モモちゃんへ
日々の出来事を亡きモモに教えます。
 



わが町から それほど遠くはありません。30分くらいかな? 神湊(こうのみなと)からフェリーに乗りました。3人です、

20分間くらい 客室は 空席が多く三密の心配はありません。

 

それでも コロナ感染恐怖症ですから甲板に出ました。 船は小さく 玄界灘は波が荒く 私はバランス感覚が悪いから 椅子に辿り着けません。

 

空も海も青い 4月6日の事です。 向かいに見える島は・・・ 地島(じのしま)かな? 同じ写真を何枚も撮っているところをみると・・・

 

上の写真で友人がいる所まで交代して行ったら フェリーの先頭が見えて 気持ちいい・・でも横から飛沫がかかります。

 

振り返ったら うーーーん 多分わが芦屋町は この海を左に左に行くんでしょう。。

 

次回からは 大島をご紹介しますね。 ネタ切れしてるから 伸ばして伸ばして・・・

 

話は変わりますが・・・わが町の岡湊神社 なんじゃもんじゃは 見頃です。 はら・・・雪のようでしょう

 

もう少ししたら 散った花びらが 地面にうっすらと雪化粧しますよ。 そのころが大好きです。

 

若葉もきれいです。 岡湊神社 社殿です。 

 

ここは スーパーの駐車場です。 神社から 2~3分 雪のようでしょう こればっかり・・

 

コメント欄は閉じています。 お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




花が無かったため後回しになり 1ヶ月を過ぎてしまった3月16日の事です。 山口県下関市 偶然通りかかった 福徳稲荷神社です。

 

 

狛犬ならぬ おキツネさんを入れたいけど なかなか入らない・・これ以上後ろに下がるのが怖い・・おキツネさんを挿入しています。

 

前まで行って振り返ったところです。 ぁの鳥居の向こうに おキツネさんは、いたけれど あの向こうは 急な階段で、 私にとっては絶壁です。

 

御祭神は倉稻魂大神 (うかのみたまのおおかみ)、大宮能賣大神(おおみやののめのおおかみ)、大比賣大神(おおいちひめのおおかみ)と、ご利益が多彩なことでも知られています。(ネットより)

雨の中 水色の傘は友人 他には2人連れしかいませんでした。

 

私達は コロナ禍で食べ物屋さんに入らないから 持参の果物 お菓子だけです。

 

とっても美しい神社です。御朱印帳は持参していませんでした。 

 

鳥居なんですよ。 去年一緒に京都に行った友ですから 伏見稲荷みたいね・・と思い出話・・

 

山口県でも山陰の方 海は日本海です。 帰りに 若松市民会館で開催中だった 中村哲さんのルーツの写真展に寄りました。この写真展 結局3回目です。

15日 アフガニスタンからアメリカ軍撤退(9・11)のニュースの中で  哲さんが紹介されました。

 

コメント欄は閉じています。 お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




去年の8月 FOR HEART のCD発売記念 ピアノコンサートの予定が コロナで延期、延期になっていました。

松本りえさんは コカリナの先生の娘さんです。 まずオープニング ソロで 大好きな【愛情物語】のメロディーが響いたとき グッときました。

 

4月4日日曜日 やっとの開催。 密を避けるため ごく知り合いだけのコンサートとなりましたが 久しぶりで幸せでした。

パーカッションの田中翼さんも 顔なじみです。打楽器って すごく色んな種類があるんですね。

 

ピアニストの冨永隆治さんとの連弾で Xジャパンの Forever Love これは 70歳代姉妹の私達も引込まれ、若い人の鳥肌が立つっていう表現を実感しました。

 

CDタイトルの【FOR HEART】【手紙】 その他 オリジナル曲も素晴らしかったけど やっぱり聴き憶えのある曲は盛り上がります。

ヴォーカル的野祥子さん、 4人で 【鬼滅の刃】の ホムラ??  最後の曲 【君の瞳に恋してる】まで楽しかったなぁ~

 

コカリナは コロナからずーっと お休みでしたが 5月から 曜日時間が変って始まります。

この牡丹桜の樹の向かい側は特養ホームです。以前は第3土曜日に 4人グループで行っていましたが コロナ禍で出入り禁止です。

 

牡丹桜が散る頃には 施設の入り口の燕の巣に、雛が口を開けて餌を待つ姿が見られたのですが それも観られません。

もう一軒 岡垣長の施設も・・・・  コカリナ訪問してましたが 暮れに知人が亡くなられたので 遠くなります。

 

岡垣の皆さんは みかんの花咲く丘 が お好きで 歌って下さっていました。

ただ私だけは 地区の高齢者体操の折に 時々コカリナを吹きます。 

モッコウバラは 弟んちです。4月27日に 70歳になります。 猫ちゃんが4匹いました。

 

