モモちゃんへ
日々の出来事を亡きモモに教えます。
 



ウオーキングコースのひとつ 遠賀川河口堰です。 ベランダから見えるんですよ。

福智山ダムで初めてダムカードを頂いた時 芦屋町からと言ったら 河口堰にもあると教えて下さったのです。(ダムとは 違うかも・・・郷土びいきで悪しからず)

 

国土交通省 遠賀川河川事務所  河口堰管理支所 です。 事務所は、右岸水巻町にあります。

 

いつもは 左岸 芦屋町から見ますが これを右岸から見ると 対岸の景色が芦屋町です。下流側

 

長さは 517m です。 芦屋側河川敷駐車場に 車を置いて 517m 橋を渡った所に 事務所があります。

 

芦屋側の河川敷です。

 

雨上がりで満水放流中です。

 

ズームしますね。 満水です。手前グレーの部分 水面です。

 

 

 

 

どういう位置に 標識があるかといえば こんなところです。

 

最後に ベランダから見た 河口堰です。対岸の景色が水巻町 手前の屋根の群れは芦屋町です。

いらっしゃいませ 今日はコメント欄を開けています。



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




古民家風和カフェ安久里で 4人姉妹でランチをした後です、運転手はワタシ~ です。 帰り道 高倉神社があるから寄りました。

毘沙門天像です。 芦屋釜を鋳造した 鋳物師が造ったものです。

 

揃って お参りをします。 赤い欄干の参道橋は 石橋です。楼門には茅の輪が設えてありましたので 4人で 左回り 右回り 左回りで 茅の輪をくぐって お参りしました、

 

社殿です。

 

古い巨木があります。

 

樹齢1600年の 綾杉 だそうです。

 

根元は 空洞です。中には 祠があります。

 

毘沙門天像の横 社殿よりは下の段 この写真を 10枚くらい撮っています。 ここでお会いした野鳥のカメラマンの方が アオバズクが いると 手で示されるのですが目につきません。以前から見たかったけど・・・

私のカメラで撮って下さいとは言えんし・・・その方のカメラは大きくてレンズも長い 腕もいい・・撮ったばかりの画像を 見せて下さるけど 私達には見つけられません。

 

この日のアオバズクの姿を 勝手にコピーするわけにはいかないので よかったら ホームページでご覧くださいね。 名刺代わりにと 頂いたから これはご紹介しますね。

MunaOsa さん の ホームページは ここです。   サンコウチョウ(三光鳥)という鳥だそうです。 

 

コメント欄は閉じています。 お越し頂きありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




平均80歳の4人姉妹 こんな事めったにないのですが孫が結婚した次姉の声掛けで ランチ 隣町、岡垣町の安久里(あぐり)さんです。 初めてです。

 

駐車場からすぐだけれど 景色を見ながら進みますと玄関 和風ですね

 

気になって写真を撮りました。 絵ではないんですよ。 ハーブティーハウス グリーンフェンネル ドールハウスです。

 

私たちのテーブルの横は このスペース この小さなドールハウスです。すごく細工が細かい・・・

 

そして御膳です。 田舎料理というか 身体に、よさそうです。普通のおかずですね。

 

湯豆腐です。ご飯は多く 珍しく完食できませんでした。

 

デザートは珈琲と 杏仁豆腐  

 

甘味は色々あったけど 姉たちは 抹茶わらび餅  妹はあまおうかき氷 私は珍しく「要らん」でした。

それなのに実際には かき氷ももらったし わらび餅は半分は私が 頂きました。

 

以前は 月一で カードをしていたけど 最近は4人揃う機会もなかったので みんな嬉しそうでした。

 

コメント欄は閉じています。 お越し頂きありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




なんじゃもんじゃは青葉ですが 夏の岡湊神社 祇園大祭 7月13日、14日 でした。

 

山笠は 東西2基が 境内を出て町中をまわります。

 

山笠だけの一番古い思い出は 近所の有力者(多分)が 家の前で弟を抱っこして山笠の上に乗せたこと。弟とは5歳違いだから 弟が1歳なら私は 6歳かな? 

