吃飯了没有?

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

最後の香港旅行③

2011-04-30 20:07:41 | 香港情報
今日は街中に出て色々と買い物しましたが、スーパー等へ行くとあちこちでダイエット食品が売られているのに驚きました。6年前にも確かにダイエット食品は売られていましたが、ここまで種類は多く無かったと思います。それとコンビニに色々とサプリが売られていますね。日本人ってやっぱり健康好きですね。こういう補助食品は確かに有用ですが、その前に心の健康をもっと重視した方が良いと感じるのは私だけでしょうか?

さて、最後の香港旅行の話題です。


↑Clear Water Bayはいつ来ても綺麗な湾です。このすぐ近くのゴルフ場も非常に気になります。それとこの湾にはBBQ場もあって仲間と海を見ながらのBBQはなかなか楽しそうです。


↑Clear Water Bayを過ぎるとクネクネうねった細い自動車道を通過していきます。このあたりから別荘が増えてきますね。


↑すぐにレパルスベイが見えてきます。映画慕情を思い出す景勝地です。友人ではなく彼女と来たい場所です。


↑ピンボケですみません。こういう別荘で海を見ながらゆっくり過ごせたら楽しいでしょうね。


↑だんだんと目的地であるスタンレーに近づいてきました。


↑このあたりまで来ると香港(中国)ではなく完全にヨーロッパですね。西洋の習慣に慣れた日本人にとっては落ち着ける風景です。


↑さあ、スタンレーです。相変わらずものすごい人の数でした。でもこの場所はまだ中国大陸人は多くなくて騒々しい環境にはなっていなくて安心しました。

この続きは明日以降また紹介していきますが、明日は宇都宮へ戻った後、夜にライブがありますので、アップ出来ないかもしれません。ご容赦ください。それでは皆さん、引き続き良い連休をお過ごしください!
コメント

最後の香港旅行②

2011-04-29 20:56:55 | 香港情報
中国から日本に戻ってきて必要となった車の運転。6年間も運転していなかったので最初は少し緊張しましたが、2週間で大分昔の感覚を思い出しました。でも、昔と異なるのは、昔は車の運転自体楽しいと感じていたのですが、最近はそれが薄れていることです。好きな時間に好きな場所に行けるのは素晴らしいことではあるのですが、道はどこも混んでいますし、何から何まで高いのが問題です。維持費や税金、ガソリン代、駐車場代等々、いくらでもお金が出ていきます。冬になるとスタッドレスタイヤも買わないといけませんし・・・、深センのようにバスや地下鉄の公共交通に慣れてしまうと、自家用車にあまり魅力を感じなくなってしまいました。車の中で好きな音楽や会話勉強用のCDを聞けるのは良いことではありますが・・・。

さて、最後の香港旅行の続きです。


↑広東道を通り抜け、スターフェリー乗り場前を通過し、バスはまた九龍公園径を通って今度は中港城前のバス停に向かいます。


↑その後、エレメンツのある西九龍方面に向かってヴィクトリア湾をくぐるトンネル道を通過します。西九龍はコンテナ埠頭がどんどん拡大していますね。貿易量が相当増えたのではないでしょうか?


↑トンネルをくぐった後、上環の中を抜けて山を登っていきます。


↑暫く香港島の西側の山道を通り過ぎていくと・・・


↑アバディーン近郊の街に入ってきました。このあたりは地元住民が多く、いつ来ても結構賑わっていますね。


↑アバディーンの湾が見えてきました。思い起こすと、アバディーンには昼間に来たことはありませんね。夜のジャンボレストランしか知りません。


↑バスは湾沿いの道をどんどん東側に進んでいって、Clear Water Bayに入ってきました。この風景も「香港」の1つの顔ですね。この日も晴れて非常に綺麗でした。

明日もこの続きをアップします。
コメント

最後の香港旅行①

2011-04-28 22:51:34 | 香港情報
会社は5月連休がなくなってしまいましたが、明日有休を取って神奈川の実家に戻る予定です。土日を含めて3日間だけの休みですが、所用があるのと実家から色々と必要なものを持ち帰る予定です。5/1に宇都宮に戻る予定ですが、この日は宇都宮である歌手のライブがあります。宇都宮に戻って夜にこのコンサートにも足を運ぶ予定です。懐かしい歌手のライブなので、楽しみです。