コメント欄は閉じています。 お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




芦屋町 岡湊神社の ナンジャモンジャ が だいぶ咲きました。 4月12日の写真です。境内駐車場側の樹です。

 

では 鳥居から 出直します。

 

狛犬さんが 3組ありますが 私は鳥居から2番目の これが好きです。 おおらかだと思います。阿像です。

 

吽像です。堀内孝雄さん?のようですね。 

 

振り向いて・・・ なんじゃもんじゃは これからしばらく楽しめると思います。

因みに私は 雪が降り積もったように 少し散って 下に落ちているくらいが好きです。

 

還暦記念の献灯 一対ですが右の方が 花が咲いていました。 同級生の事も気になりました。

 

この樹が主役なんですが もう少しですね。

 

では お参りします。12日は、父の33年の祥月命日で お寺よりも この神社の思い出が多いので お参りしました。 

子供の頃【おぎおんさん】といって夏祭りに行ったし サーカスもありました。 おくんちには相撲も・・・懐かしいです、

 

 

社殿に近い狛犬さんは きりりとした表情です、

 

途中で友人からメールがあり ご家族の手術中だったので その方のためにもう一度お参りしました。

 

 

 

パワースポットなんですよ。 同級生とばったり  momoちゃん と声をかけられました。たった一人しかいないのに同級生だった。

 

こんな花です。 まだ蕾ですね。 皆さん なんじゃもんじゃ 見に来てくださいね、 

4月29日 午前11時からは 人形感謝祭があります。

 

コメント欄は閉じています。 お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月16日の事です。桜に合わせて投稿したので 時季が、ずれますが 私の行った順番なんて 別に問題ないですね。

この写真だけ スマホです。

 

わかるかな~ 雨女の雨降りなんですよ。 下関市の一の俣温泉 桜公園 です。

 

パソコンの会の仲間が 【蒼霧鯉池】 と紹介してくれて 幻想的な景色に いつもの友人が誘ってくれました。

 

でも現地のどこにも その名前が出てなかったし 読み方が分からないので ネットで検索しました。

 

【蒼霧鯉池】どなたが名付けられたんでしょうね~ 錦鯉 結構大きいんですよ。 

 

入場料も駐車料も要らないし ボランティアガイドさんがいらっしゃるので せめてと 鯉の餌100円と 地元の大根100円を買いました。

 

詰め所に貼ってあった新聞 地元の皆さんが 草刈りをされているとか・・・

 

気が付いたら新聞に書いてある宮川さんが隣にいらして たくさんお話を聴きました。主の鯉は1mもあるそうです。 

全体が大きいんです。100万円するのもある・・・・ 盗まれないか聞いたら 盗まれるそうです。

 

この中には主も写っています。 写っているはずです。

 

雨はまだ降っています。 友人がどこか寄りたい所ない?  と聞いてくれたから 【特牛港】をお願いした。

懐かしい思い出があります。一緒に行った人は亡くなりました。15年以上になります。

 

おーふねーがとおくー かーすんでる~~ 特牛港は こっといと読むんですよ。特が前だけど とっこいじゃありません。

 

この右のところが 丸くなって 入り江なんです。 一の俣温泉 桜公園と特牛港をご紹介しました。

 

いらっしゃいませ 今日はコメント欄を開けております。



コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




3月24日 ご紹介済みの大窪橋・霊台橋のある熊本県美里町、九州自動車道では 御船(みふね)インターで下ります。

御船町は 恐竜の町で あちこちに 恐竜のモニュメントがあります。

 

大窪橋と違って桜はありませんが。二俣福良渡目鑑橋(ふたまたふくらわたしめがね橋)です。

川は都留川  アーチの真ん中から左の方 色が違うのがお判りだと思います。

 

5年前の熊本地震で損壊  この姿を見たとき 私 泣きましたね~。

 

補修されたとき 橋の横から河床に降りる細い坂道 ここがコンクリートになり 私はもう降りることが出来ません。

 

なだらかな石ころ道だったころ 下まで降りていました。そうすると 二俣橋というのが分かるんですよ。

同じような石橋が二つあるのです。 2010年7月 の写真です。続いた2連の橋みたいでしょ?

左側が ご紹介した二俣福良渡目鑑橋 そして 右側が 小筵二俣目鑑橋(こむしろまがね橋)です。 

 

上から見たらですね~ 2016年 の写真です。 手前の橋が小筵二俣目鑑橋 奥の縦にみえるのが二俣福良渡目鑑橋です。

ややこしや ややこしや~ と思われるでしょうね。 スミマセン。

 

では 小筵二俣目鑑橋を ご紹介します。 川は釈迦院川 二つの川は上からの写真のように ほぼ直角に合流しています。

 

 

15年前 初めて二俣橋に出会った思い出です。実は大窪橋で帰りのバスが無かった・・・その続き 道路で流しのタクシーを待っていました。 来るはずない道です。

 

