モモちゃんへ Ⅱ

日々の出来事をつづります。

ややこしくてスミマセン。お詫びと予告編

2020年01月22日 | 日記

今年初めより こちらで モモちゃんへⅡ として 更新していましたが 訪問者が 

元のページの 10分の1にもならず やはり寂しいものです。

そして相変わらず 更新のない 元のブログに大勢の方がお越しくださいます。 

それで 何とか努力して 古巣に戻ろうと思いました。ややこしくて申し訳ありません。

 

 

明日の記事の予告編です。。

ここはJR 大牟田(オオムタ)駅です。福岡県です。 最寄りの駅から 区間快速で2時間20分かかりました。

 

それから乗り換えて熊本方面へ二駅 南荒尾駅 荒尾干潟駅という愛称があります。

ここには ブログ友 どんこさん の野鳥の写真が たくさん見られます。

お手洗いの壁にも・・

 

つづきは明日 去年までお世話になった 🍑モモちゃんへ で お目にかかれたら嬉しいです。

コメント欄は閉じています お越しいただきありがとうございます。

コメント

山中橋

2020年01月22日 | 石橋探訪

前回ご紹介した黒岩橋から 少し熊本方面に進みます。 

まだ福岡県八女市立花町です。左側に こんな神社が見えてきます。

 

ボケてますけど こんな神社です。

 

 

ところがですよ・・・  通り過ぎそうなこの神社で とまったんです。

 

石橋があります。 令和元年12月20日

 

これは13年くらい前の写真です。

 

 

 niemonさんのホームページです。  福岡県 左から八女市立花町(地図では県南)を選び 山中橋 を選んでいただくと このページが出ます。

私の新発見 って書いてくださってます。自慢して失礼いたしました。でも自慢なんです。

 

№2,249
山中橋(仮称)
2006.12.10

立花町上辺春 山中

辺春川
橋長:7.0m
橋幅:2.45m(オリジナル部)
径間:3.8m
拱矢:1.8m
環厚:37cm 輪石:42cm




momomamaさんのブログに掲載してあったこの神社は、以前気になるので車を止めて確認したことがありました。その奥に架かっています。
momomamaさんの新発見です

 

草が無くて下まで降りたときの写真です。 今回は草ぼうぼうで足元が定まらず 私では無理でした。

 

コメント欄は閉じています お越しいただきありがとうございます。

コメント

黒岩橋

2020年01月19日 | 石橋探訪

八女市立花町 黒岩橋です。 蛍の里で水がきれいなのが分かると思います。

 

太鼓橋になっています。 訪れたのは去年12月20日です。

 

この左側の坂道を トントンと下りてきます。左側並行して用水路があり、

初めてきたころ 家庭用で使っていらっしゃいました。

 

その坂道を下りて 石の上で撮ってるから 真ん中あたりかな?

 

 

親柱です。 明治二十五稔九月 と刻まれています。

 

勾欄(欄干)は 肥後の石工 橋本勘五郎の技を見ることができる・・・(案内板より)

 

長さ10.3m 幅1.8m  黒岩橋をご紹介しました。

 

母心かなぁ ちょっと花を添えてあげたいわけです。 橋の袂には梅の木があるのですが 時季じゃなかったから

せめて山茶花を無理やり入れました。

 

壁画もちょっと見づらくなっています。

 

黒岩橋の近くの道の駅で 菊芋を見つけ 買いました。200円 

初めてみたから珍しくて買ったんですが不思議なもので 同じ日に家庭菜園の友人からも頂きました。

コメント (16)

三つの条件がそろったなら・・・

2020年01月15日 | 石橋探訪

一つ 午前0時になったなら・・・・・

一つ メーテルがやってきたら・・・・・

一つ 空に  999 の字が並んだら・・・・ 空に向かって動き出しますよ。  案内人 八尋さんのお言葉です。

 

私は 運転席に乗っています。 ここは直方市石炭記念館です。 C と D の 機関車があります。

 

隣の助手席 この穴には 十能で石炭を入れています。はついていませんが・・・

友人と4人で 帰ってきた寅さんを 観に行ったのですが 終わった後 もう少し余韻をと・・映画館が中間市ですから直方市まで近いです。

 

昭和27年 若松工場で造られた 第1号機1八尋さんは それを運転?されたそうですよ。

 

このつなぎの部分 もとは鎖だったそうです。 鉄道少年の中には 足回りだとか 色々部分的に詳しい少年がいて ガイドさんより詳しいそうです。

 

こちらは D 貨車の機関車 

 

私たちはガイドさんとすっかり仲良しで 行くたびに楽しい時間を過ごします、 少し下がって撮ってます。。灯籠があります、

 

多賀神社です。

 

高台にあります。

 

コメント欄は閉じています お越しいただきありがとうございます。

コメント

二見ケ浦

2020年01月11日 | 神社

お伊勢さんの二見ケ浦は有名ですが こちらも志摩町 櫻井神社から浦姫様にまわった帰り道 二見ヶ浦公園がありました。

 

真っ白の鳥居が美しいです。下の道路に下りますね。

 

 

う~ん 鳥居は無くてもいいかな?

