吃飯了没有?

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

香港を去る日の朝(2)

2016-02-14 12:13:29 | 香港情報
前にここに書き込みをしたことがあったと思うのですが、先週は会社で大変な思いをしました。と言うのは自分のノートPCを訳があって交換する必要があって、多忙な中ただでさえデータの移し替え等に時間をとられて大変だったのですが、何とこれまで使っていてメールソフトをOutlookから会社指定のソフトに変更する必要も生じ、過去メールからの変換等も苦労しました。アドレス帳もまた作り替えなくてはいけなかったりして・・・。

昨日も会社に少し出ましたので、このあたりの処理をして、メールの使い方も少しわかるようになり、ようやく落ち着きましたが・・・。PC関係の商売って、お客をお客と思っていない殿様商売でひどいもんです。何で庶民はおかしいと声を挙げないのでしょうね。特にOSやウィルス対策は数年毎のモデルチェンジで商売が成り立ってしまっているんですから。恐ろしい世界です。

愚痴を言っても何も始まりませんので今日はこれくらいにして、香港旅行の話題に戻ります。昨年8月に旅行したときのこのシリーズ、本日で終了となります。こうやって長らく書き込んでいると、また近い将来中国華南地区には足を運んでしまいたくなりますね。


↑中国華南地区はこの青空が見えるので好きです。以前仕事でよく足を運んだ四川省などは、「青空が見えると犬が吠える」といったことわざがあるくらい空が霞んでいますから。


↑九龍公園を少し覗いた後、ホテルに戻って出発の準備をすることに。


↑ホテルから空港快速線の九龍駅までのバスは、無料なんです。ただし、送迎のあるホテルとないホテルがありますので、事前の確認が必要です。あと、送迎バスは**分間隔で運行としか書かれていないので、バスがなかなか来ないときには気をもんでしまいます。写真は九龍駅から乗った空港快速線の社内の様子です。


↑電車の車窓から。青衣から先の新界地域にも昔よく足を運びましたね。足を運ぶと色々と見聞が広がるので楽しかったです。


↑香港は海沿いの街なので、海育ちの私には郷愁を誘う場所でもありました。


↑空港に着いてまだチェックイン前の時間でしたので朝食を食べることに。太平山餐庁という店に入りました。


↑イギリス式朝食とかいうメニュを注文しましたが、こういった西洋式朝食を食すことが出来るのも香港の魅力です。従業員も中国本土と違ってそれなりに教育されていますし。


↑朝食後、チェックインと通関を済ませ待合ロビーで時間待ち。日本行きの飛行機搭乗を待つこの時分が一番寂しい時間です。


↑外は焼けつくような暑さなんですが、こういった気候が身体に染みついているので、見た目で第四の故郷にいる安堵感、そしてそこを離れなくてはいけない寂寞感が入り混じります。

これにてこのシリーズは終了します。
コメント

香港を去る日の朝(1)

2016-02-13 20:10:12 | 香港情報
先週コメントしたピエンローという鍋、作ってみあのですが正直美味しく無かったです。作り方はシンプルなので自分の作り方がおかしかったとは思えず。最後はポン酢味に変えてしまいました。そもそもピエンローという鍋自体、中国に本当にあるのでしょうか?中国駐在6年間、色々な鍋料理を食べてきましたが、あのように薬味の無い骨の出汁の無いスープで食べるなんて少々考えにくいのですが・・・。

まあこの話題はこれくらいにします。今日からは、香港旅行最終日8/18の最後の朝の様子をアップします。


↑飛行機は11時頃で飛行場には9時頃着けば良かったので、それまで朝の散歩に出かけることにしました。ホテル横の回廊を歩いていきます・・・。


↑対岸には香港の美しい風景。


↑香港始動の時間です。深セン駐在時、この時間は香港鳳凰電視台の報道番組を見る機会が多かったですね。


↑西九龍もあと数年したらまた大化けすることでしょう。


↑マカオ方面・・・。この風景からいつも元気をもらっていました。また絶対にやって来ます。


↑ホテルに戻ることに。


↑朝の太陽がビルの合間に見えてきました。


↑マカオ行きフェリーも既に開航しています。


↑この港にも何度もお世話になりました。また来ます!


