昨日の最高気温  24.2℃     
木曽町新開      午前7時の気温 17.5℃    今朝の天気  小雨

開田高原野鳥の森で
エゾビタキらしい
鳥を撮影した。


らしいとしたのは
全く自信がない。


コサメビタキ
サメビタキ
エゾビタキの三種は
よく見ないと
区別が難しいそうだ。


一番目がクリッとして
胸の斑紋が少ないのは
コサメビタキ。


エゾビタキと
胸の斑紋が
似ているような
気がする。


コゲラを
撮影している時
コゲラの近くの
枝にとまった。


枝や葉が邪魔なため
移動したかったが
逃げられては
元も子もないので
その場で
体をずらして
撮影した。


お蔭で
ワンカット
だけだったが
何とか撮影できた。


もちろん
初めての鳥。


コメント (55)

コシオガマ  粘つきます

2021-09-21 07:00:26 | 木曽Now

開田高原アメダス   今朝の最低気温 14.4℃  昨日の最高気温  24.8℃     
木曽町新開      午前7時の気温 15.0℃    今朝の天気  曇り

開田高原を
歩いていると
道端のあちこちで
コシオガマの
花に出会う。


それほど
大きくはなく
30cmも背があれば
大きい方かもしれない。


先日
鳥撮りで
歩いていた農道で
コシオガマの
群落を見つけた。


草刈りされた
雑草の間から
十数本のコシオガマが
花をつけていた。


先日紹介した
タチコゴメグサと同じ
ハマウツボ科
以前はゴマノハグサ科に
分類されていた
これも同じ
半寄生植物だと言う。


茎を触ると
気持ち悪いくらい
粘つく
よく見ると
植物全体に
腺毛が密生している。


小さな虫などから
植物体を
守っているのかも。


大きな口を開け
気楽に笑っているように
見えるが
半寄生と言い
腺毛と言い
したたかに
生きているようだ。


コメント (52)

開田高原の蝶たち

2021-09-19 21:11:53 | 昆虫など

開田高原アメダス   今朝の最低気温 10.1℃  昨日の最高気温  24.6℃     
木曽町新開      午前7時の気温 12.0℃    今朝の天気  晴れ

毎日
開田高原を
歩いていると
たくさんの蝶に
出会う。


最近よく出会う蝶は
クジャクチョウ。


以前にも
紹介している蝶
アザミの花では
必ずl吸蜜している。


翅裏は黒くて
目立たないが
翅を開くと
ドキッとするほど
美しい。


大きな目玉模様で
南国的な雰囲気
成虫で越冬します。


憧れていた
中学時代
想像もできない
数に出会います。


綺麗な個体の
ベニシジミを
見つけました。


このチョウは
開田高原より
大阪周辺の方が
多いかもしれません。


波平さんと
呼んでいる
ウラナミシジミ。


北上する蝶として有名
ここ開田高原でも
繁殖することなく
死に絶えるはずです。


アサギマダラの
お母さん
みさとさん
大好きな蝶
キベリタテハ。




今年は
当たり年なのか
毎日のように
我が家にやってきます。


記憶にある範囲で
記録的に多い年かも
しれません。


タテハチョウの中では
一番遅く
羽化する蝶で
まだまだ翅は
美しいです
成虫で越冬します。


最近
見かけるのが
少ないかな?
と思っている
スジボソヤマキチョウ。


この子も
成虫越冬です。


前回の蝶と
同じような
内容ですので
コメント欄
閉じています。



コメント

タチコゴメグサ 小さい花ですが

2021-09-19 07:01:24 | 木曽Now

開田高原アメダス   今朝の最低気温 11.1℃  昨日の最高気温  21.3℃     
木曽町新開      午前7時の気温 12.5℃    今朝の天気  晴れ

好きな花
ウメバチソウを
紹介した折
ウメバチソウの
後ろに写っていた
花がある。


kazuyoo60さん
リンクまで
貼り付けてくださった
コゴメグサの仲間。


その後も
ウメバチソウを
写すたび
写真を撮ってきた。


コゴメグサにも
ミヤマコゴメグサ
ホソバコゴメグサなど
種類が多い。


以前から悩んで
名前を決めかねていたが
葉の先が尖ることから
タチコゴメグサ
ではないかと
思うようになってきた。


ハマウツボ科の
半寄生植物
小さいが
とても綺麗な花を
咲かせている。


ついつい
ウメバチソウに
目を奪われていたが
今回は
タチコゴメグサに
スポットを当てた。


小さな唇形の花
下唇の真ん中に
黄色い斑点が
チャームポイント
虫たちに
蜜の場所を
教えているのだろう。


蕊は上唇に
くっついている
潜り込んだ虫の
背中に花粉が
くっつくようだ。


アップに耐えられる
なかなか美しい花だ。


タチコゴメグサとして
記載しましたが
ご意見があれば
お願いします。




コメント (56)

ありふれた鳥ですが

2021-09-18 07:31:45 | 散歩道の鳥たち

開田高原アメダス   今朝の最低気温 16.1℃  昨日の最高気温  19.8℃     
木曽町新開      午前7時の気温 17.0℃    今朝の天気  曇り

キセキレイとモズが
いつもいる場所で
そのほか
見られる鳥を
紹介します。




ありふれた鳥なので
お蔵入り予定の
写真でしたが
公開します。


まずスズメ
開田高原で
見かけることが
少ない鳥です。


部落外れの
この場所では
いつも草地と電線を
往復しています。


次にキジバト
どの地方でも
見かける鳥です。


一番の特徴は
その数が多いことです。


歩いていると
ソバ畑や
トウモロコシ畑から
一斉に十数羽の
キジバトが飛び立ち
いつも驚かされます。


なかなか
すべてのキジバトを
1枚の写真に
おさめるのは
難しいです。


その次はキジ
広い草原を
家族で歩いています。


この鳥も足音で
畑から飛び立つときは
心臓が止まるかと
思うほどです。


最後は不明種
ソバ畑から飛び立ち
近くのシダの上に
とまってくれました。


ヒタキ類のメス
だと思うのですが
決め手がありません。


ちなみに
Googleレンズでは
ノビタキと
検索されました。





コメント (47)

サラシナショウマの花が満開です!