今晩は、大学時代の友人に会うことも出来ました。10年ぶりくらいの再会でしたが、彼は容貌にあまり変化がなく懐かしかったです。10年前は日本がこんなひどい状況になるとはお互いに思っていませんでしたが・・・。日本の将来に明るい希望を見出せないとの結論で一致しましたが、日本脱出もリスクがありお互いに悩んでいる今日この頃です。

さて、今日から暫く、4/9に深センを離れた後2泊した香港での話題をアップします。


↑香港で宿泊したホテルはインターコンチネンタルです。ええっ?あの超高級ホテル?と思われた方、すみません。チムサーチョイ先端にあるあのホテルではなく、チム東の方のホテルです。名前はIntercontinental Grand Stanford Hotelで、日航ホテルの隣りにあります。こちらの方は値段が少し安くホテルの部屋もそれなりという感じで、あまり感動はありませんでした。


↑部屋から少し海が見えましたが、こちらもどうってことはありませんでした。


↑4/9に香港へは16:30蛇口発のフェリーで向かいましたので、ホテルに着いたときには夕食の時間になっていました。実はこの日も香港の友人と合流したのですが、友人達と何を食べようと相談した結果、以前食べたときに美味しかったミラマー商場にある四川料理店雲陽閤に向かいました。この店、以前と違って変に改装されていて、味も前より落ちた感じがしましたが、何故か目茶混みでした。それもそのはず、ミシュランで何か星を獲得したようなのです。その影響で以前のような独特の味の四川料理が消え、陳腐なメニューと化した感じがしました。よって料理の写真は紹介しません。


↑翌日の日曜日は午前10:30にチム東始発のバスに乗ってスタンレー(赤柱)に向かうこととしました。写真はバス2階の位置バン前の席で撮影したものです。チム東出発直後の交差点ですが、先方にK11やハイアットリージェンシーホテルが入った高いビルが見えますね。


↑バスは一旦湾沿いの梳士巴利道に入って・・・


↑九龍公園径に入っていきます。


↑その後、九龍側の最大の繁華街広東道にあるバス停に停まります。今日はこれにて終了です。また明日実家にて続きをアップします。皆さん、良い週末&連休をお過ごしください。
コメント (2)

深センの車窓から

2011-04-27 21:00:41 | 深セン情報
中国からの荷物は全て船便にしたのですが、通関を終え今週中に荷物を届けられるとの連絡が・・・。しかし、私の今の住まいは仮住まい。先週末アパートを探して決めてきたのですが、私が入居できるのは5/21から。今は宇都宮も震災の工事需要でアパートがかなり埋まっていることを知りました。

ということで、輸送業者に頼んで5/21まで荷物を保管しておいてもらうことにしました。2週間は無料で保管しておいてくれるとのことで、10日分程度の保管料で済みそうです。1日170円とのことなので大した出費にはならなくて済みました。

さて、今日は3月末に深セン各地を訪れたときに車窓から撮影した写真をアップします。


↑福田に向かう濱海大道の道中にて、深セン湾体育中心の管理棟らしき建物がかなり出来上がっていました。壁面にも網状の模様があって特徴がありますね。高速で走っている車窓からの写真で画像が不鮮明で申し訳ありません。


↑春の繭は完成間近です。中のスタジアム席も全て設置が完了していて、かなりの数の集客が出来そうです。開会式はかなり盛大に行われるのでしょうが、花火が禁止となりましたので少し物足りないでしょうね。ちなみに、花火が中止になったのはエコが理由だそうです。


↑沙河の河口周辺も色々工事の真っ最中でした。体育中心と紅樹林の間は未だに大掛かりな工事が続いていますが・・・


↑どうやらこのあたりに自動車道が建設中だからのようです。この場所から海上世界方面へ抜ける道路も建設されるのでしょうね。


↑場所は変わって南山大道沿いに移りますが、この大道沿いには日本料理店満里奈があることで有名ですが、何と、この満里奈の2軒隣りに日本炭火焼肉料理店牛華屋が出来上がっていました。中国って、人気のある店の周辺に必ずその人気にあやかった同業者が出店をするんですよね。それが当たり前のようになっています。中国人の考えからすると、ある場所に同じような店が集まっていた方が自分で店を選択出来るし、値段をまけさせることが出来るので便利に感じることが多いようです。


↑今日最後は南海大道の創業路交差点の歩道橋です。この歩道橋、以前はこのようなレインボーカラーのライトアップはされていませんでしたが、今はこんな感じになっています。いつからこのようなライトアップが始まったか定かではありませんが、これもユニバーシアード対応なのでしょうね。
コメント   トラックバック (1)