↑今から空港に向かって日本に戻らないといけないと考えると少々悲しい気持ちになってきました。香港は本当に色々な活力を与えてくれる場所です。
コメント

再び香港へ(7)

2016-02-07 15:43:35 | 香港情報
先日テレビを眺めていたら、妹尾河童さんがピエンローなる鍋料理を紹介されていました。中国南部の鍋料理とのことでしたが、駐在時代、こんな名前の料理に出会ったことはありませんでしたね。dancyu読者支持率No.1の料理とのことで、今晩作って食べてみようと思っています。(昨日から干しシイタケの戻しを実施中。)

最近は時間が過ぎるのがあっという間に感じるのは私だけでしょうか?毎週仕事と飲み会に追われ(笑)、大変な日々を過ごしていますが、こちらに戻ってからまたカントリー音楽を通じて素敵な出会いがあったりして、楽しく過ごしています。

でも、これから3月末~4月頭が年度末、年始の色々な行事が重なってきますので一番忙しい時期となります。健康に注意して頑張っていきます!

香港上環の話題に戻ります。


↑このあたりはアンティークショップが多く存在していますね。そんなお店の合間を縫って足あん摩店があったりします。こういうところが香港の魅力ですね。


↑ヒルサイド・エスカレーターを下っていくと、蛇王芬のある通りまで戻ってきました。


↑振り返ると、アジアっぽい雰囲気漂う交差点が。角に寿司店がありますね。板長寿司というチェーン店ですが、この店、香港では大人気なんですよね。


↑蛇王芬ですが、店の前まで来たら西洋人が結構入っていました。メニューを見たら色々な料理があって美味しそうでした。蛇料理だけではないんですね。


↑やや紫がかったライトアップが怪しげな雰囲気を醸し出しています。


↑トラムの走る麓まで戻ってきました。画面左には翠華餐庁がありますね。懐かしい!


↑MTRに乗って中環まで戻り、九龍へはまたスターフェリーで渡ることにしました。ifcモールを歩いていたらこんなお店が!紅茶専門店ですね。ゴールドカラーのお茶缶がとても綺麗でした。さすがイギリスの植民地であっただけあります。色々な種類の紅茶が置かれていました。


↑さらば香港島。今度来れるのはいつのことでしょうか?また色々な変化を見せてくれることでしょう。


↑スターフェリー乗船中、帆を赤くライトアップされた観光船が周遊していました。一度乗ってみようと思いながらなかなか実現出来ていません。この観光船には誰かと一緒にきたときに乗ってみることにします。船上でシャンペンか何かが出されると聞いたことがあります。
コメント

再び香港へ(6)

2016-02-06 16:41:51 | 香港情報
台湾南部で大きな地震が発生してしまいました。台南、高雄とも私の好きな場所で、ここのブログでも紹介したことがありますが、春節を目前に何でと心を痛めています。早くたくさんの皆さんが救出されて、怪我が一刻も早く癒えることを祈るばかりです。

赤十字の義援金サイトが開いたらたくさん送らせていただくつもりです。3.11で台湾の皆さんからたくさんの支援をいただいたことを忘れません。

香港旅行の話題に戻ります。


↑ヒルサイド・エスカレーターは登りはエスカレーターで、下りは側道をウィンドーショッピングをしながら戻ってくるのが楽しいです。


↑ヒルサイド・エスカレーターに乗っていると、下界に色々な面白い店や風景が広がっているのが好きです。


↑エスカレーターはこんな感じです。


↑映画「恋する惑星」に出てきたアパートを探しましたが・・・、多分この周辺だと思うのですが・・・。


↑蛇肉か骨を使った料理を出す店もあったり・・・


↑部屋の内装屋さんがあったり・・・


↑結志街までやってきました。この通りには有名な蘭芳園があります!茶餐廳の草分け的存在ですね。


↑香港島の坂道&エスカレーターはまだまだ続きますが、このあたりで引き返すことにしました~。
コメント

再び香港へ(5)

