錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

Supermoon の後は・・・・

2019年01月22日 | 風景
スーパームーンの次はヤツが来る。
そう、Cherryの頭上をパネルに受けた太陽の光を明るく輝かせながら国際宇宙ステーション(ISS)が通過すると予想されていた。
いや、予想と言うよりも確定なんだけど・・・・
で、その通過時間はというと午後18時58分で、移動ルートは南西の低い空から天頂に向けて昇るように現れ、天頂から北東側へ少し移動したところで太陽光の角度から外れて見えなくなる。
と言うことで・・・・


固定したカメラのアングルに南西の低い空を入れて待つ。
でも、見晴らしの良い海岸のために吹く風が冷たく辛い・・・・
だからCherryは延長した自作のレリーズを車内に引き込んで、それまでを温々とした車内で過ごしてました。
いやぁ・・・
何度も言うけど、この Cherry は寒いのが大嫌いなのだ!
そして、その通過予定時間の18時58分にヤツ(ISS)がキタ――(゚∀゚)――!!


でもって・・・
シャッターは連写モードに設定しているのでリーズを固定すれば、ずーっと撮影してくれるれるものだから、Cherryは余裕で車から出てることができ、通過している国際宇宙ステーション(ISS)がカメラのアングルから外れる頃を見計らって別のアングルへ設定を変更するのだ。
で、その頃の国際宇宙ステーションはと言うとCherryの頭上、約422kmの上空を北東方向へ移動しながら天頂付近に昇ったプレアデス星団の横を通過していた。
いやぁ・・・
久々に見る国際宇宙ステーション(ISS)は明るく輝いて美しかった。
なーんて事を言ってるけれど、ここ福岡南部地域では今宵の18時7分と19時45分の2回に分けて見ることができるし、その翌日の23日の18時52分にも上空を通過する国際宇宙ステーション(ISS)を見ることができるのです。

今宵は今年初の満月、そしてスーパームーン

2019年01月21日 | 風景

今宵の月は今年最初となる満月で地球までの距離が約35万7,700kmまで接近するスーパームーンでした。
しかーし、その最接近時間はと言うと、今日のお昼を過ぎた14時16分。
でも、そんな数時間の差なんて宇宙のスケールに比べると屁でもない。
と、言うことで・・・・
皆さんは、今宵のスーパームーンに願い事を済まされましたか?
えっ!?
そんなことは前もって言っとけよなぁ・・・・
なーんて感じで逃された方は来月の満月でトライされては如何でしょうか。
そう、今年のスーパームーンは今月に起こった部分日食と同じで年に二度あるのです。

気付けば一日早かった・・・

2019年01月20日 | 風景

今宵の始め、外へと出ると東の空に丸い月が浮かんでた。
おーーーー〰〰‼
今年お初の満月がキタかぁ!
なーんて思ったら、なんと一日早かった。
いやぁ、ワクワクした分だけ損した気分・・・・
小梅太夫じゃないけれど“チッキショー〰〰〰〰‼”って感じですよ。
Cherryとしたことが見事なフライングでしたぁ。

月に Touch!

2019年01月18日 | 風景
いやぁ・・・
一昨日から昨日にかけては寒かった。
でも、そこには青空が広がっていたのでミサゴのダイブでも撮影しようと出かけたものの・・・
そこに待っていたのはモヒカン頭のヒドリガモくらいで、何時も見られるトビすら飛んでいなかった。
っていうか、ここ福岡南部には西からの冷たい風が吹きつけて海岸を歩くことすら苦痛に感じるほど冷え込んでいた。
が!
ここまできて手ぶらで帰れるかっ‼ と、何かしら良さそうな被写体を探す。
けど、そこにあるのは空に浮かんだ月くらい・・・・


ところが、その空を見上げていたら西の方から月に向かって飛行機が急接近。
おっ!これって月面を通過するかも?
で、急いでCherryは月をアングルに入れて接近している飛行機を待つ。
しかーし、残念なことに左主翼を軽くTouchしただけで飛び去った。
まぁ、世の中なんて何時もこんなもの・・・
でも、この積み重ねで面白いものが撮れるんですよね。

部分日食 2019.