深セン最終日の四海公園

2011-04-26 19:46:56 | 深セン情報
うちの会社は、月に1回カウンセラーが訪問してくることを思い出し、今日がその日であることがわかったのでちょっとカウンセリングを受けてみました。カウンセリングと言いますより雑談会のようになってしまいましたが・・・。初老の女性先生でしたが開口一番「よく足を運んでくださいました。日本人はこういうカウンセリングは後ろめたいものと未だに感じる方が多く、まだまだなんです」とのこと。私は人と人との交流の密度が濃い中国の習慣に慣れてしまいましたので、こういうカウンセリングには全く違和感はありませんでしたが。

こちらから
・中国から戻ってきたばかり。
・震災復旧の仕事が山積み。
・引越しを3回しなくてはならない。
・気温の変化が大きい。
・日本と中国では生活習慣や仕事環境が180度異なる。
・日本は就業中の私語がほとんどなく息が詰まる。
・景気が好調な中国から先行き不透明な日本への帰国となった。
等々話してみました。

これを聞いた先生は本当に驚かれていました。どれか一つだけでも欝になってしまう人がいるのに、色々な環境の変化が一度に訪れたあなたの精神が少々不安定になるのは当たり前のことですと。先生曰く、当面精神が落ち着くまで人前に率先して出ないことと、温泉などに通って身体を温めるのが良いと教えてくれました。こういうカウンセリングもなかなか楽しいものだと思いました。また1ヶ月後にカウンセリングの約束をして今日は終わりました。

さて、ブログの本題に戻りますが、今日は深センを去る当日朝に訪れた四海公園の話題をアップします。


↑四海薔薇園のバス停からやや南に下がったところにこんな珈琲店が開業間近でした。店の構えが少し欧州風で気になる店ですね。


↑四海公園の北口から中に入ってみましたが、早速Yue劇の楽団の音色が私を出迎えてくれました。この公園は毎週末Yue劇楽団の練習が行われていますね。公園内が中国らしい独特の雰囲気に包まれます。


↑湖の畔の小道を歩いて行くと・・・


↑木々の間から湖が綺麗に見えてきます。この日は晴れてくれましたが、やっぱり深センの公園は晴れた日が似合いますね。


↑以前も紹介した睡蓮が綺麗だった方の湖はまだ水が張られていませんでしたが、湖底の草類は綺麗に清掃されていました。


↑早く水を張ってあの綺麗な睡蓮の姿を見せて欲しいです。


↑こちら側の湖は穏やかな景色を残していました。


↑カモさん、元気で!
コメント

地下鉄後海駅周辺の変化

2011-04-25 20:56:24 | 深セン情報
いよいよ次週は大型連休と言いたいところですが、私の会社は震災の復旧のため連休がなくなってしまいました。でも1日だけ有休をとって土日にくっつけて実家のある神奈川に戻る予定です。5月連休には皆さん何をされますでしょうか?そうそう、また深センに遊びに行かれる方もいらっしゃいますね。

さて、今日は帰国前に足を運んだ地下鉄後海駅周辺の変化を紹介します。


↑後海駅を上がると広場がありますが、何人かの清掃員が、広場にある保利劇場の透明のガラス板を長いポールを使って拭き取り作業をしていました。このポール、結構重そうで奥の女性は持ち上げるのに少々苦労されていました。


↑駅の入り口前に、幅の広い階段が建設中です。この階段を上がると海岸城の2回の広場にアクセスしやすくなります。


↑駅入り口のブース脇の通りも、街路樹が植えられて舗装もされ、かなり綺麗になりました。


↑通りの景観を撮影してみました。昔は殺風景でしたが大化けしましたね。深センの工事の速度は非常に速いです。と言いますのも、ユニバーシアードまであと4ヶ月程度だからです。あちこちが急ピッチの工事になっていて、本当に手抜き工事が無いのか心配になってしまいます。


↑後海駅周辺の様子を写真に収めた後、蛇口に戻ることにしましたが、地下鉄構内でこんな宣伝を目にしました。この写真を撮影した日は4/3でしたが、昨年同様今年も3/26に1時間電気を消す環境保護イベントが行われたのですね。私は3/26は南澳旅行でしたので、蛇口周辺でどんな状況になっていたのか不明です。


