錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

感覚がマヒしてきやがった・・・

2018年11月09日 | 魚(海・淡水)

只今、先日の夜に釣ったオオウナギをアジトの一室で管理中。
そして、水を替えの作業を一日に一回のペースで繰り返しているのですが不思議なことに1.5mに2cmほど及ばないものの、そんな大きなオオウナギが、それなりに見えてきた。
やっ・・・ やばい!
視覚による感覚がマヒしてきた。
そんな中、福岡のドラえもん(嫁)から一通のメールが届いたのだが、その内容は『大きいのが釣れたみたいね。育て甲斐がありそう。』だって・・・
あのさぁ、これまで多くのオオウナギ見てきてるから簡単に言ってるけど、こいつを目の前にてビビんなよ!
マジてパネェんだからな!
ただ、このサイズのオオウナギが航空機へ搭載するまでの間、今の容器で耐えてくれるか否かにかかっている。
って言うか、アジトにプラ船ジャンボの400でも持ち込めれば話は別だけど・・・
幾らなんでも、それは無理。

水温が上がったのでオオウナギの給餌

2018年10月18日 | 魚(海・淡水)

ここ福岡南部の今朝は最低気温が11.0℃を記録。
寒ぶっ‼
しかーし、北の大地からは初氷や初霜なんて便りも・・・・
って言うか、まだ10月ですよ。
そこで一昨日の16日には飼育棟へヒーターを入れてあげたのですが、そのおかげで室内は23.5℃と暖かい。


では、その水温はどれくらいなの?と測ってみると・・・・
23.8℃くらい。
ん・・・
これって水温の方が高くね?
まぁ、温度計にも多少なりの誤差がありますよ。
って事で、その誤差を考慮すると室温と水温は同じくらいの温度でした。


そうなると・・・・
これまで食欲が落ちていたオオウナギの活性を確かめるために給餌の支度です。
養鰻飼料に適量の水とフィードオイル(魚油)を加え練る。


そして、その練った養鰻飼料を適量に切り分けてバナメイエビをネタに“海老の握り”を作る。
ヘイ、おまち!
“海老の握り”が上がったよ!ってね。
で、この“海老の握り”に体重割した総合ビタミン剤を個々に仕込んで、はい、どうぞーーー!
やっぱ水温が上がっただけでオオウナギの食い込みが、これまでとは段違い。
となると・・・・
今夜か明日朝には早速の水替えだな。


そんでもって、横で泳いでいるノーザンバラムンディにもバナメイエビを御裾分け・・・
以上、暖かい飼育棟からオオウナギの給餌を、この錯乱坊ことCherryがお伝しましたぁ。

さすがに食わねぇ・・・

2018年10月06日 | 魚(海・淡水)

今朝は、ここ福岡へと台風25号が接近している中でオオウナギの給餌日でした。
って言うか・・・
気を利かせた息子がバナメイエビの殻を剥いてたものだから日持ちしないと判断したCherryは台風の風が吹き荒れる前にと給餌を強行した次第。
しかーし・・・
今回接近している台風25号の気圧を察知してか今朝のオオウナギは食いが悪かった。
ん・・・
さすがに965hPaは無理があったかな?
まぁ、そんな話はさておいて・・・
今朝は台風が接近する中でオオウナギの給餌をやっちゃってましたぁ。

でーけたっ!

2018年10月03日 | 魚(海・淡水)

でーけた!
でけた!
ウナギを釣る鈎、でーけたっ!
この10本と写ってはないけど予備鈎の2本で合計12本。
これだけの数があれば当分は遊べるでしょ。
と、なると・・・・


そう、今すぐにでも南の島へと行きたくなる。
けど、そう上手く行かないのが、この世の中。
あ゛ぁぁぁぁぁぁ!!!!
行けねぇよーーーー。
って言うか・・・
そんな簡単には飛べません。
おまけに各地に大きな被害をもたらした台風24号の後を追うように今週末は台風25号が、ここ九州へと接近してくるみたいだし・・・・

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

はぁ~・・・

で、この台風の発生か終わる頃には寒い季節がやってくるぅ。
あのさぁ・・・
このCherryが何か悪いことでもしたってかっ!

給水パイプを壊してどうすんだ!

2018年10月01日 | 魚(海・淡水)

いやぁ・・・
今日はオオウナギの1612-TLが外部フィルターへと繋がった給水パイプを壊してた。
だから外部ろ過の水は循環しないだけでなく、そこへ大量のウ〇チをしてくれたものだから状況は最悪。
と、言うことで・・・
今日は水替えの後に自作の投げ込み式フィルターを入れてあげました。
ただ、最近は1612-TLの機嫌が悪くてタンクの中で良く暴れるんですよねぇ。
とは言え、自分のライフラインであるパイプを破壊してどうすんだ!ってね。

ナメてんのか この野郎!