 

鳥居の下に 岩があるんが見えるでしょうか。。鳥居をくぐってみます。 滑って転んだら 友達が助けてくれるでしょう。

 

すっきりしていいですね。 

 

罰が当たる と思われるかもしれませんので 鳥居越しも。。

 

糸島は櫻井神社 浦姫様 二見ヶ浦 とUPしましたが 実は全部 行ってから決めたものです。

本当の目的は 牡蛎小屋だったんです。3人で2キロ 🍙飲み物果物 持ち込みOKです。1キロ1000円ですから 独り660円です。

 

最後にラインで送るためにスマホで撮ったものです。

 

コメント欄は閉じています・ お越しいただきありがとうございます。

コメント

三社参りの三社目で安全祈願祭

2020年01月07日 | 神社

芦屋町の波かけ大橋です。 橋の向こうは響灘(ひびきなだ) 橋からこっちは1級河川、遠賀川(おんががわ)

右橋に 海の中、鳥居が見えています 狩尾神社(かりお神社)です。

 

二の鳥居から階段があります。 でも普通 別の入り口から入ります。

芦屋町は大きく分けて【芦屋】と【山鹿】に分けられます。 芦屋の神社は岡湊神社 山鹿は 狩尾神社です。

 

三社参りの一社目 狩尾神社です。 ここから階段です。

 

通勤途中ですからね・・・ 次は、北九州市若松区に入りました。 戸明神社(とあけ神社)です。

 

二の鳥居、三の鳥居 の奥に神殿が見えてきました。

 

momomama73歳 現役会社員です。1月4日は仕事始め 二つの神社にお参りして 会社に行きました。

建設会社ですから 毎年 神社で安全祈願祭をします。

三社参り三つ目 白山神社は拝殿の中に入っています。 由緒ある神社です。祝詞をあげて頂きます。

 

祈願祭が終わると そのまま新年会 少し芦屋側に戻った  千畳敷さん 中門です。

 

石畳を下りていきます。

 

離れのお部屋

 

ご馳走でしたよ お刺身 イセエビがあるんだけど 見えない・・・それからドライアイスで煙を出す演出があったけど写ってない。

今年1年 現場で事故がなく 社員 家族 みんなが元気でいますように・・・

コメント (20)

浦姫宮・・・櫻井神社創建の基となった浦姫さま

2020年01月05日 | 神社

糸島市志摩・・・浦姫宮をご紹介します。 でも途中で道を聞いたら 浦姫さま と 尊敬の念を込めて?言われました。

 

どうしてこんな小さなお社を訪ねることになったかと言えば 先に行った櫻井神社の境内の隅にあった案内板が気になったのです。

慶長15年(1610年)糸島一帯が暴風雨に見舞われた時、櫻井の小高い丘に落雷とともに大きな岩屋(洞窟)が現れました。

その岩屋は見物客で賑わうようになったわけですが、 その後、近所に住む浦新左衛門毎治の妻に神がかりが起こり、夢の中で岩屋に連れてゆかれたそうです。

岩屋の奥で神様のお姿にふれ、平伏していると、小石が顔に当り、夢から覚めたそうです・・・ その後、神様のお告げのもとに、5年間の五穀断ちの苦行を果たすと、不思議な力(千里眼)を授かったそうです。

そうして、浦の婦人に聞けば、わからないことはないと評判になり、浦姫様と呼ばれるようになったようです。

さて、その噂が時のお殿様である黒田藩二代藩主黒田忠之公の聞き及ぶところとなりました。 お殿様は、黒田のお家騒動の時にも相談したと云われており、家臣の言葉よりも浦姫様のいうことを聞いたとも云われています。 (案内板より)

魚の形をした手水鉢、本当に小さな神社ですが手水鉢が3個ありました。

 

 

絵馬があったから 謂れの絵馬かと持ったら 忠臣蔵のようでした、 手前は姉川合戦

 

隣にはこれまた小さなお堂があります。

 

その隣には お稲荷さん お稲荷さんから 左は 民家の廊下でした。 

お堂はどれもきれいに清掃管理されていたから そのお宅が管理されているのだろうと 標札を観たらやっぱりそうでした。

ですから写真はご遠慮しました。

 

