錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

11月だというのに・・・・

2018年11月19日 | 釣り(採り)

皆さんは既にご承知かと思いますが、この Cherry は先々週から先週にかけて沖縄は石垣島でマイマイ(かたつむり)やゴキブリ採集、そしてオオウナギ釣りと毎晩のように漆黒の山で徘徊を繰り返していたのですが、今年に入って2度目となるヌカカの洗礼を受けることになりました。
ヌカカって、あまり聞きなれない虫かもしれませんが、こいつは身の回りに普通に生息していて刺されたとしても一見した症状がブヨに似ているために混同されているケースが殆どだと思います。
と、言うか・・・
見立てる側がヌカカという虫の存在を知らない場合が多いから。
しかーし、このブヨとヌカカの違いはハンパなく痒い。
それはブヨの症状とは比べものにならないほど、ずーーーっと続く。
おまけに蚊のようにプ~ンという羽音はせず、その小ささから服の中に潜り込んでまでも刺す。
そして、もっと厄介なのは刺されたと気付くのが早くて数時間後、遅ければ1日ほどが経過した頃なので気付いた時は変な病気でももらってきたの?って感じの赤い斑点が全身に・・・ (笑
要するに、気付いた時にはヌカカに刺され放題になってしまうんです。
でもって、この事を良く知っている Cherry でさえ刺されるのですから、そんな知識もなく夜にオオウナギを釣ろうなんて考えたら、このヌカカにボコボコにされちゃうことは間違いない。
でも、そのヌカカって春から夏にかけて発生する虫でしょ?
だったら10月や11月なんて関係ないもんねぇ~、なーんて思ったアナタ!
それは大きな間違いです、島人(しまんちゅう)は寒いと言っても、北方から訪れる我々やヌカカにとっては暖かいんです。
と、言うことで・・・・
これから暫くはステロイド軟膏のお世話になりそうです。
あっ、それはそうと・・・・
ヌカカには薬局で売られている‘虫刺されの薬’なんて殆ど効きませんよ。
あくまでもCherryの感想だけど・・・

次、行くまで待ってろ!

2018年11月17日 | 釣り(採り)
今回の石垣渡航では1m48cmと言う大きなオオウナギが釣れました。
で、それを福岡の自宅まで連れて帰ろうと石垣のアジトで飼っていたのですが12日の夜から『おうし座北流星群』の流れ星を撮影しようと島の最北にあたる平久保崎まで走った序に、以前、オオウナギ(識別番号1610-K)を釣った川を覗いてみました。
しかーし、直ぐにライトで照らすのはNG。
暗い中で耳を澄ますとジュボッと捕食する音が聞こえてくるのを待ち、その音がする方へと向けてハンドライトで照らすと・・・


いた!
体長が15cmもあるような大きなコンジンテナガエビを捕食しようと体長1mほどのオオウナギが浅瀬へと追い込んでいた。
もう、こうなるとオオウナギは殺気立ってライトで照らしてたとしてもお構いなし・・・


えっ!?
追い込まれたコンジンテナガエビが分からない?
ん・・・
ならばって事で、そのコンジンテナガエビを黄色い枠で囲んでみました。
いやぁ・・・
今回、こいつも釣ってやろうかとも考えたのですがアジトにいるオオウナギの事を考えると、これ以上は無理と判断し釣るのを止めた。
しかーし、次は容赦しないよ。
だから、それまで待ってろ!
このCherry様が見事に釣り上げてやるからな。

ランデングできるの?

2018年11月08日 | 釣り(採り)

いやぁ・・・・
今回のオオウナギ釣りでは玉網の柄にGoProモドキを取り付けてランデングシーンを撮影しようと考えていた。
が!
ラインの先に付いたオオウナギが手元に寄ると同時に、そんな余裕なんて全く無いことに気付かされた。
それは・・・・
とにかくデカい。
いや、デカくて長い。
で、こんなオオウナギを釣ってみたかったんだけど実際に目の前にすると手持ちの玉網でランデングできるの?って焦りだす始末。
とは言え今回は、そんな事もあろうかとフトコロの深いネットに替えていた。
しかーし、ウナギの類ってランデングした後でも這い出そうとする生き物ですから手中に収めるまではハラハラ、ドキドキですよ。
おまけに、その後に計測しようとしても大暴れしちゃうのでアジトで麻酔をかけて鈎を外した後にスケールを当ててみると・・・・
こいつの体長は、なんと1m48cm。


そして、その後を追うようにヒットした、こちらのオオウナギは1m23.5cm。
こいつも十分に大きいサイズなんだけど、先の1m48cmが大き過ぎて小振りに見えてしまう。
で・・・・
今のところは出血もなく呼吸も安定しているのですが、麻酔が解けたばかりなので気が抜けない状況です。
しっかし、今回のオオウナギは余りにもデカ過ぎた・・・・