 

13日の夕方は 茅の輪潜りの神事がありましたが 私は他の用事があっていけませんでした。

 

14日 雨だったけど【独り茅の輪くぐり】左回り、右回り、左回り 茅を1本頂いて参拝

頂いた茅で輪を作ったけど 不細工ですね~ 神社で頂いたほうには 無病息災・延命長寿のお札がついています。

 

14日は雨で 昼間の山笠は中止 夜の電飾は 太鼓の音が聞こえていますが 足もとが危ないから行きません。 

去年姪に誘われていった 電飾山笠です。

 

 

12日 浜木綿群生地夏井ケ浜に行ってみました。

 

いつの間にか咲いていましたね~ でも、はまゆうは年々少なくなって 鬼百合は増えています。

 

ハマゴウと ハマボウも 咲いていました。

 

 

そして・・・夏といえば・・・花火大会です。7月27日です。

私の好きな行事といえば 精霊流しです。 8月15日です。

 

コメント欄は閉じています。お越し頂きありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日 間違って下書き記事の投稿ボタンを押していて気づかず、大変失礼いたしました。 早速 いいね を して下さった方  ありがとうございます。 NHKみんなの歌の紹介でした。機会があればまた投稿しますね。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

 

美味しそうなケーキ・・・切り分けるのが楽そう・・・(笑)

 

中央の写真は 北九州市で婚姻届を出すと 日付入りの写真スポットが用意されているそうです。名刺サイズ、ゴム粘土で台を作り 1人1人の席においてありました。

 

会場からガラス越しに見たお庭 スモークツリーです。テーブルにも飾ってありました。

 

お庭は季節の花々が 広い敷地のあちこちにいっぱいに植えてあります。

 

お店の名前が 【ぶどうの樹】ですから 天井は、ぶどうの樹です。

 

手作りのウエルカムボード ウフフ 似ています。バルーンは恐竜です。

 

じゃんけんゲームなど楽しい時間を過ごし 手作りのささやかな 報告会がおわりました。 

 

若い二人は どこでもドアから 行ったのかもしれません。身内の結婚報告食事会でした。

 

コメント欄は閉じています。 お越し頂きありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




西川に白鳥が来とるよ 姉からの連絡で行ってみました。 6月27日のことです。歩いて5分 すぐ行きました。 10分くらい見ていると 餌を貰えたようです。

 

 

ヒナはすっかり大きくなっていましたが 毛の色は、まだ灰色で ”みにくいアヒルの子”状態です。親鳥が ガーガー騒ぐから気になりました。

 

トビです。思わず 危ないー!と声をかけてしまいました。白鳥が貰った餌を 横取りしようとしています。

 

横取りして飛んで行ったのですが 又来ました。 バシャバシャバシャバシャと しながら抗議しているように見えます。 いつも 子白鳥は両側を守られて真ん中にいます。

 

コブハクチョウが主役だから 割愛しましたが トビの為に 岸近くに餌をやって 白鳥は安心して 帰っていきます。

 

青い橋は 工事中の祇園橋 白鳥親子は くぐってきています。 これから又 橋の下を下流のネグラ❔ に向かいます。

 

団地の花壇に 去年植えたネジバナ が咲いていました。 ありがとうね~

 

7月1日です。上の青い橋をくぐって左側海に向かって進み 小さな支流、江川の船溜まり 遠賀川河口堰が見えています。

 

ここが 産卵して 孵化して 4個のうち 卵 雛を からす?に襲われて 残った1羽の子育てをしている場所です。

 

親鳥と同じように 毛づくろいを しています。

 

いらっしゃいませ 今日はコメント欄を開けています。



コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )




7月3日友人の7回忌法要でした。 八幡東区明専寺さんです。故人から見ると 叔母(母親の妹)、東京在住の従弟、 友人の私 3人です。

 

若いご住職ですが お経が終わった後の ご法話が胸にしみました。 最近 お葬式で内緒にして下さいとのお申し出が よくあるそうです。 迷惑をかけるからという理由で。

でも亡くなった方は会いたいと思っておられます。 離れていても親しい方々に 働きかけています。というようなお話でした。

 

御接待で 今回 明専寺の名前入りのお煎餅がありました。なんか嬉しかったです。

 

故人の母親の一周忌を去年したのですが その時と同じお店で食事 私は車の後をついて 小倉まで行きました。 梅の花小倉店 友達とのランチと違って、お料理の写真は撮っていません。 お品書きです。

 

青もみじがきれいでした。

 

何故 彼女が亡くなったのか 私はいまだに・・・分かりません。

6年前の記事  ここです

 