2019年01月06日 | 風景
今日は1月の6日。
そう、3年ぶりに日本各地で部分日食が見られる日だったのです。
そこでCherryは食が始まる午前8時38分を手薬煉を引いて待っていたのだが・・・・
その空は見事なまでに曇ってた。
しかーし、諦めの悪いCherryは遠くにある雲の隙間に期待をかけて車を走らせることにした。


そして、食の始まりから約20分か経過した午前9時頃に太陽が薄雲を通して見えてきた。
よし!
もう少し・・・
もう少し南へ移動すると、部分食が始まった太陽が薄雲から抜ける。
急げCherry!
食の最大時間が迫ってる。


で、その食の最大時間である9時47分を前に雲から抜けた。
しかし、その場所は自宅から直線距離で50km離れた熊本市の東区・・・
いやぁ・・・ 求め求めて遠くまで来たもんだ。


そして時は過ぎると共に食が占める範囲は狭まり11時頃になると、悪しからず程度まで現象した。
あと数分もすると3年ぶりの部分日食が終わる。


と、言うことで・・・・
約2時間と30分に渡って見られた部分日食という名の天体ショーも終わり。
そこには何時もと変わらない太陽が光がCherryを暖かく包んでくれていた。
これで大きな黒点でもあれば面白かったんだろうけど・・・・
まぁ、そんな話は別にして次は今年の12月26日ですよ。

今年最後の夕日

2018年12月31日 | 風景

先ほど、今年最後となる夕日が海を挟んだ西の山へと静かに沈んでいきました。
あと数時間もするとお正月。
なーんか、一年という時が過ぎるのって早いっすよねぇ。
そして・・・
もう間もなくすると子供たちも帰ってくる。
って事で、ここは早めに切り上げるとしましょう。
でもって、明日は初日の出が拝めるかなぁ・・・・

機窓から見る虹

2018年12月27日 | 風景

昨日の石垣発福岡行きANA1870便の機窓から見た虹。
って言うか、Cherryが搭乗していたANAの1870便と太陽光が作りだしたブロッケンの縁が虹のように見えたのかもしれないけど、ここでは取敢えず虹って事で・・・
いやぁ、地上にアーチを描く虹も綺麗だけど、時には空の上から見下ろす虹ってヤツも、また一興ですよ。
そして、こんな虹が見られたことはLuckyだったかなってね。

3日連続の夜遊び

2018年12月22日 | 風景

明日(23日)は『こぐま座流星群』が極大を迎える日。
しかーし、それと同時に今年最後の満月の日でもある。
だから流れ星を見たり、それを写したりする条件としては最悪なのですが、たまに流れてきた雲に隠される時もあるようだったので条件が重なれば見えるんじゃね?と出かけた次第。
で、その結果は・・・・ 
たまにだけど“こぐま群”だと思われる流れ星を見ることができました。
ただ、流れ星より“ワンコちゃん”の下方にあるカノープスを見てた方がマシって感じたったけど・・・・
なーんて事を言ってるけど・・・・


今朝の楽しみは他にもあった。
と、言うのは日の出の30分ほど前には南東の低空で水星と木星が接近して見えるのだ。
が!
その高度は水平線から約8度と低い位置でのRendezvous。
でも、これまた低い位置の雲に邪魔をされていた。
俺って何か悪いことでもしたのかなぁ?
で、その雲を超えるように明るい星が見えてきた。
おーーーーー!
来たかぁ?
でも何か変・・・・
そう、時計を見たら早過ぎるし、その星は仲良く並んではいなかった。
はい!はい!、冷静に考えると金星だと直ぐに分かるのですが、雲に邪魔をされてたこともあってか少しばかり気持ちが焦ってしまってFlyingしてしまいました。


そして、朝の6時を過ぎた頃。
白み始めた低い空に仲良く並んで現れた。
その距離、満月を2個並べたほど。


が!
これもまた日頃の行いなのか・・・・
西から東へと移動する雲が次第に大きくなり仲良く並んだ水星と木星を覆っていく。
が、どちらもマイナス等級の明るい星だけに薄雲を通しても見えてはいたけど画としては、こんな感じ・・・👆
で、その後は空全体が雲に覆われて見事なまでの曇天へと変わってしまったのですが、その僅かな時間でも見ることができたのはLuckyだったと思う。
と、言うことで・・・・
Cherryは3日連続の夜遊びと相成りました。

今日も静かに日が沈む

2018年12月20日 | 風景

何時ものように今日も静かに日が沈む・・・
そして、今年も余すところ10日程となりました。
時が過ぎるのって早いですねぇ・・・
今年は何ができて何ができなかったのかなぁ?
そんな事を、この夕日を眺めながら考えていたCherryでした。

冬の海

2018年12月18日 | 風景

夏が終わり秋に入ると浜は一気に寂しさを増すものです。
ならば冬の浜は?
ん・・・・ 超寂しい?
でも、こんな一枚の画像だけでは夏なのか冬なのか殆ど分からないと思う。
やっぱ五感の感じ方で左右されるんでしょうね。
って事で・・・
今日のCherryは、こんな小春日和の海を眺めながらCoffeeを片手に時間つぶし。
明日も晴れるかなぁ?
晴れてくれると嬉しいなぁ。