マジで焦った・・・

2018年11月08日 | 釣り(採り)
今日は月明かりがなく気温は24.4℃。
まだから・・・・
こんな11月という季節の中であってもウナギを釣るには何ら支障はない。
ただ、やはり気が乗らない・・・・ 👈しつこい
でも、気を入れ替えてPointへと仕掛けを入れてアタリを待つ・・・・


すると川が流れる谷筋を大きなサキシママドホタルがス~ッと飛んで行く・・・・
ハッキリ言います。
やいま(八重山)の川で夜に釣りをするなんて、気の弱い人だと気絶するくらい怖い闇なんですよ。
で、話を戻して・・・
静かな闇の中10分が経過。
そして、Coffeeをドリップしながら20分が経過。
飲み終えて30分が経過しても何の変化もないと、ここで餌を変えようか?とか、或いはPointを変えてみようか?なんて事が頭を過る。
けど、そんな時は空の星で眺めて気を落ち着かせる。
すると・・・・


LEDのセンサーが突然反応し光りだす。
そう。アタリです。
竿先はグイッグイッとしなり、竿ごと持っていかれそうな勢いです。
さぁ、ここからはオオウナギと一対一の戦いです。
しかーし、ここでもたついて障害物にでも潜られたら即アウト!
だから、こちらも10000㏐の高輝度LEDヘッドライトを点灯し竿を上手くさばきながら半ば強引に寄せる・・・
すると先の深いところでウナギが暴れているのが見える。
で・・・・


釣ったどーーーーーーっ!!!
なーんて感じの冗談を交えたブログストーリーを考えていたのだが、そんな余裕は一瞬にて吹き飛んだ!

って言うか、焦りへと変わった。

何故ならば・・・・


・・・・つづく

こんな夜中にご出勤

2018年11月08日 | 釣り(採り)
飯も食ったことだし、こんな夜中に・・・
いや、日付が変わったので朝っぱらからのご出勤です。
ただ出勤なんて言っても『オオウナギ釣り』ですけどね。
しかーし、今宵は気乗りがしない・・・・


だから、いつもであれば特番TVの『川口探検隊シリーズ』みたいに、こんな👆テロップ入りの画像をノリノリでUPできるんだろうけど・・・
今宵は、これだな👇


『水曜どうでしょう』のパクリで『今夜どうでしょう』ってね。
まぁ、釣れるか否かは時の運。
仕掛けを入れてみて結果が思わしくなかったら早めに引き上げて夜明けのCoffeeでもシバキましょ!
って事で、今から釣りに行ってきまーーーーす。

阻めど我は押し通る‼

2018年11月07日 | 釣り(採り)
けーらんねーら、くよーまなーら。
(※ 皆さん、こんにちは)
今日の石垣島は晴れ時々曇りの天気で日中の最高気温は28.1℃と正に夏の様相。
と、言うことで・・・・
出かける前に送った荷物の整理も済んだことだし、ここらで行っときしょうか?とオオウナギ釣りの下見へ出かけました。
が!


生い茂った草木に阻まれて入れない・・・・
とは言え、ここは亜熱帯の気候なんで1年も経てばこんなものですよ。


しかーし、こんな事は出かける前から想定をしてたので、アジトの近くにある量販店で鎌を買っていた。
ちなみにメイクマン石垣店で税抜き980円。
そして、この鎌で草木を刈り払ってCherryは押し通るのだが、Cherry的には何となく気乗りがしない・・・


ただ、これには確かな理由はないんだけど風や湿度に昼と夜の微妙な温度差・・・
良く言えば動物的な勘ってやつかな?
ん・・・・
夜になると感じ方も変わるかもしんないけど、アクセスルートだけは確保しておかねばと今日のCherryは頑張ってきましたよ。

イカ釣りの季節だお!

2018年11月03日 | 釣り(採り)

狙いは港の中のチヌ
そして、この時期のチヌは食いしぶりがあるものの、まだまだ釣れる。
と、言うことで少し大きめのミナミテナガエビを餌に岸壁から少し離れたPointへ仕掛けを入れる。


ん!?
浮子が静かに沈む。
・・・・?
これってチヌ独特のアタリじゃない。
って事は・・・・
あっ!
この引きって・・・・ あいつだよ!
ならばと・・・・
そーっと竿を起こすと、その穂先は弧を描いて重さが伝わってくる。


そう、コウイカが餌であるミナミテナガエビを抱いているんです。
お前さぁ・・・・
今が夜なら分かるけど、昼間っから乗ってくるかぁ?
いや、それよりも鈎はチヌ用の一本鈎。
だから、このコウイカは上げられるわけねぇじゃん。
参ったなぁ・・・
よし、ならば次はエギングで遊んでやるから、そこで待ってろ!ってね。

話の続き・・・

2018年10月28日 | 釣り(採り)

今日の話は一昨日の続きです。
お昼前から雨が降り、やる気っていうか気力を無くしていたCherryは、これまで適当に整理をしていた釣り具の箱を整理することにしました。
すると、整理が進むにつれて様々なモノが・・・・
その一つが、この鈎。👆


いやぁ・・・
今から10年近く前は“よつあみ”のアシストラインを使っていたんでねぇ。
で、今になって見るとダイニーマ・ノット二Ⅱの120号は太い。
って言うか、この3mmは太すぎる。


では、今のアシストラインの太さは?と測ってみると1.5mm・・・・
昔の半分じゃん!