芦屋町では毎年8月15日、精霊流しの行事があります。毎年 両親の舟とは別に 友人母娘の精霊舟を 流します。 今年もお盆が近づきました。

 

 

コメント欄は閉じています。 お越し頂きありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【茶の湯の冒険】 森下典子 著  文春文庫

まず表紙が美しい・・・このお茶碗うちにある、とつい勘違いしてしまう色模様 見返し(?)にもカラー 

 

あらすじ と 著者紹介 【日日是好日】という映画になり 樹木希林さんのお声を思い出しました。

 

お茶室の様子や 映画撮影の様子など 映画を作るって大変 四季の移ろいを表すのに 花や雪を造ったり・・

若い時 結構長い間 お茶を習いましたが 先生から momomamaさんは紙でできてますか? と笑われてました。 雨が降ったら行きたくなかったのです。

 

 

次にご紹介するのは・・・・ 久々の 麟さんです。

【不疑】 葉室 麟 著 角川文庫

まず私は 不義 なら知っているけど 不疑 疑わないことか?と思って 検索

『用人不疑、疑人不用』人を使うならば疑わず、疑わしき人ならば使わず、と言う意味でした。

 

{不疑}時代背景を何も知らなくても 文章だけで勝手に想像する また楽しいのです。

 

それぞれの短編 長い話の一部分を切り取ってそこに物語をはめ込んだような・・・ 久々の麟さんに 惚れなおし・・

主役は・・・鬼火 沖田総司、   鬼の影 赤穂浪士 討ち入り前夜のこと、 ダミアン長政 黒田長政、  魔王の星 織田信長と蒲生氏郷、 女人入眼 北条政子です。

全部が 史実だと思うほど これは本当に面白かった。葉室麟をまた読みたくなりました。

 

今日は七夕ですね。 乞巧奠・・・・きっこうでん(きこうでん) 中国で始まった七夕のことだそうです。ほろ酔いで上着をはだけたりしているそうです。宮中で七夕まつりしていたそうです。(若松人形館)

日本では・・・ インターネットで調べたら源氏物語ですでに出てきていました。

 

 

コメント欄は閉じています。 お越し頂きありがとうございます。

 

鍵を閉め忘れて お三方にコメントを頂きましたが 返信後閉めたいと思います。失礼いたしました



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




6月15日の九重 ホント久しぶりの っていうか 骨折後初めての遠出でした。

 

ひねもす丘に5時間滞在  あちこち行かなかった分 しっかり残っています。

 

上の写真もですが よくみると小さなお花がいっぱい咲いています。

 

帰り道 すぐ近くの M先生のご自宅に お邪魔しました。 温泉 いいなぁ~ 毎日3回は入るんだそうです。

 

この家の造りが 可愛いんですよね~ かくれんぼしたら見つかりませんよ。下から見たら 吹き抜けの2階に 鳩時計のような小窓が二つ そこから下を見ています。

 

お布団もいっぱいありました。 泊まったなら 満天の星空が見られますね。

 

名残惜しいけど 帰る時間です。 大分道をひたすら・・ そこでアクシデント 鳥栖付近で1時間以上 立ち往生です。落下物があったようです。

ひねもす丘にあった 星空の写真です。

 

コメント欄は閉じています。 お越し頂きありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




雨が続いて、ベランダの鉢植えは うれしそう。 礼文島の花 レブンソウです。

 

レブンソウは、今年初めて1輪だけ咲きました。 左 6月18日 右 21日 紫がだんだん薄くなって 萎れました。

 

 

友人から種を貰った オキナグサ です。 友人の名誉のため 盗掘ではありません。 その友人も お友達から 貰って その方は 買われたものです。それが増えて行ったそうです。

これが オキオキナグサの発芽かどうか まだわかりません。

 

後姿の百合子さん 下の角鉢は 礼文島の花 エゾカンゾウですが 風前の灯です。

 

今年は縞ツルボ 咲きませんでした。

 

今年3回目の薔薇 ピンクが うらら 白が バニラアイス(私が勝手に名付けました。)

 

手前のピンクが うらら 奥が アンジェラちゃんです。

 

そして最後に 下の花壇です。 私はもう こうなったら 虫がいそうで手を出しません。団地の方が引き継いでいます。

 

コメント欄は閉じています。 お越し頂きありがとうございます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