こんちゅう探偵団

日本各地の昆虫好きが集まる謎の探偵団結成・・・!?
Let's 昆虫採集!! Since in 2013.10.12

キバネシロテンウスグロヨトウ

2018年02月22日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

キバネシロテンウスグロヨトウ Athetis pallidipennis
2015年7月上旬 北海道

分 布[北海道・本州] 時 期[6-7月] 開 張[27-31㎜]
ホスト[不 明]
写真の個体は夜間外灯回りで見つけた、キバネシロテンウスグロヨトウを撮影。

北海道・本州に生息するヤガ科[キリガ亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地まで広く分布し、個体数あまり多くはない。
前翅は全体的にくすんだ黄褐色で、中央部の翅脈は暗褐色で明瞭、中横影は細く鮮明となる。
中横影付近の小さい白点に関しては無紋の個体や白点が出現する個体がいる。




2015年7月中旬 北海道 キバネシロテンウスグロヨトウ Athetis pallidipennis



■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ウスアオキリガ

2016年07月10日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

ウスアオキリガ Lithophane venusta
2014年4月下旬 北海道

分布[日本各地] 時期[9-10月・4-5月] 開張[36-39㎜]
ホスト[ブナ科:ミズナラなど]
写真の個体は夜間に山地の外灯下にいたウスアオキリガを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地に広く分布し、普通に見られる。
9月頃から新成虫が見られ、そのまま成虫で越冬し翌春4月~5月にかけて見られる。
薄い黄緑色がのった上翅は、黒模様とマッチして非常に美しい。後翅は基部は白灰色で外縁に向かって灰色をしている。
北海道では平地~山地まで見られるが、本州以南では比較的標高の高い地域で見る事が出来る。




2014年4月下旬 北海道 ウスアオキリガ Lithophane venusta
1枚目の画像と同じ個体のウスアオキリガ




2011年4月上旬 北海道 ウスアオキリガ Lithophane venusta
夜間糖蜜に来た越冬後のウスアオキリガ




2015年3月下旬 北海道 ウスアオキリガ Lithophane venusta
2015年は割と早くから出現してくれた綺麗な個体のウスアオキリガ




2015年4月上旬 北海道 ウスアオキリガ Lithophane venusta
羽をとじて止まると割とスマートなウスアオキリガ



[ウスアオキリガ 標本]

 
左:2014年4月下旬 [採 集] 北海道 ウスアオキリガ
右:2012年4月下旬 [採 集] 北海道 ウスアオキリガ




2015年3月下旬 [採 集] 北海道 ウスアオキリガ



■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤナギキリガ

2016年06月12日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

ヤナギキリガ Ipimorpha retusa
2011年9月下旬 北海道

分布[北海道・本州] 時期[7-9月] 開張[28㎜]
ホスト[ヤナギ科:イヌコリヤナギ]
写真の個体は日中に山地の林道脇の柳枯葉をスウィープして入ったヤナギキリガを撮影。

北海道と本州に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
北方系の蛾で、北海道でも個体数は割と少ない感じがします。同じ属のドロキリガに良く似ているが
ヤナギキリガの方が色が濃く、横線の走り方で区別は容易です。
♂の触角は繊毛状。上翅外縁は翅頂から少し離れたところで一度へこみ、真ん中付近で突出する為軽く波形模様に見える。

ホストはイヌコリヤナギとサイトには記載があるものが多く、実際にはどうなのか自信はない。
日本ではホストの観察記録が無く、ヨーロッパではホストとしてヤナギ・ポプラが知られている。




2015年8月下旬 北海道 ヤナギキリガ Ipimorpha retusa
夜間山地にてライットラップ時に飛来したヤナギキリガ。



[採集した際の柳の枯葉]