そこへ 非番になったバスの運転士さんが 通りかかり 拾ってくれました。その上 遠くからようこそ という事でマイカーで 案内してくださったのです

 

この二俣橋からは 年禰橋(としね橋)が見えます。。 水色は車の通るコンクリートの橋で その奥に見えているのが石橋の年禰橋 です。

 

年禰橋4連アーチ橋なんですよ。   このところ毎年 自分への誕生日プレゼントに美里町に行きます。

 

コメント欄は閉じています。 お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前の記事で桜をご紹介した大己貴神社 全景獲るには狭くて 階段の下から撮りました。

いつもは狛犬さんを大きくUPしますが 今回はこの写真の中だけです。

 

由緒書きです。

 

実物は もっと鮮やかでした。 拝殿の正面です。

 

拝殿の中 これも全景が撮れずに 2枚の写真をつなぎました。 扁額の両側に 狛犬さんと 右大臣・左大臣 

楼門を兼ねているような感じです。

 

側面も細工が 美しく 目をみはるばかりでした。

 

拝殿と神殿です。

 

何処を観ても極彩色が施してあって とにかく美しい・・

 

境内社の 八幡宮                須賀神社

  

 

天満宮                        大国様

  

 

【神体山の遥拝所】の矢印に従って歩くと この先から 右斜めに山が見えました。 

昨日の記事で最初に写っている山だと思います。

 
コメント欄は閉じています。お越しいただきありがとうございます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神社には書いてありませんが ネットでは日本最古の神社となっています。 

朝倉市 大己貴神社(おおなむち神社)やっと覚えました。駐車場前広場が公園でした。 桜が満開・・・

 

お天気最高 今回は友人2人 ドライバーは 昭和30年代生まれです。 左側の石碑は 幸神と刻んであります。

 

最近 官幣大社 とか 明治時代に国が定めた神社の格付け? を 宗像大社の宮司さんに教わったばかりですが 

縣社(県社)は県が決めたということでしょうね。興味がおありの方は その記事です。

 

 

さくらは もう散り始めた3月27日の事です。 樹の下には 花びらがいっぱいです。

 

友人が誘ってくれた時 もしや石橋が、と niemonさんの教科書で調べています。 私は 石橋ばかり目で追っていました。

 

 芭蕉の句碑もありました。 句碑には まず大きく 桃青 の文字が見えます。 桃の字はすぐ目につきます。

 

手水鉢も コロナで使用できません と書く代わりに こんな工夫がしてあると嬉しいですね。

 

はい 大己貴神社参道橋です。

 

渡ることはできません。 まんなか通ってもダメよね と 私はハイテンションです。

 

桜の中に 一際目立つ 深紅の椿です。 大きな樹でした。

 

そして極彩色の社殿が見えてきました、 続きは次回 ご紹介します。

 

コメント欄は閉じています。お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週一会社の日には・・・ 仕事を終えた後 30分くらい歩きます。 近くの北湊埠頭です。この日は 風神丸でした。

 

別の日 市民会館で 中村哲さんの写真展を観た後 若松南海岸通り を歩きました。  ごんぞう小屋 です。

 

若戸大橋が見え 映画撮影なども行われた通りです。 雨の日曜日です。

 

旧古河工業若松ビルではイベント  その向こう 上野海運ビルは 電灯が点いていました。

 

海上保安庁があり その船です。

 

洞海湾の対岸は 戸畑区 JR戸畑駅があります。

 

海上保安庁 若松港内交通管制室 海の施設ですが港を見渡すため 山の上にあります。

若松南海岸通り 散歩には気持ちいいコースです。

 

コメント欄は閉じています。お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




熊本県美里町 霊台橋(れいたいきょう)です。 私は大窪橋が好きですが 霊台橋の方が 有名ですね。

 

こんな橋です。石工だけでなく村人達(延べ4万人)も加わって約7ヶ月間という短期間で造り上げたと言われています。

霊台橋を観るたびに このことに感動します。

 

 

向こうに見えるのが駐車場ですが 工事中の車があったので 数台しか停められない対岸の駐車場に来ました。

 

緑川水系 というだけあって 川は緑色です。 一番印象的な思い出は まだブログをしていなかったころ ツアーの貸し切りバスで通りかかり 停めてください と言ったことです。 

もちろん断られ でも徐行してくれました。 今でも友人が笑います。

 

橋部です。 5年前の熊本地震で ここも高欄が壊れ 修復してあります。

 

渡る前に 下流側から撮ります。桜が満開でした。 

 

上流側には ダムがあります。

 

橋は渡るものですからね。 渡りながら 古民家カフェが見えます、

 

ここで以前 食事したことも思い出のひとつです。眺めが一番のご馳走です。

 

駐車場から見た所です。

 

ここもまた 来年も来たいです。 大窪橋からは 大通り一本道です。

 

コメント欄は閉じています。お越しいただきありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