2021-09-17 16:44:12 | 木曽Now

開田高原アメダス   今朝の最低気温 13.4℃  昨日の最高気温  22.5℃     
木曽町新開      午前7時の気温 14.0℃    今朝の天気  曇り

開田高原を
歩いていると
サラシナショウマの
花が満開だ。


学生時代
よく使っていた
試験管ブラシに
そっくりの花。


もちろん
最初に咲く花序は
試験管ブラシより
うーんと大きい。


小さい花が
360度ぐるりと
取り囲むように
ついている。


花には
雄花と両性花が
あるらしいが
ほとんど
雄花ばかりに見える。


花の終盤になると
雌しべが
目立ってくるはずだ。


花に近づけば
甘い香りがする
蝶など虫たちも
好きな花だ。


何となく
美味しそうにも
見えるから
不思議だ。


花が終わっても
楽しみがある。


ぐるっと
取り囲んでいた
果実が
それぞれ上を
向き始める。


果実の中の
種子もなかなか
個性的だ。


台風14号が
ようやく動きだす
予報がずいぶん変わり
日本縦断コース
何も被害がないことを願う。






コメント (44)

キツツキの仲間 3種

2021-09-16 07:01:09 | 散歩道の鳥たち

開田高原アメダス   今朝の最低気温 10.9℃  昨日の最高気温  22.7℃     
木曽町新開      午前7時の気温 11.5℃    今朝の天気  曇り

開田高原の
野鳥の森に
野鳥が戻ってきた。


朝晩
冷え込むようになり
秋の気配が
漂い始めたせいか?


歩いていていても
頭上で
ツピッー ツピッーと
元気よく鳴いている。


先日
コゲラが前方の木に
とまった
コゲラだと分かるが
かなりの距離。


忙しそうに
木をつついて
上下していく。




今度は
コゲラのすぐ側の木に
大きな鳥が
それも2羽。


枝がかぶって
2羽の顔が見えない
これって
どっちを撮るの?


アカゲラに
シャッターを
切っていると
コゲラは姿を消した。


アカゲラも別れて
盛んに
虫を探しているようだ。


離れているため
飛ぶと探すのに
苦労する。


見えなくなったので
しばらく歩くと
少し色合いの違う鳥が
とまった。


今度はアオゲラだ!
今日はどうなっているの?
キツツキの仲間3種が
ほぼ同時間
同じような場所で
見られるとは?!


枝かぶりや
ピントが甘い
写真ばかりだが
何ともラッキーな
朝だった。


本日
コメント欄
閉じています。


コメント

実りの秋 美しい果実

2021-09-15 07:00:02 | 木曽Now

開田高原アメダス   今朝の最低気温 11.7℃  昨日の最高気温  19.0℃     
木曽町新開      午前7時の気温 12.0℃    今朝の天気  霧

御嶽山からは
ナナカマドの
紅葉の便りが
届く時期に
なりました。


朝の最低気温も
10℃台前半を
記録するようになり
開田高原も
めっきり秋っぽく
なってきました。


森の中を
歩いていて見つけた
色づき始めた
果実を紹介します。


まず最初は
瑠璃色の果実が
美しい
サワフタギ。


ルリミノウシコロシの
別名の通り
白っぽい色から
綺麗な瑠璃色に
変化しつつあります。


タンナサワフタギの果実は
黒いので
区別ができます。

(サワフタギの花 2021.6.10撮影)

次は
ブログに欠かせない
オオカメノ
いつも世話になっています。


真っ赤な果実が
遠くからでも
よく目立ちます。


この時期になると
ムシカリの別名通り
葉が虫食いで
ボロボロです。

(オオカメノキの花 2021.5.2撮影)

最後は
カンボクの果実。


オオカメノキと同じ
赤い色をしていますが
葉の形が
全く違うので
容易に区別できると
思います。


また
目についた果実
紹介したいと
思います。

(カンボクの花 2021.6.24撮影)





コメント (46)

ツルニンジン 爺さんのそばかす

2021-09-14 07:00:10 | 木曽Now

開田高原アメダス   今朝の最低気温 11.2℃  昨日の最高気温  24.0℃     
木曽町新開      午前7時の気温 11.5℃    今朝の天気  曇り

つる性で
根が太く
朝鮮人参に
似ているため
ツルニンジン。


別名は
ジイソブ
爺さんのそばかす。


別に
爺さんのそばかすを
見たいわけではないのだが
この花を見つけると
つい花の中を
のぞいてみたくなる。


内側は
五角形の筋があり
紫褐色の模様が
とても美しい。


どう見ても
爺さんの
そばかすには
見えないのだが?


きっと
命名した方は
同じように
下向きに咲く花を
無理やり上に向け
中を覗き込んだに
違いない。


爺さんのシミとも
そばかすともつかない
顔を思い出して
名前を付けたのであろうと
想像すると面白い。


この模様
きっと蜜標の役目を
しているのだと思う。


雌しべの柱頭が
開いている花は
雄しべがすでに
外側に倒れている。


この花も
キキョウ科の
特徴である
雄性先熟の花のようだ。




コメント (52)