1枚目のヤナギキリガを採集した際の網の中の様子
※ 画像をクリックすると拡大致します。



■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

アカガネヨトウ

2016年04月03日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

アカガネヨトウ Euplexia lucipara
2013年6月中旬 北海道

分布[日本各地] 時期[4-9月] 開張[27-33㎜]
ホスト[オシダ科:オニヤブソテツなど]
写真の個体は夜間外灯付近の壁にいたアカガネヨトウを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
♂の触角は繊毛状。下唇鬚(カシンシュ)の第2節はやや長く、毛を密生するが第3節は毛は少なく少し長い。
山地に生息するヨトウガの一種で、それほど個体数は多く感じない。
幼虫はダイズを食害する事で知られるそうで、ホストのオニヤブソテツや、ギシギシなどを食べると言う資料もあり
食草に関してはちょっと疑問に残る種でもある。
上翅は薄紫色で、腎状紋は黄金色をしている。




2014年6月上旬 北海道 アカガネヨトウ Euplexia lucipara
こちらも夜間外灯付近で見つけたちょっと擦れ気味のアカガネヨトウ。



[アカガネヨトウの写真]


左:2015年6月中旬 北海道
中:2015年6月上旬 北海道
右:2015年6月上旬 北海道



[アカガネヨトウ 標本]

 
左:2013年6月中旬 [採 集] 北海道 アカガネヨトウ
右:2013年6月中旬 [採 集] 北海道 アカガネヨトウ



[アカガネヨトウ・ムラサキアカガネヨトウ 標本]


一番上のみムラサキアカガネヨトウで下2頭はアカガネヨトウ



■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ミカヅキキリガ

2015年02月14日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

ミカヅキキリガ Cosmia cara
2014年7月下旬 北海道

分布[北海道・本州] 時期[7-8月] 開張[25-26㎜]
ホスト[ニレ科:ハルニレなど]
写真の個体は夜間コンビニの灯りに飛来したミカヅキキリガを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
北方系のキリガで北海道でも個体数は少なく、普段あまり見る事がない。
上翅は綺麗な小豆色で外横線の前縁付近には和名の由来となった白い三日月模様が目立つ。
また翅頂付近の黒いおむすび模様も特徴的。写真で見るよりも実物は小柄な印象をうけた。

山地・寒地性のもので本州では中部山間部で得られている。




2014年7月下旬 北海道 ミカヅキキリガ Cosmia cara
様々な蛾と一緒に撮影、1枚目の画像と同じ個体のミカヅキキリガ。






2015年7月下旬 北海道 ミカヅキキリガ Cosmia cara
いつも見ても格好良いミカヅキキリガ。



■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴキリガ

2015年02月06日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

イチゴキリガ Orbona fragariae
2012年3月下旬 北海道

分布[日本各地] 時期[10月・4月] 開張[47-57㎜]
ホスト[キク科・バラ科など様々な植物など]
写真の個体は夜間糖蜜に飛来したイチゴキリガを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
♂の触角は繊毛状で♀は糸状なので触角を見れば雌雄の区別は容易である。
成虫は10月頃に羽化した新鮮な個体が見られ、成虫で越冬後4月頃まで見られる。
イチゴキリガは平地~山地に生息し多食性で個体数は割と少ない。
夜間灯火に集まらないので、花の蜜や人工的な糖蜜採集で得られる事が多い。

キリガ類の中では割と大きく、上翅の閉じた状態ではお上品な印象を受けるが翅を開いて腹部背面が
見えるとその表情は一変する、黄色と黒の縞模様を覗かせ、まるで虎の様な力強い表情を見る事が出きる。
ちなみに和名は学名のフラガリアFragaria(オランダイチゴ属の意)の訳語によったものらしく、果実のイチゴと関係があるわけではない様です。




2010年10月中旬 北海道 イチゴキリガ Orbona fragariae
夜間低山地での糖蜜に飛来したイチゴキイガを撮影。




2011年4月上旬 北海道 イチゴキリガ Orbona fragariae
こちらも糖蜜に飛来したイチゴキリガ。



2011年11月中旬 北海道 イチゴキリガ Orbona fragariae
秋に糖蜜に飛来したイチゴキリガを撮影。



[イチゴキリガの記録]