↑蛇口に戻って一番食品方面を足を進めると、何と一番食品の隣りのお茶屋&オーガニックレストランが潰れていました。まあ時間の問題とは思っていましたが。どこの店が潰れるかは新しい店が出来た瞬間から判断できてしまうので、店のオーナーがどうして開店したのか不思議に思ってしまうことが多いです。

今日はこれにて。明日は深センを離れた日4/9の午前中に訪れた四海公園をアップします。では!
コメント (2)

南海薔薇園周辺の近況

2011-04-24 17:47:09 | 深セン情報
今日はこちらの車のディーラーに行って、車の名義変更の方法を聞いてきました。あれこれ資料の準備や手続きがあって意外に面倒ですね。その後、ETCカードの申し込みや必要な日常用品の買出しに出かけました。宇都宮は深センと違って、6年の間で店自体に大きな変化はなくホッとしました。昔の記憶の場所にそのまま昔の店がある感じです。

その後はこちらで初めて理髪店に行きました。この店も昔のままでした。店の人は勿論私のことを覚えていてくれました。しかし行き付けの按摩店はなくなっていて、その場所に別の按摩店が入っていました。でも、値段を見ると滅茶苦茶高いので按摩を受けるのはやめました。深センの安い全身按摩が懐かしいですね。

健康のために水泳を再開しようと思って、昔よく通っていた温水プールの一つを確認しに行ってきましたが、震災の影響で閉鎖中でした。でも少し遠い方のプールは大丈夫でしたので、週末はこちらに通おうと思っています。徐々に日本の生活を身体が思い出し始めていますが、会話が激減していますので注意が必要ですね。日本は会話しなくても済んでしまうのである意味恐ろしい場所です。中国は至るところで交渉交渉ですからね。

さて、今日は帰国前に訪れた南海薔薇園周辺の様子を紹介します。


↑南海薔薇園Ⅱ期の道路に面した店舗は、今ではほとんど埋まってしまっています。出来た当初はほとんど店は入っていませんでしたが・・・。西洋人相手のオープンカフェが以前よりも増えているように感じました。でも・・・、


↑この歩道はあちこちで改修工事中で、かなり埃っぽくなっていました。この工事、早く終わらせて欲しいですね。ってもう私は蛇口の住民ではありませんが。


↑こちらには西洋人向けの食料品店(Silver Plateでしたっけ?)があります。


↑こちらの写真の丁度中央には、Back stubeというドイツパンの店があります。ここのパンは美味しくて有名だそうですが、私は結局食べる機会がありませんでした。


↑昔西洋料理店があった場所は改装工事中で、中華料理店がすぐ出来上がる模様です。でもこれで店が変わるのは3回目ですね。この場所、駐車場もなさそうですし、なかなか来にくい場所なので客の入りは期待できないのでは?と思うのですが・・・。


↑南海薔薇園から海昌路へ戻るいつもの道のブーゲンビリアが非常に鮮やかでしたので1枚収めました。南国を感じさせてくれる本当に綺麗な花です。友人からのメールで、深センは今日は天気が良かったようですが、ここ宇都宮も夏のような天気の良さでした。深センと日本の天候は本当に連動していますね。

明日は、最後に訪れた地下鉄後海駅周辺の様子をアップします。
コメント (4)

帰国前の蛇口散策③

2011-04-23 19:39:46 | 深セン情報
今私は会社の寮住まいですが、年齢制限で寮には長くいられないのと会社のメンバーがたくさん住んでいる場所は息苦しいこともあって、今日アパート探しに行ってきました。アパートはすぐ決まりましたが、震災復旧需要が多いらしく部屋が空くのが5月中旬以降とのこと。当面寮生活です。

それと、深センで折角見に付けた中国語会話能力をより正確なものに変えようと、中国語会話学校も覗いてみました。トライアルレッスンを受けてみましたが、やっぱり文法など知らなかったことが多く会話学校は役に立つなあという感じです。グループレッスンで人脈も広がりますので、足を運んでみようかと考えています。

さて、昨日同様蛇口散策の続きをアップします。


↑海上世界から海昌路を北に歩いていったところの水湾頭の入り口は、本当に垢抜けましたね。


↑水湾頭の入り口にあるKTV(カラオケボックス)は私が来た当時からありますね。10年近くオープンしているのではないでしょうか?横断幕に周年記念のサービスで1時間歌うと1時間無料で付いてくると書かれています。何周年記念なのでしょうか?