2016-01-31 15:32:18 | 香港情報
昨晩、サッカーの試合を見ていたら前半で2点負けていたので後半を見ずに寝てしまいました。朝起きたら驚き!逆転で優勝ですか?!寝てしまって失敗でした。

そして朝は早めに起きて映画を見に行く予定でしたが朝寝坊。スターウォーズは必ず見たいという映画では無かったので急きょ予定を変更して稲村ヶ崎散策に変更しました。海岸線の道路は大混雑でしたね。

話変わって会社でインフルエンザが流行しつつあります。通勤も含めてマスク着用を始めていますが、寒い時期を越しても今度は花粉ですね。中国や宇都宮では花粉はさほど気にならなかったのですが、神奈川周辺は花粉が飛びやすい場所なので、ストレスで花粉体質になってしまっていないか心配です。どうなることやら・・・。

余談はこれくらいにしまして、香港の写真をアップします。前にも書きましたが、これらの写真は昨年8月連休で訪れたときの写真となっています。


↑MTR上環駅を下りて、懐かしい文華里(ハンコ街)を通り過ぎて・・・


↑皇后大道方面に歩いて行きます。


↑新紀元広場の噴水は夜もお洒落です。この周辺はカフェも多くて香港らしい一角になっています。


↑この階段を登って威霊頓街に入って行きます。


↑威霊頓街にある有名な蓮香楼。広東料理で有名なお店ですが、なかなか一人では入りにくい雰囲気があって一度も食したことはありません。


↑お洒落なバーレストラン。このあたりは英語が通じるので安心できます。


↑色々なお店が軒を連ねています。


↑こういったB級商品も見ていて楽しいです。


↑こういった屋台の果物は交渉次第で値段が決まるので本当に安く仕入れることが出来るんですよね。


↑このゴチャゴチャ感。香港らしくて楽しい!


↑さてようやくこの日の目的地に到着です。もうおわかりですね。ヒルサイド・エスカレーター(半山自動扶梯)です。映画恋する惑星で有名になったエスカレーターです。久々に夜来てみたくなったので、足を運んでしまいました!この続きはまた週末に。
コメント

再び香港へ(4)

2016-01-30 16:31:39 | 香港情報
今朝、テレビを見ていたら何かの情報番組でマカオ最新情報が流れていたのですが、コタイ地区にまた新しいカジノホテルがオープンしたのですね。そのホテルの上方に観覧車風の乗り物があって、すごいことになっていました!グルメも紹介されていて、またあのマカオ風カレー料理が食べたくなってしまいました。

話変わって今日は天気が悪く寒いのでなーーんか憂欝な日で、かつ仕事にも出なくてはならず嫌な一日だったのですが、さきほど帰ってきて今ブログを書いています。今晩はサッカーの試合があるのでそれが楽しみですが、また明日外は寒そうなのでスターウォーズでも見て来ようかと思案しています。

余談はこれくらいにしまして香港の話題に戻ります。


↑スターフェリーからの百万ドルの夜景 その1。


↑スターフェリーからの百万ドルの夜景 その2。


↑スターフェリーからの百万ドルの夜景 その3。水面に反射する光も美しい!


↑スターフェリーからの百万ドルの夜景 その4。この夢かうつつか、不思議な世界に浸れる時間が至福のひとときです。


↑香港島に着くと目の前に迫ってくるifcモールのビル。この網網の格子の感じが綺麗です。


↑観覧車を横目に見ながら、中環駅まで足を運んでいきます・・・。


↑こんな場所にアップルストアが出来上がっていました!