   
※ 画像はクリックすると拡大します。(データは左画像から順に記載)
① 2011年11月中旬 北海道 イチゴキリガ Orbona fragariae
② 2011年4月上旬 北海道 イチゴキリガ Orbona fragariae
③ 2011年11月中旬 北海道 イチゴキリガ Orbona fragariae
④ 2012年4月中旬 北海道 イチゴキリガ Orbona fragariae



[イチゴキリガ 標本]

 
2011年11月中旬 [採 集] 北海道 イチゴキリガ



■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

キグチヨトウ

2015年01月15日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

キグチヨトウ Phlogophora beatrix
2010年6月中旬 北海道

分布[北海道・本州] 時期[6-7月] 開張[45-48㎜]
ホスト[不明]
写真の個体は日中に低山地の草地にいたキグチヨトウを撮影。

北海道と本州に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
北方系の蛾で、北海道でも個体数は少ない。本州では中部地方の標高の高い地域で採れている様です。
上翅はやや細長く、外縁は波形をしている。新鮮な個体は上翅の胸背下側がピンク色で美しい。
胸背部分に茶色ラインが走る。




2010年6月中旬 北海道 キグチヨトウ Phlogophora beatrix
1枚目の画像と同じ個体、草に載せて撮影して見た。上翅真ん中の三角模様の深い緑色が美しいキグチヨトウ。




2011年6月下旬 北海道 キグチヨトウ Phlogophora beatrix
夜間低山地の外灯付近にいたキグチヨトウ、網で降ろして撮影。
ほんのりピンク色が乗っていて美しいキグチヨトウ。




2013年6月下旬 北海道 キグチヨトウ Phlogophora beatrix
夜間、森の中の外灯付近のネットに静止していたキグチヨトウ。



[キグチヨトウ 標本]


2015年6月下旬 [採 集] 北海道 キグチヨトウ



■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

アオバセダカヨトウ

2014年12月30日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

アオバセダカヨトウ Mormo muscivirens
2011年7月下旬 北海道

分布[日本各地] 時期[7-9月] 開張[54-59㎜]
ホスト[不明]
写真の個体は外灯付近で見かけたアオバセダカヨトウを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
♂の触角は織毛状。上翅は暗茶色で、後翅は黒褐色をしている。
個体数は少ない様で、まだ一度しか出会った事がない。
腹部背面にわずかながらも毛塊が見られる、前後翅とも外縁は少し波状をしている。



■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

アオアカガネヨトウ

2014年12月22日 17時00分00秒 |  ・キリガ亜科

アオアカガネヨトウ Karana laetevirens
2011年8月下旬 北海道

分布[日本各地] 時期[6-8月] 開張[34-38㎜]
ホスト[不明]
写真の個体は外灯付近で見かけたアオアカガネヨトウを撮影。


日本各地に生息するヤガ科[ヨトウガ亜科]に属する蛾の仲間。
カラカネヨトウに似ている、上翅の付け根の白い模様の太さなど区別出来る様です。
前翅は腎状紋・環状紋・内横線・などは白く、その他の部分は金緑色に輝く。
平地~山地にかけて見られるが個体数は少ない。




2013年7月下旬 北海道 アオアカガネヨトウ Karana laetevirens
夜間外灯付近の道端に落ちていたアオアカガネヨトウ、白い模様が格好良いです。



[アオアカガネヨトウ 標本]


2015年8月上旬 [採 集] 北海道 アオアカガネヨトウ



■ いつもご訪問有り難うございます、明日もどうぞ宜しくお願い致します  
宜しければ2種類の [昆虫マーク] をクリックして応援お願い致します ☆☆☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも [こんちゅう探偵団] 宜しくお願い致します♪♪♪
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加