私達は真ん前の駐車場に停めたのですが 移動する為下の道路に出たら そこが浦姫さまの入口でした。

 

コメント欄は閉じています。 お越しいただきありがとうございます。

コメント

令和2年の”橋初め”は 春吉眼鏡橋

2020年01月03日 | 石橋探訪

今年もたくさんの石橋に会えるようにとの願いを込めて 元日 小倉南区の春吉(はるよし)眼鏡橋を訪ねました。

釣り人がこちら側の欄干から上流を眺めていたから こんにちは 橋の写真撮ってもいいですか? と声を掛けました。

 

その方が見えないように少し降りて屈んで撮りました。 春吉眼鏡橋は北九州市唯一の 石造り2連アーチ橋です。

なかなか いい顔してるでしょう? 場所は北九州市小倉南区春吉

 

川石を貼ってあるんです。ここは紫川 下流には 小倉北区のNHK北九州や 小倉城等かあります。

 

河床まで下りました。 長靴があったら真ん中に行けますが momomama73歳 これが限界 めまいがします。

大正8年 架設  長さ 20.5m  幅 3.6m  川は紫川です。 

 

上流は 菅生の滝 貫山(ぬきさん) などの方角です。

 

下流は 小倉北区に行きます。 モノレールの終点があり 遡ったら小倉駅です。

 

今度いつ来れるかな? 駐車場から・・ 家からだと遠いけど 友人のいる施設からだと 8km 独りで来ています。

春吉眼鏡橋をご紹介しました。

 

コメント欄は閉じています。お越しいただきありがとうございます。

コメント

櫻井神社

2020年01月01日 | 神社

めでたさも チューくらいなり おらが春  きっと20%くらいの方が 書かれているでしょうね。

あけましておめでとうございます。 本年も変わらぬお付き合い どうか、よろしくお願い致します。

 

写真は桜井神社です。糸島市志摩 にあります。  石の門の向こうに鳥居が見えます。

 

鳥居の向こうに石橋が見えます。

 

神橋 です。

神橋の写真は【私の宝物】にたくさんUPしています。 ご覧いただけたら嬉しいです。ここです

 

 

神橋の向こうは 古くりっぱな楼門があります

 

それから 拝殿です。 ここで儀式を観たことがあります。

 

拝殿の後ろが本殿 本殿の下を歩いている人がいますが パワースポットがあります。

 

岩戸宮 です。毎年7月2日に 岩戸開きがあります。 2016年にはその日に行ったんですよ。。

 

ここからは桜井神宮です。少し登っていきます。 途中にあるいくつかの鳥居は 伊勢神宮から来たものです。

 

20年ごとの式年遷宮で建て替えられる際に 取り壊した鳥居が贈られます。

ん? 令和御大典奉祝記念大神宮古殿表示之門 2019年に建てられたんですね。 伊勢神宮の方を向いているのでしょうか

 

神宮に着きました。伊勢神宮と同じように造ってあるそうです。

 

そういえば 伊勢志摩 っていいますね。 ここも町の名前は志摩です。二見が浦だってありますよ。

 

3棟並んでいて 一番奥です。 ここが本殿。

 

2020年が 皆様にとって 最良の年でありますように・・・

コメント (14)

頂き物の野菜で・・・

2019年12月30日 | 石橋探訪

投稿テストです。

家事は得意ではありませんが 家庭菜園の友人か手をかけて育てたお野菜を頂くので クックパッドを観たり テレビ番組を観たりして作ります。

 

カブを頂きました。

薄く輪切りにして 塩をしてしばらく置きました。

 

味付けは・・・・・はい 千枚漬けの素 です。 唐辛子と昆布をいれました。。

 

ちょっと シャレとうでしょ?  干し柿を挟んで 花びら餅のようにしました。

 

カリフラワーは ゆでて 酢漬けしました。 色が悪いのは お酢が 黒酢のためです。 

ちょっと酸っぱくて あとで補正???しました。

 

キクイモはサラダでも美味しかったけど 味噌汁 きんぴらにもしました。

小松菜は煮すぎてクタクタになりました。

  

 

ほうれん草はお浸しのほかに ホイル焼きにしました。 大根葉

  

 

大根はたくさんいただいたので 大根葉で ふりかけを作りました。 クックパッドです。 ゴマ油でいためて味付け 火をとめた後 鰹節とすりごまをかける。

沢山出来たのでそれを スパゲティーにいれました。

 

大根は柚子大根に 柚子もいただき物 です。

 

まだ大根があったから ゆで干し大根を作りました。 乾燥したら減りますね~

 

コメント欄は閉じています。 お越しいただき有難うございます。

 

コメント