↑上環に到着です!トラムのある風景はやっぱり良いですね。さあ、ここから目的地へは足での移動となります。どこへ行ったかわかりますか?明日紹介します!
コメント

再び香港へ(3)

2016-01-24 13:06:18 | 香港情報
映画「人生の約束」、良かったです。泣けました。主人公の男性の姿と自分の置かれた立場が重なる面があり、人生にとって本当に大切なものが何であるのか考え直させてくれました。主人公の友人であった航平の娘さん役の橋ひかるさんがとてもピュアの存在となっていて、心洗われました。

富山の田舎の曳山祭りの映像もgood。日本の美しい風情が映し出されて私の好きな映画の一つになりました。ただ1点、途中に不要な「合わない」音楽が入ってきて余計な雑音となってしまって耳障りでした。これだけが本当に残念なところです。

最後の曳山の映像のところに流れてくる音楽も合わない曲で、私なら地元の民謡とか男衆の歌う力歌とか、そういったものを使いますね。

映画評はこれくらいにしまして香港の話題に戻ります。


↑ハーバーシティを通り抜け、スターフェリー乗り場近くの階段までやってきました。いよいよ私が好きな夜のスターフェリーへの入口です。


↑クルーズ船を横目に見ながら・・・


↑いつもながらの連絡口を歩いて行きます。


↑いよいよ離港です!いやーーー、対岸のイルミネーションが煌びやかなこと!


↑揺れ具合と油の匂い、そして潮風が旅心をくすぐります。


↑乗ったことのある方にしかわからないこの「海から見える百万ドルの夜景」。


↑香港と言う都市を代表する景色と、香港を代表する船。いつまでも変わらないでいて欲しいです。一国二制度が終わる2047年以降、この場所はどうなってしまうのでしょう?


↑この明かり一つ一つにそれぞれの生活が灯っていて、私の知らない世界がまだまだ存在しています。そういったところが私を惹きつける魅力になっています。
コメント

再び香港へ(2)

2016-01-23 14:55:57 | 香港情報
長い1週間が終わりました。今週も報告会があったり人事面の色々な仕事があったりと、神経を使う仕事が多く大変でしたが、何とか乗り切りました。次週も会社幹部の前の業績報告やら、安全関係の研修やら、そして何よりも大変なのは自分のPCを訳あって別の機種に変更しなくてはならない余計な手間があることです。

前にも何度も書いたと思うのですが、PCのソフトやOSって本当に殿様商売ですよね。古くなったらサポートしませんとか、勝手にどんどん新しいものに変えていって顧客の要望を完全無視です。困ったものです。

今回のPC変更で、これまた訳があってメールソフトも変更しなくてはいけなさそうなんです。ようやくOutlookに慣れてきたのに・・・、正直馬鹿らしく思えてきます。

まあ、なるようにしかならないので最近は中国で身に着けた「流す」技術で平常心を保ちたいと思います。そのとき役に立つのが私にはやっぱり音楽です。カントリーミュージックは心が落ち着きます。昨晩もライブハウスで音楽を聞いてストレスを発散してきました。

そうそう私は映画も好きなんですが、最近の映画は本当につまらないものが多くて、宇都宮時代はマイナーな映画も放映してくれる映画館をよく利用していましたが、今の神奈川では近くにそういう映画館がないのが残念です。と思っていたら、人生の約束なる映画に興味を惹かれ、明日早朝「起きられたら」見に行って来ようと思っています。スターウォーズは結局見に行かないことにしました。DVDで十分ですね。

香港の話題に戻ります。


↑深センから香港に戻ってホテルで一服した後、ある場所へ向かう前に腹ごしらえをすることに。以前紹介した廣東道沿いのフードコートで今回はヴェトナムのフォーを!美味しいですね!


↑ある場所へ向かうためにスターフェリーに乗る必要があったのですが、そこまでの経路はハーバーシティの海沿いの歩道を歩くことに。こんな景色を拝むことが出来ます。


↑林檎のオブジェがあったので1枚。絵になります!