2018年09月24日 | 魚(海・淡水)

良く行く近所のスーパーで無頭のバナメイエビが特価で並んでた。
と、言うことでCherryは早速、その中から4パックをお買い上げ。
すると・・・
息子が小遣い欲しさに、そのバナメイエビの殻を剥いてラップをかけて冷蔵庫に入れてたんですよね。
まぁ、ここまでしてくれているとオオウナギの給餌も本当に楽。
そこで、そのバナメイエビを冷蔵庫から取りだすと・・・・
バナメイエビの剥き身でハートなんか作りやがって、“ナメてんのか この野郎!
って言うか・・・
良く見ると尻尾もねぇぞ!
はあ~ん!
やつは、それを誤魔化すためにやりやがったな!

シルバーとノーザン

2018年09月19日 | 魚(海・淡水)

現在、飼育棟の水槽でノーザンとシルバーの2種類のアロワナが泳いでる。
そして、これらはイベントも終わり御役御免となったため引き取り希望者を募り大半の生き物が嫁いで行ったのですが、このノーザンとシルバーだけは“餌の確保が大変”と言う理由からが最後まで残ってしまったのです。
あっ、それとスポッテッド・ナイフフィッシュが1匹・・・
まぁ、我が家のオオウナギたちに比べると、この程度の魚が2~3匹増えたところで何てことは無い話なのですが出来ればオオウナギの管理に集中したいというのが本音。
だから・・・
場合によっては“生き物係”のメンバーに押し付けちゃおうかな?って。
そんな理由から現在、里親を募集中。

連休なんて関係ない!

2018年09月17日 | 魚(海・淡水)

生き物を飼っていると連休なんて全く関係なく、その生き物たちの世話に追われてます。
と、言うことで・・・
今日もCherryは朝早くからオオウナギたちの水替えをしてました。
で、その水量は言うと700ℓ
まぁ、一般的なサイズの浴槽が約200ℓなのでお風呂で言えば3杯と半。
しかーし、これで終わりではなく、全て終えようとすると後500ℓほどの水が必要なのですが何分にも貯水タンク容量が足らない。
まぁ、そんな話は別にして・・・・
水を抜いたにも関わらず、この画像では比較するものが何も無いので中のオオウナギが小さく見えてしまいます。
ところが!


お腹を抱き上げてみると、その手がスケール代わりとなってオオウナギの大きさが伝わるかと・・・
デカイでしょ?
だから、こいつの前には冗談でも手を差し出したくないんですよ。
特に気が荒い、この1512-TRの前には・・・
だって、その昔、釣ったオオウナギに軽く噛まれた事があったのですがマジで骨折したんじゃね?って感じの激痛でしたからね。
まぁ、こんな感じでCherryの連休なんて全く無いのですが、こいつ等がいるからこそ Cherry は頑張れているのかもしれない。

オオウナギの食いが立ってきた

2018年09月13日 | 魚(海・淡水)

今日はオオウナギたちの給餌日でした。
だから無頭のバナメイエビの殻を剥き練った養鰻飼料をシャリに“海老の握り”を仕込みました。
もちろん必須脂肪酸の供給源としてフィードオイル(養魚飼料油脂)なんかも混ぜてますよ。
で・・・
赤で囲った6貫(※画像右下)は総合ビタミン剤を仕込んでます。


そして、その“海老の握り”を6匹のオオウナギにバランス良く与えるのですが、今月に入って一気に気温が落ち着いてきた事で最近は人が変わった・・・
いや、ウナギが変わったように餌を食う!
それも、ご覧のように餌を差し出した竹ピンにまでも食らいついてくる程の勢いです。
だから・・・


釣ったばかりの頃は、こんなに細かった1612-TLも・・・


今では背部が盛り上がるくらいまで成長しています。
もちろん、その体長も当時に比べると10cmほど伸びているのですが、Cherryは1612-TRや1512-Iを見慣れているだけに大きいとは感じない。
まぁ、そんな話はさておき・・・・
これからは人もウナギも食欲秋ですよ!

小さい秋を見つけた

2018年09月07日 | 魚(海・淡水)

昨日の福岡南部はお昼の少し前までは晴れていた。
だから・・・
気晴らしにお出かけをしてきたのですが、その後は雲って夜になるとポツポツと雨粒ず落ちてきました。
まぁ、そんな話は別にして・・・
その出かけた先で小川にかかる橋から下を覗くと婚姻色をギンギンに発したカネヒラの姿がありました。
先月までは猛暑続きで夏真っ只中って感じでしたが、ここ九州も9月に入ると朝晩も過ごしやすくなって何となくですが秋の気配が感じられるようになりました。


そして・・・
その水面を飛ぶギンヤンマも頑張った証でしょうか?発生初期は綺麗に透けていた翅も今ではスレて白濁してました。
これから迎える秋が終わる頃まで、こいつは頑張って飛び続けるんだろうなぁ・・・
そんなこんなで・・・
昨日のCherryは一足先に小さい秋を見つけた気分になりました。