そして、これまでの経験からしてラインブレークするのはチモト部分の結び目ではなく赤で囲った部分。
いやぁ・・・
奴等の顎には粗目の木工ヤスリみたいな歯が並んでいるので、その傷が原因でラインブレークしちゃうんですよね。
だから、傷に弱いPEラインを道糸に使うなんて愚の骨頂。
って事で・・・・
今は“よつあみ”の磯ハンターラインを使っているのだが、これが目ん玉が飛び出すほど高価な代物。
そんな高価なラインを湯水のごとく使うってか?
ならば・・・・
ラインブレークし易いところまでアシストラインを伸ばせばイイじゃん!


って事で、アシストラインを 1ftで組んでみた。
もちろん、これを作るには引き出しニードルも工夫しないといけないのだが・・・
これなら相手が木工ヤスリのような歯であったとしても、ランディングまでの時間を与えなければイケるはず。
と、言うことで・・・・
先日は、釣り具の整理が何時の間にか仕掛けを作っていたCherryでした。
そして、こんなのを作ったとして何時使うのよ?
だいたいがさぁ・・・
こんな事ばかりやってるから何時まで経っても片付かないんだよ!

フィッシュグリップを買ってきた

2018年10月21日 | 釣り(採り)
昨日、息子に美味い夕飯でも食いに行かないか?と誘い出し、九州縦貫道で熊本市内まで出かけてきました。
もちろん、このCherryの目的は夕飯ではなく釣り具店。
まぁ、近場の釣り具店でも良かったんだけど、いろいろと見たいものもあったので・・・
で、その話に語る前に下にUPした画像を見てください。


これは、これまで使っていたフィッシュグリップなのですが、見事なまでに嚙み合ってない。
と、言うのも・・・・
以前、オオウナギ口元に掛かった鈎を外してあげようと、このフィッシュグリップをかけた次の瞬間に思いっきりローリングしてくれたのです。
もちろんフィッシュグリップは外れなかったものの自身の握力が耐えきれずオオウナギは地面でのたうち回ってた・・・・



そして・・・
オオウナギの馬鹿力で先端のグリップが左右の捻じれて、こんな感じになっちゃった。
こんなんじゃ使えねぇじゃん。
でも、何とか元に戻せないかと双方を逆方向へと捻じったものの、今度は逆に遊びができてグラグラになっちゃった。
もう、最悪ぅ!
って言うかオオウナギのパワーは恐るべし・・・


だから・・・・
このフィッシュグリップの代わりになる物を熊本まで探しに行ってきたんですね。
そして、最終的に選んだのがHI-DRAのヘラクレス・ディミニッシュ。
と、言うのも・・・


コンパクト(19cm)で軽量(111g)という“持ち運びが便利”で“取り扱いが簡単”という謳い文句とに釣られてしまった。
って言うか、何といっても安かったし・・・・
ただ、この他にも良さそうなフィッシュグリップがあったのですが、そんなに安くはないし、また捻じ曲げらでもしたら最悪ですからね。
なーんて事を言っちゃってるけど・・・・
もう麻酔で動きを止めない限りはオオウナギの口にフィッシュグリップを掛けようなんて事は二度と考えません。
でも、みんなオオウナギの口にフィッシュグリップを掛けて記念撮影をしてんじゃん!と聞こえてきそうだけど、でもね・・・
オオウナギを釣っ経験がある人だと分かると思うけど、オオウナギの口にフィッシュグリップを掛けて撮影するなんて余程の半死状態でない限りは正直言って無理ですよ。
まぁ、そんな話は別にして・・・・
昨日は熊本まで出かけて代わりとなる新しいフィッシュグリップを買っちゃいましたぁ。

タモ網を買っちゃった

2018年10月14日 | 釣り(採り)

昨日、出かけた先の釣り具店で交換用のタモ網を買っちゃいました。
で、それは・・・
Gamakatsu(がまかつ)のガマ磯タモ網でブラック/レッドのGM-829シリーズ。
しかーし、その価格はと言うと樋口さん2~3枚の桜を残して飛んでいってしまった。
ん・・・
何故に、こんなに高価なんだろう?


ただ、この55φとフトコロ(網深)の70cmという規格には十分に満足している。
と言うのも、安いセットもののタモ網だと例の大物は、せっかくランデングしたとしても簡単に飛びたしちゃうから70cmのフトコロって本当に助かるんです。
そして、この交換用のタモ網を店内で持ち歩いていたら、我が家のドラえもんが横で『はあ~ん!また連れて帰る気だね』って・・・
いやぁ、Cherryの嫁だけあってタモ網を見ただけで後の行動を見抜いてやがる。
とは言え・・・
このタモ網は連れて帰るためじゃなくて釣るためなんだよ!