↑美都按摩店のあるこの通りも本当に綺麗になりました。白いペンキで塗り替えられたのでそう見えるだけですが・・・。私が赴任した頃はアパートは皆壁が黒くて古びていましたが。


↑名前は商楽街でしたでしょうか?この先にあるフィリピン人経営のバーに昔入ったことが今となっては懐かしい思い出です。


↑水湾歩行街入り口のお粥屋さん(紅Li村)はお腹の調子が悪くなったときに何度もお世話になりました。


↑水湾頭から招商路方面に歩いて行くと途中にローカル住民の住むアパート群の入り口が見えてきます。中に入ってみると・・・


↑通りの両側にたくさんの中古家具や中古電気品の販売店、引越し業者の店が立ち並んでいます。


↑アパートのビル群をすり抜けて行くと・・・


↑招商路に到達します。K204バス等によく乗車される方は、この「南国賓館」という看板をご覧になられたことが多いと思います。そうこの看板の下がローカル住民の住むアパート群への入り口となっています。

今日はこれにて終了します。明日はこの後訪れた南海薔薇園前の商店街の様子を紹介します。
コメント (4)

帰国前の蛇口散策②

2011-04-22 19:59:07 | 深セン情報
ようやく1週間が過ぎました。Yahooあたりにも出ていましたが、この時期は自殺する人が増えるとのこと。異動の時期や決算月を乗り越えられずストレスが溜まって自殺する人が多いとのこと。また今年は被災者でなくても精神的に不安定になる人が多いらしく、要注意と書かれていました。私も食生活や天候(環境)の大きな変化、友人との別れや新しい職場でのストレスなど、注意が必要ですが、残念ながらB型人間ですので、何とか乗り越えられそうです。

さて、蛇口散策の話題の続きです。


↑海上世界から南海大道に出ようとしたら渋滞が出来ていました。何でこんな渋滞が出来ているのかと思って先を眺めて見ると・・・


↑原因はこれでした。以前もこの周辺で事故が起きていましたが、何でこんな事故が起きるの??と驚いてしまうことがあります。


↑海上世界から水湾頭方向に歩いてみました。広州行きの長距離バスターミナル周辺も工事の真っ最中でした。


↑蘭渓谷側へ抜ける道も通行止めになっていました。


↑景鳳公園の一角も穴が掘られて何か敷設中でした。蛇口中工事の嵐です。


↑SANYO跡地には意庫2期工事が進んでいて、新しいデザインのビルが徐々にお目見えという状況でした。


↑ビルの側面にもお洒落なブースが出来そうです。


↑このデザインもなかなか斬新ですね。でも・・・、外から見ると良いデザインではありますが、事務所の中からの景色は視界が悪いでしょうね。

この続きはまた明日紹介していきます。水湾頭方向に歩いていきます。乞うご期待。
コメント

帰国前の蛇口散策①

2011-04-21 21:42:48 | 深セン情報
今日の飲み会は1次会で開放されました。昔なら2次会直行は当たり前でしたが、日本も少しずつ宴会の雰囲気が変わってきているようです。ということで、今こうやってブログをアップすることが出来ています。

今日からは私が深センを去る直前の週末に蛇口周辺を散策したときの様子をアップしていきます。


↑蛇口埠頭近くの有名な深センのスローガンの看板が、以前紹介した南海大道の別のスローガン同様、立体型の看板に入れ替えられていました。しかしどうもこの色遣いにはセンスを感じません。前にも書きましたが、これなら背景を紅い中国色にした方が良いですね。


↑南海酒店正面から海上世界へ向かう道路脇の建築現場では、大きな建物が塀から頭を出し始めていました。あっという間に工事が進んでいきますね。


↑海上世界の駐車場跡地はこんな感じになっていました。かなり整地されましたね。


↑女神像の近くはあまり大きな変化は見られませんでした。


↑海上世界横のゴルフ練習場跡地は特に変化はありませんでしたが、


↑船の前の広場は配管等の工事がかなり進んでいました。


↑真心屋の入っているビルもお化粧直しでしょうか?かなり異様な感じに変わっていました。真心屋もかなりお客が減ってしまっているようです。こんな状況だと、海上世界に足を運ぶ観光客も少なくなっていますし、こんな養生が設置されていますと足を踏み入れたくなくなりますからね。

今日はこれにて終了です。明日もこの周辺の様子をアップしていきます。
コメント