こんちゅう探偵団

日本各地の昆虫好きが集まる謎の探偵団結成・・・!?
Let's 昆虫採集!! Since in 2013.10.12

キタエグリバ

2018年01月13日 17時00分00秒 |  ・エグリバ亜科

キタエグリバ Calyptra hokkaida
2015年9月 北海道

分布[北海道・本州・九州] 時期[6-10月] 開張[42-48㎜]
ホスト[ケシ科:ムラサキケマン・キケマン キンポウゲ科:アキカラマツなど]
写真の個体は夜間の外灯回りで見つけたキタエグリバを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[エグリバ亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地まで広く分布しており、夜間灯火に飛来する。
♂の触角は鋸歯状で♀の触角は糸状。近似種のウスエグリバに似ているが本種の外横線はほぼ直線状。
またウスエグリバの外横線は内方に湾曲する事で区別出来る。
アカエグリバとは全体的に翅の赤みで区別出来る。

北海道に分布するエグリバ亜科は、以下の通り。
■ ウスエグリバ ★★☆
■ キタエグリバ ★☆☆
■ アカエグリバ ★★☆
■ マダラエグリバ ★★☆
■ ヒメアケビコノハ ★★★
■ アケビコノハ ★☆☆
■ キマエコノハ ★★★
※ キマエコノハにおいては1985年[赤井川村]・1950年代[旭川市]でのみ記録がある。
※ ★は北海道での採集難易度を示しており、★が多い程出会う確率が低くなります。


 
左:2014年8月 北海道 [札幌市内で見つけたキタエグリバ]
右:2013年9月 北海道 [札幌市内の低山地の外灯付近にいたキタエグリバ]


 
左:2015年9月 北海道 [羽がかけているキタエグリバ]
右:2015年8月 北海道 [高地で外灯に飛来したキタエグリバ]


 
左:2016年8月 北海道 [湿地帯で外灯付近の葉の上にいたキタエグリバ]
右:2016年7月 北海道 [道北の外灯回りで見つけたキタエグリバ]


[ウスエグリバ・キタエグリバ 標本]

 
左:2015年7月 [採 集] 北海道 ウスエグリバ
右:2012年8月 [採 集] 北海道 キタエグリバ


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (10)

ウスエグリバ

2018年01月12日 17時00分00秒 |  ・エグリバ亜科

ウスエグリバ Calyptra thalictri
2015年7月 北海道

分布[日本各地] 時期[6-9月] 開張[42-48㎜]
ホスト[キンポウゲ科:カラマツソウ属・ツヅラフジ科:アオツヅラフジなど]
写真の個体は夜間の外灯回りで見つけたウスエグリバを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[エグリバ亜科]に属する蛾の仲間。
平地~山地まで広く分布しており、夜間灯火に飛来するが産地は局地的で個体数も少ない。
雌雄の触角は両櫛歯状。近似種のキタエグリバに似ているが本種の外横線は内方に湾曲する。
またキタエグリバの外横線はあまり強く曲がらずにほぼ直線状となる。
アカエグリバとは全体的に翅の赤みで区別出来る。

北海道に分布するエグリバ亜科は、以下の通り。
■ ウスエグリバ ★★☆
■ キタエグリバ ★☆☆
■ アカエグリバ ★★☆
■ マダラエグリバ ★★☆
■ ヒメアケビコノハ ★★★
■ アケビコノハ ★☆☆
■ キマエコノハ ★★★
※ キマエコノハにおいては1985年[赤井川村]・1950年代[旭川市]でのみ記録がある。
※ ★は北海道での採集難易度を示しており、★が多い程出会う確率が低くなります。


[ウスエグリバ・キタエグリバ 標本]

 
左:2015年7月 [採 集] 北海道 ウスエグリバ
右:2012年8月 [採 集] 北海道 キタエグリバ


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (8)

ヒメアケビコノハ

2017年08月10日 17時00分00秒 |  ・エグリバ亜科

ヒメアケビコノハ Eudocima phalonia
2011年9月 北海道

分布[日本各地] 時期[8-10月] 開張[94-96㎜]
ホスト[ツヅラフジ科:コウシュウウヤク・コバノハスノハカズラ・オオツツヅラフジなど]
写真の個体は夜間の外灯回りで見つけたヒメアケビコノハを撮影。

日本各地に生息するヤガ科[エグリバ亜科]に属する蛾の仲間。
エグリバ亜科のグループの中でアケビコノハに匹敵する大きさを誇るヒメアケビコノハ。
前翅の模様は、アケビコノハの様に『枯葉にそっくり』と、まではいかないが、茶褐色に
白紋や淡い褐色帯をちりばめ複雑な模様を作り出している。
南方系の蛾で、北海道で見られるのは極めて稀。
今回採集した個体は左後翅が欠損した個体だった。

北海道に分布するエグリバ亜科は、以下の通り。
■ ウスエグリバ ★★☆
■ キタエグリバ ★☆☆
■ アカエグリバ ★★☆
■ マダラエグリバ ★★☆
■ ヒメアケビコノハ ★★★
■ アケビコノハ ★☆☆
■ キマエコノハ ★★★
※ キマエコノハにおいては1985年[赤井川村]・1950年代[旭川市]でのみ記録がある。
※ ★は北海道での採集難易度を示しており、★が多い程出会う確率が低くなります。


[ヒメアケビコノハ・アケビコノハ 標本]

 
左:2011年9月 [採 集] 北海道 ヒメアケビコノハ
右:2013年10月 [採 集] 北海道 アケビコノハ


■何時も閲覧頂きありがとうございます。
宜しければ【昆虫マーク】をクリックし応援お願いします("`д´)ゞ ラジャ!!
 
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

(*`・ω・´)ノ゛ 今後とも【こんちゅう探偵団】ヨロシクです♪
コメント (10)