↑スターフェリー乗り場に近づいてくると・・・


↑環球貿易広場ビルも目に入ってきます。このトワイライトの時間が本当に美しいです。


↑屋外に出られるスペースもあったりして、皆さん思い思いの時間を過ごしていました。


↑前に何かの書籍で「ノーベル賞の出る国には必ず美しい景色や建造物が存在する」といった持論が掲示されていたことを思い出しましたが、香港からもノーベル賞受賞者が出ているのはそういうことなんでしょうね。美しいものを愛でる力というか、そういったことが重要なのでしょう。この子の目にはどう映っているでしょうか?


↑香港の夜景、やっぱり素敵な世界だと思います。ここへ来ると自然と力が湧きます。もっとしっかりしなければと・・・。
コメント

再び香港へ(1)

2016-01-17 16:39:52 | 香港情報
今日は折角の日曜日なのにどよーーーんとした曇り空で寒い一日でした。晴れていれば少し遠出となったのでしょうが、午前中に散髪を済ませた後は、日用品の買い出しだけで今ブログアップをしています。明日は雪が降るとかで今から心配になってきました。電車は遅延するんでしょうね・・・。

今週は会社で色々多忙な行事が待ち構えているので少々ブルーですが、頑張っていきます!

さて、今日は8/17に深センから再び香港へ向かったときの様子のアップです。


↑フェリーは15時前後発だったと思います。青空が広がってすがすがしい天気でした。中国華南地区はこういった青空が見込めるので良いですよね。


↑1時間ほどで香港上環に到着。通関を終えた後、タクシーに乗り込み再びThe Royal Pacific Towers & Hotelsまで。写真は懐かしいWestern Marketの外観。


↑タクシーの車窓から。このトラムを見ると「ああっ、香港へ来たんだなあ」と実感します。


↑海底トンネルをくぐっていくと・・・


↑目的のホテルには程なく到着しました。ホテルの部屋からの景色はこんな感じでした!なかなか良いではないですか?!


↑こういった窓ガラスに映った景色を見ても南国感満載でした!さあ、しばらく部屋でくつろいだ後、夜の街へ繰り出すことにしました!この様子はまた来週。
コメント

深センへの移動日(4)

2015-11-15 19:17:01 | 香港情報
今日は午前中の散髪の後、買い出しを済ませて15時頃から北鎌倉へ行ってみました。円覚寺に行ったのですが、ハトバスツアーが来ているんですね。外人さんも多くて観光地であることを実感しました。肝心の紅葉は・・・、まだまだ先のようでフライングでしたね!

ところで、世間はパリのテロの話題で持ち切りです。今日美容師さんとも話をしたのですが、2020年は格好の標的になってしまう可能性大です。その前に大地震の方も心配ですが。

今日は8/15の14時前後発の香港→深セン行きフェリーの様子をアップします。


↑香港→深セン行きフェリーに乗るためには、この先の通関エリアを通らないといけません。深セン駐在時は何度も何度も寂しい思いでこのブリッジを利用させていただきました。


↑何が寂しかったかと言うと・・・、やっぱり香港は深センと異なって色々なものが手に入りますし、料理も美味しいし、自由な空間が多いからです。


↑香港西九龍方面です。私が泊まった金色のホテルが右端に見えますね。


↑写真左端に深センからやって来たフェリーの姿が見えます。このフェリーが深センへ引き返すことになります。


↑この日は天候が悪く、フェリーは結構揺れました。フェリーの中って意外に換気の状態がよくなくて、船酔いする人が多いんですよね。


↑完全なピンボケ。


↑1時間で深セン蛇口に到着です。駐在時代はこの瞬間が嫌でしたね。いつも現実に引き戻される時間でした。


↑蛇口埠頭。写真右手から香港国際空港行きのフェリーも出ています。マカオ行きフェリーもここから出ていて何度もお世話になりました。色々と思い出深い埠頭です。
コメント